■効果音

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報


概要

wavファイルを任意の時点でメモリへ読み込み
メモリから再生することが出来るグループと関数のセットです。
「再生」命令と違い、読み込み時以外ドライブへのアクセスが発生しないので
音の遅延やドライブへの負荷を減らすことが出来ます。

本体

//(c)2008 canot (c)2008 TOPOZO
●winPlaySound(n,h,f)=DLL("winmm.dll","long PlaySoundA(pointer name,long module,long flags);")
!SND_SYNC  =$0
!SND_ASYNC  =$1
!SND_NODEFAULT =$2
!SND_MEMORY  =$4
!SND_LOOP  =$8
!SND_NOSTOP  =$10

■効果音
 ・演奏~
  もし有効ならば
   winPlaySound(POINTER(データ),NULL,SND_MEMORY||SND_ASYNC)
  
 ・ファイル←データ読み込み→ファイル名取得
 ・有効{=1}
 
 ・{非公開}データ
 ・{非公開}ファイル名
 ・{非公開}ファイル名取得~
  ファイル名を戻す
 ・{非公開}データ読み込み(F)~
  ファイル名=F
  もしFが存在ならば
   データにFを読む
  違えば
   「エラー:データが見つかりません」という

//サンプルプログラム

//効果音グループ
//WindowsMultimediaSDKを利用して
//ファイルにデータのアドレスを代入するとメモリに読み込みます。
//演奏でメモリ上のデータを1回演奏します。
// http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428768.aspx
//
// 2008/9/23 r.2 : (1)APIにサブセットをつかっていたので本来の記述に変更。
// (2)「有効」プロパティで再生の可否を切り替えられるように

//例:
SE1とは効果音
SE1のファイルは"*.wav"のファイル選択
SE1のファイル名という
SE1の演奏


  • 掲示板の2ページ目にバージョンを上げたものがあるので、もしよろしければそちらもご覧ください。 -- canot (2008-09-30 01:06:14)
  • 確認しましたー! -- 管理人 (2008-09-30 19:18:54)
  • ご苦労様です(^v^)ノ -- canot (2008-10-04 01:52:06)
名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。