毎日映画コンクール1986-


第41回(1986年)

日本映画大賞 『海と毒薬
日本映画優秀賞 『ウホッホ探検隊』『火宅の人』『キネマの天地』『人間の約束
教育文化映画賞 『アリサ―ヒトから人間への記録
ニュース映画賞 日本ニュース86-No.15号「飛鳥菜館の人々」
大藤信郎賞 『天空の城ラピュタ』における宮崎駿と製作スタッフ
外国映画ベストワン賞 『カイロの紫のバラ
日本映画ファン賞 『植村直己物語

男優主演賞 奥田瑛二『海と毒薬
女優主演賞 いしだあゆみ『火宅の人』『時計アデュー・リベール
男優助演賞 植木等『新・喜びも悲しみも幾歳月』『愛しのチィパッパ
女優助演賞 村瀬幸子『人間の約束
スポニチグランプリ新人賞 鷲尾いさ子『野ゆき山ゆき海へゆき』、仲村トオル『ビー・バップ・ハイスクール
田中絹代賞 倍賞千恵子

監督賞 熊井啓『海と毒薬
脚本賞 内田裕也、高木功『コミック雑誌なんかいらない
撮影賞 山崎善弘『人間の約束』『離婚しない女
美術賞 木村威夫『海と毒薬』『ウホッホ探検隊』『夢みるように眠りたい
音楽賞 鈴木さえ子『ウホッホ探検隊
録音賞 橋本文雄『植村直己物語
スポニチグランプリ新人賞 林海象『夢みるように眠りたい

第42回(1987年)

日本映画大賞 『マルサの女
日本映画優秀賞 『イタズ -熊-』『映画女優』『男はつらいよ 知床慕情』『ゆきゆきて、神軍
教育文化映画賞 『柳川掘割物語
ニュース映画賞 日本ニュース87-No.6号「さよなら国鉄―百十五年の歴史に幕―」
大藤信郎賞 『森の伝説
外国映画ベストワン賞 『バウンティフルへの旅
日本映画ファン賞 『マルサの女

男優主演賞 津川雅彦『マルサの女』『別れぬ理由
女優主演賞 十朱幸代『夜汽車』『螢川』『極道の妻たちII
男優助演賞 三船敏郎『男はつらいよ 知床慕情
女優助演賞 石田えり『ちょうちん
スポニチグランプリ新人賞 高嶋政宏『トットチャンネル』『BU・SU』、南野陽子『スケバン刑事』『はいからさんが通る
田中絹代賞 三田佳子

監督賞 原一男『ゆきゆきて、神軍
脚本賞 伊丹十三『マルサの女
撮影賞 五十畑幸勇『映画女優
美術賞 西岡善信『吉原炎上』『ハチ公物語』『竜馬を斬った男
音楽賞 本多俊之『マルサの女
録音賞 栗林豊彦『ゆきゆきて、神軍

第43回(1988年)

日本映画大賞 『となりのトトロ
日本映画優秀賞 『異人たちとの夏』『木村家の人びと』『TOMORROW 明日』『敦煌
ニュース映画賞 毎日ニュース1472号「今なお苦悩は続く―土呂久公害70年」
大藤信郎賞 『となりのトトロ』に対するアニメーション作家としての宮崎駿のオリジナリティーに対して
外国映画ベストワン賞 『戦場の小さな天使たち
日本映画ファン賞 『怪盗ルビイ

男優主演賞 ハナ肇『会社物語 MEMORIES OF YOU
女優主演賞 小泉今日子『怪盗ルビイ
男優助演賞 大地康雄『マルサの女2』『バカヤロー! 私、怒ってます』『ほんの5g
女優助演賞 秋吉久美子『異人たちとの夏
スポニチグランプリ新人賞 男闘呼組『ロックよ、静かに流れよ』、片岡鶴太郎『異人たちとの夏』、宮沢りえ『ぼくらの七日間戦争
田中絹代賞 岩下志麻

監督賞 大林宣彦『異人たちとの夏
脚本賞 鎌田敏夫『いこかもどろか
撮影賞 林淳一郎『嵐が丘』『郷愁
美術賞 内藤昭『TOMORROW 明日』『華の乱
音楽賞 義野裕明『ロックよ、静かに流れよ
録音賞 辻井一郎『ぼくらの七日間戦争

第44回(1989年)

日本映画大賞 『黒い雨
日本映画優秀賞 『社葬』『千利休 本覺坊遺文』『どついたるねん』『利休
記録文化映画賞 『有明海の干潟漁』『脱原発元年
外国映画ベストワン賞 『ニュー・シネマ・パラダイス
日本映画ファン賞 『あ・うん
外国映画ファン賞 『レインマン
アニメーション映画賞 『魔女の宅急便
大藤信郎賞 該当作なし

男優主演賞 三國連太郎『利休』『釣りバカ日誌2
女優主演賞 田中好子『黒い雨』『ゴジラVSビオランテ
男優助演賞 原田芳雄『どついたるねん』『出張』『キスより簡単』『夢見通りの人々
女優助演賞 相楽晴子『どついたるねん』『ハラスのいた日々
スポニチグランプリ新人賞 川原亜矢子『キッチン』、赤井英和『どついたるねん
田中絹代賞 十朱幸代

監督賞 舛田利雄『社葬
脚本賞 松田寛夫『社葬
撮影賞 森田富士郎『利休
美術賞 稲垣尚夫『黒い雨
音楽賞 上野耕路『ウンタマギルー
録音賞 横溝正俊、林昌平『北京的西瓜
スポニチグランプリ新人賞 阪本順治『どついたるねん

第45回(1990年)

日本映画大賞 『少年時代
日本映画優秀賞 『櫻の園』『』『死の棘』『白い手
記録文化映画賞
長編 『瀬戸大橋
短編 『ヒロシマ・母たちの祈り
外国映画ベストワン賞 『悲情城市
日本映画ファン賞 『天と地と
外国映画ファン賞 『ゴースト/ニューヨークの幻
アニメーション映画賞 『走れ白いオオカミ
大藤信郎賞 『いばら姫またはねむり姫

