その他(組織)


アキバの街


〈放蕩者の茶会〉《デボーチェリ・ティーパーティー》

4年前から2年ほど活動していた伝説的な個人プレイヤーの集団(ギルドではない)。参加メンバーは27人。
『死霊が原(ハデスズブレス)』や『ラダマンテュスの王座』、『ヘイロースの九大監獄』等、サーバの歴史に残る大規模戦闘の先駆け争いを規模的には弱小に過ぎない団体で行なっていた。3年前は日本サーバーの攻略ランキングで4位だった。
〈大災害〉以後は8人がログインしている(シロエ直継にゃん太ソウジロウ=セタナズナKR秧鶏カズ彦)。
日本サーバー内でフレンドリストを見て確認したものなので、カナミが数えられていない。


〈ピクシーワークス〉

〈ロデリック商会〉の服飾部門が立ち上げたブランド。コンセプトを「妖精」とし、女性向けのドレスを中心に販売している。〈円卓会議〉設立以降は交渉やパーティの機会も増えたため一定の需要が生まれている。かなり高めの価格設定なのだが、品質の高さから徐々にファンが増えている。
最近レイネシア姫付きのメイド、エリッサに3着ばかりプレゼントし、アドバイザーになってもらった。


〈生産系ギルド連絡会〉

〈円卓会議〉成立後に活気づいた新発明・新アイテムに関する専門の組織。商業的なトラブル処理や利害調整、アイテムや流通に関わる実務的な問題を取り扱っている。10月に行われた〈天秤祭〉の主催。
ギルド会館上層、〈円卓会議〉の二つ下のフロアにオフィスを構え24時間体制で稼働している。


〈アキバ冒険斡旋所〉

〈円卓会議〉直営の〈冒険斡旋所〉。〈大地人〉からの依頼や〈円卓会議〉の仕事を、適切な力のある〈冒険者〉に斡旋している。


〈アキバミュージックフェス〉

アキバの街で語り弾きなどの音楽活動を行う〈冒険者〉集団。広場を借り切ってコンサートを行い住民を楽しませている。


太字は元ネタやDocの記述(非公式)。

〈食卓の騎士団〉

〈くいだおれ横丁〉の料理人を中心とした緩やかな互助団体。調理法や食材の情報交流、技術の研鑽を目的としている。
美味しい食べ物を食べるため日々手間をかけてでも、新規食材の可能性を探り続けている。
アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈変人窟〉

〈生産系ギルド街〉最奥の巨大廃ビルと、そこに拠点を構える小規模商業系ギルドを指す俗称。
わざわざ不便な場所で店を構える者たちは、いずれも様々なこだわりを持った変わり者ばかり。


〈209〉

『天秤祭』の後に開店したアキバファッションの発信地。
〈海洋機構〉〈第8商店街〉〈ロデリック商会〉の三大生産ギルドの出資によるもので、ビルまるごと一つが洋服系アイテムの販売に使われている。
特に〈ロデリック商会〉から被服部門が分離されたことが大きく、最大数を誇る洋服系レシピを携えると共に、高級ドレスブランド〈ピクシーワークス〉が参入して話題となった。
店員や針子に〈大地人〉の女性を雇う環境を整いつつあり、新規出店も大歓迎。
(新109→ ニュー109→ ニューマルキュー→ 209へ)

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈えんたーなう!〉

雑誌や新聞専門の出版社。質より量を重視する戦略で、大量のジャンルが異なる雑誌や個性的な雑誌を出している。試供品として複数の雑誌をパック形式でカフェなどに置いてもらい、売れた雑誌の続刊のみ配送し続けるというシステムを採っている。返本をしていないため、売れ残った雑誌は炊事用の燃料として良く見かける。
アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈New wa〉

和服に洋服の要素を取り入れてアレンジしたファッションが売りのお店。
ミニスカートの巫女服や、ダメージジーンズっぽい袴など和系職業(〈神祇官〉〈武士〉)用の衣服を主に扱っている。
かつては同名のギルドが運営していたが、現在は店主を〈大地人〉の女性に変え、ギルドはスポンサーや資金管理のみを行っている。

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈アキバ・グラウンド・ドリームス〉

“野球バカ”ドームが中心になって創設された野球チーム。「新料理法」発見前からの根強い活動ではあるのだが、「新料理法」発見前は、野球をするのに必要な条件が全く整わず、「発見」後は(他の事より野球を優先するような)メンバーと、野球場維持のための資金が集まらない、と苦境続きである。
それでも、数少ない正メンバー達は、毎日ボロ布を丸めて作ったボールでキャッチボールを続けている。

