遊☆戯☆王シリーズ・関連作品リンク


デュエルモンスターズシリーズ

任天堂携帯機作品

機種 タイトル 概要 判定
GB 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ カードゲームとしては劣るが、キャラゲーとしての要素がファンに高く評価された。 なし
GB/GBC 遊☆戯☆王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 召喚魔族やデッキキャパシティなどの導入でゲーム性の改善索を模索し始める。 なし
GBC 遊☆戯☆王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨 生贄召喚、効果モンスターなど部分的ではあるが遊戯王OCGのルールを取り入れ始める。
コントラクションモードのおかげでマイナー魔族にも光が差した。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記
遊戯デッキ/城之内デッキ/海馬デッキ
シリーズ最高の250万本の売上を記録。
しかし3バージョン分割商法など、ゲームやその周辺のタチの悪さもシリーズ最高。
GBA 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ5 エキスパート1 シリーズ初の完全な遊戯王OCGルール導入。ややもっさり気味。 なし
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ6 エキスパート2 OCGルール導入の2作目。
キャラが明らかな積み込みを使ってくるなど問題点もあるが、全体的には評価は高い。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説 バトルシティを追体験できるRPG。
なぜかルールが4以前のものに戻り、融合も出来なくなり大不評。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神 7の続編でアニメの外伝という体裁。前作の反動か敵が理不尽に強い。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ インターナショナル ワールドワイドエディション 6を世界大会仕様にマイナーチェンジ。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ エキスパート3 世界大会使用ソフト2作目。
ストーリーを排除し、デュエルシミュレータに機能を絞ったが、肝心のCPUの思考がややお粗末。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ インターナショナル2 世界大会使用ソフト3作目。ここからデュエルの画面が斜め上から見下ろす形に変わった。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX めざせデュエルキング! 新シリーズGXの世界観に変わる。バグが非常に多い。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ エキスパート2006 エキスパート3同様、デュエルシミュレータに機能を絞った作品。GBA最後のDMのソフト。
DS 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ NIGHTMARE TROUBADOUR 遊戯や海馬が登場する最後のDM。OCGルールで神のカードが使えるようになった。
ソリッドビジョンの採用などDSになったことで操作性・演出が強化された。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX スピリットサモナー GXの世界観にバトンタッチ。アバター導入の他、精霊システム等本作独自の要素も存在する。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP 2007 デュエルシミュレータ系最後の作品で、ソフト本体・攻略本ともに特典カードが強力だった。
『NIGHTMARE TROUBADOUR』『スピリットサモナー』と連動すると、そのキャラとデュエル可能。
更に条件を満たすと、神のカードを交換出来て使える。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX Card ALMANAC カード辞典であり遊べない。その辞典機能すら不十分。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP 2008 GXまでのキャラが出演する最後の作品。これまでのDS系遊戯王の集大成とでもいうべき完成度。
遊☆戯☆王5D's STARDUST ACCELERATOR -WORLD CHAMPIONSHIP 2009- 5D'sの世界観に変わる。ライディング・デュエルやD・ホイールレースも収録。
序盤から敵のデッキが容赦ないため難易度は高め。DSでシンクロ召喚が使えるのはここから。
不安定
遊☆戯☆王5D's WORLD CHAMPIONSHIP 2010 -Reverse of Arcadia- 2009のアッパーバージョン。アニメの世界観を追体験できるのが特徴だが、ちょっともっさり。
遊☆戯☆王5D's WORLD CHAMPIONSHIP 2011 -OVER THE NEXUS- TFに匹敵するほどのカード追加。Wi-Fiで期間限定大会や初の世界大会予選を実施。
ライディングでの通信対戦や詰めデュエル作成が出来るようになった。
3DS 遊☆戯☆王ZEXAL 激突!デュエルカーニバル! 約2年半ぶりの新作。『ZEXAL』が題材になっている。
オリジナルカードやコナミ君などタッグフォースの要素も受け継いだが、対人戦不可
賛否両論