男優主演賞 古尾谷雅人『宇宙の法則』『パチンコ物語
女優主演賞 松坂慶子『死の棘
男優助演賞 石橋蓮司『浪人街』『われに撃つ用意あり
女優助演賞 つみきみほ『櫻の園
スポニチグランプリ新人賞 牧瀬里穂『つぐみ』『東京上空いらっしゃいませ
田中絹代賞 岸惠子

監督賞 市川準『つぐみ
脚本賞 山田太一『少年時代
撮影賞 斎藤孝雄、上田正治『
美術賞 内藤昭『浪人街』『流転の海』『遺産相続
音楽賞 池辺晋一郎『』『少年時代
録音賞 西崎英雄『死の棘』『少年時代
スポニチグランプリ新人賞 松岡錠司『バタアシ金魚

特別賞

笠智衆
演技者としての長年に渡る日本映画への功績に対して
岡本忠成
日本のアニメーション映画の発展に寄与した業績に対して

第46回(1991年)

日本映画大賞 『息子
日本映画優秀賞 『大誘拐』『八月の狂詩曲』『あの夏、いちばん静かな海。』『無能の人
記録文化映画賞
長編 『病院はきらいだ―老人の在宅ケアを考えるネットワーク
短編 『世阿弥の能
外国映画ベストワン賞 『ダンス・ウィズ・ウルブズ
日本映画ファン賞 『息子
外国映画ファン賞 『ターミネーター2
アニメーション映画賞 『老人Z
大藤信郎賞 『注文の多い料理店

男優主演賞 永瀬正敏『息子』『喪の仕事』『アジアンビート アイ・ラブ・ニッポン
女優主演賞 北林谷栄『大誘拐
男優助演賞 三浦友和『江戸城大乱』『仔鹿物語』『無能の人
女優助演賞 風吹ジュン『無能の人
スポニチグランプリ新人賞 石田ひかり『ふたり』『咬みつきたい』『あいつ
田中絹代賞 樋口可南子

監督賞 山田洋次『息子
脚本賞 三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ『12人の優しい日本人
撮影賞 高羽哲夫『息子
美術賞 春木章『戦争と青春
音楽賞 久石譲『あの夏、いちばん静かな海。
録音賞 堀内戦治『あの夏、いちばん静かな海。
スポニチグランプリ新人賞 竹中直人『無能の人

特別賞

今井正
日本映画界における功績に対して

宣伝賞

最優秀賞 『ターミネーター2
優秀賞 『八月の狂詩曲』『大誘拐』『無能の人

第47回(1992年)

日本映画大賞 『シコふんじゃった。
日本映画優秀賞 『青春デンデケデケデケ』『橋のない川』『死んでもいい』『遠き落日
記録文化映画賞
長編 『琵琶法師 山鹿良之
短編 『ある同姓同名者からの手紙
外国映画ベストワン賞 『JFK
日本映画ファン賞 『シコふんじゃった。
外国映画ファン賞 『JFK
アニメーション映画賞 『紅の豚
大藤信郎賞 該当なし

男優主演賞 長塚京三『ザ・中学教師』『ひき逃げファミリー
女優主演賞 藤谷美和子『寝盗られ宗介』『女殺油地獄
男優助演賞 村田雄浩『ミンボーの女』『おこげ
女優助演賞 乙羽信子『濹東綺譚
スポニチグランプリ新人賞 墨田ユキ『濹東綺譚』、大森嘉之『青春デンデケデケデケ』『濹東綺譚』『湾岸バッド・ボーイ・ブルー
田中絹代賞 大竹しのぶ

監督賞 東陽一『橋のない川
脚本賞 丸山昇一『いつかギラギラする日
撮影賞 川上皓市『橋のない川
美術賞 内藤昭『橋のない川
音楽賞 久石譲『紅の豚』『青春デンデケデケデケ
録音賞 本田孜『死んでもいい

特別賞

田中友幸
昭和29年製作の『ゴジラ』以来、今日に渡る「ゴジラ」シリーズを手がけるなど長年に渡る映画制作活動に対して
大黒東洋士
評論活動を通じての長年に渡る日本映画界への功績に対して

宣伝賞

最優秀賞 『遠き落日
優秀賞 『氷の微笑』『ミンボーの女』『いつかギラギラする日

第48回(1993年)

日本映画大賞 『月はどっちに出ている
日本映画優秀賞 『お引越し』『学校』『病院で死ぬということ』『僕らはみんな生きている
記録文化映画賞
長編 『免田栄 獄中の生
短編 『アイヌ文化を伝承する人々 第5巻~キナタ・テケカラペ・トゥイタハ~
外国映画ベストワン賞 『許されざる者
日本映画ファン賞 『学校
外国映画ファン賞 『ジュラシック・パーク
アニメーション映画賞 『機動警察パトレイバー2 the Movie
大藤信郎賞 『銀河の魚』のたむらしげる

男優主演賞 岸谷五朗『月はどっちに出ている
女優主演賞 ルビー・モレノ『月はどっちに出ている
男優助演賞 田中健『望郷
女優助演賞 桜田淳子『お引越し
スポニチグランプリ新人賞 田畑智子『お引越し』、袴田吉彦『二十才の微熱
田中絹代賞 香川京子

監督賞 市川準『病院で死ぬということ
脚本賞 崔洋一、鄭義信『月はどっちに出ている』、松山善三『虹の橋』『望郷
撮影賞 浜田毅『僕らはみんな生きている
美術賞 間野重雄『病院で死ぬということ』『望郷
音楽賞 佐藤勝『わが愛の譜 滝廉太郎物語
録音賞 堀池美夫、格畑學『わが愛の譜 滝廉太郎物語』、橋本泰夫『病院で死ぬということ

特別賞

川喜多かしこ
長年に渡る日本映画の海外紹介と映画文化の国際交流に対する貢献に対して

宣伝賞

最優秀賞 『幸福の条件
優秀賞 『高校教師』『学校

第49回(1994年)

