メイド イン ワリオ ゴージャス

【めいど いん わりお ごーじゃす】

ジャンル 瞬間アクション
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 任天堂
開発元 任天堂
インテリジェントシステムズ
発売日 2018年8月2日
定価 4,980円+税
プレイ人数 1人~4人
セーブデータ 3個、オートセーブ方式
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 良作
バカゲー
ポイント メイド イン ワリオシリーズの集大成
3DSの機能をフルに活用(立体視は除く)
ワリオシリーズリンク


概要

数秒で終わるプチゲームを次々クリアしていく、メイドインワリオシリーズの集大成。
本作に収録されているプチゲーム数は過去作に収録された物から新作まで全300種類を数える。


特徴・操作方法

  • プチゲームには次の4種類の操作方法がある。
  • ピコピコ
    • 十字ボタンとAボタンを使って操作する。初代メイド イン ワリオ(以下『初代』)と同じ操作。
  • ぐるぐる
    • 3DS本体を車のハンドルのように左右に傾けて操作する。Aボタンを併用するものもある。まわるメイドインワリオ(以下『まわる』)と同じ操作。
  • タッチ
    • 下画面をタッチして遊ぶ。タッチペンがない場合は指を使ってもよい。さわるメイドインワリオ(以下『さわる』)と同じ操作。
  • フーフー
    • 本体についているマイクに向かって息を吹きかけて遊ぶ。こちらも『さわる』と同様の操作。
  • また、これら4種類の操作を織り交ぜたウルトラという操作方法もある。ウルトラの場合は一部状況を除き、プチゲーム開始直前にどの操作方法をするのかが指示される。
  • プチゲームのジャンルは全部で8種類。
  • テハジメ
    • 最初のステージに登場するプチゲーム。全てのゲームにワリオが登場する。
  • スポーツ
    • サッカーやバスケなど、様々なスポーツをモチーフにしたプチゲーム。
  • せいかつ
    • 散髪やアイロンかけなど、日常生活を舞台にしたプチゲーム。
  • ファンタジー
    • ファンタジー世界やSFを元にしたプチゲーム。
  • ニンテンドー
    • 任天堂をテーマとしたプチゲーム。ファミコンばかりではなく、花札などの玩具も登場する。
  • フーフー
    • マイクを使って操作をするプチゲーム。
  • ふいうち
    • 制限時間が通常の半分しかなく、瞬時の判断が要求される。出現時には効果音が鳴る。
  • ナンデモアリ
    • 最終ステージに登場するプチゲーム。こちらも全てのゲームにワリオが登場する。
  • ストーリーは金儲けを企むワリオが主催するゲーム大会に参加し、優勝を目指す、というもの。操作方法によって分けられたピコピコリーグ、ぐるぐるリーグ、タッチリーグそれぞれに5つのステージがあり、まずはそれらのステージをクリアすることになる。
  • クリアしていないステージはライフが無くなってゲームオーバーになっても、コインを支払えば続きから再開できる。
+ ストーリーモードのステージ紹介
  • ピコピコリーグ
  • ステージ1:ワリオ (全7ゲーム*1)
    • ジャンルは「テハジメ」。
    • ボスゲームは洞窟からの脱出を目指す「だいだっしゅつ」。
  • ステージ2:ジミー (全15ゲーム)
    • ジャンルは「スポーツ」。
    • ボスゲームは『初代』より、「ボクシング」。レベル2以上では食らうと一撃でやられる攻撃も健在。
  • ステージ3:モナ (全18ゲーム)
    • ジャンルは「せいかつ」。
    • ボスゲームはこちらも『初代』より、「くぎうち」。
  • ステージ4:ドリブル&スピッツ (全17ゲーム)
    • ジャンルは「ファンタジー」。
    • ボスゲームは『まわる』より、「ハナシュー」。十字ボタンで左右に移動できたり、レベルによってボスの攻撃の仕方も変わっていたりなど、『まわる』のときよりもパワーアップしている。
  • ステージ5:ファイブワット (全15ゲーム)
    • ナインボルトの母親らしく、ジャンルは「ニンテンドー」。
    • ボスゲームは「ウルトラマシン」。5球中3球以上打ち返したらクリア。ホームランだろうが凡打だろうが、とにかく打ち返せば良い。
  • ぐるぐるリーグ
  • ステージ1:ワリオ (全7ゲーム)
    • ジャンルは「テハジメ」。
    • ボスゲームは車を運転してゴールを目指す「ワリオドライブ」。道をふさいでいる動物は勝手によけてくれるので、左右の木にぶつからないように注意すればよい。
  • ステージ2:アシュリー&レッド (全15ゲーム)
    • ジャンルは「ファンタジー」。
    • ボスゲームは行き交う人たちを落とさないように渡す「かっしゃばし」。レベル2以上では道が2段になっている他、レベル3では落とさないとミスになる爆弾も出現する。
  • ステージ3:Dr.クライゴア (全15ゲーム)
    • ジャンルは「スポーツ」。
    • ボスゲームは障害物をよけつつ1着でのゴールを目指す「トロッコレース」。
  • ステージ4:エイティーンボルト (全15ゲーム)
