累積: - ___ 昨日: - ___今日: -

操体症例問答no.1 「左頚部痛」について

(1)はじめに

 ペンネーム「母さんの鍼」さんの操体症例1つめです。

(2)「左頚部痛」について

   操体・症例第一回 11月初旬

  ・主訴は左頚部痛
  ・60代の男性

1.患者さんの症状

 (1)元々、C6・C7間が狭く(レントゲンでご本人が確認済み)、
    時々指先に違和感があったものの、狭いことによる痛みは、
    得になっかった。

 (2)伺った日の朝起きた時、左の頚部が痛く、右に回らない。
    特に寝違えた訳ではないとのこと。

 (3)奥様の話によると、2〜3日前から日中・夜寝るまで、ずっ
    と、固まって本を読んでいたり、細かい計算などをして、
    動くことがなかったためではないか、とのこと。

2.患者さんの身体の状態

 (1)全体的に元気がなく、目に生気がなくかなり疲れている様子
    だった。

 (2)左頚部に痛みがあり(耳の裏にツボが出ている)、特に胸鎖
    乳突筋の前縁に圧痛あり。

 (3)左には回るが、痛みで右にはほとんど回らない。

3.実際に行ったこと

  ・鍼がだめな方で、先方の都合で30〜40分で終わらせた。

 (1)左手の一番痛い水かきを揉む。

 (2)胸鎖乳突筋の前縁・後縁・筋腹などツボの出ている圧痛点  
    をピンポイントで、とらえながら、指反らしとセットで
    沈の操体。

 (3)左手の水かきを揉んで終了。

4.施術後の変化

 (1)施術前の痛みが取れ、右に首が回せるようになった。

 (2)表情が明るくなり、顔に生気が戻り、元気になった。

5.感想

 (1)患者さんは「ツーンとした痛みが取れ、抵抗なく右に首が
    回せるようになった」とのこと。スッキリした面持ちだっ
    たので、ホッとした。

 (2)時間があまりなかったので、操体で痛みを取ることで、首の
    可動域を広げることにした。

 (3)沈の操体は、ピンポイントで取るので首を緩めるのに、適し
    ていると思う。

 (4)座位で行ったため、指反らしすると腕が曲がってしまい、
    ピンポイントで取ったツボに効かせにくいように思った。

 (5)逆に座位は、真っ直ぐに腕を伸ばせる人ならば、前後・上下
    自由に角度を調節出来、その方に合った角度で効かせられる
    のではないか、と思う。

 (6)肩こりがある方なので、時間があればアプローチしたかった。

(2)遊風のコメント

患者さんの症状
(1)C6・C7間が狭く時々指先に違和感があったものの痛みは無し
(2)伺った日の朝起きた時、左の頚部が痛く、右に回らない。
   特に寝違えた訳ではないとのこと。
(3)奥様の話しによると、2〜3日前から日中・夜寝るまで、ずっ
   と固まって本を読んでいたり、細かい計算などをして、動く
   ことがなかったためではないか、とのこと。

 この時期に、この症状は、首を冷やした可能性があります。

実際に行ったこと
(1)左手の一番痛い水かきを揉む。

 水かきというのは、指と指のあいだの水かきみたいな部分のこと
ですね。

 何番目と何番目の指のあいだでしたか?
薬指の小指よりか中指よりかの可能性が高いですが。

 これをしながら、ゆっくりと、首を動かしやすいほうに動かして
もらっても良かったかな。

 運動鍼みたいというか、動きの操体とのミックスという感じ。

(2)胸鎖乳突筋の前縁・後縁・筋腹などツボの出ている圧痛点  
   をピンポイントで捕らえながら、指反らしとセットで
   沈の操体。

 座位でしていたのなら、このときにどちらか体重をかけやすい
ほうに、体重を移してもらっても良かったかな。

 体重移動を付け加えておくと、その操体自体が早くおわることが
おおいし、下半身の慢性的な歪みの改善にもつながります。

 寝てしていたら、反対側の腕や足をイイ感じのするほうに曲げた
り伸ばしたりしてもらっても良かったかな。

 これも、その操体自体が早くおわることがおおいし、足を動かし
てもらえれば、下半身の慢性的な歪みの改善にもつながります。

どちらも、めんどうくさがる人には無理ですが。

(1)患者さんは「ツーンとした痛みが取れ、抵抗なく右に首が
   回せるようになった」。スッキリした面持ちだったので、
   ホッとした。
(3)沈の操体は、ピンポイントで取るので首を緩めるのに、適
   していると思う。

