2008年度シンポジウム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  2008年度の勇魚会シンポジウムは無事、終了いたしました。お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました。


 2008年度の勇魚会のシンポジウムは、東京海洋大学楽水会館にて、2009年3/7(土)-8(日)に開催いたします。今年は「海棲哺乳類の歩んできた道」と題し、海棲哺乳類の進化について、様々な側面から研究されている方々にお越しいただき、お話をしていただきます。また、特別講演として、北村正一先生にハズバンダリートレーニングの歴史や進歩のお話を、また、東京海洋大の加藤秀弘教授に鯨類研究の歴史や発展といったお話をしていただきます。なお、一日目には、一般の口頭発表も行います。
 今年も写真展を開催し、会場を彩る予定です。さらに今年も茶話会を開催いたします。勇魚会の現状を知り、今後について重要なお話をさせていただきますので、勇魚会会員のみなさまは必ずご参加ください。
 どうか皆様多数お誘い合わせのうえ、ご参加下さいますよう、心よりお願い申し上げます。


シンポジウム詳細


会期:2009年3月7日(土)-8日(日)
会場:東京海洋大学 品川キャンパス
  楽水会館 大講義室(鈴木善幸記念ホール)

スケジュールなど変わりました!
3月7日(土)
9:30-10:00 開場
10:00-12:30 口頭発表(第1部)

+ 口頭発表の詳細

12:30-13:30 昼休み
13:30-14:30 特別講演
海産哺乳類研究を巡る歴史
~戦後鯨類学の系譜と鯨類資源学の発展~
加藤 秀弘 氏(東京海洋大学)
14:30-16:00 口頭発表(第2部)

+ 口頭発表の詳細

16:00-17:00 特別講演
ハズバンダリートレーニング(受診動作訓練)の歴史
北村 正一 氏(江ノ島マリンコーポレーション)
17:00-17:30 勇魚会茶話会
18:30- 懇親会

3月8日(日)
9:00- 9:30 開場
9:30- 9:40 ご挨拶
9:40-10:30 一島 啓人 氏(福井県立恐竜博物館)
化石から見た鯨類の進化
10:30-11:20 二階堂 雅人 氏(東工大)
DNAで解き明かした鯨類の起源と進化
11:25-12:15 米澤 隆弘 氏(上海復旦大学)
鰭脚類の起源と進化
12:15-13:15 昼休み
13:15-14:00 鈴木 美和 氏(日大)
浸透圧調節機構からみたイルカの海水適応
14:00-14:45 村山 司 氏(東海大)
イルカの知はどこからきたのか
15:00-15:45 森阪 匡通(京大)
音から見た海棲哺乳類の進化
15:45-16:30 天野 雅男 氏(長崎大)
社会から見た鯨類の進化
16:30-17:00 ディスカッション
17:00-17:30 講演者との交流
17:30 閉会


参加費


参加費:勇魚会会員は無料 
   (非会員は学生1000円、一般1500円)

懇親会会費:勇魚会会員は一般4000円、学生3000円
   (非会員は+500円)

参加および研究発表申込方法


下のリンク↓をクリックして、専用フォームにて送信してください。

定員に達し、受付を終了いたしました。


発表申し込み締切 2009年2月7日(土)(発表要旨は2月13日(金)までで結構です。) *終了しました
参加申し込み締切 2009年2月13日(金) *終了しました

研究発表(口頭・ポスター)募集中! 終了しました

+ 詳細

「海と過ごす写真展」作品募集について 終了しました

+ 詳細

勇魚会茶話会

 今年も勇魚会茶話会を開催させていただきます。勇魚会会員の動向と現在、機関誌『勇魚』の動向など、勇魚会の過去、現在を把握したのち、今後の勇魚会について、いくつかの提案やお願いをさせていただきたく存じます。短い時間ですので、勇魚会会員のみなさんは必ずご出席下さいますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。