レーサーミニ四駆 ジャパンカップ

【れーさーみによんく じゃぱんかっぷ】

ジャンル ボードゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 コナミ
開発元 コナミ
発売日 1989年8月25日
価格 5,900円(税抜)
判定 スルメゲー
ポイント 初めは楽しいパーティーゲーム
目押しができれば世界が変わる
コマンドを知れば再び世界が変わる
ミニ四駆シリーズリンク


概要

1980年代後半に巻き起こった第1次ミニ四駆ブームを題材にしたゲーム。
題名に「レーサー」とあるが、それは「レーサーミニ四駆」を扱っているからであり、レースゲームではない。
登場人物はタミヤ(田宮模型)関係者を除くと全てコナミのオリジナルキャラであり、プレイヤーキャラは普通の小学生4人。
ジャパンカップに出場し、優勝するのが最終目標。

特徴

  • ただミニ四駆を走らせるだけのゲームではなく、ボードゲームでお金をためてパーツを買い、それをマシンにセッティングしてレースに臨む構成になっている。
    • 最初に使用キャラクターとプレイ日数*1、使用マシンを決める。4人まで同時プレイが可能。
      • マシンは1台しか持つことができず、新しいマシンを購入すると古いマシンは自動的に下取りされる。どのマシンも値段は全く同じ。
  • ボードゲームパートはルーレットで自キャラを進める。ルーレットはサイコロを振るのと同じで自分のいるマスから6つ先のマスまでが右から左へ回っているのを止める形。
    • マップ外周が「いなかむら(40マス)」、内周が「シティー(24マス)」となっていて、電車で行き来する。田舎でお金を稼ぎ、シティーでマシンやパーツを購入し、パワーアップさせていく。
      • シティーには各パーツのショップのほか、バイオリズムを回復する本屋と風呂屋、変な奴に取りつかれたときにお祓いして消してくれる神社、500Gでくじを買い当たると大金がもらえる宝くじ、1回1000Gで4種類のミニゲームを楽しめるアトラクション、止まると補導されて自宅に戻されるポリボックスが2か所ずつ点対称に配置されている。
      • 各パーツのショップと本屋と風呂屋は値段の安い店と高い店がある*2
      • マシンのセッティングはいつでもできるが、グリスアップや肉抜きなどの「工作」には1日かかる。グリスの効果はレースを行うまで持続し、レース開催日は1日間ずっと有効。
  • レース開催日になると自動的にレースパートに移る。
    • 現実のミニ四駆と同様、スタート後は一切の手出しができない。
      • レースで好成績を残すと順位に応じたポイントがもらえ、これが40ポイント以上あれば全日程終了後にジャパンカップに出場することができる。
  • プレイヤーキャラに「バイオリズム」と呼ばれるパラメータがあり、これが高いほど良いことが起きやすくなる。
    • 初心者は運ゲーと勘違いしがちだが、実は運要素は一切なく、全てバイオリズムが影響している
      • バイオリズムが高いほどルーレットが遅くなって、狙ったマスに止めやすくなる。慣れればどの速さでも狙った位置に止められる。
      • 成否判定のあるイベントは、バイオリズムが高いと成功し、低いと失敗する。一部例外あり。
      • レースパートでは、バイオリズムが高い時に完走できたセッティングでもバイオリズムが低い時だとクラッシュしてしまうことがある。
      • シティーの物価にも影響し、同じものでもバイオリズムが高いほど安く買える。
  • 音楽は『悪魔城伝説』などを手掛けた船橋淳氏が担当。
    • 悪魔城とは対照的に、ゆるい雰囲気に合った明るい曲が多い。
      • 苦労の果て(後述)に聴けるジャパンカップとエンディングのBGMは感動ものである。

評価点

  • 登場キャラクターがいずれも個性的で、同じマスでも使用キャラによって違うイベントが発生する。
+ プレイヤーキャラクター紹介

ミナコ

  • 頭の大きなリボンがチャームポイントの女の子。見た目は可愛いが性格は強気。
    • 紅一点ということで良イベントが多く、収入も多めという、最も初心者向けなキャラクター。
      • しかし健全な小学生男子にとって女性キャラを使うのは非常に恥ずかしく、あまり使われることはなかったと思われる。

ハカセ

  • ぐるぐるメガネの男の子。テストはいつも100点。
    • ミナコに次いで初心者向けなキャラで、豊富な良イベントでいつのまにか収入も得ている。
      • 適当にやってもなんとかなる反面、狙ったマスに止まる面白みがないので、上級者には最も使われないであろうキャラクター。

カマコ

  • 女の子…と間違われそうな男の子。ミナコでさえ準優勝だったミスコンテストで優勝するほどの美貌を持つ。
    • 上二人に比べて良イベントが少なめの上級者向けキャラだが、秘めた才能を持っている。
      • パーツ寿命を回復できる神様が自宅に近い*3ため、上級者には好んで使われる。