TAG FORCEシリーズ

機種 タイトル 概要 判定
携帯機
PSP 遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX TAG FORCE 遊戯王=クソゲーに当てはまらない傑作。従来のシリーズでの問題点も多く解消している。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX TAG FORCE2 原作のデュエリスト、エド・フェニックスやヨハン・アンデルセン等のキャラや、収録カードを追加。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX TAG FORCE3 GXの集大成。GXの終盤からユベルや2で登場しなかったデュエリストも復活。
この作品から新たなカード「シンクロモンスター」が登場する。
遊☆戯☆王5D's TAG FORCE4 今作から新たに5D'sの世界に。世界こそ違うが、GX独自の演出は幾つか残っている。
今現在OCG化されていない「ダークシンクロモンスター」がゲームオリジナルカードとして追加されている。
なし
遊☆戯☆王5D's TAG FORCE5 前作に登場したゲームオリジナルカードとそのカードのOCG仕様が両方とも収録されているため、
プレイヤーの好みで使い分けが可能になった。また、システム面でも幾つかの改良が見られる。
遊☆戯☆王5D's TAG FORCE6 原作に登場したキャラが5D'sの締め括りに相応しい人数に。前作で指摘されたCPUの思考時間も大幅に改善。
この作品からOCGで新たに追加されたカード「エクシーズモンスター」が使えるようになる。
遊☆戯☆王ARC-V TAG FORCE SPECIAL DL専売。実に3年ぶりとなるTAG FORCEシリーズの完全新作。本作からマスタールール3へと移行。
数に偏りが目立つが、DMからARC-Vまでの5作品からキャラクターが出演する遊戯王のオールスター的内容。
なし
据置機
PS2 遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX TAG FORCE EVOLUTION 『1』の移植だが、携帯機→据置機での劣化移植という珍しい例。ボイスは全削除で追加要素もやっつけ。 劣化


据置機作品

機種 タイトル 概要 判定
PS 遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズ ~封印されし記憶~ 理不尽の一言に尽きるゲームバランス。遊ぶときはポケステをお忘れなく。
PS2 遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズII 継承されし記憶 育成やボードゲーム的な要素を加えたデュエル、薔薇戦争をモチーフにした世界観など、
前作どころかシリーズ全体から見ても異色に位置する作品。
なし
Wii 遊☆戯☆王5D's Duel Transer 実際のカードを読み込んで、ゲーム内で使用できるデュエルスキャナーを同梱。
延期を繰り返しすぎたために本作の前に発売されたDS2011にカードプールが大分劣る部分が目立つ。
360 Yu-Gi-Oh! 5D's DECADE DUELS Xboxアーケード配信ソフト。タッグフォースから演出部分とストーリーを削除したような内容。
わずか1年ほどで配信停止されてしまい、現在は入手不可。
なし


その他

機種 タイトル 概要 判定
Win 遊☆戯☆王ONLINE 世界が繋がったデュエルのオンライン。ただしサービス終了につき現在はプレイ不可
AC 遊☆戯☆王 デュエルターミナル 遊戯王版TCAG。排出されるカードがOCGでも使用可であるため、
実際にプレイされることは少なく、カードの自販機扱いにされる不遇の良作。
3DS 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 最強カードバトル! DL専用。課金ありの無料ダウンロードソフト。OCGとは異なるスピードバトルのルール。
Win 遊☆戯☆王デュエルリンクス スピードデュエルによるオンラインゲーム。