    • ジャンルは「ニンテンドー」。
    • ボスゲームは『まわる』より、「スーパーマリオブラザーズ」。十字ボタンの代わりに本体を傾けて左右に進む。
  • ステージ5:ペニー (全17ゲーム)
    • ジャンルは「せいかつ」。
    • ボスゲームは映画館でトイレを我慢していた人たちを大か小の正しい方に案内する「トイレあんないにん」。
  • タッチリーグ
  • ステージ1:ワリオ (全7ゲーム)
    • ジャンルは「テハジメ」。
    • ボスゲームは邪魔をしてくる鳥に注意しつつ、風船を割ってミニワリオを雲の上に着地させる「ちゃくち」。
  • ステージ2:カット&アナ (全17ゲーム)
    • ジャンルは「せいかつ」。
    • ボスゲームはお手本の通りに料理を盛りつける「トッピング」。最後はケチャップをかけて仕上げる。
  • ステージ3:ナインボルト (全15ゲーム)
    • ジャンルは「ニンテンドー」。このステージではプチゲームの間のBGMがファミコン風になっている。
    • ボスゲームは「ウルトラハンド」。お腹をすかせたネコたちのために、おじさんのポケットに入った魚を盗む。障害物に当たったり、おじさんに見つかったりすると失敗。
  • ステージ4:クリケット&マンティス (全15ゲーム)
    • ジャンルは「スポーツ」。
    • ボスゲームは「ボウリング」。4球で全てのピンを倒せばクリア。『さわる』より1球多いのでクリアしやすいだろう。レベル1ではピンが普通の並び方だが、レベル2や3だと変則的な並べ方になる。
  • ステージ5:オービュロン (全17ゲーム)
    • ジャンルは「ファンタジー」。
    • ボスゲームは「ちっちゃいドロボー」。数枚の写真を手がかりに、40秒以内に人混みの中から犯人を見つけ出す。
+ 15ステージを全てクリアした後は
  • 15ステージを全てクリアすると、全3ステージのウルトラリーグへと進む。
  • ステージ1:ダンシングチーム (全22ゲーム)
    • ジャンルは「スポーツ」「せいかつ」「フーフー」「ふいうち」のうちのいずれか。
    • プチゲームはレベル1からだが、ボスゲームはいきなりレベル3なので注意。
  • ステージ2:バーベキューチーム (全22ゲーム)
    • ジャンルは「ファンタジー」「ニンテンドー」「フーフー」「ふいうち」のうちのいずれか。
    • こちらもボスゲームは最初からレベル3になっている。
  • ステージ3:ワリオデラックス*2 (全25ゲーム)
    • ジャンルは「ナンデモアリ」。ステージの途中、操作方法の指示がされなくなるときがある。
    • ボスゲームは「ワリオダンサーズ」。ラスボスらしく、全ての操作を要求される。
  • 一度クリアしたステージではゲームオーバーになるまで何点取れるかに挑戦できる。従来通り、ボスゲームをクリアしたときにライフが3以下に減っていたら、ライフが1つ回復する。また、ボスゲーム終了後にライフが残っていたら、コインを稼ぐミニゲームが挿入される。
  • ストーリーモードの他に、様々なやり込み要素が用意されている。
  • チャレンジ
    • 様々なルールで記録更新を目指して行く。
    • ランダムで登場するプチゲームを攻略していく「ごちゃまぜ」、レベル3かつライフがわずか1の「スリリング」、最初からスピードが速い「げきむず」といったシリーズおなじみの物はもちろん、ベッドで母親の目を盗んでゲームをする「こっそりゲーマー」、プチゲーム間の休みが無い「ノンストップ」など、各キャラがプロデュースしているモードもある。
    • 2人で対戦する「たいせん」もここから選べる。同じプチゲームを同時にプレイして、先にライフが無くなった方が負け。ライフの数でハンデをつけることもできる。
  • ずかん
    • 1つのプチゲームをライフが無くなるまで繰り返しプレイできる。プチゲームごとに合格点が定められており、クリアするとコインがもらえる。
  • ガチャコロン
    • ゲームの成績に応じて与えられるコインを使って景品を手に入れることができる。景品の種類も豊富で、「Pyoro」などのミニゲームから音楽が聴けるレコード、任天堂の製品コレクションまで様々。
    • ガチャコロンの景品をコンプリートしたらガチャペロンというキャラクターカードのガチャに変わる。
      キャラクターカードはA、B、Cの3つのランクがあり、通常のガチャの他、AランクかBランクのカードが確定で出現するレアガチャもある。
    • 集めたカードはジャンケンとカードゲームを組み合わせたミニゲーム、「ワリオカード」で使用する。
      登場する敵はプチゲームのどこかに登場しているキャラクターばかりである。
  • ミッション
    • いわゆるゲーム内実績。様々なお題が用意されており、達成するとコインがもらえる。お題の内容は「チャレンジで一定得点以上を取る」、「図鑑をコンプリートする」といったものから、特定のプチゲームで特定の条件を満たす物まで様々。
  • ミニゲーム
    • プチゲームとは独立したゲーム集。「Pyoro」や「ネコロイド」など、歴代作からの抜粋や新作が取り入れられている。1台で2人以上が遊べるミニゲームもある。

