Lyrics > Macht und Dummheit

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Macht und Dummheit 「権力と愚鈍」

詞/In Extremo
曲/In Extremo
言語/ドイツ語

歌詞

Lang schon bin ich auf der Welt
Als dass mir jeder Stand gefällt
Der König frisst, der Bettler hungert
Die Dirne vor dem Himmel lungert

Als Narr hab ich Spott und Zwietracht gesät
Hab als Priester um Erlösung gefleht
Weit haben mich die Füße getragen
Hört, hört mich sagen

Niemals
Ich werde nie ewig sein
Niemals
Dummheit wird mein Henker sein

Ich kenn' Menschen mannigfalt
Klein und groß, jung und alt
Im Himmel röstet diese Brut
Ergebenheit die schürt die Glut

Wo Macht und Lüge Wahrheit tritt
Tut die Dummheit meist den ersten Schritt
In der Hölle ist das Paradies
Reich an Tagen - hört mich sagen

Niemals
Ich werde nie ewig sein
Niemals
Dummheit wird mein Henker sein

Stumpfsinn wärmt des Thrones Lehne
Der Pfeil liegt auf der Sehne
Bereit zum Schuss mich zu strecken
hab gewagt mein' Stolz zu wecken

Der Schütze zittert schweißdurchnässt
Ein Fingerzeig ihn warten lässt
Die Augen zu, er hält inne
Der Sonne glanz durchfährt die Sinne

Niemals
Ich werde nie ewig sein
Niemals
Dummheit wird mein Henker sein

Niemals
Niemals
Ich werde nie unsterblich sein

日本語訳

この世界に来て もう長くなる
だからどんな身分も 気に入っている
王はむさぼり食い 乞食は飢え
売女は天国の前で 客を探す

愚者となって 嘲笑と不和の種をまき
司祭となって 救済を願った
私はずっと この足で立って生きてきた
さあ 私の言うことを聞くんだ

決して
私は決して 永遠の存在ではない
だが決して
愚かさは 私の処刑人とはならない

私はいろいろな人間を知っている
子供も大人も 老いも若きも
天国では 未来ある雛鳥たちが
情熱を持って 物事に没頭している

権力と嘘が 真実を踏みにじるとき
愚かさが大抵 始めの一歩となる
地獄の中にこそ 楽園はあるものだ
年の功ある 私の言うことを聞くんだ

決して
私は決して 永遠の存在ではない
だが決して
愚かさは 私の処刑人とはならない

鈍感な心は 玉座の背もたれを暖め
その矢は 弦にかけられる
射る準備はできた 私は腕を伸ばす
勇気を振り絞り 自らの誇りを呼び覚ます

射手は汗だくになって 身を震わせる
頭をよぎる考えが 彼を待たせる
目を閉じると 彼は構えを解いた
太陽の輝きが 心を貫き通した

決して
私は決して 永遠の存在ではない
だが決して
愚かさは 私の処刑人とはならない

決して
決して
私は決して 不死身の存在ではない


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|