日本未発売

機種 タイトル 概要 判定
Xb Yu-Gi-Oh! The Dawn of Destiny
Win Yu-Gi-Oh! Power of Chaos Yugi the Destiny、Kaiba the Revenge、Joey the Passionの3バージョンが1作ずつ3ヶ月を空けて販売された。
DM4がベースだが、OCGルールとなっており、遊☆戯☆王ONLINEの前身でもある。
360/PS3 Yu-Gi-Oh! 5D's Decade Duels Plus 『DECADE DUELS』のアップデート版。前作360ユーザーならアップデートされるためプレイ可能。
Yu-Gi-Oh! Millennium Duels 『DECADE DUELS』に連なる作品で、5D'sに加えてDMからZEXALまでの4作品のキャラが登場する。
『Decade Duels Plus』とはDLCコンテンツの互換性を持つ。
Win Yu-Gi-Oh! Duel Arena 『遊☆戯☆王ONLINE』に次ぐ2作目の遊戯王オンラインカードゲーム。
基本無料ではあるが、マイデッキで勝ち抜く場合はそれなりの課金が必要。
致命的なバグ・エラー・システムが多く、課金限定・パートナーのデッキセットのバランスが強力過ぎた。
日本版の配信が予告されるも無期限延長を経て中止。大元である海外版も1周年を待たずしてサービス終了。
One/PS4 Yu-Gi-Oh! Legacy of the Duelist 『Millennium Duels』に連なる作品で、DMからARC-Vまでの5作品のキャラが登場する。
ただし、ARC-VのキャラはDLCによる追加が無ければ少ない。


デュエルモンスターズ以外

機種 タイトル 概要 判定
PS 遊☆戯☆王 モンスターカプセル ブリード&バトル 遊戯王の初ゲーム化作品。育てたモンスターを戦わせる戦術シミュレーション。
キャラデザや声優はテレビ朝日版準拠。COMの思考時間が異常に長い。
なし
GB/GBC 遊☆戯☆王 モンスターカプセルGB 遊戯となって仲間を取り戻すためのゲームに挑むRPG。キャラゲーとしてはなかなかの出来。
GBA 遊☆戯☆王 ダンジョンダイスモンスターズ GBAのローンチタイトル。運の要素が強く、試合時間も長くてだれる。
実際に商品化されたが、カード程には人気にならず、すぐに消えた。
遊☆戯☆王 双六のスゴロク 同じくスゴロクゲーム。デッキ編集不可で、運要素が強い。
PS2 遊☆戯☆王 カプセルモンスターコロシアム
GC 遊☆戯☆王フォルスバウンドキングダム 虚構に閉ざされた王国 フィールドモンスターバトルという名のリアルタイムストラテジー。
1ステージが長いが、普通に遊べる出来。遊戯王シリーズの異色作のひとつ。
なし
Wii 遊☆戯☆王5D's Wheelie Breakers 5D'sの世界で行われた「ライディングデュエル」をモチーフにしたアクションレースゲーム。
カードはアイテムのようにして使う。


関連リンク



シリーズ概要

週刊少年ジャンプに連載されていた漫画『遊☆戯☆王』の関連作品群。
漫画に登場するカードゲーム「マジック&ウィザーズ*1」の携帯型ゲーム/TCG化を中心に、コナミデジタルエンタテインメント(コナミ)から発売されている。
原作が連載終了した現在はアニメシリーズが主流になっており、カードゲームがメインでない東映版を除いても、『DM』『GX』『5D's』『ZEXAL』『ARC-V』の5作が放送され、現在は『VRAINS』が放送中。

『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』(以下「遊戯王OCG」)として実際のTCGにもなり、爆発的な大ヒットを飛ばして多くのシリーズ作品を生みだしたことで有名だが、携帯型ゲームは遊戯王OCGが無かった頃から発売されている。
その初代『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』はルール整備がほとんどなされておらず、ゲームとしてはかなり未熟な仕上がりだった。
シリーズを重ねるごとに、「強力なカードを出せばよい」から徐々にゲーム的駆け引きの要素を取り入れてルールを改善。原作や遊戯王OCGの人気に合わせて、携帯型ゲームも多くの作品をコンスタントにリリースしていく。

