IIDX初心者ガイドライン


【IIDXをまだプレイしたことがないjubeatユーザー向けの案内です】

2010年3月8日より、jubeat ripplesとbeatmania IIDXの連動企画がスタートしました。
3月8日以降、IIDXで「bass 2 bass」「IN THE NAME OF LOVE」「Special One」をプレイ(クリアしなくても可)すると、jubeatで3月18日以降に「AIR RAID FROM THA UNDAGROUND」が解禁されます。

事前準備

まず、3月8日以降に
bass 2 bass」「IN THE NAME OF LOVE」「Special One
の3曲をjubeatでプレイします。
プレイしてないとIIDXではプレイ出来ませんので注意して下さい。
また、仮に誰かとの二人プレイでIIDX側で連動3曲をプレイしても、jubeat側で3曲をプレイしない限り「AIR RAID FROM THA UNDAGROUND」はプレイできないので注意!

とりあえず、解禁のために移植3曲をプレイするぜ!

IIDXは通常3曲プレイできるので、すでにある程度IIDXをプレイしたことがある人なら、1クレジットで「bass 2 bass」「IN THE NAME OF LOVE」「Special One」の3曲をプレイすることができます。
IIDX初心者ではこの移植3曲のクリアは難しいですが、それでも2クレジットあれば3曲ともプレイできます(詳しくは後述)。
  • STANDARDモードを選ぶ
移植3曲をプレイするには、STANDARDモードを選んでください。
(初心者向けの「BEGINNERモード」というのがありますが、それでは、jubeatからの移植曲をプレイすることはできません)
移植3曲はNORMAL譜面(同じ曲でも3種類譜面があるうちのもっとも簡単な譜面、jubeatで言うところのBASIC譜面)でも「bass 2 bass」と「IN THE NAME OF LOVE」はLv4、「Special One」はLv5なので、初心者にはクリアは無理っぽいです。ただ、エアレイドの解禁条件は「プレイすること」なので、クリアしなくても問題ないです(クリアのためには、PARTYモードやBEGINNERモードで慣れるのが近道です)。
  • 1曲目にLv5位以下の譜面を選べば1クレジットで最低でも2曲はプレイできる
IIDXでは、1曲目に限りLv5以下の譜面なら落ちても次に進めます。
移植3曲はどれも初心者にはクリアは難しいですが、N譜面であれば落ちても2曲目に進めます。なので、1曲目にN譜面を選べば1クレで最低2曲はプレイできるので、エアレイド解禁のために移植3曲をプレイしたいだけなら、2クレジットあれば3曲ともプレイできるということです。
ほかの曲や、移植曲のN譜面以外にチャレンジしてみるというのもありですが、Lv6以上の譜面で落ちた場合や、2曲目以降で落ちた場合はそのまま終わりなので気をつけて下さい。
なので、(Lv5以下を選べば)落ちても次に進める1曲目と、落ちようが落ちまいが次はない最後のステージで選曲するのがいいでしょう。
  • FREEモードで安心プレイ
基本的な遊び方はSTANDARDモードと同じですが、重複選曲ができる代わりに2曲のみという特殊モードです。
(IIDXでは基本的に重複選曲はできません)
その代わりにクリアの有無にかかわらず確実に2曲遊べるうえ、選曲時間が長いという特権があります。
前述の通り初心者がLv4~Lv5をいきなりクリアするのは難しく「1曲目Lv5以下の保障」を利用しても結局は「1クレ=2曲プレイ」になりがちですので選曲時間に猶予のあるこのモードを利用することも有効です。

選曲画面での注意点

モードを選んだら選曲画面に以降するのですが、SIRIUS新曲のNORMAL譜面に照準が合っている状態で始まります。
曲は縦並びで初期状態のソートはNORMAL譜面のレベル順、同レベルの場合は曲名の頭文字がA→Z→日本語の順となっています。
(jubeatでいうBASIC譜面、レベル別ソート、LV1から開始といったところです)
SIRIUS新曲にはLV3は2曲しかなく「bass 2 bass」はLV4の一番上・・・全曲目の上から3番目にあり、初めから曲名が見えている状態ですのですぐに見つかると思います。
「IN THE NAME OF LOVE」は上から10番目の位置にあり、ターンテーブルを回して曲リストをスクローリングすると、発見できるかと思います。
「Special One」はLV5であり頭文字「S」なので36番目と深い位置にあります。ソートの特性を理解しておきましょう。
  • 選曲中に混乱したら?
黒鍵盤のいずれかを押すとフォルダが閉じます。この状態で白鍵盤を押すと再びフォルダが開き仕切り直せます。
フォルダが閉じた状態で黒鍵盤を押してしまうとソート順が変わってしまいます。
変わった時は画面右最上部に白アルファベット文字でソートタイプが出ていますので何回か黒鍵盤を押しましょう。
表示が消えたところが初期状態です。大体7回くらいで1週して初期状態に戻ってくるようです。1週あたり2~3数秒で仕切りなおしができるので慌てずに。