評価点

  • シリーズの集大成と呼ぶにふさわしいプチゲームのボリューム。
    • その数はボスゲームを除いて何と300種類。過去作のプチゲームも数多く収録されているが、グラフィックや操作の仕方が変わっているものが多く、新鮮な気持ちで遊べる。もちろん、新作のプチゲームもある。
    • さらに、同じプチゲームでも時々フェイントで正反対の操作を要求されることもあるので、指示をよく見て的確に操作しないと思わぬところでミスしてしまう。
      • 例えば、『まわる』にもあった「たまごたて」というゲーム。基本的に本体を動かしてはならないのだが、逆に本体を動かして卵を割らなければならないパターンが挿入されることがある。これにより、図鑑で放置して簡単に999点を取れなくなった。
    • 『初代』にあった「ダンジョン・クエスチョン」のように、過去作でボスゲームだったものが通常のプチゲームとしてリニューアルされて収録されている例もある。
      • 「こっそりゲーマー」など、『ゲーム&ワリオ』のゲームがアレンジされて収録もされている。
    • また、プチゲームの演出も過去作と比べて大きく強化されており、思わずニヤリとさせられることも。
      • たとえば、?を撃って5文字の言葉を完成させる「パネルショット」というプチゲームがボスステージの直前に出現すると、その言葉が「つぎがボス」となる、など。
  • 豊富なやり込み要素。
    • ガチャコロンのコンプリート、ミッションや記録への挑戦など、完全コンプを狙おうと思ったら相当のやり込みが必要になる。
  • ガチャコロンも種類が豊富でよく作り込まれている。
    • 3DSのコレクションも収録されており、何と電源ボタンを押すとプチゲームが開始される*3。そのプチゲームの種類も3DSによって異なる、というこだわりぶり。
    • ワリオカードも最初の方の敵は「グーしか出さない」など対策が簡単なものばかりだが、後の方になると、「ジャンケンに勝たない限り攻撃が効かない」「Cランクのカードしか出せない」「一度のバトルで体力を削りきらないと全回復される」など嫌らしい能力を持つ敵が増えてくるため、勝ち抜いて行くにはデッキの作り方も工夫しなければならない。
  • フルボイス化により全編通して過去作以上に賑やかになった。
    • ムービーはもちろんのこと、プチゲームの間に挟まれる合いの手の一言もちゃんと日本語のボイスが入る。
      • その合いの手も、プチゲームに成功したときや失敗したときの他、ノーミスを継続しているとき、制限時間ギリギリでクリアしたとき、残りライフが1になったときやその状態でミスせずに粘っているときなど、合いの手の台詞だけでもけっこう多い。
      • 各キャスティングも概ねイメージ通りで、特に新ワリオ役となった近藤氏は過去にCMでワリオを演じていた大塚氏を髣髴とさせるコミカルな演技がマッチしており、プレーヤーからはかなり好評。
  • シリーズならではのおバカでシュールな要素も健在。
    • ゲーム内の映像は子供の落書きレベルのイラストから実写取り込みの映像まである。その落差が何ともシュールである。
    • 各ステージのストーリーもシリーズのノリを踏襲したバカバカしいものが多い。
      • 最後はいかにもシリーズらしいオチで締められる。プロローグでワリオが手に入れたお宝が実は…。