なお、当記事及び関連作品の記事では、OCGプレイヤー間での慣例に準拠し、単体のカード名は《》(二重山かっこ)・デッキ名は【】(隅付き括弧)で囲んで表記する*2

また、このシリーズについてよく語られるのが、特典カードの存在である。
『デュエルモンスターズ2』より、遊戯王OCGで実際に使用できるファン垂涎のカードがゲームソフトに付属するようになる。
しかし特に初期では「全○種類中の△枚」といった射幸心を煽るような売り方をしたため、カード欲しさにソフトの複数買いをするファンも現れる。当時はゲーム自体の出来が不安定だった事から「ゲームはカードのおまけ」などとさえ呼ばれた。
後期では付属カードの性能は抑え気味になっているものの、ルール変更や環境の変化によって付属カードの価値が高騰したため発売後1年経った作品やその攻略本が再販される、という異例の事態も見られた。


ルール解説(簡易版)

共通事項

  • 以下の解説は2017年度から採用されている「新マスタールール」に準拠している。 『TFSP』で採用されている「マスタールール3」や『デュエルリンクス』等で採用されている「スピードデュエル」とはプレイ感覚が大幅に違うので、ゲームからOCGに入る際は注意。
    + マスタールール3からの変更点
    • リンクモンスター・リンク召喚が登場。
    • 新たにエクストラモンスターゾーンの新設され、従来のモンスターゾーンがメインモンスターゾーンに改称された。
    • エクストラデッキからモンスターを特殊召喚する場合、原則としてエクストラモンスターゾーンに出す必要がある*3
      ただし、リンクモンスターが持つリンクマーカーが指し示す自分メインモンスターゾーンであればエクストラデッキから特殊召喚する事もできる。
    • マスタールール3では独立して存在していたペンデュラムゾーンが魔法&罠ゾーンの右端・左端に統合された。
      ペンデュラムモンスターを置く場合、または置かれている場合のみペンデュラムゾーンとして扱われる。
  • 詳しいルールに関しては、公式サイト・ルールブックを参考にしてほしい。また、非公式サイトではあるが、「遊戯王Wiki」でもルールの詳しい解説がなされている。
  • 各プレイヤーは40枚以上60枚以下のカードで構成された「デッキ」を用意する。
    • 必須ではないが、融合・シンクロ・エクシーズモンスター・リンクモンスターが入る「エクストラデッキ(15枚以下)」と、マッチ戦(2本先取)の試合の間にメインのデッキとのカード入れ替えに使う「サイドデッキ(15枚以下)」も使う。
    • その他にも、トークン*4や六面サイコロ・コイン・カウンター等が必要になる場合がある。
  • 基本的な勝利条件はモンスターの戦闘やカードの効果でダメージを与えて、相手プレイヤーの「ライフポイント(いわば体力)」を0にするというもの。
    • 条件を満たすことでデュエル勝利できる(通称エクストラウィン)カードや相手のデッキ切れ*5でも勝利することができる。
    • 上記の状況が両プレイヤー同時に起こった場合引き分けとなる。
    • 大会や一部ゲーム作品ではマッチと呼ばれる3回勝負を行う事もある。
  • カードは大別して、モンスター・魔法・罠の3種類。
    • モンスターカードには、特定の効果を参照する時に使う「名前」「属性」「種族」、さらに戦闘に使う「攻撃力」と「守備力」、「モンスター効果」の有無、さらに「レベル」が設定されている。
      レベルは4以下なら条件なしに出せるが、5~6なら1体、7~なら2体のモンスターを場からリリース(旧生贄)してアドバンス召喚することとなる。
      下記の種別は特殊な条件を満たすことで召喚できる。
      • 「融合モンスター」は基本的には魔法カード《融合》を使い、指定された名前を持つモンスターを複数枚墓地に送ることで融合召喚される。
      • 「儀式モンスター」は儀式魔法カードを使い、指定された条件を満たす(主に儀式モンスターのレベルと同じになるようにモンスターを墓地に送る)ことで儀式召喚される。
