詐称曲リスト(Qubell)

編集者の方へ:編集室への提議無しに表に記載することは避けてください(返答が無い場合も含む)。
各曲ページのコメント欄を基にする場合も、その旨を編集室でお知らせください。


Lv10楽曲に関してはこちらに移行しました。

初心者~初級者用に、レベル内では難しめ地雷曲(詐称曲)・易しめの稼ぎ曲(逆詐称曲)をまとめてあります。

すべてクリア難度をベースに考えています (初見難度も多少加味)。
スコア・フルコンボ・エクセレントの各難易度についてはここでは扱いません。
(現在はコナオリのみですが、フルコンボ難易度表も参照のこと)
  • リスト

曲の並びは難易度別に、Lv昇順 → 50音昇順です。


詐称曲リスト

Qubell

※この表は暫定です。意見があれば詐称曲リスト編集室にてコメントをお願いします。
また、この表は後々のために表記の仕方が通常の表と異なります。Lvの書かれている部分の背景で難易度を確認してください。
(緑がBASIC、黄色がADVANCED、赤がEXTREME)
曲名 Lv・
難易度
備考
詐称曲
Beautiful / Qubell Lv:1 付点のリズムがLv1としては多く、リズムをとりづらい。また4分のリズムも多く休憩地帯が少ない。Lv2相当。
響縁 / Qubell Lv:2 ノート数234はQubell稼働時点でLv2最多。特にサビは休憩一切なしの4分が続く。Lv3相当。
運命 / Qubell Lv:6 16分が頻発し、配置難であるとともに物量がLv6としては規格外。
また曲自体が変速するため、一度躓くとペースを持っていかれやすい。少なくともLv7相当。
黒髪乱れし修羅となりて~凛edition~ / Qubell Lv:6 曲合わせの16分が多く、特に2回出てくる2個押しの16分はこのレベルの規格外。物量も多く非常に難しい。
原曲のADVANCED譜面と比べても難しい配置が多く、クリア難易度はLv7相当。
ディアブロ / Qubell Lv:6 序盤からパーカッション合わせの16分や24分が出現。これはLv6の規格外。
道中は幾分楽になるもののそれでも決して易しいものではない。
物量も非常に多く適正者は体力切れを起こしやすい。Lv7相当。
DesireDrive / Qubell Lv:6 全体的に8分配置が多数を占めており、16分も幾分みられる。決して低速ではないため、譜面についていくことが難しい。
また物量もLv6としては非常に多い。Lv7相当。
不可説不可説転 / Qubell Lv:9 変拍子でリズムがわかりづらく、スコアが出にくい。ホールドは存在するが影響度はかなり小さい。
発狂らしい発狂は一部だけだが、押しやすい場所で光らせにくいことが難易度を上げている。
シャッターは軽いものの、ノート数が少なめのため、1ノートあたりの配点が大きく失点しやすい。
Boss Rush / Qubell Lv:9 前半はやや密度が薄めだが、後半になるにつれて密度を増していく。特に後半の同時押しラッシュは全体に対する割合が高く、失点しやすい。
またラス殺しもあり、シャッターが閉じやすい。Lv10弱相当。
逆詐称曲
ハッピーシンセサイザ / Qubell Lv:4 リズムが4分までしかなく、変な同時押しもない。
またスピードもゆっくりで非常に見切りやすい。Lv3相当。
個人差曲


