●コマンドライン実行

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報

作者名:五十六
引用元:なし

概要

Windowsコマンドを実行して、結果を返します。
勝手に空行を削除しています。


サンプルプログラム

WINDOWSバージョン取得して言う。

//本体

#-----------------------------------------------------------------------
#-----------------------------------------------------------------------
#-----------------------------------------------------------------------
●コマンドライン実行(Sの|Sを)
  DATA=「{COMSPEC} /c {S}」をコマンド実行。
  DATAを空行削除して戻る。
  
●空行削除(Sの|Sを)
  それ=S。S=空。反復、もし、対象≠空ならば、対象をSに配列追加。
  Sで戻る。
#-----------------------------------------------------------------------
#-----------------------------------------------------------------------
#-----------------------------------------------------------------------

#---以下利用例--

●ネットワーク情報取得
  「ipconfig /all」のコマンドライン実行して戻る。

●ネットワーク切断
  「ipconfig /release」のコマンドライン実行して戻る

●ネットワーク更新
  「ipconfig /renew」のコマンドライン実行して戻る。
  
●WINDOWSバージョン取得
  「ver」のコマンドライン実行して戻る。
  
●TCPアクティブ通信取得
  A=「netstat -o -n -p tcp」のコマンドライン実行。
  2回、Aの0を配列削除。
  A=Aの「{改行}」を「<>」へ置換。
  A=Aの「\s+」を「,」へ正規表現置換。
  A=Aの「<>」を「{改行}」へ置換。
  A=AをCSV取得。A=Aの0を表列削除。
  Aで戻る。

●UDPアクティブ通信取得
  「netstat -o -n -p udp」のコマンドライン実行して戻る。

#-----------------------------------------------------------------------
//サンプル
#A=送受信バイト数取得。
#A@「送信」を言う。

●通信統計情報取得
  「netstat -E」のコマンドライン実行して戻る。

●送受信バイト数取得
  A=通信統計情報取得。
  A[2]を『(\d+)\s+(\d+)』で正規表現マッチ。
  Bとはハッシュ=空。
  B=「受信={抽出文字列[0]}{改行}送信={抽出文字列[1]}」。
  Bで戻る。
#-----------------------------------------------------------------------


  • もらいます! -- h (2010-12-16 14:31:57)
名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。