一騎当千 Eloquent Fist

【いっきとうせん えろくえんと ふぃすと】

ジャンル 爆乳ハイパーバトル(アクション)
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 マーベラスエンターテイメント
開発元 タムソフト
発売日 2008年10月2日
判定 なし
ポイント 簡単操作で爽快感抜群の横スクロールアクション

概要

  • PS2ソフト『一騎当千 Shining Dragon』(以下『SD』)に続く、『一騎当千』のキャラゲー第2弾。前作と違い2Dの横スクロールアクションゲーム。
  • 物語はアニメ第2期『Dragon Destiny』の赤壁の戦い以後のオリジナルストーリー。本作オリジナル闘士の関平が登場する他、『SD』の貂蝉も登場する。

システム

  • ストーリーモードは「南陽」「成都」「許晶」の3つから好きな勢力を選んで進んでいく。ステージ数はどれも全6つ。アーケードモードではストーリーは展開されず、任意のキャラを選んでステージを進めていく。ストーリーモードで条件を満たすことで使用可能キャラが増える他、スク水やレオタードなどのコスチュームに変更してプレイすることもできる。
  • ファイナルファイト』のように、襲い来る敵を次々となぎ倒して先に進んでいく。一発の攻撃だけで複数の敵にヒットすることもあり、コンボを繋げていけばボーナスも貰える。
  • ステージ終盤のボスである名有りの闘士を倒せばステージクリア。この時闘気必殺技でとどめを刺すと、一騎当千でおなじみの服が剥げる画面が見られる。

長所

  • 使用可能キャラは前作より増えており、劉備や孔明などの原作では明らかに非戦闘員だったキャラも使用可能。特に孔明は強力な遠距離攻撃や範囲攻撃が使える強キャラとなっている。
  • 低めの難易度で高レベルの闘士を使用していると次々と敵を蹴散らしていく爽快感を味わえるため、ストレス解消にもなる。

短所

  • ストーリーモードがやや短め。3つあるシナリオも操作キャラが違うだけで、内容はほとんど同じ。アーケードモードも各キャラに応じたストーリーが存在しないため、内容が薄い。
  • 『SD』で実装されていなかったジャンプとジャンプ攻撃が追加されたが、あまり使わない。
  • 孫権仲謀がエンディングにしか登場せず、ストーリーにも絡まない上にギャラリーでも画像を見ることができない(同じ『GG』のキャラである左慈元放は隠しキャラとは言えアーケードモードで使えるのに)。
  • 前述の服が剥げる演出が「服が剥げた闘士」の一枚絵が流れるだけ。また当たり前のようだが、隠しコスチュームだと剥げない。
  • 闘気必殺技使用時のカットインが共通して「口パクしている闘士」。
  • 通常シーンの会話時のキャラがほとんど棒立ち状態(せいぜい表情を少し変えたり上半身を少し動かす程度)で、セリフに合わせたアニメーションも無い。
  • ミニゲームなどのオマケ要素も無い。

総評

  • 前作『SD』が「原作レイプ」などと酷評される出来だったのに対し、本作は特に苦もなく普通に遊べるゲームに仕上がっている。襲い来る敵を次々と倒す爽快感はありがちながら実に気持ちいい。しかし難点が全く無いわけでもなく、「上でもなければ下でもない」という至って普通の評価となった。次作『XROSS IMPACT』では今作の欠点をある程度解消した良作となっている。