BASIC

詐称曲
曲名 / バージョン 解説・備考
Lv 1
WAVES; Q;indivi+WISE / copious APPEND リズム難。物量を考慮すればLv1としては厳しい。Lv2相当。
じょいふる / knit 死角配置が多め。また、リズムが変則的であったり、配置を敢えて崩されているポイントがあったりしており
これらの要素を踏まえると、LV1と呼ぶには厳しい。
タッチ / copious 縦2個同時押し・裏拍4つ同時押しが含まれ、リズムもLv1としては単純ではない。Lv2~3相当。
Bad Apple!! feat. nomico / prop ノート数194はレベル1最多であり、このレベルの規格を大幅に逸脱している。
また道中も左右に偏った2個押しや隣接した縦2個押し(いずれも4分間隔)が続き、詐称。Lv2相当。
Lv 2
恋をしたい、もう一度 / prop 221ノーツとLv2としては物量が非常に多い。またリズムも変則的で、稼ぎどころが少ない。Lv3相当。
MATATABISTEP / prop 縦2つ押しの後すぐに8分配置となる譜面が続き、また物量もこのレベルとしては多い。Lv3相当。
LANA - ヒトリノウタ - / saucer 終盤のBPM180の4分の斜め移動はLv2としては厳しい。道中も予測し辛い配置が多い。Lv3相当。
LOVE & JOY / knit Lv3の大迷惑[BSC](削除曲)のサビに近い速さで押させる場面もあり、Lv3でも遜色ないと思われる。
Lv 3
KUNG-FU MAMA / knit 物量、配置、リズムいずれもLV3としては規格外。LV4~5相当。
チルノのパーフェクトさんすう教室 / prop サビ前の歌詞に合わせた9つ押しがあるが、これはLv3の規格外。
また道中も4分中心であるものの、縦の移動が多く、また物量もあるため全体的に忙しい。Lv4相当。
Love km / knit BPM184の8分、変則リズム、4つ同時押し。
Lv 4
Amalgamation / saucer 4分主体ではあるものの、そのほとんどが死角配置。
また一部にリズム難配置がありそれらの破壊力が高い。Lv5相当。
overcomplexification / prop BPM190での高速テンポながら8分が多く、適正には見切りづらい。Lv5相当。
Shine On Me / knit リズムは4分のみであるが、休みが少ない上に譜面パターンが次々と変わるため、先読みがむずかしい。
ノート数(404Notes)だけを見てもBASICLv4の中では抜きんでている。Lv5相当。
DIAVOLO / saucer 後半に8分乱打が発生する。Lv4適正者にとっては非常に厳しい配置。Lv5相当。
prop the world / prop 危険曲
このレベル帯ではあまり見られない16分2連配置や、メロディ合わせの16分裏打ちが多く存在し、その他の場所も独特のリズムで光らせづらい。
8分配置も多めで特に中盤から後半にかけてLv4としてはかなり忙しい。
基本的にはその難所は繰り返し配置であり、また全体のノート数は決して多くはないものの、それゆえに難所の比率が大きく失点しやすい。
Lv6相当、人によってはそれよりも難しく感じられるかもしれない。
Lisa-RICCIA / saucer 配置はレベル相応だが、BPM205と高速なうえに8分配置があり、リズム難も手伝って
Lv4としてはかなりの強さを誇る。Lv5相当。
Lv 5
アガット / prop 400ノーツを超える物量譜面で、BPM200という高速テンポでの8分押しが多い。
また、ホールドによる死角など認識難要素がこのレベルとしては多く、処理しづらい。Lv6相当。
Lv 6
532nm / copious APPEND 危険曲
このレベルとしては規格外の16分打ちや連続16分横スライドが存在する。また譜面密度も高め。Lv7強~8相当。
人によってはyellow head joe[BSC]を差し置いてBASIC最難関譜面になりうる。
Lv 7
yellow head joe / copious(Lincle Link伝導曲) 桂馬押しや「く」「へ」の字押しが多発するためやや押しにくく、リズムも取りづらい。
シャッターも重く、桂馬押しラッシュのラス殺しも存在する。これらの要素を考慮するとLv7ではやや厳しい。Lv8相当。
逆詐称曲
曲名 / バージョン 解説・備考
Lv 2
君をのせて feat.sayurina / knit APPEND 明快な4分のリズム、そして非常に単純な配置であり、LV2ですら逆詐称。
SWEET CUBE / copious 同じようなパターンの4分9連がひたすら繰り返される、非常に単純な譜面。
各パターン、4隅のどこから始まるのかに注意する程度であり、Lv2どころか全曲中最弱候補の一角。
Lv 3
blue moment / prop ノート数が164とこのレベルとしては少なく、リズムも明快な4分が続き、先読みしやすい。Lv2相当。
Lv 4
Green Green Dance / knit 8分のリズムが一切存在せず、
密度・配置ともに特筆する点がない。Lv3相当。
恋はどう?モロ◎波動OK☆方程式!! / saucer リズムは4分までで密度がかなり薄い。
配置も大変規則正しく繰り返し配置が多い為、Lv4どころかLv3でも弱い部類に入る。Lv2~3弱相当。
SWEET ANGEL / ripples 8分配置が一切なく、ノート数も少ない。Lv3相当。
Sweet Rain / knit メインメロディー合わせが多くなるこのレベル帯で、ひたすら4分を刻むのは珍しい。LV3相当。
Let's ダバダバ / copious ノート数が少なく、なおかつ裏拍配置が無い。Lv3相当。
Lv 5
この青空の下で / saucer 配置は全て4分までで、物量はなく配置も素直。Lv4相当。
隅田川夏恋歌 / ripples ほぼ全てが4分構成。
厄介な同時押しもなく非常に単純なリズムであり、密度を考慮してもLV4程度。
Niflheimr / prop BPM186で高速ではあるが曲合わせの4分をひたすら叩く譜面。
変な配置もなく、またこのレベルとしては物量も少ない。
Fly with me / saucer 曲調は12ビートであるが、譜面自体は4分までで、物量もこのレベル帯では少ない。
また、すでに逆詐称入りしているこの青空の下でよりも配置が単純で押しやすい。Lv3相当。
Lv 6
SigSig / 初代 メインメロディをベースにした単純なリズム・配置の譜面。
他のBSC-LV6譜面と比べても明らかに易しい。
Lv 7
キラキラ☆ステーション / saucer 曲の大半が4分のリズムなためこのLvではかなり弱い。同時押しが得意ならLv5相当、苦手な場合でもLv6が妥当か。
個人差曲
曲名 解説・備考
Lv 3
eyes / ripples 変則リズム
Crosswind / 初代 変則リズム
空色デイズ / ripples 変則リズム
Lv 4
ALL MY HEART
この恋に、わたしの全てを賭ける- / knit
リズム難
Good-bye Chalon / ripples リズム難

