「クスグっていたら、酸素ボンベが外れた」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

クスグっていたら、酸素ボンベが外れた」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 累積:&counter()___ 昨日:&counter(yesterday) ___今日:&counter(today) 
 ------
 &bold(){&size(24){&color(green){クスグっていたら、酸素ボンベが外れた}}}
 -----
 #contents
 *23週626gで生まれた超未熟児
  私の次男は、23週626gの超未熟児で生まれてきました。
 
  次男は、新生児治療室(NICU)に6ヶ月入院後に、酸素
 ボンベをつけて退院しました。23週位だと、未だ肺呼吸の
 段階で無いのに子宮の外に出てきてしまっているので、肺
 に負担が掛かるそうです。
 
  その上、男性ホルモンと肺の発達にバッティングする部
 分が有るそうです。それで、男の子では肺に後遺症が残る、
 そのことを覚悟しておいてくださいという説明を主治医か
 ら、受けていました。確かに、TVや新聞などで報道され
 る超未熟児は女の子が多いです。
 
  泣きも笑いもせず、抱くと突っ張って拒む状態でした。
 病院で抱かれるということは痛い処置をされることだった
 からだと思います。これでは、積極的に何かしかけない方
 が良さそうだと思い、嫌がれることはしない、必要なこと
 はしてあげるということしかできませんでした。
 
  2ヶ月してイヤなことには泣いて抗議するようになり、
 3ヶ月して、抱いて初めて笑ったときには涙が溢(こぼ)
 れました。
 
 *クスグリ療法をやってみた
  さぁ、いよいよ、操体をまとめた医師の橋本敬三先生が
 赤ちゃんには何でも効くと書き残していた「脇腹クスグり」
 だぁとやってみたのですが、全く反応がありませんでした。
 目の前が真っ暗に成りました。
 
  しばらく落ち込んだ後に、落ち込んではいられないと、
 全身をクスグってみることにしました。そしたら、胸の最
 も腕に近い部分だけは反応し、大変クスグったがったので
 した。
 
  しかも、指先よりも唇を軽く触れて横に振るのに一番反
 応することが分かりました。当時、私は口の周りに髭を生
 やしていたせいかもしれません。
 
  それから、風呂に入れるときやオシメを替えるときを始
 め、しょっちゅうクスグっていました。
 
 *肺の影が消え、酸素ボンベが外れた
  そしたら、そこをクスグり始めてから2か月程して受け
 た定期的な肺の検診のときにレントゲン断層撮影をした結
 果、胸に影が無いことが分かり、酸素ボンベを外して良い
 ことに成りました。
 
  肺の一番小さな単位である肺胞が潰れていたので呼吸能
 力が低かったし、それが影として写っていたという主治医
 の説明でした。びっくりされたようでした。
 
  後に鍼灸学校に入って、ここが「中府」と呼ばれ、腹側
 では肺の病に一番効果的なツボ(「肺の募穴」)と古典に
 も書かれていることを知り、私がツボや経絡に非常に関心
 を持つ切っ掛けになりました。
 
  昔の人も嘘は書いていない、ただ、今の人には分かりに
 くい表現で書いているだけだ、体の自然を良く観察し、昔
 の人が伝え残したかった内容を今の人にも分かりやすい表
 現に直せば良いだけだと思うようになりました。
  
 -----
-   >>>このページのトップへ  ・・・・[[クスグッていたら、酸素ボンベが外れた]]
+   >>>このページのトップへ  ・・・・[[クスグっていたら、酸素ボンベが外れた]]
 -----
 *お知らせとお願い
 **感想・間違いの指摘など
  感想などありましたら、術伝事務局あてにメールをください。
  
  間違いなど見つけた方も、術伝事務局あてにメールをください。
 
  よろしくお願いします。
 
 **術伝事務局のメールアドレス
 
 術伝事務局:jutsuden-jmkkあまググどこ
 (この行は無視してください。akwba、laemfro、thgosewibe) 
 (「あま」を「@」に、「ググ」を「googlegroups」に、) 
 (「どこ」を「.com」に変えて送信してください。    ) 
 (面倒をおかけし申し訳ありません。迷惑メール対策です)
 
 **術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集
  術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て 
 いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役 
 をしてくださる方を募集しています。
 
  くわしくは、[[術伝流のモデル]]をみてください。
 
  よろしくお願いします。
 -----
    >>>このページのトップへ  ・・・・[[主宰者の簡単な自己紹介]]
 -----