      • 「シンクロモンスター」は「チューナーモンスター」とその他のモンスターのレベルの合計値がシンクロモンスターのレベルと同じになることでシンクロ召喚可能。
      • 「エクシーズモンスター」にはレベルのかわりに「ランク」があり、ランクの数=レベルの数となるモンスターを複数枚重ねることでエクシーズ召喚可能。
      • 「ペンデュラムモンスター」には「ペンデュラムスケール」という数があり、魔法カード扱いで魔法・罠ゾーン(ペンデュラムゾーン)の両端に1枚ずつ置くことでペンデュラム召喚ができる。また、ペンデュラムゾーンのみで発揮するペンデュラム効果*6を持つカードも多く、フィールドで破壊されると表向きでエクストラデッキに送られるという性質を持つ。 ペンデュラム召喚はペンデュラムスケールの間になるレベルのモンスターを手札召喚できるもの(例:スケール1と8ならレベル2~7のモンスターを出せる)。
      • 「リンクモンスター」にはリンクマーカーがあり、指定された条件を満たしつつリンク数分のモンスターを墓地に送る事でリンク召喚が可能。
        また、リンクマーカーが指し示すゾーンやそのゾーンにあるモンスターに効果を及ぼす。
        レベル・ランク・守備力を持たず、それらを参照するカードの効果を受けない*7。また、(裏側)守備表示になることもない。
    • 魔法カードは主に手札から使うカードで、「速攻魔法」を除き基本的に自分のターンでしか使えない。
      • 「通常魔法」は1回限りの使い捨てだが、稀にフィールドに残り続けるカードもある。
      • 「装備魔法」は場にいるモンスターを指定し、そのモンスターのみに効果を発揮する。
      • 「フィールド魔法」は特定のゾーンに各プレイヤー1枚ずつしか出せない。場にある限り全体に影響を及ぼし、お互いのプレイヤーに影響を与えるカードが多い。
      • 「永続魔法」は使っても場に残り続ける点はフィールド魔法と共通しているが、複数枚出せるなどの違いがある。また、片方のプレイヤーにしか影響を与えないカードが多い。
      • 「儀式魔法」は儀式モンスターを儀式召喚する時に使う。追加効果持ったカードも存在している。
      • 「速攻魔法」は(優先権がある限り)どんなタイミングでも発動することができ、場に伏せておけば相手のターンでも使える(ただし、伏せたターンは発動できない)。
    • 罠カードは場に伏せてから1ターン経たないと発動できないが、相手のターンでも発動することができる。
      • 「通常罠」「永続罠」は罠カードである事を除けば、「通常魔法」や「永続魔法」と共通。
      • 「カウンター罠」は何かの行動(モンスターの召喚やカードの効果など)に対して発動するカードで、その行動を無効化するものが多い。また、スペルスピードが高く、他のカードに妨害されにくい。
  • モンスターには「表示形式」という概念があり、縦に置く「攻撃表示」なら攻撃力を参照し、横に置く「守備表示」なら守備力を参照する。
    • 攻撃表示のモンスターは攻撃することができる。攻撃モンスターの攻撃力が相手の表示形式に応じた値を上回っていれば戦闘に勝ち、負けたモンスターは破壊される(相打ちの場合はどちらのモンスターも破壊される)。
      • 相手のモンスターが攻撃表示だった場合、「自分の攻撃力-相手の攻撃力」の値が相手ライフポイントから削られる。
        相手の場にモンスターがいない場合、攻撃は相手プレイヤーに直接行い、攻撃力がそのままライフポイントへのダメージになる。
      • また、相手のモンスターが守備表示だった場合、破壊されてもダメージは通らない。相手の守備力>自分の攻撃力の場合、その差だけダメージを受ける(なお、この場合どちらのモンスター破壊されない)。
    • ちなみにトークン以外のモンスターには表裏の概念もある。モンスターを通常召喚する時は「表側攻撃表示」か「裏側守備表示」かのどちらかに限られる。
      • また特殊召喚する際はカードの指示に従う。特に指示されていなければ「表側攻撃表示」か「表側守備表示」で場に出す。