 指先でする皮膚の操体の、しかも、沈の方向というのを、操体を
はじめて数ヶ月でマスターしているのは、すごいことです。

 有名な達人の先生から数十回習っても、臨床の場で操体を知らな
い人が相手では結果が出せない人がおおいのに。

 指先で沈の操体は、頭首胴に出ているツボに効果的で、手足の指
そらしや、手足のツボへの指圧や提鍼による押圧、指先で平行に皮
膚をはる操体と組み合わせると、鍼灸とほぼ同じ効果が出るので、
重宝します。

(4)座位で行ったため、指反らしすると腕が曲がってしまい、
   ピンポイントで取ったツボに効かせにくいように思った。

 そういうときには、指をそらしているのとちがう指で、指の根本
の手の甲をささえると、そらしやすいと思います。

 また、指裏関節横紋のはじ(節紋)を押したり、そこに提鍼を押
しつけたり、爪の根本の井穴を押したりしてもよいと思います。

(5)逆に座位は、真っ直ぐに腕を伸ばせる人ならば、前後・上
   下自由に角度を調節出来、その方に合った角度で効かせら
   れるのではないか、と思う。

 よく気が付きました。

 上腕が首のポイントのほうをむいていると効果が出やすいです。

(6)肩こりがある方なので時間があればアプローチしたかった。

 まぁ、操体的にいえば、下半身が良くなれば、肩もすこしは良く
なったかなという感じもします。

 でも、たしかに、時間があれば、そのあたりの確認もふくめて、
できるとよかったですね。

 この人の場合には、胸鎖乳突筋の延長の鎖骨の首側にも、圧痛の
あるシコりがあったと思います。

 急に寒くなって、首、とくに、鎖骨あたりを冷やしたときに、よ
く見られる状態に似ているからです。

 もし冷えでできたものなら、このあいだの鍼の講座で話した蒸し
タオル温法で、鎖骨の首側をあたためると、なおることがおおいで
す。

 お灸がイヤだという人には、出張先でも、温灸や補のお灸(あた
ためることに意味のある)の代わり使えるので、おぼえておくと便
利です。

蒸しタオル温法

 ぬらしたタオルをレンジパックにいれ、口をあけたままレンジで
チンしたあと、口をとじ、かわいたタオルでつつむ。

 それをあたためたいところにおいて、あたためる。

 30分から1時間ぐらいは、あたたかいです。

(3)コメントへの返信

(1)左手の一番痛い水掻きを揉む
(3)の左手の水掻きを揉んで終了。
何番目と何番目のあいだでしたか?

(1)は、4-5間で、(3)は、3-4間です。

(4)遊風の再コメント

どちらも納得、経絡相関通りかなという感じです。

(5)おわりに

 コメントにも書きましたが、指先での沈の皮膚操体を、操体をはじ
めて半年で使いこなしているのは、本当にすごいなと感心しました。


   >>>つぎへ・・・操体症例問答no.2



   >>>目次ヘ・・・・・・・・・症例問答

   >>>このページのトップヘ・・操体症例問答no.1

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ

術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」



お知らせとお願い

感想など

 感想などありましたら、術伝事務局までメールをください。

よろしくおねがいします。

術伝事務局メルアド :jutsuden-jmkkあまググどこ
(この行は無視してください。akwba、laemfro、thgosewibe)
(「あま」を「@」に、)(以下無視kuaniu、nteyu、lPpkiumo)
(「ググ」を「googlegroups」に、)(以下無視mesiun、kiuen)
(「どこ」を「.com」に変えて送信してください。)
(面倒をおかけし申し訳ありません。迷惑メール対策です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