日本映画大賞 『全身小説家
日本映画優秀賞 『居酒屋ゆうれい』『119』『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『夏の庭 The Friends』『棒の哀しみ
記録文化映画賞
長編 『渡り川
短編 『十三代今右衛門 薄墨の美
外国映画ベストワン賞 『さらば、わが愛/覇王別姫
日本映画ファン賞 『四十七人の刺客
外国映画ファン賞 『シンドラーのリスト
アニメーション映画賞 『平成狸合戦ぽんぽこ
大藤信郎賞 該当作なし

男優主演賞 奥田瑛二『棒の哀しみ』『極道記者2
女優主演賞 吉永小百合『女ざかり
男優助演賞 中村敦夫『集団左遷
女優助演賞 室井滋『居酒屋ゆうれい
スポニチグランプリ新人賞 野村祐人『800 TWO LAP RUNNERS』、鈴木砂羽『愛の新世界
田中絹代賞 久我美子

監督賞 神代辰巳『棒の哀しみ
脚本賞 田中陽造『居酒屋ゆうれい』『夏の庭 The Friends
撮影賞 栢野直樹『800 TWO LAP RUNNERS
美術賞 井川徳道『東雲楼 女の乱
音楽賞 梅林茂『居酒屋ゆうれい』『トカレフ
録音賞 柿澤潔『棒の哀しみ』『トカレフ

宣伝賞


第50回(1995年)

日本映画大賞 『午後の遺言状
日本映画優秀賞 『』『写楽』『深い河』『Love Letter
記録文化映画賞
長編 『奈緒ちゃん
短編 『映像評伝 朝永振一郎
外国映画ベストワン賞 『ショーシャンクの空に
日本映画ファン賞 『
外国映画ファン賞 『マディソン郡の橋
アニメーション映画賞 『ユンカース・カム・ヒア
大藤信郎賞 『MEMORIES』における大友克洋の製作総指揮に対して

男優主演賞 役所広司『KAMIKAZE TAXI
女優主演賞 杉村春子『午後の遺言状
男優助演賞 松方弘樹『
女優助演賞 鰐淵晴子『遥かな時代の階段を』『東京デラックス』『眠れる美女
スポニチグランプリ新人賞 一色紗英『』、江角マキコ『幻の光
田中絹代賞 浅丘ルリ子

監督賞 新藤兼人『午後の遺言状
脚本賞 橋口亮輔『渚のシンドバッド
撮影賞 鈴木達夫『写楽
美術賞 竹中和雄『あした
音楽賞 陳明章『幻の光
録音賞 瀬川徹夫『写楽』『緊急呼出し エマージェンシー・コール
スポニチグランプリ新人賞 室賀厚『SCORE

特別賞

飯島正
映画評論を確立した功績に対して
乙羽信子
日本映画におけるこれまでの優れた演技に対して
高羽哲夫
男はつらいよ』『幸福の黄色いハンカチ』などの優れた撮影に対して
南とめ
長年に渡る映画のネガ編集に対する功績に対して

宣伝賞

最優秀賞 『
優秀賞 『ダイ・ハード3』『ウォーターワールド

第51回(1996年)

日本映画大賞 『Shall we ダンス?
日本映画優秀賞 『絵の中のぼくの村』『学校II』『キッズ・リターン』『眠る男
記録文化映画賞
長編 『SAWADA 青森からベトナムへ ピュリッツアー賞カメラマン沢田教一の生と死
短編 『クロウサギの島 奄美の希少動物たち
外国映画ベストワン賞 『ユリシーズの瞳
日本映画ファン賞 『Shall we ダンス?
外国映画ファン賞 『インデペンデンス・デイ
アニメーション映画賞 『ブラック・ジャック
大藤信郎賞 『るすばん

男優主演賞 役所広司『Shall we ダンス?』『眠る男』『シャブ極道
女優主演賞 高岡早紀『KYOKO
男優助演賞 吉岡秀隆『学校II
女優助演賞 草村礼子『Shall we ダンス?
スポニチグランプリ新人賞 安藤政信『キッズ・リターン』、鈴木彩子『アトランタ・ブギ
田中絹代賞 松坂慶子

監督賞 周防正行『Shall we ダンス?
脚本賞 周防正行『Shall we ダンス?
撮影賞 丸池納『眠る男
美術賞 横尾嘉良『眠る男
音楽賞 細川俊夫『眠る男
録音賞 井上宗一『眠る男』、鈴木功『学校II
スポニチグランプリ新人賞 井坂聡『Focus

特別賞

渥美清
男はつらいよ』シリーズなどの演技による日本映画への貢献に対して
小林正樹
映画監督として数々の名作を生み出した貢献に対して
佐藤正之
長年、映画製作者として活躍し、独立プロ運動・毎日映画コンクールの運営にも尽力した功績に対して
藤子・F・不二雄
オバケのQ太郎』『ドラえもん』など空想味豊かなアニメの創作とその映画化・テレビ化に対して
フランキー堺
数々の喜劇映画の演技などによる日本映画への貢献に対して
武満徹
映画音楽を通じて数々の名作を生み出した貢献に対して

宣伝賞


第52回(1997年)

日本映画大賞 『もののけ姫
日本映画優秀賞 『うなぎ』『誘拐』『ラヂオの時間
記録文化映画賞
長編 『ルイズ その旅立ち
短編 『真正粘菌の生活史―進化の謎・変形体を探る―
外国映画ベストワン賞 『イングリッシュ・ペイシェント
日本映画ファン賞 『もののけ姫
外国映画ファン賞 『メン・イン・ブラック
アニメーション映画賞 『もののけ姫
大藤信郎賞 該当なし

男優主演賞 原田芳雄『鬼火
女優主演賞 桃井かおり『東京夜曲』など
男優助演賞 田口トモロヲ『うなぎ』『鉄塔武蔵野線』など
女優助演賞 倍賞美津子『東京夜曲』『うなぎ
スポニチグランプリ新人賞 広末涼子『20世紀ノスタルジア』、吉川ひなの『瀬戸内ムーンライト・セレナーデ
田中絹代賞 淡島千景

