※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

layoutにおけるPatternの出力時間について


logback.xmlに

<appender name="stdout" class="ch.qos.logback.core.ConsoleAppender">  
  <layout class="ch.qos.logback.classic.PatternLayout">
    <Pattern>%d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS z,JST} %-5level [%thread] %logger - %msg%n</Pattern>
  </layout>
</appender>

のように設定すると
2009-04-08 22:34:54.456 JST INFO  [main] sample.DoSystemPrint - print!
のように出力される。

http://logback.qos.ch/manual/layouts.html
に記載してある事項から、下記のようにあーそうなのかなという事は
わかるがTime Zoneの指定等が出来るかがわかりにくい。

基本的にはSimpleDateFormatを使用して整形しているのでそちらのJavaDocを
読むと設定方法が見えてくる。

%date 2006-10-20 14:46:49,812
%date{ISO8601} 2006-10-20 14:46:49,812
%date{HH:mm:ss.SSS} 14:46:49.812
%date{dd MMM yyyy ;HH:mm:ss.SSS} 20 oct. 2006;14:46:49.812


%d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS z,JST}

という設定は
出力時間をyyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSSで出力して半角スペースを挟んで
タイムゾーンも出力する。,で区切って出力時間はJSTでね。
という意味になる。



閲覧数: -
更新日:2009-04-09 13:31:12 (Thu)





&link_trackback
リンク元一覧:
#ref_list
@めもてっく is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.