●窓位置右下移動

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報

作者名:moka(しらたま/のんきなおやじ)
引用元:なでしこプログラム掲示板「なでしこ更新チェック」
利用:●タスクバー位置取得
勝手に改変

概要

ウィンドウの位置をデスクトップワークエリアの右下に移動します。

解説

引数

OBJ:対象のウィンドウ

本体

●窓位置右下移動({グループ=?母艦}OBJを)
  Pとは整数
  P=タスクバー位置取得。
  OBJについて    
    もし、P=「左」ならば、X=デスクトップW-デスクトップワークエリアW
    違えば、X=デスクトップワークエリアW-W
    もし、P=「上」ならば、Y=デスクトップH-デスクトップワークエリアH
    違えば、Y=デスクトップワークエリアH-H。
    
#-----------------------------------------------------------------------
!APPBARDATA_TYPE=「long,long,long,long,long,long,long,long,long」
■APPBARDATA
 ・cbSize #{=36} #TEST
 ・hWnd
 ・uCallbackMessage
 ・uEdge
 ・Left
 ・Top
 ・Right
 ・Bottom
 ・lParam
PACK(APPBARDATA,AB_DAT,APPBARDATA_TYPE)。
#---------------------------------------
●タスクバー位置取得
  もし、SHAppBarMessage(5,AB_DAT)ならば
    UNPACK(AB_DAT,APPBARDATA,"long,long,long,long") #グループに戻す
    TMPはAPPBARDATAのuEdge
    TMPで条件分岐
      「0」ならば、「左」で戻る。
      「1」ならば、「上」で戻る。
      「2」ならば、「右」で戻る。
      「3」ならば、「下」で戻る。
  違えば、「関数戻りエラー」という。

#-----------------------------------------------------------------------
●SHAppBarMessage(ID,{参照渡し}p)=DLL("shell32.dll",
"BOOL SHAppBarMessage(
LONG dwMessage, //タスクバー位置:&H5
LPPOINT pData
)")
#http://www.winapi-database.com/Program/Shell/SHAppBarMessage.html
#-----------------------------------------------------------------------

//サンプルプログラム

母艦のW=50。
母艦のH=50。
母艦を窓位置右下移動。


名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。