Lyrics > Herr Mannelig

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Herr Mannelig 「マンネリグ卿」

詞・曲/スウェーデン民謡
編曲/In Extremo
言語/スウェーデン語(近代)

歌詞

Bittida en morgon innan solen upprann
Innan foglarna började sjunga
Bergatrollet friade till fager ungersven
Hon hade en falskeliger tunga

Herr Mannelig, Herr Mannelig, trolofven i mig
För det jag bjuder så gerna
I kunnen väl svara endast ja eller nej
Om i viljen eller ej

Eder vill jag gifva de gångare tolf
Som gå uti rosendelunde
Aldrig har det varit någon sadel uppå dem
Ej heller betsel uti munnen

Herr Mannelig, Herr Mannelig, trolofven i mig
För det jag bjuder så gerna
I kunnen väl svara endast ja eller nej
Om i viljen eller ej

Sådana gåfvor toge jag väl emot
Om du vore en kristelig qvinna
Men nu så är du det värsta bergatroll
Af Neckens och djävulens stämma

Herr Mannelig, Herr Mannelig, trolofven i mig
För det jag bjuder så gerna
I kunnen väl svara endast ja eller nej
Om i viljen eller ej

Bergatrollet ut på dörren sprang
Hon rister och jämrar sig svåra
Hade jag fått den fager ungersven
Så hade jag mistat min plåga

Herr Mannelig, Herr Mannelig, trolofven i mig
För det jag bjuder så gerna
I kunnen väl svara endast ja eller nej
Om i viljen eller ej

Herr Mannelig, Herr Mannelig, trolofven i mig
För det jag bjuder så gerna
I kunnen väl svara endast ja eller nej
Om i viljen eller ej

Herr Mannelig, Herr Mannelig, trolofven i mig
För det jag bjuder så gerna
I kunnen väl svara endast ja eller nej
Om i viljen eller ej

日本語訳

ある早朝 太陽が昇る前
鳥たちがまだ 歌い出す前に
山の女トロルは 騎士に申し出た
彼女は先が割れた舌で話しかけた

マンネリグ卿 マンネリグ卿 お願いです 私と結婚して下さい
そしたら私は あなたに全てを差しあげましょう
「はい」か「いいえ」でお答えください
あなたがそれをお望みか否かを

私はあなたに 12匹の雌馬を贈りましょう
馬たちは影多き森で 草を食み
いまだに鞍を 背負ったこともなく
手綱を引かれたこともありません

マンネリグ卿 マンネリグ卿 お願いです 私と結婚して下さい
そしたら私は あなたに全てを差しあげましょう
「はい」か「いいえ」でお答えください
あなたがそれをお望みか否かを

こういうプレゼントは 私は喜んで受け取っただろう
もしあなたが キリスト教徒の女性であったなら
だがあなたは 悪しき山のトロル
水のトロルや悪魔と 同族なのだよ

マンネリグ卿 マンネリグ卿 お願いです 私と結婚して下さい
そしたら私は あなたに全てを差しあげましょう
「はい」か「いいえ」でお答えください
あなたがそれをお望みか否かを

山の女トロルは 扉の外へ走っていった
彼女は嘆き悲しみ 声を上げて泣いた
私はあの美しい人を夫にできれば
この苦しみから抜け出すことが出来ただろうに・・・

マンネリグ卿 マンネリグ卿 お願いです 私と結婚して下さい
そしたら私は あなたに全てを差しあげましょう
「はい」か「いいえ」でお答えください
あなたがそれをお望みか否かを

マンネリグ卿 マンネリグ卿 お願いです 私と結婚して下さい
そしたら私は あなたに全てを差しあげましょう
「はい」か「いいえ」でお答えください
あなたがそれをお望みか否かを

マンネリグ卿 マンネリグ卿 お願いです 私と結婚して下さい
そしたら私は あなたに全てを差しあげましょう
「はい」か「いいえ」でお答えください
あなたがそれをお望みか否かを

解説・補足

スウェーデンの民謡のカバー曲で、ガルマルナ(Garmarna)やハガード(Haggard)等他のアーティストも数多くカバーしており、ヨーロッパでは有名な曲のようです。オリジナルでは全部で7番までありますが、In Extremo版は物語の展開上必要な1、2、6、7番のみを取り出しており、トロルのプレゼントの内容を語る3、4、5番を飛ばしています。以下に参考までに飛ばされた番の前半部分の歌詞と日本語訳を載せておきます。
歌詞
Eder vill jag gifva de qvarnarna tolf
Som stå mellan Tillö och Ternö
Stenarna de äro af rödaste gull
Och hjulen silfverbeslagna

Eder vill jag gifva ett förgyllande svärd
Som klingar utaf femton guldringar
Och strida huru I strida vill
Stridsplatsen skolen i väl vinna

Eder vill jag gifva en skjorta så ny
Den bästa I lysten att slita
Inte är hon sömnad av nål eller trå
Men virkat av silket det hvita

日本語訳
私はあなたに 12戸の水車小屋を贈りましょう
ティレ島とテルネ島の間に建ち
銅の石臼は 最高の赤い輝きを放ち
歯車は銀でできています

私はあなたに 黄金の剣を贈りましょう
15の金のリングが鳴り響き
戦いの時は思いのままに 相手の剣を打ち返し
戦場でのあなたは無敵でしょう

私はあなたに 新しいシャツを贈りましょう
こんな美しいシャツを見たことがありますか
針と糸で 縫ったのではなく
純白の絹を 鈎針で編んであるのです


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|