●角形

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報


概要

円に内接する多角形の頂点の座標を返す。
「多角形」命令と組み合わせて使う。

解説

引数

X:円の中心のX座標
Y:円の中心のY座標
長さ:円の半径
N:○角形

返り値

座標配列

サンプルプログラム

中心Xは110。中心Yは110。半径は100。
頂点は(中心X,中心Yから半径の7角形)
頂点と言う
塗りスタイルは『透明』
母艦の(中心X-半径),(中心Y-半径)から(中心X+半径),(中心X+半径)へ円
線色は赤色
母艦の頂点へ多角形

//本体

●角形(X,Yから長さのN)
 座標データとは配列
 Aとは実数
 Nの回
  A=3.141592653589793*2*(回数-1)/N
  (ROUND(X+SIN(A)*長さ)&『,』&ROUND(Y-COS(A)*長さ))を座標データに配列追加
 座標データで戻る


名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。