監督賞 今村昌平『うなぎ
脚本賞 三谷幸喜『ラヂオの時間
撮影賞 木村大作『誘拐』、田村正毅『萌の朱雀』『2/デュオ
美術賞 小澤秀高『失楽園
音楽賞 大島ミチル『失楽園
録音賞 林鑛一『身も心も
スポニチグランプリ新人賞 三谷幸喜『ラヂオの時間

特別賞

勝新太郎
座頭市』などの日本映画を製作、監督・俳優としてリードした功績により
杉村春子
小津安二郎監督作品の名演技、『午後の遺言状』の主役などで日本映画に尽くした功績により
姫田真左久
赤い殺意』『キューポラのある街』『戦争と人間』などの名作映画の撮影に対して
三船敏郎
黒澤明監督作品などで俳優として国際的な評価を得た功績に対して
萬屋錦之介
宮本武蔵』など時代劇俳優として日本映画に貢献した業績に対して

宣伝賞


第53回(1998年)

日本映画大賞 『愛を乞うひと
日本映画優秀賞 『学校III』『カンゾー先生』『がんばっていきまっしょい』『HANA-BI
記録文化映画賞
長編 『見えない壁を越えて
短編 『文楽への誘い
外国映画ベストワン賞 『L.A.コンフィデンシャル
日本映画ファン賞 『踊る大捜査線 THE MOVIE
外国映画ファン賞 『タイタニック
アニメーション映画賞 『ドラえもん のび太の南海大冒険
大藤信郎賞 『水の精 河童百図

男優主演賞 本木雅弘『中国の鳥人
女優主演賞 原田美枝子『愛を乞うひと
男優助演賞 大杉漣『HANA-BI』『犬、走る DOG RACE』など
女優助演賞 余貴美子『学校III』『あ、春
スポニチグランプリ新人賞 田中麗奈『がんばっていきまっしょい』、唯野未歩子『フレンチドレッシング
田中絹代賞 藤村志保

監督賞 平山秀幸『愛を乞うひと
脚本賞 中島丈博『ラブ・レター』『あ、春
撮影賞 山本英夫『HANA-BI』『中国の鳥人』など
美術賞 中澤克巳『愛を乞う人』『CURE
音楽賞 山下洋輔『カンゾー先生
録音賞 郡弘道『がんばっていきまっしょい
スポニチグランプリ新人賞 中野裕之『SF サムライ・フィクション

特別賞

木下恵介
二十四の瞳』などの名作を監督し、日本映画のために尽くした功績に対して
黒澤明
七人の侍』など傑作30本の監督を通じ、日本映画の名を海外にまで高め、世界のクロサワと呼ばれた功績に対して
碧川道夫
わが国映画撮影の先駆者としての功績に対して
宮島義勇
映画撮影技師として日本的リアリズムの手法を確立した功績に対して
淀川長治
評論活動を通じて映画の魅力を伝え、映画普及に尽力した功績に対して

宣伝賞


第54回(1999年)

日本映画大賞 『鉄道員
日本映画優秀賞 『菊次郎の夏』『金融腐蝕列島〔呪縛〕』『39 刑法第三十九条』『M/OTHER
記録文化映画賞
長編 『続『[[住民が選択した町の福祉』問題はこれからです]]』
短編 『狂言・野村万蔵―技とこころ
外国映画ベストワン賞 『恋におちたシェイクスピア
日本映画ファン賞 『鉄道員
外国映画ファン賞 『マトリックス
アニメーション映画賞 『人狼 JIN-ROH
大藤信郎賞 『老人と海』におけるアレクサンドル・ペトロフと技術スタッフに対して

男優主演賞 小林桂樹『あの、夏の日 とんでろ じいちゃん
女優主演賞 大竹しのぶ『生きたい』『鉄道員』『黒い家
男優助演賞 ヨシ笈田『あつもの
女優助演賞 小島聖『あつもの
スポニチグランプリ新人賞 忍足亜希子『アイ・ラブ・ユー』、池脇千鶴『大阪物語
田中絹代賞 富司純子

監督賞 森田芳光『39 刑法第三十九条
脚本賞 諏訪敦彦、三浦友和、渡辺真起子『M/OTHER
撮影賞 阪本善尚『金融腐蝕列島〔呪縛〕
美術賞 磯見俊裕、郡司英雄『ワンダフルライフ
音楽賞 鈴木治行『M/OTHER
録音賞 橋本泰夫『大阪物語』『ガメラ3 邪神覚醒
技術賞
編集 川島章正『金融腐蝕列島〔呪縛〕
照明 粟木原毅『催眠
スポニチグランプリ新人賞 塩田明彦『月光の囁き』『どこまでもいこう

特別賞

佐藤勝
黒澤明監督作品をはじめとする数々の映画音楽を作曲し、日本における映画音楽の質を高めた功績に対して
宮川一夫
羅生門』『雨月物語』などの名作の撮影を通じて、日本映画のクオリティーの高さを内外に認識させた功績に対して

宣伝賞


第55回(2000年)

日本映画大賞 『
日本映画優秀賞 『雨あがる』『御法度』『十五才 学校IV』『ナビィの恋
記録文化映画賞
長編 『夢は時をこえて―津田梅子が紡いだ絆
短編 『江東区の伝統工芸 木挽 林以一
外国映画ベストワン賞 『スペース・カウボーイ
日本映画ファン賞 『ホワイトアウト
外国映画ファン賞 『グリーンマイル
アニメーション映画賞 『おばあちゃんの思い出
大藤信郎賞 『BLOOD THE LAST VAMPIRE