フランコ

  • フランケンシュタイン似の男の子。ハカセとは逆に力が強く勉強は苦手。
    • 圧倒的にバッドイベントが多い超上級者向けキャラ。バイオリズムが低いと何もできない。一発当たれば大きいのだが…。
      • 神様が自宅から最も遠く、ハンデ用もしくはCPU用キャラ。
  • 登場するマシンとコースは、全てタミヤの公式レースで使用されたものである。
    • 小学館の雑誌『コロコロコミック』に連載されていた『ダッシュ!四駆郎』と、『小学三年生』『小学四年生』『小学五年生』『小学六年生』に連載されていた『ミニ四トップ』に登場するオリジナルマシン*4も入手できる。
+ コース紹介

草レース

  • プレイヤー同士、またはNPCの『こうた』がいるマスに止まると発生する。
    • レーンのない直線状のコースで、地面は板張り・氷・砂利道の3種類。
      • 板張りだとマシンが曲がらないので単なるスピード勝負になるが、氷か砂利道だとマシンがランダムで曲がり、ぶつかりあったりして順位が変わることもある。
    • 勝者は2ポイントと5000Gがもらえて、敗者は5000G奪われる。敗者の所持金がなくても勝者は5000G得られる。
      • 一定期間内に行われる草レースは4回まで*5となっており、ポイントの荒稼ぎはできなくなっている。

公式レース

  • 優勝者には20ポイントが与えられる。優勝できなくても、5位までポイントがもらえる*6
  • ドラゴンウェーブ
    • ほぼ直線コースだが、途中にシケインがあり、スピードが速すぎるとそこでクラッシュしてしまう。
      • ライバルはそれほど強くはないのだが、最初のレースなので所持金も少なく、持てるパーツの数も限られる。いかに少ないパーツで勝てるかがポイント。
  • クラッシュレスリング
    • 2台のマシンをぶつけあって耐久性を競うレース。
      • とにかく重いマシンが有利なのだが、ドラゴンウェーブとは改造の方向性が全く異なるため、パーツの準備が難しい。
      • 重いマシンであっても運によっては負けてしまう事もあり、CPU同士の対戦で波乱が起こる唯一のレース。
  • スピードフラッパー
    • 直線からスタートし、小さな丘を越えた後ヘアピンカーブを曲がって元のコースを逆走してスタート地点に戻る。
      • 直線性能が良く、かつ下り坂でクラッシュしないようなセッティングが求められる。
    • この時期になると売られるパーツも充実してくるが、そのぶんライバルも手ごわくなってくる。
  • グレートコンバット
    • 障害物や地雷が用意されたグレートなオフロードレース。地雷を踏むと強制クラッシュ。
      • このレースだけは最適なセッティングが存在しない。無改造でも運が良ければ優勝できたりする。
    • レース終了後は自動的にジャパンカップに移る。出場できるプレイヤーがいない場合はゲーム終了。ただし、ある条件を満たしていると…

ジャパンカップ

  • 予選コースと決勝コースに分かれている。今までのレースと違って周回コースとなっており、各マシンのスタート地点がゴールとなる。
    • 予選と決勝どちらもカーブが多く、コーナリング性能に優れたセッティングが求められる。
    • グレートコンバットから続けての連戦なので、パーツやバッテリーの消耗にも注意が必要。
  • ゆるく楽しいイベントの数々。
    • イベントマスには豊富なイベントが用意されており、グッド、バッド問わず愉快なものが揃っている。レースやセッティングについての理解ができる前でも、ただのボードゲームとして遊ぶ事もできる。
    • イベントキャラは勿論の事、パーツショップの店員まで無駄に個性的な人物ばかり。レース時のNPCも妙に濃い面々が並んでいる。
    • イベントの結果に応じてプレイヤーキャラの表情が変化する演出もある。
  • セッティングとレースだけを楽しむ隠しモードが存在する。
    • 隠しコマンドを入力することで遊ぶことができる。コマンドはゲーム中である条件を満たすと教えてくれる。
      • わからない人はゲーム中に登場する「へんなおじさん」の言う事をよーく聞こう。メモを取ればわかりやすい。
      • ジャパンカップ出場条件と同時に満たすと、また違ったコマンドを教えてくれる。
    • このモードがあるおかげで、レースに最適なセッティングを探すのが容易になる。実はこのゲームのメインモードと言っても過言ではない
      • 『ダッシュ!四駆郎』のマシンと、イベントで行われる『ミニ四ファイター』と『まえちゃん』の軽量化を試すことができないので、そこは注意が必要。
      • このモードでCPUにセッティングをさせて1度レースをしてからプレイヤーに戻すと酷いバグが起こってしまう。

