累積: - ___ 昨日: - ___今日: -

自分で養生no.4 打撲の青痣

1.はじめに

 軽い打撲をして、青痣(暗赤色?)が出来た時には、温める
と、次の日には、黄色い輪になって消えていきます。ヘモグロ
ビンがビビルビンに変化するようです。

2.方法

 もう既に冷えて赤黒い感じの青痣に成っている場合と、まだ
熱感が多く腫れ上がっている場合とで、対処が別れます。

 もう冷えて赤黒い青痣に成っている場合は、温灸や点温膏で
温めます。

 未だ熱感が強く、腫れがある場合には、「局所冷却」や「四
畔の灸」が効果的です。

2.1. 温灸

 千年灸やカマヤミニなどの貼付けタイプの温灸を青痣の中心
に置き点火し、温めます。青痣の面積が広い場合は、数を増や
します。

 次の日には、黄色い輪になっていると思います。未だ暗赤色
の部分が残っていて、押して痛みが有る場合には、再度、温灸
で温めます。明るい赤色で押して痛みがない場合は止めます。

 どちらも現在では「せんねん灸の奇跡」などの艾タイプが良
いと思います。ケンコーコムやアマゾンなどの通販でも売って
います。

2.2. 点温膏

 打撲が軽く、面積も狭い場合は、クラシエの点温膏を貼って
置くだけでも、次の日に黄色い輪になって消えます。この場合
も、暗赤色の青痣や痛みが残っていれば、再度貼ります。

 点温膏も通販で購入可能です。

2.3. 局所冷却(ポイント・コールド)

 局所冷却(ポイント・コールド)は、氷の角を使って点状に
局所を冷やす方法です。

 打撲し、熱い部分を、楊枝の頭くらいのものでピンポイント
に、特に凹んで痛みが強い部分のツボを探して、そのポイント
だけを冷やします。

 全体を冷やすと血行が悪くなり、長引いてしまうことも多い
ですが、ポイントだけ冷やすと熱感だけ消えて、痛みも引きま
す。

1.冷凍庫の氷を1個取り出し、一度水に潜(くぐ)らす。

2.薄手のポリ袋に入れて、氷の直ぐ上に結び目を作り固定。

3.結び目を持って、氷の角の部分を探した局所に当てる。

4.幾つか有ったら、順に氷の角を当てていく。

5.暗赤色の患部が明るいピンク色になったら終わり。

 症例問答にも紹介しました。
鍼灸症例問答no.2

2.4. 四畔の灸

 四畔の灸は、以下に写真付きで書いています。
四畔の灸と灸頭鍼

2.5. 棒灸で炙(あぶ)る

 頭など、毛の生えている場所で、上記がしにくい場合は、
棒灸で炙ることでもかいぜんできます。
術伝流一本鍼no.18 頭部の打撲に灸など

2.6. 深い内出血には灸頭鍼

 深い内出血には、灸頭鍼が効果的です。鍼灸師でないと、
自己養生の範囲を超えますが。

 内出血の有る深さまで刺鍼し、皮膚の近くで灸をする形式
の灸頭鍼をします。新しくて内出血が液状の場合は、灸頭鍼
後の抜鍼時にドロリとした暗赤色の血が出てきます。古くて
乾燥した内出血の場合は、細かく赤い斑点が皮膚に沢山出て
きます。


2.7. 漢方の駆瘀血剤

 新しいものには、治打撲一方。古いものは、桂枝茯苓丸な
ど。漢方に詳しい医師や登録販売者に相談してみてください。

 私自身の打撲捻挫の外傷性瘀血症に因る筋痛症系の症状も
桂枝茯苓丸で改善しました。
私の筋痛症系の病歴

3.おわりに

 余り酷くない打撲の青痣は、以上の方法で改善できます。

 試してみて下さい。

 質問などは、術伝事務局までメールをください。

   >>>目次ヘ・・・・・・・・・自分で養生

   >>>このページのトップヘ・・自分で養生no.4

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ

術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」



お知らせとお願い

術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集

 術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
をしてくださる方を募集しています。

 くわしくは、術伝流のモデルをみてください。

 よろしくお願いします。

感想・間違いの指摘など

 感想などありましたら、術伝事務局あてにメールをください。

 間違いなど見つけた方も、術伝事務局あてにメールをください。

 よろしくお願いします。

術伝事務局のメールアドレス


術伝事務局:jutsuden-jmkkあまググどこ
(この行は無視してください。akwba、laemfro、thgosewibe)
(「あま」を「@」に、「ググ」を「googlegroups」に、)
(「どこ」を「.com」に変えて送信してください。    )
(面倒をおかけし申し訳ありません。迷惑メール対策です)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