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈アキバ職業相談所〉

通称「アキ職」「職安」。名前通り、仕事や転職に悩む〈冒険者〉の相談所である。
アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈アキバ人形劇団〉

アキバの〈冒険者〉たちが〈大地人〉の子どもたち向けに始めた人形劇の劇団。
所属ギルドの都合などでメンバーが揃わなかったり、練習が出来ないことも多いがかなりの人気があり、多くの熱意あるメンバーが所属している。
メンバーに現役声優がいるため、半ば急造の団体であったにも関わらず平均的な演技力はそれなりに高い。
最近では、紙芝居にも手を出そうという案が出ているらしい。

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈アルバトロス〉

アキバの路地裏にたむろするはぐれ者の集まり。一応ギルドの形を取ることはあるが、実質、鷹揚なギルマスが名前を貸しているだけに過ぎない。
その実態は、行き場がなかったり、他のギルドから追い出された変わり者やはぐれ者が、なんとなく流れ着いただけの集団であり、たまに誰かの用事につきあってPTを組むことはあっても、確固とした「仲間」を作ったりすることはない(出来ない)。
「仲間」を作ったり、他に居場所を見つけた者は、独りでにここを離れるため、現在も残っているのは、ここから動いたところをほとんど目撃されたことのないギルマスと、わずかな変人だけである。
〈五月革命〉までは、このような「群れ」はそれなりに数があったが、今や当時の面影を残しているのはこの集団だけである。

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈ゲームショップ・盤上人生〉

ボードゲームを主に扱うゲームショップ。店主はボードゲームブームを狙っているが、持ち運び易さや価格の点で勝るカードゲームには、なかなか勝てないらしい。
最近店での一番人気は、〈大地人〉〈冒険者〉ともに商人になって成り上がる人生ゲーム、二番目は〈冒険者〉なりきり冒険ゲームである。

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈ドラゴン・マーケット〉

コンビニ、通称はドラマゲ。マスコットキャラに髷(まげ)を結ったデフォルメドラゴンを採用している。
最終的には〈大地人〉の店長を配置したチェーン化を狙っている。色々と問題続発しているがなんとかこなしている。
経営方針や商売の考え方が真逆な、隣のファンシー雑貨店〈メルの店〉とやたらといざこざを起こしていることでも有名。

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈剣山刀樹〉

魔法の武器の作成に熱意を燃やす〈武器職人〉ふたりが立ち上げた武器工房。「武器を作る」行為そのものを愛好するため商売っ気は薄く、また難しいレシピほどやる気が上がるらしい。珍しい武器素材を手に入れた〈冒険者〉の噂が流れると、自ら押しかけていって武器を作らせろと頼み込むことも。


〈256〉《ニゴロ》

最硬の防具を作り出すことを目標に掲げ、各種防具を作成する防具職人フェーブラの構えた工房。基本的に作りおきの商品は扱わず、受注生産になる。彼の作り出す防具は高品質で信頼性も高いと評判なのだが、性能の確認と称して完成した防具を依頼主に試着させ、巨大なハンマーで殴ってくる「儀式」があるせいで製作の依頼は少ないらしい。


〈寝寝子屋〉《キャットナップ》

〈変人窟〉の片隅で営業している個人経営の細工物屋。決まった店舗を持たず、通路の床に敷物を広げて商品を並べる、いわゆる露天商店。店主の灰羽紫苑は営業時間のほとんどを床の上に座り込み、寝てすごしている。客が訪れれば目を覚ますのだが、少しでも目を離すとすぐに舟をこぎ始めるため、何かの作成を頼むときは少々根気が必要。
店を広げる場所も気まぐれで、日当たりや天気によってはどこかのビルの屋上や、大通りにいることもあり、客が店を探し回っている光景もよく見られる。
〈寝寝子屋〉の周辺では多くの野良猫と出会うことが出来る。どの猫も穏やかな性格で、逃げ足が遅いために、猫好きからは猫撫でポイントとしても知られている。


〈アキバ大博物館〉

ヤマト各地で産出される様々な魔法素材をひたすら収集し、天井や壁、果ては床の上にまでギッチリと展示している。魔法素材や珍品を収集し、見せびらかすこと自体が目的であり、販売するための施設ではないが、交渉次第では格安で譲ってもらえることもあるらしい。


〈Undo〉《アンドゥ》

最近大手ギルドから独立して営業開始した修理専門の個人商店。戦いで破損した装備も新品同様になって戻ってくると評判。装備の修繕に限らず、飲み物をこぼした巻物のクリーニングのようなものまで、修理、修復作業なら何でもこなす。また屋根の修繕や、生け垣、石壁の修復といった〈大地人〉からの依頼も格安でこなしているため、〈冒険者〉以外にも幅広いコネクションを持つ。