問題点

  • 「フーフー」のプチゲームが5つだけと非常に少ない。
    • 「フーフー」だけのステージが無いとはいえ、『さわる』では1ステージ分のプチゲームがそろっていただけに、少々寂しいところである。
  • 人によってはストーリークリア後に飽きてしまいやすい。
    • シリーズの宿命ではあるが、クリア後のやり込み要素は主に「図鑑のコンプリート」「黙々と記録に挑戦」といった一昔前のゲームのものなので、そういうものが合わない人には辛い。
    • ストーリーはテンポ良く進めば2~3時間でクリアできる程度で、ストーリーを重視する人にとってはボリューム不足を感じるだろう。
  • オプションメニューが無いに等しい。
    • ファイルセレクト時にできる設定はMiiの変更だけである。
    • 左手でタッチのゲームをすると手が邪魔で制限時間が見えなくなるので、せめて利き手の設定や変更だけでもできるようにしてほしかったところ。
  • ミッションの一部の項目が達成しにくい。
    • 「はじめてのたいせん」と「デッドヒート*4」は、上記の「たいせん」で達成できる項目だが、このゲームはダウンロードプレイやWi-Fi対戦に対応しておらず、同じソフトを持っている人が身近にいない環境にいる人にとっては一番難しい項目とされている。

総評

プチゲームの総数、ストーリーのバカバカしさ、クリア後のやり込みの豊富さなど、文字通り「ゴージャス」になって帰ってきたメイドインワリオ。
さらに過去作のネタも豊富に詰め込まれており、シリーズ経験者なら思わずニヤリとすることは間違いない。

短い時間で手軽にさくっとプレイできるので、初めてプレイする人はもちろん、久しぶりにメイドインワリオシリーズに触れる人もテンポ良く出現するプチゲームをクリアしていく楽しさを堪能してほしい。

余談

声優について

  • 本作の海外版ではワリオの声は本家マリオシリーズ同様チャールズ・マーティネー氏が演じている。
    • 20年以上マリオファミリーを演じているチャールズ氏だが、フルボイスでしゃべるゲームは何気に今回が史上初であり、そういった意味では非常にレアなソフトとなった。
    • 国内からでもチャールズ氏が演じる海外向けPV等は見られるため、興味が湧いた方はチェックしてみてもいいだろう。
  • 発売された当初は声優の配役が明かされていなかった。
    • このゲームに携わった声優自体はガチャコロンで開放される裏スタッフロールで見られたものの、配役が判明されたのは発売から4ヶ月後の12月頃『ニンテンドードリーム』2019年2月号内で発表されたという遅さであった。
    • また、本作は日本語版のワリオ役の声優が故・大塚周夫氏*5から2代目となる近藤浩徳氏にバトンタッチした作品でもある。
    • ちなみに、ジョー役の竹内高氏はキャラクターデザイン担当のスタッフで、本職の声優ではない。
    • アシュリー役の福原綾香氏は同時期に発売した『ロックマン11』でロックマンを演じており記憶に新しいプレーヤーもいるのでは?