コープスパーティー BLOOD DRIVE

【こーぷすぱーてぃー ぶらっどどらいぶ】

ジャンル 廃校監禁ホラーアドベンチャー
対応機種 プレイステーション・ヴィータ
発売元 5pb.(MAGES.)
発売日 2014年7月24日
定価 通常版:7,344円
限定版:9,504円(税込)
レーティング CERO:D(17歳以上対象)
判定 なし
ポイント 天神小学校編完結
コープスパーティーシリーズリンク


概要

ソフコン時代から続くコープスパーティシリーズにおける、天神小学校編の完結作品。
Book of Shadows』最終話から直接の続きとなっている。
サチコたちの呪詛が次第に現実世界にも影響を与え始めた中、惨劇を切り抜け生還したはずの哲志たちは再び狂気に呑まれた天神小学校へと足を踏み入れる。

システム

  • 再び探索型ADVへ
    • 一作目と同じく、マップ内を歩き回って探索するスタイルに回帰。
    • 過去作でも校内は常に薄暗かったが、本作では殆ど光源の無い場所も多い為ライトを使って照らしながらの捜索となる。またライトのバッテリーは自然回復せず、落ちている電池を回収しなければならない。
    • 加えて各所に悪意を感じるダメージトラップが置かれ、回復アイテムも重要性を高めている。
    • また、悪霊に追いかけられる場合にはロッカーに隠れる事も可能になった。
  • トラップ
    • 上記の通り各所に仕掛けられており、うかつな行動はダメージによるゲームオーバーを誘発することになる。
      • 朽ちた床:数回上を通過すると音を立てて抜け落ち、動きが止まったうえダメージを受ける。
      • ガラス片:上を通過するとダメージ。ライトで照らすと光って見えるので多少は分かりやすい。
      • ワイヤー:廊下などの端から端へと渡されているトラップ。触れるとダメージを受けて消える(=切断されてトラップの用を為さなくなる)。また近づいて解除も可能。だが…(後述)
      • 呪肉:呪いによって作られた、肉色の床トラップ。視認は容易だが、接触すると動けなくなる上これで死亡すると「黒化」する。
  • 幽霊
    • 天神小学校をウロついている、いわゆる悪霊。視界に入ると何処までも追ってくる。護符を使用するか校内の女神像に祈ると元の場所へと強制的に戻される。

評価点

  • 更に強くなった恐怖へのアプローチ
    • これまでの作品に比べても恐怖演出は強化されており、特にシリーズ通してのウリだったサウンドに関しては非常に気合が入っている。
    • 序盤に聞こえてくる「おかえりなさい…」という声は、ゲームと知っていても反射的に後ろを振り向いてしまうレベル。
    • ロッカーに隠れた際の鼓動音なども恐怖をあおり、加えてトラップでボロボロになりながら追い詰められていく感覚はさすがシリーズ完結作といった所。
    • グラフィックはデフォルメされたものだが、起きている事態は恐ろしく凄惨。ゲーム内では苦悶の声とSEで表現されているシーンが予約特典冊子収録の漫画では、( 凄まじい力で身体を折り砕かれ、臓物を撒き散らし血の涙を流して絶命する )というとんでもないシーンになっている。
  • 救われなかった登場人物
    • これまでの死者が助かるルートなど勿論無く、これまで生存してきたメンバーも悉く性格が危険な方向に傾き*1、取り返しがつかない状態へ追い込まれていく。
    • 誰も救われない心折設計でおなじみコープスパーティのラストを飾るに相応しい、絶望の中で話は進んでいく。

問題点

  • 素のままでは難度が高すぎる箇所が幾つか見受けられる
    • 具体的に言うと、ライトに頼らなければマトモに進めない場所が多いのに電池が少ない。
    • トラップはライトで照らさなければ視認が困難なものが多い。そのため、ライトの残量が少なくなってから慌てて電池を回収しようとすると、道中のトラップで余計なダメージを受けがちになる。特にワイヤーは解除しようと近づいた際に接触してしまう場合が多く、そもそも照らして尚見えにくい。
    • それもあってアップデートでバッテリー無限モードが追加された。
    • また一部イベント以外での幽霊は、次のイベントを起こしてシナリオを進める他に切り抜けるのが難しい。
      • 相手がこちらを見失っていない状態でロッカーに隠れると、引きずり出されてダメージを受けたうえで追いかけっこを再開する羽目になることも。

賛否が分かれる点

  • チャプターごとの濃度の違い
    • シリーズの伝統というか、それぞれのチャプターはプレイ時間がバラバラ。佳境に入ってもイベントが少ないチャプターもある一方、障害物走をさせられるアクション多めのチャプターも。
    • また配置されている幽霊の数もそうで、チャプターによっては名札回収がかなり大変。
  • 触手的要素の増加
    • 起動して最初の画面が「肉壁に呑み込まれようとしている篠崎あゆみ」であり、また天神小学校の中にも触手や呪肉などそういった要素が多めになっている。まぁ初代コープスのコミカライズ版*2でも、男の娘(オリキャラ)が触手に掘られたりしてたけどね。
  • 今作は背景・キャラクター等が一作目(『BR』)のようなドット絵ではなく3Dなのだが、その分過激な演出が抑えられたりワンパターン化している面もある。
    • 一作目の場合、ドット絵ならではの粗さを活かして過激な描写を行ったり、バッドエンドでは文章だけで猟奇的な結末を描いたりしていたのだが、今作ではそういった要素が抑えられている。
      • もちろん3D化による恩恵もあり、廃校舎の質感やライトの明かり、時折落ちる雷などは3D化によってリアルさを増しており恐怖を煽る目的は充分に果たされている。
  • 新キャラクターについて
    • 秘密結社・マルトゥバの墓を始めとして、これまでほとんど出てこなかった設定を当たり前のように使ってくる。その為関連作品までチェックしているヘビーユーザーならまだしも、CS版をやっているだけのユーザーにしてみれば唐突感が強い。
    • いわゆる悪魔崇拝・黒魔術の存在については、CS版では『BR』で校舎のある場所に描かれた魔法陣の存在から匂わされているのみだった。一応、リメイク前であるRPGツクール版初代『コープスパーティー』ではラストに「怨霊たちが悪魔を召喚しようとする」という展開があるのが、CS版ではその展開は変更されている。
  • 完結編として
    • 突然出てきた設定もそうだが、これで天神小学校編完結と銘打った割には未回収の伏線なども幾つか残されたままである。
    • グロ系ホラーADVとしては非常に完成度が高いのだが…。

総評

これまでの伏線をすべて回収できてはいないものの、ゲームとしての完成度はシリーズ一。
探索ADVというスタイルに戻ったことで、ただ読むだけでなく自ら恐怖と狂気の中に歩み寄っていくある意味「ホラーの王道」ともいえる出来に。
しかしシリーズの総括としてはちょっと疑問が残るのが残念。
また猟奇耐性が低い人は絶対にプレイしてはいけない