飲食関連


〈軽食販売クレセントムーン〉

〈三日月同盟〉が仕掛けた伝説のハンバーガーショップ。 メニューはクレセントバーガー、かりかりチキン、フィッシュ&チップス、ブラックローズティー、ピザなど。『天秤祭』で久しぶりに復活させた。
ファミレス+ファーストフードのような制服。胸につけているバッジは月・弓・星がモチーフ。


〈一膳屋〉

『カンダ用水』近くの定食屋。〈円卓会議〉結成後いち早く店を開けて、醤油も味噌もない時から和風の定食を研究しては提供してきた。
サンマ定食やアジの開き定食、肉豆腐定食などが楽しめる。盛りの良さも嬉しい。


〈ラ・メゾン・ブロブラン〉

アキバの飲食店。ぷりぷりのソーセージ、ぴりりと辛いマスタードを使用した「白菜とソーセージのポトフ」が人気。


〈焼肉とんすとん〉

アキバの飲食店。リザードの肉を岩塩のみで味付けした定番の一品「リザードの串焼」が人気。


〈ウエストコーストスイーツ〉

アキバの飲食店。甘味たっぷりの完熟バナナとコールドフレイムベリーの冷たさがきりりとしたスペシャル・デザート「コールドフレイムベリーとバナナと生クリームのクレープ」が人気。


〈海の家・シオサイ〉

アキバの飲食店。〈アスコットクラブ〉の肉とホワイトソース、ハーブ、人参や玉葱を詰めてオーブンで焼き上げた「アスコットクラブのコキーユ」が人気。


〈とりな四十八組〉

アキバの飲食店。HP回復速度上昇ポーションを抹茶味の羊羹に練りこんだ和風デザート「抹茶風味回復ようかん」が人気。


〈火炎料理部〉

アキバの飲食店。〈シンジュク御苑〉にいる三つ目鳥の卵を贅沢に使ったチャーハン「三つ目鳥の卵炒飯」が人気。


〈大爆発大飯店〉

アキバの飲食店。フワッとした皮、ザクっとした筍、ジュワッと溢れ出る肉汁の「豚肉と筍の包子」が人気。


〈料亭・紫陽花〉

アキバの飲食店。旬の秋刀魚をベーコン、梅と一緒に煮た一品「秋刀魚とベーコンの梅煮」が人気。


〈トポト親方の惣菜屋〉

アキバの飲食店。ひまわり油で揚げた昔懐かしい味のホクホクのポテトコロッケ「揚げたてコロッケ」が人気。


〈ミルキー・マーガレット〉

アキバの飲食店。〈火炎猪〉《フレームボア》を使ったクリームシチューなどがある。


〈火竜亭〉

アキバにあるラーメン屋の屋台。


〈龍の巣〉

アキバの中華料理店。個室のテーブルは回転テーブル。
アニメ第8話でヘンリエッタ達が生産系ギルドと交渉する場として個室ゾーンを貸切にした。


〈雲竜軒〉

アキバラーメンを自称し、店主は「俺は、新世界の(ラーメンの)神になる!」と息巻いている。〈D.D.D〉のギルド員。
究極の素材としてドラゴンの骨でダシがとれないだろうか?などと悩むが、そんな素材が手に入るわけも無く、せっせと一杯のラーメンに愛情を込める日々。アキバにラーメン戦争が巻き起こる日も近い(?)。金が無いのでいまのところ屋台ラーメン。

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈カラーズ・オブ・プリズム〉

{〈アキバ職業相談所〉の近くにある喫茶店。取り立てて目立った特徴があるわけでもないこじんまりとしたお店だが、なぜか〈アルバトロス〉や〈変人窟〉、〈RADIOマーケット〉などに所属するアキバでもトップクラスの変人が集まってくることで知られている。
お店の名物は、店長が自作する日替わりのお菓子と時折ガラリとテーマが変化する内装、そこに配置される絵本や雑貨、ぬいぐるみなどの小物である。}
アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈料亭古椿〉

アキバ市民住民票記入ガイドの「連絡先にできる施設・団体」に記載。


〈ブルームホール〉

アキバの街の中央通りに立っている飲食店。〈第七鼓笛隊〉が持つ店だが、運営スタッフの多くは〈大地人〉。店長は〈ドワーフ〉。
1月頃から週1回程度のペースで五十鈴が小さなライブを行っている。


その他


〈望郷派〉《オデュッセイア》

「十分なだけ死ねば地球に戻れる」と主張する団体。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。