累積: - ___ 昨日: - ___今日: -

人は動物、体は自然、未病と発作

私の養生観


はじめに

 「私の養生観」について説明します。ひっくり返せば
「私の疾病観」になると思いますが。

 基本的には、「人は動物、体は自然」で、「未病と発作」
を行き来している感じがします。

 詳しく言うと、

「体は自然。病気になるのは、風が吹いたり、雷が鳴った
りするのと同じ自然現象。鍼灸などをした時に起こる自己
治癒反応も、また、自然現象。それぞれに自然法則が有り、
それに従う。病をキッカケに生命力が上がることもあれば、
下がることもある」

ということかなと思います。

未病と発作

 養生を考える時に、必要な概念のうち、大きな要素は、
未病と発作かなと思います。

未病:未だ病まざる、つまり、症状は出ていないが歪みは
   ある病が静かに潜在し、動いていない状態

発作:症状が出ている状態、病が動き顕在化している状態

 未病と発作の関係を図の描くと、以下の感じと思います。

 発作を切っ掛けに、未病は重くも軽くもなります。安静
や適切な治療を受ければ、発作の前よりも生命力の高い状
態で安定します。無理したり誤治されたりすると、発作の
前よりも生命力の低い状態で安定してしまいます。

 鍼灸操体に限らず和方(漢方,日本伝統医学)の養生や
治療は、発作を切っ掛けに発作前よりも生命力の高い状態
で安定させることを目指すものだと思います。

 言い換えれば「小さな病気は、大きな病気の保険」とい
うこと。軽いカゼや軽い下痢(腹痛)は、未病を改善するた
め、体が起こす小発作と言えると思います。そういう小発
作を利用して、生命力を発作以前よりも高めていくのが、
和方(漢方,日本伝統医学)の養生です。

未病

 未病は、病が動かない時です。体の歪みはあるが、邪毒
は沈静し、病は潜在している状態です。

 5つ位の各段階でバランスしています。「①気持ち悪い
→②体が歪む→③感覚異常→④機能異常→⑤器官破壊」の
5つです。

 この未病の状態については、操体の橋本先生の解説が一
番分かりやすかったです。

 体全体が5段階の何番目かということではなく、体の部
位ごと、細かく言えば細胞ごとに5段階の何番目かが決まっ
てくると言うことですね。

 橋本先生は、操体は、東洋医学の「体が歪む」前の「気
持ち悪い」という視点、言い換えれば、「歪みを正す」前
の「気持ち良い」という視点を持っているから、「日本医
学」とも言っています。

 術伝が「和方」を掲げているのも似た感覚を持っている
からです。操体だけでなく、江戸時代の鍼灸は、日本独自
の要素が沢山ありますし。

 ただし、逆に言うと、鍼灸操体を始めとする東洋的物療
で直ぐ効果が出るのは、機能性病変までです。器質性病変
に効果が無いわけでは有りませんが、組織が逆変性する必
要があるので3ヶ月単位の時間が必要です。

 ですから、現在では、器質性病変、特に急性のものは、
現代医学に任せるのが基本で、救急医療と連携します。

発作

 病が動いている状態です。症状は顕在化し、邪毒も動き
ます。

 この視点は、吉益東洞、尾台榕堂らの古方派漢方の視点、
特に「上衝」の概念が理解しやすかったです。

 別の視点で言えば、「体が発する警戒警報」とも言えま
す。操体の橋本敬三先生は、サイレンに例えて「サイレン
に水を掛けても、火は消えない」と顕在化した症状のみを
治療することの愚かさを指摘していますね。

 発作も、詳しく言うと5段階位に分かれ、段階的に変化
していきます。「①内より迎え(未病)→②外より入(スト
レス)→③外より内へ→④内なる変化→⑤内より外へ」とい
う感じ。

 この点については、横田観風先生の『万病一風論の提唱』
が詳しいです。

 私が理解できた範囲で説明すると、「先ず未病の状態
(内因)が有り、そこに、ストレスを始めとする外因が入
り、外因や、それを切っ掛けにする症状は、だんだん体の
内側に入り込み、ある場所で質的変化を起こす。そして、
排出現象で終わる。」という感じかなと思います。

ストレス

 気持ち悪いことに代表されることですね。

 未病の体の歪んだ状態を内因とし、気持ちの悪いストレ
スに代表される外因が加わると、発作を起こして改善する
ために、ウイルス細菌に代表される邪毒を体に取り入れる
という感じかなと思っています。