ADVANCED

詐称曲
曲名 (難易度) 解説・備考
Lv 3
レット・イット・ゴー~ありのままで~ / prop 歌合わせの8分が中心で、サビには16分もある。これはLv3の規格外。
ノート数も少なく、取りこぼしが多いと失点が大きくなる。Lv4~5相当。
Lv 4
人生は素晴らしい物語。(Dear Japan Remix) / saucer 危険曲
ラップの歌合わせのためリズムが変則的。このLv帯ながら8分押しが中心となっており、
中盤から後半にかけては16分配置や、EXTにある分割文字押しがほぼそのままあり、規格外。5強~6弱
unisonote / saucer fulfill 危険曲
Lv4最大ノーツを誇る物量譜面。譜面の中心が8分で16分も所々叩かされる。
道中には出張推奨な場所もあり、あらゆる面でLv4に求められる技量を超越している。
Lv5はおろか、Lv6~7クラスの地雷曲。
Lv 5
オムライス / copious 危険曲
Lv5では第2位のノート数である上、8分の間隔の横移動・同時押し・乱打が頻発。またかなりシャッターが重い。
Lv7クラスの核地雷曲。
恋をしたい、もう一度 / prop 曲合わせであるが、付点8分や16分が頻発。これはLv5の規格を逸脱している。Lv6~7相当。
this storyends / copious APPEND BPM238の8分連打はこのレベルの規格外。またズレが多く失点しやすい。Lv6相当。
Find your way / saucer 序盤に16分2連が存在している上に道中では付点8分が多発。これはLv5では規格外。Lv6相当。
HEKIREKI / copious APPEND 危険曲
中盤のBPM260の8分打ちはこのレベルの規格外であり、譜面全体に占める割合も多い。Lv6上位~7が妥当か。
Milchstraße / saucer fulfill 危険曲
中盤にくる16分乱打とそれに続く8分乱打が最大の難所。
BPM189の16分乱打は瞬間的ではあるものの、ここだけみればLv9~10の難度であり、Lv5適性者では認識することはまず不可能。
その後に続く8分乱打も高いBPMで振り回しが多い上、左右交互に押すことができず、およそLv7~8相当の難易度。
その他の部分も高い速度や偏った配置のため5強程度はあり、総合的な難易度は6強~7あたり。
LANA - ヒトリノウタ - / saucer BPMが180と速いうえに8分が連発する。
その他にも縦移動・横移動があったりリズム難な箇所もあったりと全体的に稼ぎ辛い。
Lv6弱~中相当か。
我が麗しのバレンシア / saucer 横移動16分3連が頻発。これはLv5の範疇を越えている。また道中もリズム難で光らせづらい。Lv6相当。
Lv 6
幸せのかたち / copious APPEND 高速斜め同時押しが頻発。これはLv6の範疇を超えている。Lv7相当。
Jailbreak / knit APPEND Lv6の割にはかなりの物量。また、ラストがつらい配置で、他の箇所もリズム難で稼ぎづらい。
Twinkle Wonderland / saucer 道中も初見殺しの花押し等がありやや稼ぎ辛いが、終盤のBPM188の8分発狂が6適正者にはかなり厳しい。
その上ノーツ数が少なくミス時の失点が大きい。Lv7相当。
Dragon Night [2] / prop 低BPMではあるが、全体的にハネリズムが中心で、16分のスライドもある。
物量もLv6としては多く、全体難譜面。Lv7相当。
ホーンテッド★メイドランチ / saucer 前半のサビが始まるまではレベル相応かやや下だが、
2回あるサビの同時混じりのラッシュが厄介。
特に2回目はラッシュで曲終了のため慣れが必要。Lv7弱相当。
Lv 7
Scars of FAUNA / saucer fulfill 中盤に16分があるが、この配置はLv7としては難解。
また、サビ前やサビ途中には密度の高い4つ押しラッシュがあり、さらにサビの配置が偏り気味で適正には厳しい譜面。Lv8相当。
snow prism / saucer ラストの16分交互連打はEXTREME譜面をほぼそのまま移植したようなもので、これはLv7の規格外。
また、道中も忙しく決して簡単に光りやすいというわけではない。Lv8相当。
天上の果て / saucer BPM144と遅めながら3連符のリズムでのゴリ押し、縦スライドが発生する。
かなり短いながらラス殺しもあり、少なくともLv7では詐称。
トリカゴノ鳳凰 / saucer 防衛本脳(EXT)に似た8分同時押しラッシュや角抜き回転等Lv7適正者には厳しい配置がある。
物量も多めで少なくともLv8相当であり、同時押しが苦手だともう少し強く感じられる事も。
FUNKY SUMMER BEACH / saucer fulfill 折り返し斜め押しが頻発する物量譜面。
Lv7としてはノーツ数が多い上、難所にノーツが集中しているためある程度難所が捌けるようにならないとクリアは遠い。
難所である混フレ地帯は左右交互に取れるとは言えLv7適性には認識が難しく、難易度はLv8相当。
Proof of the existence / saucer リズム難。16分横スライド混じりの運指難配置、桂馬押し、左右切り替わる混フレ等、譜面の半分以上が難所。
特にサビ終盤の同時押し+横2連ラッシュはLv7適正にはかなり厳しい。Lv8中~相当。
めうめうぺったんたん!! / saucer 単調ではあるがこのLv帯にしてはかなりの物量を誇る。物量に慣れてからでないとかなり辛い。
Lv 8
