累積: - ___ 昨日: - ___今日: -

術伝流操体 【3】操体で一通り治療
[2]ラクになれない人への対処 (2) 対処法2.中心をラクに

中心をラクに

(1)はじめに

 受け手にラクになってもらうためには、手足や首など末端以
外にも目の付け所はあります。末端と反対の、胴体部の背骨や
体重など、体の中心です。

 前にも書いたと思いますが、操体の「タワメの間」は、末端
と中心で決まりますので。

 慣れていない人に言葉で指示して動いてもらうときには、末
端の手足や首を指定して動いてもらう方が通じやすいです。

 しかし、実は、ラクな姿勢になってもらうために本当に役に
立つのは、背骨や体重などの体の中心の格好のことも多いので
す。中心の格好が上手く決まると、手足や首は自然にラクな所
に動くことも多いからです。

 操者にとっても、慣れないと、中心がラクかどうかは、末端
に比べると、分かりにくいので、受け手が操体に慣れているだ
けでなく、操者の方も経験を積む必要があります。

(2)腰椎を切っ掛けに

 中心で比較的に分かりやすいのは、背骨の4種8方向で、そ
の中でも、腰椎と頚椎になります。腰椎と頚椎には、他の骨が
付いていないので、動きやすいことが関係していると思います。

 二つを比較すると、頚椎は、首で、頭や顔の向きに関係する
ので、中心か末端か比較すると、末端ということになります。
ですから、体の中心として利用するのは、先ずは、腰椎になり
ます。

 末端である手足や首の4種8方向が決まってくれば、腰椎の
4種8方向もある程度は決まってきます。逆に、腰椎の4種8
方向が決まってくれば、末端もある程度は決まってきます。そ
れが矛盾していないか、腰椎の辺りが窮屈そうかどうか、見て
確かめる必要があります。

 腰椎のどの辺りが4種8方向の、特に、左右捻転、前後屈の
境目になっているかを中心に見ると比較的分かりやすいと思い
ます。

 腰椎の状態が分かったら、その状態を、ほんの少し強調して
みると、よりラクになる可能性があるので試してもらいます。

1.横向き寝の場合

 今までも書いてきましたように、横向き寝のときには、前屈
(写真1)が多く、次は捻れで(写真2)、側屈は少ないです。
横側を下にしているので側屈しにくいからだと思います。

写真1

写真2

 ただ、たまに、上になっている側を伸ばしたい人がいます。
そういう場合には、下側の腰と肩で体を支え下側の脇を浮かせ、
上側の腕を胴体の延長線上に伸ばす姿勢がイイ感じのことが多
いです(写真3)。

写真3

 また、横向き前屈タイプの場合に、上になっている肩と腰を
近付ける要素も入れて前屈していく人がいます。そういう人は、
下側になっている側を少し伸ばしたいと言えるかも知れません。

 左右差があるタイプでは、側屈よりも、片側が前屈で、片側
が後屈、特に、上側が前屈で、下側が後屈というか、足を後ろ
にする(写真4)タイプが時々見られます。歩くときの片足を
交互に出す姿勢の調整かなと思います。

写真4

2.うつ伏せ寝の場合

 うつ伏せ寝のときは、側屈や捻転が比較的多いです。

2.1.うつ伏せ寝で側屈

 特に、片足の爪先が外を向いている場合(写真5)には、足
が、いわゆるカエル足(写真6)になったほうがラク、つまり、
膝を曲げて横に出した格好になるとラクな場合が多いです。

写真5

写真6

 カエル足のときにはカエル足の側を縮める側屈がイイ場合が
多いです。そして、側屈が大きくなると、少し横向き寝に近付
くこともあります(写真7)。

写真7

2.2.うつ伏せ寝膝立てからは、捻転か後屈

 うつ伏せからの捻転は、膝を立てた方が捻転しやすくなりま
す。うつ伏せで後屈したいときにも、膝を立てた方が動きやす
いようです。

 足首の辺りが畳から離れている(写真8)ときは、膝を立て
た方がラクな(写真9)ことが多いです。

写真8

写真9

 その場合は、後屈か捻転の可能性があります。

2.3.うつぶせ寝で前屈?

 うつ伏せ寝では前屈したい人は少ないです。体の前面が畳に
付いているからでしょう。うつ伏せで前屈したい場合には、横
向き寝の方がラクな可能性が高くなります。

 横向きで前屈したくなくて、うつ伏せで前屈がラクな場合は、
少ないですが、たまには、そういう人もいます。そういう場合
には、平らな所でうつ伏せには成り難いので、布団を丸めたよ
うなものに抱きついた形(写真10)で、うつ伏せに成りたがり
ます。

写真10

 こういう人は、背骨、つまり正中ちかくの腰痛のときに見ら
れることがあります。

2.4.うつぶせ寝で、足の左右差大のとき

 うつ伏せで、足首の浮きの左右差が大きい場合や、尻叩きを
したときの左右差が大きい場合には、片足が後屈で片足が前屈
というか足伸ばし(写真11)のタイプです。これも歩く時の足
を左右交互に出すことの調整かなと思います。

写真11

 また、この場合には、うつ伏せ膝立ての姿勢を取る場合に、
片方だけ立てた方が良い場合が多くなります。特に、捻転の場
合には、片足だけ立てて捻転が良いと言う人が多いです(写真
12)。