男優主演賞 浅野忠信『地雷を踏んだらサヨウナラ』『五条霊戦記 GOJOE』『御法度
女優主演賞 藤山直美『
男優助演賞 香川照之『独立少年合唱団』『スリ
女優助演賞 松坂慶子『さくや妖怪伝』『本日またまた休診なり
スポニチグランプリ新人賞 安藤希『さくや妖怪伝』、松田龍平『御法度
田中絹代賞 原田美枝子

監督賞 阪本順治『
脚本賞 山田洋次、朝間義隆、平松恵美子『十五才 学校IV
撮影賞 上田正治『雨あがる
美術賞 原田満生『ざわざわ下北沢』『
音楽賞 磯田健一郎『ナビィの恋
録音賞 橋本文雄『
技術賞
安藤清人『長崎ぶらぶら節』(照明)
市川崑監督作品『新選組』スタッフ
スポニチグランプリ新人賞 緒方明『独立少年合唱団

特別賞

徳間康快
大映株式会社社長などを歴任し、『未完の対局』『敦煌』などの大作や『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』などの優れたアニメを製作、東京国際映画祭のゼネラルプロデューサーとして世界の映画人の交流に尽力した功績に対して
工藤栄一
十三人の刺客』『その後の仁義なき戦い』『野獣刑事』など数々の作品を監督し、独特の映像美で観客を魅了した功績に対して
吉村公三郎
安城家の舞踏会』『偽れる盛装』などの名作を監督し、近代映画協会の設立に尽力した功績に対して

宣伝賞

最優秀賞 『ターザン
優秀賞 『長崎ぶらぶら節』『ファイト・クラブ

第56回(2001年)

日本映画大賞 『千と千尋の神隠し
日本映画優秀賞 『ウォーターボーイズ』『GO』『日本の黒い夏─冤罪』『バトル・ロワイアル』『ホタル伊
記録文化映画賞
長編 『able
短編 『石を積む―石垣と日本人―
外国映画ベストワン賞 『山の郵便配達
日本映画ファン賞 『千と千尋の神隠し
外国映画ファン賞 『A.I.
アニメーション映画賞 『千と千尋の神隠し
大藤信郎賞 『くじらとり



男優主演賞 三橋達也『忘れられぬ人々
女優主演賞 牧瀬里穂『ターン
男優助演賞 寺島進『みすゞ』『BROTHER』『空の穴
女優助演賞 荻野目慶子『三文役者
スポニチグランプリ新人賞 窪塚洋介『GO』、柴咲コウ『バトル・ロワイアル』『GO
田中絹代賞 倍賞美津子

監督賞 宮崎駿『千と千尋の神隠し
脚本賞 宮藤官九郎『GO
撮影賞 藤澤順一『狗神』『ターン』『ココニイルコト
美術賞 小川富美夫『風花』『みんなのいえ
音楽賞 久石譲、木村弓『千と千尋の神隠し
録音賞 小野寺修、柿澤潔『陰陽師
技術賞 金沢正夫『狗神』『みすゞ』(照明)
スポニチグランプリ新人賞 長澤雅彦『ココニイルコト

特別賞

伊藤武郎
独立プロデューサーの草分けとして『戦争と平和』『真空地帯』などの数々の名作を製作した功績に対して
相米慎二
セーラー服と機関銃』『お引越し』『台風クラブ』など数々の優れた作品を監督し、観客に強い印象を与えた功績に対して
左幸子
飢餓海峡』『にっぽん昆虫記』など数々の名作に出演し、演技派女優として圧倒的な存在感で観客を魅了した功績に対して

宣伝賞

最優秀賞 『PLANET OF THE APES/猿の惑星
優秀賞 『13デイズ』『パール・ハーバー』『A.I.

第57回(2002年)

日本映画大賞 『たそがれ清兵衛
日本映画優秀賞 『OUT』『阿弥陀堂だより』『KT』『ハッシュ!
記録文化映画賞
長編 『住井すゑ 百歳の人間宣言
短編 『未知への航海―すばる望遠鏡建設の記録―
外国映画ベストワン賞 『鬼が来た!
日本映画ファン賞 『模倣犯
外国映画ファン賞 『ハリー・ポッターと秘密の部屋
アニメーション映画賞 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
大藤信郎賞 『千年女優



男優主演賞 真田広之『助太刀屋助六』『たそがれ清兵衛
女優主演賞 大塚寧々『笑う蛙』『うつつ』『歩く、人
男優助演賞 塚本晋也『とらばいゆ』『殺し屋1』『クロエ』『溺れる人
女優助演賞 宮沢りえ『たそがれ清兵衛』『うつつ
スポニチグランプリ新人賞 中村獅童『ピンポン』、市川実日子『とらばいゆ』、金守珍『夜を賭けて
田中絹代賞 吉行和子

監督賞 平山秀幸『OUT』『笑う蛙
脚本賞 鄭義信『OUT
撮影賞 長沼六男『たそがれ清兵衛
美術賞 大塚聡『夜を賭けて
音楽賞 加古隆『阿弥陀堂だより
録音賞 岸田和美『たそがれ清兵衛
技術賞 中岡源権『たそがれ清兵衛』(照明)
曽利文彦監督を中心とする『ピンポン』のVFXスタッフ

特別賞

清川虹子
楢山節考』『復讐するは我にあり』など269本の映画に出演し、個性的な演技で大衆に愛され、名バイ・プレイヤーとして果たした多大な功労に対して
蔵原惟繕
俺は待ってるぜ』などの石原裕次郎主演作や、ドキュメンタリー『キタキツネ物語』、さらに『南極物語』など大きなスケールの作品をヒットさせた功績に対して
富田功
病院へ行こう』『櫻の園』など数々の秀作の編集者として優れた技量を発揮し、日本映画界に貢献した功績に対して

宣伝賞


第58回(2003年)

日本映画大賞 『赤目四十八瀧心中未遂
日本映画優秀賞 『阿修羅のごとく』『座頭市』『スパイ・ゾルゲ』『ドッペルゲンガー
記録文化映画賞
長編 『こんばんは
短編 『彩なす首里の織物 宮平初子
外国映画ベストワン賞 『戦場のピアニスト
日本映画ファン賞 『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
外国映画ファン賞 『戦場のピアニスト
アニメーション映画賞 『東京ゴッドファーザーズ
大藤信郎賞 『冬の日』における川本喜八郎の企画・総合演出