Our Faith / saucer 前半もLv8にしては強めだが、後半から曲合わせのリズム難とスライド、偏った2個同時の配置が発生する。
少なくともLv9弱、リズムを知らないとそれ以上に苦戦するかも知れない。
overcomplexification / prop 前半は16分の交互配置やスライドがあり、特に中盤にはEXTREMEと全く同じ配置の部分がある。
また後半にはシンセ合わせの付点8分の2点押しが続き、適正には厳しい。Lv9相当。
ZZ / saucer 物量譜面。サビの8分16分混じりの配置は誤爆誘発しやすい運指難で繰り返しやって来る。Lv9弱相当。
Lv 9
405nm (Ryu☆mix) / saucer Lv10クラスの配置難な混フレが多発する。
問題の混フレ発狂はあくまで局所的なものであるが、全体を通して配置難な同時押しが頻出するため、難所以外も稼ぎとするのは難しい。クリア難度はLv10下~中相当。
逆詐称曲
曲名 (難易度) 解説・備考
Lv 7
アルストロメリア / copious 配置が全体的に素直であり、密度も低い。Lv6相当。
ただし、ノートが曲に沿っている都合上、曲を知らなければややリズム難。
SUPER∞STREAM / copious 配置もリズムも素直で、密度も低め。Lv6相当。
マスターピース / copious 4分のリズムが多く、密度も高くない。イントロこそやや忙しいが難所とは言えない。Lv6相当。
Lead Me / ripples APPEND 全体的に歌合わせの素直な配置。
しばしば出現する回転・隣接押しがやや難しいが、配置自体はより下位のADV譜面にも見られる。
BPMによる忙しさを考慮してもLv6程度。
Let's ダバダバ / copious ボーカル合わせの4分、8分打ちがメイン。若干忙しいが配置は素直なのでLv7としてはかなり弱い。
Lv 8
AREA 51 / ripples 4分、付点8分、8分のリズムしか無く、配置も非常に素直。LV6~7相当。
ちなみに、最後の4つ同時押し2回以外は単押しか2つ同時押ししか無い。
SigSig / 初代 全体的に、メインメロディ合わせの簡単な配置で構成される。LV6~7程度。
Sweet Rain / knit 主にメロディ合わせの単押し・簡単な同時押しから構成される。
譜面と歌に一部食い違いがあるが気にするほどでもなく、死角などの厄介な配置も少ないためLV8では弱め。
華爛漫 -Flowers- / saucer 非常に素直な歌合わせで、物量もこのレベルにしては少ない。
一部16分偏差や花押しが見られるが、これらは下位のレベルでも出現する。Lv6~7相当。
Lv 9
GAIA / saucer ややリズム難で上下の振りも大きいが、押しやすい配置が譜面の半分を占める。
文字押し等取りづらい配置もあるが、そこで失点しても回復が容易。Lv8相当。
December Breeze / saucer 若干片側に寄った配置や上下に振られる配置があるものの、16分は一切無く、リズムも比較的素直。
同じくLv9逆詐称のquaver♪(EXT)と同程度かそれ以下の難易度だと思われる。
Beastie Starter / saucer 難所は突如出現する中盤の6つ同時押し程度で、他の部分は比較的拾いやすい配置となっている。
一部に16分配置が見られるがクリアに大きな影響は与えない。Lv8相当。
WONDER WALKER / copious 主にメインメロディ合わせの8分同時押し、時々16分交互が混じる譜面だが、配置は非常に素直で見切りやすい。
また、中盤に混フレがあるが全て8分打ちで押しづらい配置も無い。Lv8程度。
個人差曲
曲名 (難易度) 解説・備考
Lv 6
Share The World / ripples APPEND 赤のリズムをほぼそのままに物量を減らした譜面。LV6ではやや強め。
Lv 7
Love km / knit 初見殺し。曲全体を通して文字・動作ネタが続く。
また、叩くリズムが分かりづらい。
Lv 8
天国と地獄 / 初代 1→5→9→13などの高速縦移動が頻発。
配置自体は単純だが速度が速く、しっかり叩けないとグダグダになってスコアを大きく落としやすい。
同様に頻発する横連続押しにも個人差が出る可能性がある。
Red Goose / copious 序盤と終盤は1→2→3→4などのBPM200の8分横スライドが頻発。
これをしっかり叩けないとスコアやシャッターボーナスを大きく落としてしまう。
ノーツ数も700を超えているが単押しがメインなためADVでありながら非常に忙しい。クリア難易度は8上位~9相当。
Lv 9
きたさいたま2000 / saucer fulfill 総ノート数に対して単押しの割合が多く、そのうえ高密度でゴリ押し配置が多い。
その中で16分の交互連打やスライドがあり、個人差が大きく出る可能性がある。
STELLAR WIND / knit APPEND Lv9のADV譜面の中では最高難度を誇り、混フレ譜面として見てもEXTと並び最上位に来る。
混フレ、リズム難、そしてシャッター維持が難しい曲。発狂以外では、左手はほぼ常に同じ動きをさせることになる。
ラストの発狂に関してはクリアにはほぼ関わってこない。そこまでをきっちり繋げるかどうかが勝負。
BLUE STRAGGLER / saucer 譜面全体を通して桂馬押しが多発するリズム難譜面。
片手で連続で同時押しを処理させられる場面が多く、丁寧な運指が求められる。
後半頻発する16分での12+15→3と9+14→2を出張で取れるようになるとだいぶ楽になるので、ここに関しては事前の譜面確認が有効といえる。