写真12

3.仰向け寝の場合

3.1.仰向け寝で側屈

 仰向け場合には、足を伸ばしたままでは、少し側屈(写真13)
という感じが多いです。

写真13

 また、膝を曲げたまま横に倒す感じのときも、そちら側を縮
める側屈(写真14)がしやすくなります。

写真14

3.2.仰向け膝立てからは、捻転、前屈、後屈

 膝を立てた姿勢がラクな場合は、捻転、前屈、後屈の可能性
が高くなります。

 膝立ても、両方とも立てたい場合と、片足だけ立てたい場合
があります(写真15)。

写真15

 膝立てからの捻転は、定番にありますね。ただ、片足膝立て
からの捻転が良いということもあります(写真16)。

写真16

 膝立てからの前屈は、 膝の抱え込み(写真17)です。仙台の
今先生が講習会の初めに試してもらうことが多いと聞きました。

写真17

 この場合、左右差があって、片足だけ抱え込むのが良い人が
多く、これも歩くときの足を交互に出す動作の調整かなと思い
ます。

 膝立てからの前屈を二人組で行うときには、膝の痼りを痛く
して逃げる操体になります(写真18)。

写真18

 背中が畳に付いているので後屈はしにくそうですが、膝を立
て踵を踏ん張ると後屈がしやすくなる(写真19)のが、仰向け
寝の特徴です。

写真19

4.可能性の高いものは、定番にある

 こうして書き出してみると、それぞれの寝方で可能性が高い
ものについては、ラクな寝方別の操体の定番が多いことに気付
かれると思います。如何でしょう。

4.1.定番操体は、胴体の3軸を調整

 言い換えれば、定番操体は、寝方別に、胴体の4種8方向の
調整をしているということです。つまり、左右捻転、前後屈、
左右側屈、伸縮の動作を、寝方別に整えていることになります。

 このうち、伸縮は、余り取り上げていないので、残りの3つ、
つまり、仙台の今先生が言われる「3軸の調整」です。

 というわけで、定番操体は、腰椎を中心に、胴体の3軸を調
整していると言えるかなと思います。

4.2.定番操体を順に試す

 ですから、ラクな寝方が分からない人には、横向き、うつ伏
せ、仰向けの順で、それぞれの寝方では、重さ、皮膚、動きの
順で、定番の中からイイ感じのもの、イイ感じが分からなけれ
ばイヤな感じのしないものを、次々していくだけで、結構、気
持ち良さを感じてもらえることも多いし、体も整えられます。

 ラクとか気持ちよさとか分からない人には、

 横向き (重さ→皮膚→動き)
→うつ伏せ(重さ→皮膚→動き)
→仰向け (重さ→皮膚→動き)

の順で、イイ感じのもの、イヤでない定番操体をしていくと、
案外、良いということです。

4.3.窮屈そうな所を見分け、誘導

 「言葉掛け」や「手での誘導」が適切ならば、その可能性は
高くなるので、誘導の仕方に工夫は必要です。そして、声掛け
していくときにも、窮屈そうな所からという点は、末端の場合
と同じです。

 声掛けだけでなく、動診をして試しながら決めていくときも、
窮屈そうな所から動診していく方が、ラクな姿勢が決まりやす
いです。

 ですから、窮屈そうな場所が分かると早くラクな姿勢が決め
られます。

4.4.定番の片足版も試す

 それと、仰向けやうつ伏せの膝立ての場合のように、片足だ
け膝を立てる方が良いと言う人も、結構、多いことを忘れない
ようにしてください。

 片足膝立てで、定番をやってみるということです。

 繰り返しになりますが、これは、ヒトが、普段は直立2足歩
行していて、足を交互に出して歩いていることの調整をしてい
るのだと思います。

(3)体重移動を切っ掛けに

 中心をラクにするための、もう一つの手段は、体重を移動す
ることです。

 左右、または、前後と上下を組み合わせた4方向に、試しに
体重を移してみて(写真20)、一番イイ感じのする方に、体重
を少し移動させると、よりラクな姿勢になることが多いです。

写真20

 体重を掛けるとか、体重を移動するとか言っても、ほんの少
しなので、写真に写すと、ただ手を置いているのと、殆ど変わ
らなくなってしまいます。

 この辺りは、末端の動きや、胴体の4種8方向と違って、写
真でも伝えるのが難しい分野かなという感じがしています。

 でも、慣れてくると、先ず、体重を一番イイ感じの方に少し
移してから、次に、手足や首などの末端を決めると、時間が一
番掛からずに、ラクな姿勢に辿り着けます。

 そのためには、先ず、自分がそういう感じで操体できるよう
に、体の勘を磨いていきましょう。

 同時に、初めての人でも、体重をイイ感じに移してから、末
端もイイ感じに決められるように、言葉での誘導ができるよう
になって行きましょう。

(4)おわりに

 ラクな寝方に成れない人への対処法の2回目として、中心を
ラクにする方法を書いてきましたが、改めて定番操体ってスゴ
いなという感じがしました。

 目の前の人の、その時の状態に合わせて、定番を使いこなし
応用するだけで良いのかもしれませんね。


   つぎへ>>>術伝流操体no.35



   >>>目次へ・・・・・・・・・術伝流操体(あ)

   >>>このページのトップヘ・・術伝流操体no.34

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ

術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」


お知らせとお願い

術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集

 術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
をしてくださる方を募集しています。

 くわしくは、術伝流のモデルをみてください。

 よろしくお願いします。

感想など

 感想などありましたら、術伝事務局までメールをください。

よろしくおねがいします。

術伝事務局メルアド :jutsuden-jmkkあまググどこ
(この行は無視してください。akwba、laemfro、thgosewibe)
(「あま」を「@」に、「ググ」を「googlegroups」に、)
(「どこ」を「.com」に変えて送信してください。    )
(面倒をおかけし申し訳ありません。迷惑メール対策です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