Lyrics > Horizont

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Horizont 「地平線」

詞/In Extremo
曲/In Extremo
言語/ドイツ語

歌詞

Tausend Mal hab ich mich betrogen
Tausend Mal hab ich dich gekränkt
Tausend Mal zuviel gelogen
Tausend Mal alles verdrängt
Alles, alles, alles verdrängt

Doch in dieser einen Stunde
In der ich dich verloren hab
Weiß ich was ich dir angetan
Und breche über mich den Stab

Wollte doch mehr hinterlassen
Weiß nicht wohin mit meiner Wut
Außer gegen mich gerichtet
Doch selbst dazu fehlt mir der Mut

Dort wo der Horizont
Sich mit dem Meer verbindet
Dort wollt' ich auf dich warten
Auf dass du mich dort findest

Dort wo der Horizont
Sich mit dem Meer verbindet
Dort wollt' ich auf dich warten
Auf dass du mich dort findest

Tausend mal zuviel versprochen
Tausend Mal dasselbe Leid
Tausend Mal dein Herz gebrochen
Tausend Mal zu spät bereut
Zu spät, zu spät bereut

Doch in dieser einen Stunde
Wenn der Wind sich plötzlich dreht
Habe ich den Sturm geerntet
Den ich selbst einst ausgesät

Wollte doch mehr hinterlassen
Wollte mehr doch für dich sein
Als ein würdeloser Körper
Abgekratzt vom Pflasterstein

Dort wo der Horizont
Sich mit dem Meer verbindet
Dort wollt' ich auf dich warten
Auf dass du mich dort findest

Dort wo der Horizont
Sich mit dem Meer verbindet
Dort wollt' ich auf dich warten
Auf dass du mich dort findest

Dort wo der Horizont
Sich mit dem Meer verbindet
Dort wollt' ich auf dich warten
Auf dass du mich dort findest

Dort wo der Horizont
Sich mit dem Meer verbindet
Dort wollt' ich auf dich warten
Auf dass du mich dort findest

日本語訳

千回も 俺は自分を裏切った
千回も 俺は君の心を傷つけた
千回も あり余るほどの嘘をつき
千回も 全てを台無しにした
全てを 全てを 台無しにした

だが今この時間に
俺はお前を失った
お前にどんな苦しみを与えたかはわかっている
そして俺は 自分に死の裁きを言い渡す(※1)

最期にもう少し 言い残しておきたい
この怒りを どこに向けるべきかわからないんだ
自分に向かって ぶつける以外に
でも自分には そうする勇気がないんだ

地平線の彼方
海とつながるその場所で
俺はお前を待っていたかった
お前が俺を見つけてくれるのを

地平線の彼方
海とつながるその場所で
俺はお前を待っていたかった
お前が俺を見つけてくれるのを

千回も 約束を交わした
千回も 同じ苦しみを与えた
千回も お前の心を砕いて
千回も 遅すぎる後悔をした
遅すぎる 遅すぎる後悔をした

だが今この時間に
風向きが突然変わった
昔 自分が種をまいて
育った嵐を 収穫する羽目になった(※2)

最期にもう少し 言い残しておきたい
俺は今もなお お前のことを想っていると
この卑しい人間の死体が
通りの敷石の上から片付けられていっても

地平線の彼方
海とつながるその場所で
俺はお前を待っていたかった
お前が俺を見つけてくれるのを

地平線の彼方
海とつながるその場所で
俺はお前を待っていたかった
お前が俺を見つけてくれるのを

地平線の彼方
海とつながるその場所で
俺はお前を待っていたかった
お前が俺を見つけてくれるのを

地平線の彼方
海とつながるその場所で
俺はお前を待っていたかった
お前が俺を見つけてくれるのを

解説・補足

この曲はIn Extremoにしては珍しい女声とのコラボ曲で、声の主はドイツのオルタナティブロックバンド、ダイ・ハッピー(Die Happy)でボーカルを努める、チェコ出身のマルタ・ヤンドヴァ(Marta Jandová)という人です。彼女は他にもアポカリプティカ(Apocalyptica)やウームフ(OOMPH!)といったバンドの曲に参加しています。ちなみに、PVに出てくる女の人とは別人です。

※1 原文では「自分の頭上で杖を折った」となっていて、ドイツの慣用句で「頭上で杖を折る」とは「致命的な非難・弾劾を加える」ことを意味します。これは昔死刑執行前に、裁判官が死刑囚の頭上で杖を三つに折ったことに由来していて、ここでは文脈上その語源に近い形に訳しました。

※2 ドイツのことわざからの借用。本来の形は"Wer Wind sät, wird Sturm ernten."(訳:風をまく者は嵐を収穫するだろう)で、「身から出た錆」のような意味です。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|