ゲームオリジナルルール

  • 用いられている作品: 『1』~『4』『7』『8』『封印されし記憶』
  • ライフポイントは8000。
  • 細かい仕様は作品によって差異があり、「効果モンスター・罠・生け贄の存在」「召喚魔族・守護星の概念」「デッキキャパシティやコストのルール」などは作品によって大きく分かれる。
  • これが用いられている作品は単純にゲームバランスが崩壊しているものが多く、更にOCGルールのゲームを求める層が多い為か、近年ではまったく見られない。

OCGルール

  • 用いられている作品: 他2つのルールが使われている作品をのぞいた全ての作品
    • こちらも最初期は問題点も多かったが、近年の作品は相応にクオリティも上がっており、OCGシミュレーターとしても耐えうる物となっている
      実際のOCGが複雑な効果処理で悩むことも多いのに対しそれらを自動でやってくれる、アニメキャラと戦ったりストーリーを楽しめる、1人でもデュエルを楽しめるなどの点から高評価を受けやすい傾向にある。
  • ライフポイントは8000。
  • 現実の遊戯王OCGに沿っているので、作品(及びルール)が新しくなるにつれてルールもその影響を受けていく。
  • 『WCS』シリーズにはライディングデュエル、『タッグフォース』シリーズにはタッグデュエルなど特殊なデュエルも存在したりする。
  • ターンの流れ
    • ドローフェイズ: ターンプレイヤーがデッキからカードを1枚引く。
      マスタールール3以降は先行のみドロー不可(先行でもドローフェイズ自体は行われる)。
    • スタンバイフェイズ: 一部のカード処理を行うフェイズ。
      --メインフェイズ1: モンスターの召喚・表示形式の変更、カードのセット、魔法カードの発動などの行動ができる。
    • バトルフェイズ: モンスターの戦闘を行うフェイズ。
      なお、バトルフェイズを行わない場合はメインフェイズ1からエンドフェイズに移行する。
      • このフェイズは、バトルフェイズ開始を宣言する「スタートステップ」、その後移行する「バトルステップ*8」、モンスターによる戦闘の処理を行う「ダメージステップ」の3つの段階に分かれている。
    • メインフェイズ2: バトルフェイズ終了後に必ず移行する2度目のメインフェイズ。
    • エンドフェイズ: ターン終了前の一部カード処理を行うフェイズ。
      • このフェイズが終わるとターンが終了し、相手のターンになる。
      • なお、「エンドフェイズ時」と「ターン終了時」は似て非なるものとして扱われるので注意。
  • リミットレギュレーション(旧禁止・制限カード)
    • 通常は同じ名前のカードを3枚まで入れられるが、強すぎるカードにはデッキへの投入制限をかけるルール。
      1枚も入れられない「禁止」、1枚だけ投入できる「制限」、2枚まで投入できる「準制限」と3段階の制限がある。
      • なお、これらはカード毎に枚数制限でかかるだけであり、リミットレギュレーションに指定されたカードを複数種類投入する事は可能*9
      • また、環境の変化やエラッタによって、規制が緩和される事も多い。
    • 遊戯王OCGでは定期的に更新されるが、ゲーム作品によっては公式大会専用の特殊なリミットレギュレーションが設定されたり、プレイ進行によって変化したり、設定で全撤廃などができたりする。

スピードデュエル

  • 用いられている作品: 『デュエルターミナル』『最強カードバトル!』『デュエルリンクス』
  • ライフポイントは4000。アニメで使われている数値と同じ。
  • 元々『デュエルターミナル』のために用意されたルールであり、遊戯王OCGのルールを簡略化したもの。
    作品によって差異があるが、「デッキは10枚~20枚・エクストラデッキは3枚~15枚」「独自のリミットレギュレーション(または無し)」「手札や場に出せるカードの数の縮小」などの変更を受けており、すぐに決着がつくようになっている。
    • OCGよりもカードプールが少ない作品で採用される事が多いが、2016年度よりOCGでもルールの1つとして追加された。