◆ブラウザマクロ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報

作者名:五十六
引用元:なし

概要

GUI部品「ブラウザ」を使っててんやわんやするためのセット。
ただし、動作中はパソコンに触ってはいけない・・・。
どうしてもHTTP系命令でできない時にごり押しマクロ。
ソースを短くする努力が皆無なので、目も当てられない状況ですがいずれ直します。

解説

ブラウザ(移動)[(逆)タブ][(ダブル)テキスト][決定(移動先取得|ソース取得)]

//基本系 基本的なコマンドです
●ブラウザタブ(TAB回数で)
●ブラウザ逆タブ(TAB回数で)
●ブラウザ決定
●ブラウザテキスト(送信テキストで|送信テキストの|送信テキストを)

//普通系 現在開いているページで色々します 
●ブラウザソース取得
●ブラウザタブ決定ソース取得(TAB回数で)
●ブラウザタブ決定移動先取得(TAB回数で)
●ブラウザタブテキスト決定移動先取得(TAB回数と送信テキストで)
●ブラウザタブテキスト決定ソース取得(TAB回数と送信テキストで)

//逆系 Shift+Tabキーで 普通と逆にリンクの選択が移動します。
●ブラウザ逆タブ決定ソース取得(TAB回数で)
●ブラウザ逆タブ決定移動先取得(TAB回数で)
●ブラウザ逆タブテキスト決定移動先取得(TAB回数と送信テキストで)
●ブラウザ逆タブテキスト決定ソース取得(TAB回数と送信テキストで)

//移動系 ブラウザを更新(別ページへ移動)してから色々します。
●ブラウザ移動ソース取得(URLの|URLで|URLを)
●ブラウザ移動タブ決定ソース取得(URLをTAB回数で)
●ブラウザ移動タブ決定移動先取得(URLをTAB回数で)
●ブラウザ移動タブテキスト決定ソース取得(URLをTAB回数と送信テキストで)
●ブラウザ移動タブテキスト決定移動先取得(URLをTAB回数と送信テキストで)
●ブラウザ移動逆タブ決定ソース取得(URLをTAB回数で)
●ブラウザ移動逆タブ決定移動先取得(URLをTAB回数で)
●ブラウザ移動逆タブテキスト決定ソース取得(URLをTAB回数と送信テキストで)
●ブラウザ移動逆タブテキスト決定移動先取得(URLをTAB回数と送信テキストで)

 //ダブル系 ID・パスワードのログインなどに使います。逆系でも最後のタブは下に移動します。
●ブラウザタブダブルテキスト決定移動先取得(TAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
●ブラウザ逆タブダブルテキスト決定移動先取得(TAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
●ブラウザタブダブルテキスト決定ソース取得(TAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
●ブラウザ逆タブダブルテキスト決定ソース取得(TAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
●ブラウザ移動タブダブルテキスト決定ソース取得(URLをTAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
●ブラウザ移動逆タブダブルテキスト決定ソース取得(URLをTAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
●ブラウザ移動タブダブルテキスト決定移動先取得(URLをTAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
●ブラウザ移動逆タブダブルテキスト決定移動先取得(URLをTAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)

説明=関数名。
関数名さえもゴリ押しになりました。色々無駄です。
逆タブ対応は-にすればよかったかな~

本体

#-----------------------------------------------------------------------
#ブラウザ系命令(最上部)
#-----------------------------------------------------------------------
命令用ブラウザとはブラウザ。
#そのレイアウト=左。
そのW=1。そのH=1。
命令用ブラウザの完了した時は~命令用通信中=0。
命令用ブラウザの文書完了した時は~命令用通信中=0。
命令用ブラウザの新窓禁止=1。

タイムアウト回数=100。//100ミリ秒単位//10秒
#ダイアログ表示時間=5。//5秒。

#-----------------------------------------------------------------------
●ブラウザソース取得
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。

●ブラウザ移動ソース取得(URLの|URLで|URLを)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザタブ(TAB回数で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  
●ブラウザ逆タブ(TAB回数で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
    
●ブラウザ決定
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。

●ブラウザテキスト(送信テキストで|送信テキストの|送信テキストを)
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。

●ブラウザタブ決定ソース取得(TAB回数で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば
      1秒待つ。
      抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ逆タブ決定ソース取得(TAB回数で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば
      1秒待つ。
      抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザタブ決定移動先取得(TAB回数で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザ逆タブ決定移動先取得(TAB回数で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザタブテキスト決定移動先取得(TAB回数と送信テキストで)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザタブダブルテキスト決定移動先取得(TAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト1}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト2}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザ逆タブテキスト決定移動先取得(TAB回数と送信テキストで)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザ逆タブダブルテキスト決定移動先取得(TAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト1}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト2}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザタブテキスト決定ソース取得(TAB回数と送信テキストで)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザタブダブルテキスト決定ソース取得(TAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト1}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト2}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。

●ブラウザ逆タブテキスト決定ソース取得(TAB回数と送信テキストで)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ逆タブダブルテキスト決定ソース取得(TAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト1}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト2}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ移動タブ決定ソース取得(URLをTAB回数で)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ移動逆タブ決定ソース取得(URLをTAB回数で)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ移動タブ決定移動先取得(URLをTAB回数で)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザ移動逆タブ決定移動先取得(URLをTAB回数で)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザ移動タブテキスト決定ソース取得(URLをTAB回数と送信テキストで)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ移動タブダブルテキスト決定ソース取得(URLをTAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト1}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト2}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ移動逆タブテキスト決定ソース取得(URLをTAB回数と送信テキストで)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ移動逆タブダブルテキスト決定ソース取得(URLをTAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト1}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト2}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  命令用ソース=命令用ブラウザのテキスト。
  命令用ソース=命令用ソースをSJIS変換。
  命令用ソースで戻る。
  
●ブラウザ移動タブテキスト決定移動先取得(URLをTAB回数と送信テキストで)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザ移動タブダブルテキスト決定移動先取得(URLをTAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト1}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト2}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
  
●ブラウザ移動逆タブテキスト決定移動先取得(URLをTAB回数と送信テキストで)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。
  (母艦のハンドル)に「{送信テキスト}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
  
●ブラウザ移動逆タブダブルテキスト決定移動先取得(URLをTAB回数と送信テキスト1と送信テキスト2で)
  命令用通信中=1。
  命令用ブラウザのURL=URL。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (TAB回数)回
    命令用ブラウザに注目。
    (母艦のハンドル)に『+{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト1}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に『{TAB}』を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。(母艦のハンドル)に「{送信テキスト2}」を窓ハンドルキー送信。0.2秒待つ。
  命令用ブラウザに注目。命令用通信中=1。命令用ブラウザの移動先URL=空。
  (母艦のハンドル)に『{ENTER}』を窓ハンドルキー送信。1秒待つ。
  判定タイムアウト回数=タイムアウト回数。
  1の間
    もし、命令用ブラウザの移動先URL=空ならば、「リンクをクリックできませんでした」で戻る。
    もし、命令用通信中=0ならば、1秒待つ。抜ける。
    違えば
      判定タイムアウト回数=判定タイムアウト回数-1。
      もし、判定タイムアウト回数≦0ならば、「タイムアウト」で戻る。
      0.1秒待つ。続ける。
  (命令用ブラウザの移動先URL)で戻る。
#-----------------------------------------------------------------------
#-----------------------------------------------------------------------
#--ここまで--
#-----------------------------------------------------------------------

サンプルプログラム

//なし


  • z -- y (2011-11-30 04:03:28)
  • なんでも有り -- 家光 (2011-11-30 04:05:19)
名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。