EXTREME

詐称曲
曲名 (難易度) 解説・備考
Lv 7
あいのうた / 初代 危険曲
出張必須を含む高密度な同時押しや、上位曲並の混フレ&16分片手処理をさせられる。
LV8でも強属性なのは間違いなく、人によってはLv9にすら匹敵しうる。
Share The World / ripples APPEND 同時押しが多く、全体的に密度が高い。
物量だけを見てもLv8相当な上、桂馬押しへの切り返し・死角・偏差などのいやらしい配置も多い。
記憶の欠片 / saucer 全体的に偏った配置が多く、Lv7としては押しにくい配置や認識しづらい同時押しが多い。
また、Lv7としては密度が高く、稼ぎどころも少ない。Lv8相当。
闘いの刻-jubeatREMIX- / saucer 全体的に二つ以上の同時押しが多く配置されており、レベル7としては高い認識力と同時押しの正確性が求められる譜面。
また、上下出張や?押し二回といった初見殺しも存在するため、初見難度は特に高い。
初見殺しを除けば極端な難所は見られないものの、稼ぎと呼べる地帯も少なく、
同時押しが苦手であれば体感的な難易度は危険曲クラスになる可能性もある。
つけまつける / saucer 「つけま」を模した8分の上下振り同時やNG配置混じりが難所。
それ以外は比較的素直な配置も多く、同時耐性によって難易度は下がるもののLv7としては強め。
Lv 8
君をのせて feat.sayurina / knit APPEND 曲の終盤に同時を含む16分乱打がある。
完全なラス殺しであり、挑戦クラスではここで叩き落とされる可能性あり。
きょうもハレバレ / saucer fulfill イントロとアウトロのリズム難偏り配置は初見での対処が困難で、わかっていても綺麗に捌くのは難しい。
それ以外の部分も密度は薄めだがリズムが独特で光らせにくく、稼ぎとするのは8適正では現実的ではない。
基本的には9中位クラスの難度であるが、癖の強い譜面のため、人によっては危険曲クラスに感じる人もいるかもしれない。
Sandstorm / knit 危険曲
譜面のほぼ全てが16分で構成されており、終始16分の乱打が続く。
配置難でかなり取り辛く、またノーツが少ないためスコアが稼げない。
Twinkle Wonderland / saucer BPM188での16分発狂、ジグザグ混フレ等忙しい配置が多く、
ラストにはトドメと言わんばかりの同時混じりの8分乱打もある。
道中の同時押しも嫌らしいものが多く、稼ぎと言える部分が少ない。
天上の果て / saucer 3連符メインの曲で非常にスコアが出づらい上に出張、「?」押し、ラス殺しが存在。Lv9相当。
但し、これまで「光らせる」ことを意識してこなかった場合はもう少し体感難度が上昇するかもしれない。
とまどい→レシピ / saucer fulfill 前半は低密度ながら偏った配置や初見では対処しづらい同時押しがちょくちょく見られ、中盤以降は複雑な同時押しラッシュ譜面となっている。
事前に譜面を見たり、曲を聞き込んだりすることは特に前半部において有効だが、後半は高BPMであることもあり、地力が十分でないとしっかり認識することは難しい。
同時押しラッシュには桂馬押しがかなり多いので、それを意識するだけでも捌き易くなるかもしれない
Polaris / 初代 さまざまな形の16分交互連打が要所要所で現れる。繰り返し配置が少なく、ペースを持って行かれやすい。
ひねった配置の連打が多いので注意が必要。
女々しくて / copious 交互に打ちづらい16分乱打や、押しづらい同時が大量にある。
猛烈宇宙交響曲・第七楽章
「無限の愛」 / saucer
前半の3連符地帯のスライド、出張配置がこのレベル帯にしては非常に難しい。
中盤以降も出張同時や上下振り同時が目立つ全体難譜面。Lv9相当。
Lv 9
天ノ弱 [2] / prop 曲の出だしから四隅に拾いづらいホールドマーカーが出現する。
ホールド譜面のクリアを目指す段階であれば、多少なりともホールド部分を捨てることで解決できるが、
この部分は全体のノート数に対する割合が決して低くなく、拾えないと大きな失点につながる。
またその他のホールド部分も決して拾いやすいわけではなく、シャッターも重たいため、ミスをしてしまうとボーナスが入りづらい。
比較的易しい通常譜面とは違い、こちらはホールドマーカーに対する高い認識力が求められる。
Lv10弱~中相当、人によっては危険曲クラスに感じられるかもしれない。
雨ノチHello / saucer 速度の速いごり押し、6個押し→4個押しなどNGゾーンを含む配置や同時押しラッシュが初見殺し。
しかし、全体的には16分が少なめで8分メインのため、リズムは単純。同時押しの得意不得意によって個人差が生じる。
In The Breeze / prop 全体的に32分配置や出張を強要される同時押し、上下に振られる高密度な同時押しが目立つ。
またリズムも取りづらく、濁流のような配置もあり、回復箇所が少ない。
それらの要素がある割にはLv9としては物量が少なく、得点を稼ぎづらい。
まずは同時押し、特に斜め押しへの耐性を付けることがクリアへの近道といえる。
Vanity / saucer 変拍子の同時押し混じり乱打を主体とする譜面。同時の見切りにくさや、NG配置の多さが目立つ。
後半が難所なので前半で稼ぎ切りたいが前半も難し目。
枝に結ぶ願い / saucer fulfill 同時押しやスライド、乱打を含む全体難譜面。押しやすい場所は密度も低めなので回復しにくい。
ラストには短いものの高速16分乱打が控えており、若干ではあるがシャッターが閉じやすい。
カタルシスの月 / saucer 4つ押しが頻出する物量譜面。BPMが高く、全体的に忙しい。