男優主演賞 西田敏行『ゲロッパ!』『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!
女優主演賞 寺島しのぶ『赤目四十八瀧心中未遂
男優助演賞 柄本明『』『ドッペルゲンガー』『座頭市』他
女優助演賞 大楠道代『赤目四十八瀧心中未遂』『座頭市
スポニチグランプリ新人賞 大西滝次郎『赤目四十八瀧心中未遂』、宮迫博之『蛇イチゴ
田中絹代賞 八千草薫

監督賞 崔洋一『刑務所の中
脚本賞 西川美和『蛇イチゴ』、深作健太、木田紀生『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌
撮影賞 笠松則通『ぼくんち』『さよなら、クロ』『赤目四十八瀧心中未遂
美術賞 磯見俊裕『刑務所の中』『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌
音楽賞 磯田健一郎『ホテル・ハイビスカス
録音賞 白取貢『ホテル・ハイビスカス』『ゲロッパ!
技術賞 渡邊孝一『阿修羅のごとく
スポニチグランプリ新人賞 西川美和『蛇イチゴ

特別賞

深作欣二
仁義なき戦い』シリーズをはじめ、躍動感あふれる映画を数多く監督するなど、長年に渡り日本映画業界に貢献した業績に対して
笠原和夫
脚本家として『仁義なき戦い』シリーズをはじめ、日本映画業界のために尽くした功績に対して

宣伝賞


第59回(2004年)

日本映画大賞 『血と骨
日本映画優秀賞 『誰も知らない
記録文化映画賞
長編 『わたしの季節
短編 『螺鈿―北村昭斎のわざ―
外国映画ベストワン賞 『ミスティック・リバー
日本映画ファン賞 『ハウルの動く城
外国映画ファン賞 『2046
アニメーション映画賞 『雲のむこう、約束の場所
大藤信郎賞 『マインド・ゲーム

男優主演賞 ビートたけし『血と骨
女優主演賞 深田恭子『下妻物語
男優助演賞 オダギリジョー『血と骨』『この世の外へ クラブ進駐軍
女優助演賞 田畑智子『隠し剣 鬼の爪』『血と骨
スポニチグランプリ新人賞 土屋アンナ『下妻物語』『茶の味』、柳楽優弥『誰も知らない』、上野樹里『チルソクの夏』『スウィングガールズ
田中絹代賞 淡路恵子

監督賞 黒木和雄『美しい夏キリシマ』『父と暮せば
脚本賞 荒井晴彦『ヴァイブレータ
撮影賞 鈴木一博『ヴァイブレータ』『機関車先生』『ガールフレンド』『ココロとカラダ
美術賞 桑島十和子『下妻物語
音楽賞 日野皓正『透光の樹
録音賞 弦巻裕『誰も知らない
技術賞 熊谷秀夫『透光の樹

特別賞

三橋達也
ヒーローから悪役まで演じられる存在感の大きな俳優として、数多くの映画に出演するなど、長年にわたり、日本映画界に貢献した業績に対して
双葉十三郎
映画評論家として四分の三世紀以上にわたり、卓越した知識と豊かな感性に基づいた評論を発表するなど、日本映画界に貢献した業績に対して

宣伝賞


第60回(2005年)

日本映画大賞 『パッチギ!
日本映画優秀賞 『オペレッタ狸御殿

男優主演賞 浅野忠信『誰がために』『乱歩地獄
女優主演賞 田中裕子『いつか読書する日』『火火
男優助演賞 山下規介『運命じゃない人
女優助演賞 板谷由夏『運命じゃない人
スポニチグランプリ新人賞 石田法嗣『カナリア』、関めぐみ『恋は五・七・五!』『8月のクリスマス
田中絹代賞 若尾文子

監督賞 緒方明『いつか読書する日
脚本賞 内田けんじ『運命じゃない人
撮影賞 柴崎幸三『ALWAYS 三丁目の夕日
美術賞 上条安里『ALWAYS 三丁目の夕日
音楽賞 加藤和彦『パッチギ!
録音賞 横溝正俊『いつか読書する日
技術賞
ALWAYS 三丁目の夕日』VFXスタッフ
谷口登司夫『二人日和』(編集)

アニメーション映画賞 『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者
大藤信郎賞 『tough guy! 2005

ドキュメンタリー部門

ドキュメンタリー映画賞 『Little Birds イラク戦火の家族たち

TSUTAYA映画ファン賞


第61回(2006年)

日本映画大賞 『ゆれる
日本映画優秀賞 『フラガール
外国映画ベストワン賞 『父親たちの星条旗

男優主演賞 佐藤浩市『雪に願うこと
女優主演賞 中谷美紀『嫌われ松子の一生
男優助演賞 笹野高史『武士の一分』『寝ずの番
女優助演賞 蒼井優『フラガール『[[虹の女神』『ハチミツとクローバー
スポニチグランプリ新人賞 塚地武雅『間宮兄弟』、 檀れい『武士の一分
田中絹代賞 草笛光子

監督賞 根岸吉太郎『雪に願うこと
脚本賞 加藤正人『雪に願うこと
撮影賞 川上皓市『紙屋悦子の青春
美術賞 種田陽平『THE有頂天ホテル』『フラガール
音楽賞 加古隆『博士の愛した数式
録音賞 白取貢『フラガール』『ゆれる』、小野寺修『雪に願うこと
技術賞 小池義幸『嫌われ松子の一生』(編集)

アニメーション映画賞 『時をかける少女
大藤信郎賞 『鉄コン筋クリート

ドキュメンタリー部門

ドキュメンタリー映画賞 『エドワード・サイード OUT OF PLACE

TSUTAYA映画ファン賞


特別賞

今村昌平
風見章子

第62回(2007年)

