累積: - ___ 昨日: - ___今日: -

自分で養生no.5
カゼかなと思った時の食養と灸

1.はじめに

 カゼかなと思った時の食養や灸です。 

2.具体的な方法

 私は、カゼかなと思ったら、以下を順番にしていきます。

 2,3時間で改善しなければ、次に進む感じです。夜寝ている
間は進めませんが。

(1)手の親指小指の爪に☓印を描く
   自然海水塩を水に溶かして飲む


(2)手の親指小指の井穴に灸

   カゼに向く汁物を作って飲む


(3)喉が痛かったら、土踏まずを温める

(4)葛根湯

(5)麻黄湯

2.1. 手親指小指の爪に☓印、自然塩を溶かした水

 手の親指小指(左右)の爪にナイフで軽く☓印を描きます。
ごくごく軽くで、線が見えれば十分です。爪が割れるほど深く
は逆効果です。3時間位で消えてくるので、再度描きます。

 自然海水塩を水に溶かして飲みます。余裕が有れば、湯を沸
かして、湯に溶かした方が効果的です。

2.2. 手親指小指の井穴に灸、カゼに向く汁物

 左右の手の親指小指の井穴に灸をします。透熱灸や手指用糸
モグサで熱く感じる程度。また、その後に、粒鍼(マグレイン)
をその8箇所の井穴に貼っておくのも良いです。
詳しくは>>>術伝流一本鍼no.65

 梅ショウ番、大根湯や、それに近い効果のある汁物を作って
飲みます。詳しくは>>>カゼのときの食用

2.3. 喉が痛かったら、土踏まずを温める

 
喉が痛かったら、一番簡単なのは、靴下を2枚重ねにして、
1枚目の土踏まずの所に貼り付けカイロミニを貼ることです。
詳しくは>>>自分で養生no.6

2.4. 葛根湯

 項(うなじ)〜肩甲間部が汗ばんでなければ、葛根湯エキス
顆粒を湯に溶かし(有ればシナモン、葛根粉も溶かして)飲む。
(項(うなじ)〜肩甲間部が汗ばんでいる時は、適用外とか)

 ただ、まぁ自己責任になりますね。事前に、漢方専門医や、
漢方に詳しい薬剤師や販売員に相談しておくと良いでしょう。

 適用などは、以下などを参考にしてください。
「風邪には葛根湯」が効く人、効かない人

2.5. 麻黄湯

 項(うなじ)〜肩甲間部が汗ばんでなくて、かつ、手足など
の節々が痛むような症状が有れば、麻黄湯エキス顆粒を湯に溶
かし(有ればシナモン、葛根粉も溶かして)飲む。
(項(うなじ)〜肩甲間部が汗ばんでいる時は、適用外とか)

 これも、自己責任になりますね。事前に、漢方専門医や、漢
方に詳しい薬剤師や販売員に相談しておきましょう。

 麻黄湯は、インフルエンザにも効果が有ることが知られてい
ますね。以下などを参考にしてください。
「麻黄湯」タミフルに劣らぬ抗インフル薬
インフルエンザに麻黄湯!飲み方の正しいコツ3か条!

5.おわりに

 私は、幸いなことに、ここ数年は、たいてい(2)までで済
んでいます。(3)は、年に1,2度位。(4)まで行くのも、
年に1,2度位有るか無いかかな。(5)には至っていません。

 ただ、漢方に詳しい医師や販売員の友人から情報を聞いて、
念のため、葛根湯と麻黄湯は常備しています。

 質問などは、術伝事務局宛にメールをください。



   >>>目次ヘ・・・・・・・・・自分で養生

   >>>このページのトップヘ・・自分で養生no.5

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ

術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」




お知らせとお願い

術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集

 術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
をしてくださる方を募集しています。

 くわしくは、術伝流のモデルをみてください。

 よろしくお願いします。

感想・間違いの指摘など

 感想などありましたら、術伝事務局あてにメールをください。

 間違いなど見つけた方も、術伝事務局あてにメールをください。

 よろしくお願いします。

術伝事務局のメールアドレス


術伝事務局:jutsuden-jmkkあまググどこ
(この行は無視してください。akwba、laemfro、thgosewibe)
(「あま」を「@」に、「ググ」を「googlegroups」に、)
(「どこ」を「.com」に変えて送信してください。    )
(面倒をおかけし申し訳ありません。迷惑メール対策です)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   >>>このページのトップへ ・・・・トップページ