特に中盤以降はさらに密度が増して認識難となり、NGゾーン(誤爆を誘う配置)のある6個押し、短い16分乱打も出現する。
全体を通して出張配置はほとんどなく、イントロとアウトロは4分リズムが中心の稼ぎどころとなるため、中盤の速度と4つ押しにどれだけついていけるかが勝負となる。
黒髪乱れし修羅となりて / saucer 譜面の大半が乱打で占められている上に、Lv9内でもトップクラスのノート数を誇る。
押しにくい配置は少ないものの、乱打の密度が濃く、同時押しも多く混じるためかなりの体力が必要となる。
純粋な地力譜面でもあり、乱打が苦手だと苦戦は免れないだろう。
恋はどう?モロ◎波動OK☆方程式!! / saucer 全体的に出張を要する同時・分割文字押しやゴリ押し配置が存在する認識難譜面。
稼ぎが少なく、サビ後のラストは繰り返しパターンありだが、見切れないとラス殺しにもなる。
また粘着すると癖がつきやすい。初見プレーは危険曲クラスで適正者でも注意。個人差も非常に大きい。
Condor / saucer 中盤に見切り難でかつリズム難の上にごり押し必須の繰り返し配置があり、その地帯だけで譜面のほぼ半数を占める。
しかしシャッターが非常に軽く、繰り返し地帯以外はリズム難ではあるものの極端に拾いづらい配置ではない。
クリアに関しては繰り返し地帯をどれだけ誤魔化せるかによって大きく差が出ると思われる。あまり見切ろうとすると混乱する可能性大。
初見時やスコア難易度に関しては危険曲クラスであるため、プレーする際には一度譜面の確認することを推奨する。
個人差が大きい上に癖がつきやすく粘着厳禁。詐称、危険曲クラスに感じるという声も多い。
SEED / saucer 全体的に配置難かつリズム難。片側に偏った同時押しが多くNGゾーンも多い。
これ以外にも16分ズレや交互では打てない乱打も存在するため適正者には非常に厳しい。
餡蜜で多少は楽になるがそれでもLv10弱はあるか。
citrus / prop 総ノート数に占めるホールドの割合が比較的多く、また死角になってホールド付近のマーカーを見落とす可能性がある。
ホールド以外でも偏った16分が多く、適正には厳しい。Lv10弱相当。
十面相 / saucer 全体難譜面。イントロ・アウトロの偏り配置が押しずらく、そのほかにも偏り配置が多い。
サビの混フレ以外はほとんどが歌合わせのリズムであるため、曲を聴きこむことがクリアへの近道。
上級者になるほど体感難易度が下がるタイプの譜面だが、レベル9適正者はある程度の地力をつけてから挑もう。
Stella Sinistra / saucer 全体難譜面。リズムが非常に取りづらく、押しづらい斜め押し、半回転、ギター合わせの偏った発狂と、
繰り返しこそあるものの複雑で運指難。重シャッターに加え、ラストは終了と見せかけたフェイントが数回あり注意が必要。
Struggle / prop 序盤と終盤に左手が4分、右手でメロディーをとる混フレがあり、特に右手側の移動量が多い。
序盤に関しては左手をうまく出張させて拾う方法も考えられるが、終盤の左側2列は単押しの4分だけではなく2個押しや8分移動があり、かなりのゴリ押し力が必要となる。
これらはLv9の範疇を超えており、それ以外でも明確な回復地帯は少ないため、挑戦レベルでは叩き落される可能性が高い。
隅田川夏恋歌 / ripples 危険曲
サビで繰り返される同時押しラッシュ(俗に「濁流」)や押しにくい16分乱打・連打があり、
プレイヤーによっては譜面の全てが難所として襲いかかる。
また、シャッターが全曲中最も重く、クリアすれすれの人はシャッターがあまり開かずに泣かされることも多い。
とにかく癖がつきやすいので粘着厳禁。
世界五分前仮説 (AC版) / prop 明確な回復箇所のない全体難譜面。
序盤はごり押しや5拍子のリズムが続き拾いづらい。その中でも要出張配置が平然と混ざってくる。
また後半になるにつれて密度の高い桂馬押し交じりの譜面構成になっていき、ラストは拾いづらいゴリ押しが続く。
さらにノート数の都合上シャッターが非常に重く、ラストのゴリ押し配置をうまく拾えないとボーナスをもらいにくい。
これらの要素を踏まえると、難易度はLv10弱~中に相当する。
Dance My Generation / saucer 出張を要する配置難同時押しが曲全体を通して頻発する。
また、終始リズム難のためそれ以外のところで大幅に稼ぐことは難しく、出張同時への耐性、同時押しの正確性、リズム感が高いレベルで要求される。
Diargosの森 / prop ノーツの大半がホールドで占められていて、配置難なホールドが目立つ。
また、544ノーツとLv9としては物量が少ないため1ミスあたりのダメージが大きい。
そのほかにも2列のスライド、中から外への大回転など、ホールド以外の部分でも稼ぎどころが少ない全体難譜面。
ホールドに慣れていなければLv10強ほどの危険曲に、ホールドに慣れていてもLv10中クラスに感じるだろう。
Dispersion star / saucer 中盤の押しずらい混フレ、終盤の乱打が主な難所。
特にラストの長い乱打は交互でとれるもののBPMがまずまず高く、光りずらい。
また少ノーツで、上記の地帯が占める割合が大きいため稼ぎが序盤くらいしかないが、その序盤もナナホシのような偏り配置が中心。
よって、明確な稼ぎが非常に少ないため、混フレやサビの乱打をある程度捌ける地力が必要となる。
prop the world / prop 片手処理を強要される混フレや、24分の縦スライドがたびたび出現。
また交互に取りにくい16分もあり、全体難。Lv10弱相当。
POINT ZERO / saucer 全体的(特に後半)にかなりのリズム難で光らせ辛い上に乱打、発狂等の要素があり、