邪毒

 漢方古方派では、邪気、水毒、瘀血の3つとされますね。
それぞれ体内の気血水が流れにくくなり悪化したものとさ
れます。

 現代の視点で見れば、気は、気体(ガス)や電気のように
目に見えないが機能は感じられるものでしょう。水は体液、
血は血液ですね。

 私は、流れにくくなった川の部分には、ゴミが溜まりや
すく、細菌なども繁殖しやすいのと同じかなと思いました。
邪気は、水毒や瘀血から発生するとされるのも、腐った水
からメタンガスなどが発生するのと似ているなと思います。

 邪気は、手などにピリピリビリビリした感じを受けるこ
とが多いです。敏感な患者さんは「電気が走っている」と
か「小さな稲妻」とか言う表現をされます。

 水毒は、汗、痰、下痢、鼻水、泪、皮膚炎などの形で、
普段から、少しずつ排泄されていることも多いです。

 瘀血の原因としては、女性の生理不順の他、怪我や打撲
捻挫、手術なども結構多いです。

 邪気、水毒、瘀血については、詳しくは以下を読んでみ
てください。
邪気,水毒,瘀血、真気

☆:気持ちの良い、イイ感じなこと

 安静や適切な治療などですね。

 これも、数段階の過程を経るように思います。「①少し
痛みが減る→②発作的な自己治癒反応→③フッと脱力する
→④気持良く体が弛む→⑤邪毒が排泄される」という感じ。

 ① 適切なことをことをすると、先ず少し痛みが減りま
す。

 ② が、しばらくすると、症状などの変化が激しくなり
ます。深い呼吸が特徴で、痛みは少し増すこともあります。
鍼灸操体などをしていると、効果が出ているなという実感
があります。

 ③ 次に、フッと脱力する感じに変化が消えます。操体
で言う、瞬間脱力の感じに近いかなと思います。

 ④ 気持よく体が弛んで、ダルさが出て、動きたくなく
寝ていたくなります。

 ⑤ しばらくすると、汗、小水、下痢、下血などの排泄
現象が起こります。

 この辺りについては、野口整体の野口晴哉先生の『風邪
の効用』などでの観察が分かりやすかったです。

おわりに

 ご理解いただけましたか。私は、こんな風に養生と病を
観ています。

 症例に上げたような症状で私が診る程度の患者さんは、
術伝流鍼灸の型と操体の応用で、喜んでもらえることが多
いです。

 これからは、子宮頸がんワクチンやレーシックの後遺症
など、今まで余り診たことのないものを診させてもらいた
いなと思っています。私の養生観や疾病観が変わるかもし
れないので。

 それ以外だと、食養を始めとする普段の生活、軽いカゼ
や下痢腹痛などへの対処などを広めていきたいなとも思っ
ています。

 また、ここの内容は、「体は自然、臨床は対話」の
「体は自然」で、より詳しく書いています。興味が有った
ら、読んでみてください。


 よろしくおねがいします。

鍼灸操体、ツボ経絡などは、要するに自然現象の利用

(追記:2017.01.18)

 鍼灸操体按摩指圧など日本伝統医学の物療は、基本的に
は、 以下と思います。

1.ツボは、筋肉の機能性病変

2.経絡などツボ同士の相関関係を利用して、
  「筋肉の機能性病変を改善」することを手始めに、
  「体の歪み、血流、神経伝達などを改善」することに
  因り、痛み辛さ症状を改善している

 この辺りは、以下を読んでみてください。


 こういう点も、要するに、
「目の前の患者さんの体に、その時起こっている自然現象
を、昔の達人達が利用し伝え残したことも参考にして、適
切に利用していく」
ということが基本と思います。

 そのためにも、体に起こっている自然現象を的確に把握
することが大切ですね。


   >>>術伝流鍼灸操体講座へ・・・・・・・・・術伝流鍼灸操体講座

   >>>このページのトップヘ・・私の養生観

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ

術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」


お知らせとお願い

術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集

 術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
をしてくださる方を募集しています。

 くわしくは、術伝流のモデルをみてください。

 よろしくお願いします。


感想・間違いなど

 感想などあったり、術伝事務局までメールをください。

よろしくおねがいします。

術伝事務局メルアド :jutsuden-jmkkあまググどこ
(この行は無視してください。akwba、laemfro、thgosewibe)
(「あま」を「@」に、)(以下無視kuaniu、nteyu、lPpkiumo)
(「ググ」を「googlegroups」に、)(以下無視mesiun、kiuen)
(「どこ」を「.com」に変えて送信してください。)
(面倒をおかけし申し訳ありません。迷惑メール対策です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