日本映画大賞 『それでもボクはやってない
日本映画優秀賞 『天然コケッコー
外国映画ベストワン賞 『長江哀歌

男優主演賞 国分太一『しゃべれども しゃべれども
女優主演賞 麻生久美子『夕凪の街 桜の国
男優助演賞 松重豊『しゃべれども しゃべれども
女優助演賞 高橋惠子『ふみ子の海
スポニチグランプリ新人賞 松田翔太『ワルボロ』、 成海璃子『あしたの私のつくり方』『神童
田中絹代賞 中村玉緒

監督賞 周防正行『それでもボクはやってない
脚本賞 渡辺あや『天然コケッコー
撮影賞 中野英世『殯の森
美術賞 佐々木尚『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
音楽賞 レイ・ハラカミ『天然コケッコー
録音賞 小松将人『しゃべれども しゃべれども
技術賞 北村道子『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

アニメーション映画賞 『河童のクゥと夏休み
大藤信郎賞 『カフカ 田舎医者

ドキュメンタリー部門

ドキュメンタリー映画賞 『バックドロップ・クルディスタン

TSUTAYA映画ファン賞

日本映画部門 『恋空
外国映画部門 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

特別賞

熊井啓
犬塚稔

第63回(2008年)

日本映画大賞 『おくりびと
日本映画優秀賞 『ぐるりのこと。
外国映画ベストワン賞 『ダークナイト

男優主演賞 阿部寛青い鳥』『歩いても 歩いても
女優主演賞 小池栄子接吻
男優助演賞 堺雅人アフタースクール』『クライマーズ・ハイ』『ジャージの二人
女優助演賞 松坂慶子火垂るの墓
スポニチグランプリ新人賞 三浦春馬奈緒子』、仲里依紗純喫茶磯辺
田中絹代賞 余貴美子

監督賞 若松孝二『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
脚本賞 橋口亮輔『ぐるりのこと。
撮影賞 辻智彦『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
美術賞 矢内京子『西の魔女が死んだ
音楽賞 岩代太郎『闇の子供たち
録音賞 尾崎聡『おくりびと
技術賞 桑島十和子、増尾隆幸、土屋真治、柳川瀬雅英『パコと魔法の絵本

アニメーション映画賞 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers
大藤信郎賞 『崖の上のポニョ』における宮崎駿監督の独創的表現に対して

ドキュメンタリー部門

ドキュメンタリー映画賞 『花はどこへいった

TSUTAYA映画ファン賞

日本映画部門 『私は貝になりたい
外国映画部門 『レッドクリフ PartI

特別賞

市川崑
緒形拳
楠田浩之

第64回(2009年)

日本映画大賞 『沈まぬ太陽
日本映画優秀賞 『劒岳 点の記
外国映画ベストワン賞 『グラン・トリノ

男優主演賞 松山ケンイチウルトラミラクルラブストーリー
女優主演賞 小西真奈美のんちゃんのり弁
男優助演賞 岸部一徳大阪ハムレット
女優助演賞 八千草薫ディア・ドクター
スポニチグランプリ新人賞 西島隆弘愛のむきだし』、満島ひかり愛のむきだし
田中絹代賞 高橋惠子

監督賞 園子温『愛のむきだし
脚本賞 田中陽造『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
撮影賞 木村大作『劒岳 点の記
美術賞 種田陽平、矢内京子『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
音楽賞 蓮実重臣『私は猫ストーカー
録音賞 石寺健一『劒岳 点の記
技術賞 該当なし

アニメーション映画賞 『サマーウォーズ
大藤信郎賞 『電信柱エレミの恋』(立体アニメ表現の完成度に対して)

ドキュメンタリー映画賞 『あんにょん由美香

TSUTAYA映画ファン賞

日本映画部門 『ROOKIES -卒業-
外国映画部門 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT

特別賞

森繁久彌
水の江瀧子

第65回(2010年)

日本映画大賞 『悪人
日本映画優秀賞 『春との旅
外国映画ベストワン賞 『息もできない

男優主演賞 堤真一孤高のメス
女優主演賞 寺島しのぶキャタピラー
男優助演賞 稲垣吾郎十三人の刺客
女優助演賞 夏川結衣孤高のメス
スポニチグランプリ新人賞 遠藤要『イエローキッド』、徳永えり『春との旅
田中絹代賞 江波杏子

監督賞 三池崇史『十三人の刺客
脚本賞 佐藤有記『ヘヴンズ ストーリー
撮影賞 近藤龍人『海炭市叙景
美術賞 近藤成之『武士の家計簿
音楽賞 ジム・オルーク『海炭市叙景
録音賞 中村淳『十三人の刺客
技術賞 該当なし

アニメーション映画賞 『カラフル

TSUTAYA映画ファン賞

日本映画部門 『THE LAST MESSAGE 海猿
外国映画部門 『エクリプス/トワイライト・サーガ

特別賞

高峰秀子

第66回(2011年)
作品部門
日本映画大賞 『一枚のハガキ
日本映画優秀賞 『サウダーヂ
外国映画ベストワン賞 『英国王のスピーチ
俳優部門
男優主演賞 森山未來『モテキ
女優主演賞 小泉今日子『毎日かあさん
男優助演賞 でんでん『冷たい熱帯魚
女優助演賞 永作博美『八日目の蝉
スポニチグランプリ新人賞 染谷将太『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』、忽那汐里『マイ・バック・ページ
田中絹代賞 大楠道代
スタッフ部門
監督賞 富田克也『サウダーヂ
脚本賞 新藤兼人『一枚のハガキ
撮影賞 北信康『一命
美術賞 金勝浩一『一枚のハガキ
音楽賞 林光『一枚のハガキ
録音賞 尾崎聡『一枚のハガキ
技術賞 該当なし
アニメーション部門
アニメーション映画賞 『蛍火の杜へ
大藤信郎賞 『663114
ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞 『ショージとタカオ
TSUTAYA映画ファン賞
日本映画部門 『ステキな金縛り
外国映画部門 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
特別賞
赤松陽構造