稼ぎ所はあるものの、重シャッターでスコアが出辛い。多少個人差もあるが、基本的にLv10相当と思ってよい。
回レ!雪月花 / saucer 難所は主に偏った配置の下一列混フレ、ちょくちょく混じる16分乱打、回レ地帯の3箇所。
混フレ地帯を分業で取ろうとすると相当な手の速度と精度が必要になるため、出張でとれるようになると一気に楽になる。
ただし出張全般に言えることだが、なんとなくで出張押しをしようとすると死角による押し逃し等でかえってぐだることも多いため、出張押しをするなら相応の準備をすることを推奨。
回レ地帯はかなり癖が付きやすく、回数を重ねるごとにできなくなっていくこともありうる。
スコアが伸び悩んだり落ち始めたら素直にしばらく距離をおくと良いと思われる。
LUV CAN SAVE U / saucer Lv9屈指の物量譜面で、延々見切りづらい斜め同時押しを捌く必要がある。
片手連続の同時押しも頻発し、途中に出張を要する同時押し、同時混じり乱打もある。Lv10弱~中相当。
凛として咲く花の如く ~ひなビタ♪ edition~ / saucer スライド、偏り配置、乱打、同時押しラッシュなどの要素が詰め込まれた総合譜面。
Lv9としてはかなりの地力が必要となり、ノーツ数も900を超えているため体力が必要。
目立った難所はないが、稼ぎとなる地帯も少ないので、今までにどれだけ様々な譜面をこなしてきたかが試される。
逆詐称曲
曲名 (難易度) 解説・備考
Lv 7
星に願いを / ripples 目立った難所はなく、LV7にしては譜面密度が低い。イントロの4つ押し×3が初見注意な程度。
Lv 8
君の元へ / saucer 16分が一切存在しない上に押し辛い配置も少なく、全体的な密度も低め。
Lv7として見ても特筆すべき難所も無く、とってもとっても、ありがとう。と並んでコナオリ曲最弱候補か。
Calling(紗羅マリー) / copious 同時押しが多く譜面密度は高めだが、配置は素直で対策も立てやすい。
中盤の混フレがやや難しいが、その後のサビで回復し放題なのでクリアには影響しないであろう。LV7相当。
こどなの階段 / copious APPEND 速度も無く配置も素直。これといった難所も無く稼ぎやすい。
Show up ! - short ver - / saucer 低BPMの8分をひたすら刻む。16分が一切なく、一部に若干見切りづらい配置があるが
全体を通して歌合わせの緩い配置が続く。Lv6~7相当。
シルエット / prop 序盤に見切りづらい16分があるが、それ以降は簡単な同時押しが多く回復しやすい。
BPMが183と高速であることを考えてもLv7相当。
ブルー・フィールド / saucer 序盤に16分があるが、基本的には低BPMでの8分配置が続き、Lv8にしては拾いやすい。
道中には非交互配置があったり、やや遠回しな配置があるがそれらはLv7でも見られる配置である。
個人差を考慮してもLv7相当。
fellow / knit リズムは4分と8分がメイン構成で、同時押しも片手で処理できるものが多い。
一部16分があるが難所とは言えない。LV7相当。
LANA - キロクノカケラ - / saucer 16分配置が一切ない。序盤にななめ押しが頻発し、ノーツ数が少ないものの、
この地帯以外これといった難所もなくBPMがそこまで高くない上に、序盤以降の密度は低い。Lv7相当。
Lv 9
天ノ弱 / saucer 高BPMとはいえ、十六分が皆無で、押しやすく認識もしやすい配置の八分が譜面の大半をしめる。
曲を知らなければ多少リズムは取りにくいが、それを考慮してもクリア難度は8中~強程度。
WAVES; Q;indivi+WISE / copious APPEND 押しにくい16分配置や同時押しがあるが、シャッターは開きやすくクリアはしやすい。
quaver♪ / saucer 中盤の16分配置以外はLv8中位相当。中盤の16分を考慮してもLv8強が妥当か。
ただし低速な横移動配置が極端に苦手ならLv9に感じられる場合も。
Clumsy thoughts/ saucer 8分がメインで配置も素直。所々に3連スライドがあるが、クリアに関して大きな影響は出ないだろう。Lv8相当。
サヨナラ・ヘヴン / saucer 要所に32分の横スライドが混ざるが、比較的素直な配置なのでこぼしにくい。
全体的にLv8相当の素直な配置が目立ち、かつ繰り返しが多いので素点を稼ぎやすい。
SILVER☆DREAM / saucer 16分配置が皆無でシャッターも軽い。途中6個押しや出張必須の縦押しが出てくるが、
こういった譜面はLv8以下の譜面でも登場してくる。極端に出張や同時押しに慣れていない場合でもLv8相当が妥当か。
つぼみ / saucer 曲の殆どが8分単押しで構成されている。交互ではない部分も目立つが、それらの配置はLv8にもよく見られる。
Heart of Gold / copious APPEND 16分は一切存在しないがBPMは高め。最初と終盤こそ忙しいものの全体的な難易度は低い。
3つ同時押し、離れた配置の4つ同時押しにさえ気を付ければ問題はない。
polygon / copious 若干押しにくい配置の同時押しや所々16分交互連打があるが、稼ぎどころも多め。
シャッターはかなり重いが、ラストにゆっくりとした4~6個の同時押しが何回も来るので、そこで回復できる。
マジLOVE1000% / saucer 文字押しが全体のおよそ2割を占めるが、文字押し自体は特別難しいものでもなくNGゾーンも少ない。
また文字押し以外は弱めのLv8程度の譜面が続くので、そこで大きく回復ができる。
/ copious 序盤と終盤があまり早くない譜面の繰り返しなので稼ぎやすい。
ノーツはLv9の中ではかなり少なく、殺し要素はほとんどない。