エアレイドを解禁できたらjubeat側の解禁はこれで終わりです。

また、解禁するためには特に必要ないですが、初心者のためのオプションがあります。

IIDX初心者のためのオプション

連動企画をきっかけに、IIDXをプレイしようという方は、EASYオプションを知っておいてください。
  • EASYオプションとは
EASYオプションを装備すると、ゲージの下降がやや緩やかになります。
jubeatでたとえれば、シャッターが閉まりづらくなっていたり、missでも少しだけ得点が入るといった感じです。
このEASYオプションを装備するには、まず曲を選択する画面でスタートボタンを押しっぱなしにしてください。
この状態で真ん中の黒い鍵盤を1回だけ押して下さい。すると、画面上の方にあるEASYと書かれた枠が黄色く光ります。これでEASYオプション装備完了です。
なお、誤って2回押してしまうとEASYと書かれた枠が暗くなり、代わりに下にあるHARDと書かれた枠が黄色く光ります。この状態は上級者御用達のHARDオプションを装備している状態でありとっても危険です。
そうなってしまった場合はもう1度真ん中の黒い鍵盤を押して下さい。最初のどちらの枠も暗い状態に戻りますので、この状態から改めて真ん中の黒い鍵盤を1回だけ押せばEASYオプションを装備できます。

他にもASSISTオプションがありますが、ギタドラでいうオートオプションに当たるため上達の妨げになるのでお勧めしません。なのでここではこのようなものもあるというだけに留め詳しいことは書きません(どうしても知りたいという人は各自調べて下さい。あと叩かれても知りません)

なお、IIDXでEvansを解禁するためには、IIDX側で、上記3曲とAIR RAIDの4曲を全てEASY・ASSISTを使わずにクリアする必要がありますが(全てN譜面でも可)、EvansはN譜面でもかなり難度が高いため、EASY・ASSISTなしではこの4曲をN譜面すらクリアすらできないようではまともにプレイできる曲ではないので気にしないでください。うまくなったらクリアできればいいかな・・・程度の構えで。
※→IIDXで全てEasyオプション付けた状態でプレイしてEvans解禁されました。
 Assist有りはわかりませんが、Easyなら大丈夫そうです。
↑フル○ンとかしてない?フル○ンしたらEasy付けてても付けてなかったものとして扱われるわけだが

IIDXの基本的なプレイの仕方

  • TUTORIALモード
TUTORIALモードは本当に初めての方におすすめです。是非選んで練習しましょう。
基礎の基礎から学ぶことが出来ます。
ただし、曲はレッスン+固定2曲ないし3曲です。TUTORIALモードで今回の移植曲をプレイすることはできません。
  • PARTYモード
その次はPARTYモードに挑戦しましょう。いわゆるストーリーモードで、EVENTを順に進めていく事になります。
雰囲気はギャルゲそのものですが、とくに興味がなければSTARTボタンで、スキップしましょう。
PARTYモードはEVENTごとに選曲できる曲が制限されており、今回の移植曲もプレイすることはできません。
しかし必ず3曲遊べる(1・2曲目でFAILEDしても問題ない)ので、ゲームに慣れるのも早まります。
EVENT.3まではBEGINNER譜面がプレーでき、EVENT.4からはSTANDARDモードと同じ譜面をプレーできます。
EVENT.3がクリアできればSTANDARDモードのレベル2~3に移っても問題ないでしょう。
逆にEVENT.4で難易度が跳ね上がるため、この先はSTANDARDモードと並行して進めましょう。
全部クリアできれば今回の移植曲を含め、たいていのNORMAL譜面はクリアできる実力がつくと思われます。
  • BEGINNERモード
PARTYモードの雰囲気が苦手な人はBEGINNERモードを選択しましょう。
一部の曲のBEGINNER譜面しか遊べませんがこちらのモードでも必ず3曲遊べます。(BEGINNERモードでは、今回の移植曲はプレイできません)
全曲プレイする頃には難易度「難」まで安定できると思います。難易度「難」が出来るようになってきたらSTANDARDモードを選択しましょう。
大体「難」=STANDARDレベル2~3相当と一般的には言われています。当然このモードだけでは今回の移植曲をクリアするには不十分です。
余談ですが、jubeatにも収録されている「凛として咲く花の如く」(元はポップンの曲)はこのモードで選曲できます。難易度は「普」です。
  • STANDARDモード
STANDARDモードで遊ぶ場合はまず低レベル帯(レベル1~3あたり)の曲に挑戦して、感触に応じてレベルを上げるなり下げるなりするのが良いでしょう。
その際、画面左側の曲名表示の下にある「CLEAR RATE(全国プレーヤーのクリア率)」に注意!
CLEAR RATEが同レベルの他曲と比べて極端に低い場合、その曲は詐称曲の可能性が高いです。
1曲目はレベル5以下の楽曲の時に限りクリアできなくても2曲目に進むことが出来ます。
  • EXPERTモード
  • 段位認定モード
  • LEAGUEモード
LEAGUEモードはランダムで選ばれる2曲+自分で選ぶ2曲の成績を全国のプレーヤーと競い合い、上位リーグを目指すモードです。
選べる曲はかなり限られる上(週替わり・毎週月曜更新)、2曲しか自分で選曲することができないかわりに必ず4曲プレー可能です。
しかし、最も下位のリーグでもレベル4~5の曲を強いられるため初心者には厳しいモードと言えます。
ある程度STANDARDモードで腕を上げて、レベル4~5の曲に挑戦できるくらいになったプレーヤーにはうってつけのモードかも知れません。

その他の遊び方の基本事項

  • どんな曲を選べばいいの?
PARTYモードやBEGINERモードで遊ぶ場合は必ず3曲(+1曲)遊ぶことができるので、気になった曲を選べば良いと思います。

  • 周りが上手な人ばっかりで…
殆どの人はプレイしてる人が初心者だろうと気にしません。店側にとっても同じ1クレです。
もしかしたら逆にアドバイスも貰えるかもしれません、緊張せずにプレイしましょう
誰でも最初は初心者です。