第67回(2012年)
作品部門
日本映画大賞 『終の信託
日本映画優秀賞 『桐島、部活やめるってよ
外国映画ベストワン賞 『ヒューゴの不思議な発明
俳優部門
男優主演賞 夏八木勲『希望の国
女優主演賞 田畑智子『ふがいない僕は空を見た
男優助演賞 加瀬亮『アウトレイジ ビヨンド
女優助演賞 安藤サクラ『愛と誠
スポニチグランプリ新人賞 東出昌大『桐島、部活やめるってよ』、三吉彩花『グッモーエビアン!
田中絹代賞 田中裕子
スタッフ部門
監督賞 吉田大八『桐島、部活やめるってよ
脚本賞 ヤン・ヨンヒ『かぞくのくに
撮影賞 芦澤明子『わが母の記
美術賞 部谷京子『天地明察
音楽賞 大島ミチル『僕達急行 A列車で行こう
録音賞 志満順一『北のカナリアたち
技術賞 該当なし
アニメーション部門
アニメーション映画賞 『おおかみこどもの雨と雪
大藤信郎賞 『火要鎮
ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞 『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳
TSUTAYA映画ファン賞
日本映画部門 『テルマエ・ロマエ
外国映画部門 『アベンジャーズ
特別賞
黒澤満

第68回(2013年)
作品部門
日本映画大賞 『舟を編む
日本映画優秀賞 『ペコロスの母に会いに行く
外国映画ベストワン賞 『愛、アムール
俳優部門
男優主演賞 松田龍平『舟を編む
女優主演賞 赤木春恵『ペコロスの母に会いに行く
男優助演賞 ピエール瀧『凶悪
女優助演賞 吉高由里子『横道世之介
スポニチグランプリ新人賞 星野源『箱入り息子の恋』、濱田ここね『おしん
田中絹代賞 加賀まりこ
スタッフ部門
監督賞 石井裕也『舟を編む
脚本賞 荒井晴彦『共喰い
撮影賞 今井孝博『共喰い
美術賞 原田満生『舟を編む
音楽賞 安川午朗『凶悪
録音賞 矢野正人『横道世之介
ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞 『立候補
アニメーション部門
アニメーション映画賞 『かぐや姫の物語
大藤信郎賞 『海に落ちた月の話
TSUTAYA映画ファン賞
日本映画部門 『風立ちぬ
外国映画部門 『テッド
特別賞
福本清三

第69回(2014年)
作品部門
日本映画大賞 『私の男
日本映画優秀賞 『そこのみにて光輝く
外国映画ベストワン賞 『6才のボクが、大人になるまで。
俳優部門
男優主演賞 綾野剛『そこのみにて光輝く
女優主演賞 安藤サクラ『0.5ミリ
男優助演賞 伊藤英明『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜
女優助演賞 池脇千鶴『そこのみにて光輝く
スポニチグランプリ新人賞 登坂広臣『ホットロード』、小松菜奈『渇き。
田中絹代賞 鈴木京香
スタッフ部門
監督賞 呉美保『そこのみにて光輝く
脚本賞 安藤桃子『0.5ミリ
撮影賞 シグママコト『紙の月
美術賞 林田裕至『喰女-クイメ-』、佐久嶋依里『喰女−クイメ−
音楽賞 周防義和『舞妓はレディ
録音賞 藤本賢一『永遠の0
ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞 『SAYAMA みえない手錠をはずすまで
アニメーション部門
アニメーション映画賞 『ジョバンニの島
大藤信郎賞 『澱みの騒ぎ
TSUTAYA映画ファン賞
日本映画部門 『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編
外国映画部門 『アナと雪の女王
特別賞
野上照代

第70回(2015年)
作品部門
日本映画大賞 『恋人たち
日本映画優秀賞 『岸辺の旅
外国映画ベストワン賞 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
俳優部門
男優主演賞 塚本晋也『野火
女優主演賞 綾瀬はるか『海街diary
男優助演賞 加藤健一『母と暮せば
女優助演賞 長澤まさみ『海街diary
スポニチグランプリ新人賞 野田洋次郎『トイレのピエタ』、藤野涼子『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判
田中絹代賞 桃井かおり
スタッフ部門
監督賞 塚本晋也『野火
脚本賞 原田眞人『駆込み女と駆出し男
撮影賞 藤澤順一『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判
美術賞 原田哲男『日本のいちばん長い日
音楽賞 坂本龍一『母と暮せば
録音賞 小川武『恋人たち
ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞 『沖縄 うりずんの雨
アニメーション部門
アニメーション映画賞 『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜
大藤信郎賞 『水準原点
TSUTAYA映画ファン賞
日本映画部門 『幕が上がる
外国映画部門 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
特別賞
櫛桁一則(「シネマリーン」支配人)、橋本忍

第71回(2016年)
作品部門
日本映画大賞 『シン・ゴジラ
日本映画優秀賞 『この世界の片隅に
外国映画ベストワン賞 『ハドソン川の奇跡
俳優部門
男優主演賞 本木雅弘『永い言い訳
女優主演賞 筒井真理子『淵に立つ
男優助演賞 香川照之『クリーピー 偽りの隣人
女優助演賞 市川実日子『シン・ゴジラ
スポニチグランプリ新人賞 毎熊克哉『ケンとカズ』、中条あやみ『セトウツミ
田中絹代賞 松原智恵子
スタッフ部門
監督賞 西川美和『永い言い訳
脚本賞 向井康介『聖の青春
撮影賞 斉藤幸一『64 -ロクヨン- 前編・後編
美術賞 林田裕至、佐久嶋依里『シン・ゴジラ
音楽賞 コトリンゴ『この世界の片隅に
録音賞 白取貢『聖の青春
ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞 『桜の樹の下
アニメーション部門
アニメーション映画賞 『君の名は。
大藤信郎賞 『この世界の片隅に
TSUTAYA映画ファン賞
日本映画部門 『君の名は。
外国映画部門 『ズートピア
特別賞
島村達雄(「白組」社長)