赤ひげ

amazonで 赤ひげ を探す!
映画 1965.04.03 wikipedia
タイトル 検索
1965/04/03 dTV youku

主人公の青年、保本登(加山雄三)が小石川養生所へ続く坂を上り角寸の巨大な門をくぐっていく場面から映画が始まる。養生所の責任者である新出去定(にいできょじょう:三船敏郎)に会うように言われてきた保本だが、知らない間に養生所の医師として働くように段取りがつけられていた。長崎へ遊学(留学)した保本は、帰ってくれば父の友人である天野源伯が推薦し、幕府の医学機関へ出仕と天野の娘で許嫁のちぐさ(藤山陽子)との結婚が決まっていた。だが、ちぐさは保本の遊学中に他の男と恋仲になり、子供まで生んでいた。納得できない保本だが、幕府からの辞令であるため勝手に出て行けない。ストライキを起こし、新出が自分を追い出すまで勤務にもつかず不貞寝を決め込む。
主演 三船敏郎 47
出演 山崎努 30
加山雄三 30
脚本/ 黒澤明 57