Rainbow after snow/ saucer 序盤と終盤に16分、サビが押しづらい配置ではあるが、道中は素直。光りやすいため稼ぎはかなり多い。
robin / saucer 殆どがLv7~8相当の素直なリズム合わせかつ単純な配置で構成されている。
ラストはLv9強相当の混フレで殺しにかかってくるが、それを考慮してもLv8相当。
個人差曲
曲名 (難易度) 解説・備考
Lv 8
オムライス / copious saucer現在でLv8最多ノート数を誇る物量譜面。
全体的に忙しく配置難の同時押しも含まれるため、プレイヤーによってはLv9並に感じられる。
じょいふる / knit 初見殺し。終盤に大文字J押しがいくつか出現。
また全体に押しにくい同時押しを交えた連打が続く。
Happy Happy / 初代 イントロ・アウトロの16分乱打はLv8挑戦クラスのプレイヤーにとって順番を見切りにくく、
事前に譜面研究をしていなければ捌くのが難しい配置なので要注意。
更に道中は複雑な同時押しや要出張配置も数回ある上、ノート数が少なく、最初と最後ができないと挽回不能。
逆に最初と最後に対応出来るようになれば、難易度は大幅に下がる。
Lv 9
アルストロメリア / copious 乱打と交互連打が打ちにくくまた譜面全体に占める量も多い。ただし乱打以外はLV7程度の譜面が続く。
乱打は同一配置の繰り返しが多いので、ここが捌けるかどうかで差が出る。
繰り返し譜面ゆえ癖が付きやすく、癖が付いた場合9詐称曲以上に苦戦する可能性もあるため、たとえクリア間近でも粘着は厳禁。
In Scottish Highlands / 初代 桂馬押し・ラス殺し・出張・乱打などがあり、総合力を問われる譜面。
未対策だとクリアはLV10相当。譜面研究でクリア難易度がある程度下がるとはいえ、それでもLV9上位はある。
candii / copious APPEND 重シャッターの上、ごり押しか出張を強制される配置難の16分乱打が曲前半で7小節、後半で5小節出現する。
この部分が譜面全体に占める割合も3割弱と少なくない。
これをある程度拾えないとスコアやシャッターボーナスを大きく落としてしまうため、個人差が出る。
Crosswind / 初代 初見殺し。局所32分発狂が3回ほど現れる。
1回目と2回目の発狂の配置には完全な規則性が無く、左右交互に取る事が難しい。
その他の部分も速度こそ遅いが配置難で拾いづらく、シャッターもかなり重い。
クリア難度自体はLv9上位、人によってはLv10に感じられるだろう。
この青空の下で / saucer 譜面の大半が16分乱打とメロディ+ボーカルの混フレで構成されている。
特に中盤には16分128連打もあり、体力もそれなりに要求される。
リズムや配置は複雑ではないのでこの2点が得意かどうかで個人差が出る。
この子の七つのお祝いに / saucer 前半の16分3連スライドや片側に偏った連打を含む発狂が難所。
しかし発狂地帯後は同時押しがメインであり、シャッターも軽くある程度の回復は可能。
クリアに関してはLv9上位、同時押しが苦手であればLv10弱~中相当になりうる。
SHION / saucer fulfill 中盤まではLv9弱相当の譜面が続くが、中盤以降はBPM179の長い左右交互連打、回転、八分同時押しラッシュと10中位~上位レベルの譜面が続く。
ラストも12分と速度はそこまで速くないものの、左右交互でとれないためシャッターの回復はあまり期待できない。
とにかく中盤までをしっかり光らせて稼ぐことと、終盤の難所であきらめずにくらいつくことが大事。
SWEET CUBE / copious リズムの取りづらい横混フレで構成されている曲。
また序盤に3回無理押しがあるので、手の小さい人にはかなり厳しい配置となっている。
STATIC / prop BPM255での偏り8分が多発し、Lv9適正プレーヤーにとってはかなりの脅威となる。
またその配置は歌合わせが中心だが、歌そのもののリズムがわかりづらく、得点を稼ぎにくい。
ノート数の都合上シャッターは開きやすいものの、代わりにGOOD判定でのダメージが大きくなる。また一部に出張必須の同時押しも見られる。
片手力と出張力が大きく試され、個人差が大きくなる譜面といっていいだろう。
ナナホシ / copious APPEND 片側に偏った16分連打が頻発。とっさに出張ができないと体感難易度は大きく跳ね上がる。
白鳥の湖 / knit 高速8分混フレ(BPM220)と大量の縦スライドが特徴的。
明確な稼ぎ地帯が少なく、終盤のスライドのせいでシャッターボーナスも稼ぎづらい。
FIGHTERS / copious APPEND 重シャッター、「F」「T」「S」「J」の文字押し。とにかくNGゾーンが多い。
Plum / copious APPEND 1+13等の上下出張必須の同時押しが多く、BPM256の4分(BPM128の8分)で連続で出現する。
また、高速BPMの三拍子、最重シャッター等、苦手だと難易度が一気に跳ね上がる要素も多い。
ホーンテッド★メイドランチ / sauser 序盤の16分2連地帯やAメロに出現する8分の混フレが押しづらい。また♪押しや1+2+14+15といった出張必須配置もある。
これらの配置はBPM188と高速であるため精度がとりづらい。
ただし16分2連地帯は隣接配置のため餡蜜がきく。また出張配置も全体のノート数に占める割合としては少ない。
/ copious 曲全体を通してラップ合わせの16分乱打が続く。
序盤では点対称16分同時押し大回転、曲後半では片側に偏った配置難の乱打など、
忙しく押しにくい配置が大部分を占める。


このページの表に対する意見(曲の追加や格下げ・格上げなど)は
詐称曲リスト編集室(prop)にてコメントをお願いします。