賛否両論点

  • ゲーム中に「時代の流れ」があり、ある程度日数が経過すると色々な変化が起きる。
    • 同じ番号のマスでも違うイベントに差し替えられることがある。
    • 後半では性能の良いパーツが売り出されるようになるが、逆に売られなくなるパーツもあり、後のレースに必要ならば早めにストックしておかなければならない。
  • 現実と同様、「ハイパーダッシュモーター」は公式レースで使用することが禁止されている。
    • つまり草レースでしか使用できない。ポイント稼ぎには利用できるのだが…。
  • 全てのパーツに寿命がある。
    • 入手時点では100%だが、使用するたびに消耗していき、初期装備以外のパーツは0%になると消滅してしまう。
    • バッテリーは75%以下になると性能が落ちてしまう。長期戦になる場合は予備を用意しておかなければならない。
  • ミニ四駆やパーツ等は現実とほぼ同じ仕様であり、再現度は高い。しかし性能などの説明は表示されないので知識のない人間にはハードルが高い。
    • 例えばミニ四駆は車種によってシャーシタイプが1~3の三種類があり、タイプによって色々と違いがあるのだがそういった説明はゲーム中には一切ない。
    • なお、三種のクリアボディだけは車種間の差別化の為かそれぞれのミニ四駆にしか装着できない。

問題点

  • メッセージ設定が「はやい」「ふつう」「おそい」の3段階あるが、実はメッセージの速さはどれも同じ。
    • 「おそい」ならボタンを押すまでメッセージが送られない。
    • 「はやい」か「ふつう」だと、ボタンを押さなくてもメッセージが勝手に送られてしまう。もちろん再読機能などない。
      • このため「へんなおじさん」が何を言っているのかじっくり見ず、コマンドの存在に気付かないプレイヤーも多かった。
  • 「SMILE」というパラメータがあるが、あまり意味がない。
    • キャラの笑顔の回数ではなく、「良い行いをした回数」である。悪い行いをすると減る。
    • これが多いと自宅前通過時のこづかいの額が増えるのだが、自宅前を通過する事自体が少ないので気休めにしかならない。
      • こづかいを当てにするくらいなら、収入や売却用アイテムが手に入るマスを狙って止まるほうがマシである。
  • CPU設定もあまり意味がない。
    • CPUの行動はかなりバカで、適当にお金を稼いだらシティーへ行って適当にパーツを買い、また田舎に戻るのを繰り返すだけ。
      • いざレースになると所持パーツを全て装着して挑む。このため草レースは妙に強くてカモにしづらい。
    • たまに「ドシャブリ」マスに居座って全員のパーツ寿命を減らしたり、「食中毒」マスで本人以外が2回休みという迷惑な行動もする。
      • ガチでクリアを目指すなら、CPUを入れずに2キャラ分自力操作すべきである。幸いにもどのプレイヤーも1コンで動かせる。
  • パーツの名前が見た目でわかりづらい。
    • 容量削減のためなのか、略称*7が大量に使われている。
      • 当時の小学校は英語が必修ではなく、何のパーツなのかすら理解せずに買う小学生も多かった。
    • パーツ性能は全てマスクデータであるが、これは隠しモードで思う存分試せるため問題にならない。
  • 所持数制限が厳しい。初期状態ではパーツを含め5個しか持てない。
    • ツールショップでアイテムを買う事で持てる数が増える。キャリングケースで10個、ガレージキットで15個、ピットアタッシュで28個。
      • ピットアタッシュは売り出されるようになる時期がやや遅いため、前半のレースはパーツ不足状態で出場することになりがち。
  • 中断機能がない。
    • 日数を長くするほど攻略が楽になるが、そのぶん時間もかかるというジレンマで悩むことになる。
      • ゲームできる時間を親に決められていた小学生にとっては非常に厳しい仕様であった。
  • レースシーンを飛ばせない。さらにCPU同士のレースも全部見なければならない。
    • 特にクラッシュレスリングとスピードフラッパーは2人対戦なのでレース数が多くなり、予選から決勝まで全部見るにはかなりの時間がかかる。
      • 放置していても自動的にレースは進むが、プレイヤーが出場する番になると出場者画面でいったん止まってしまい、ボタンを押さなければ先に進まない。
      • おまけにCPUのセッティングは全くばらつきが無く同じレースならほぼ同じ結果を出し続ける為CPU同士のレースはやる前から結果が分かってしまう事がほとんど。
  • バグなのか設定ミスなのかは不明だが何故かスーパーセイバーJrは全てのパーツが装着可能になってしまっている。

総評

最初はルーレットに振りまわされながらゆるいイベントを楽しみ、
慣れたらバイオリズムを高く保つためのイベントを探し、
それにも慣れたらレースに挑んでボロ負けし、
隠しモードを発見してひたすらパーツの研究に没頭し、
納得いくセッティングができたら実戦投入し、
念願のジャパンカップに出場したら予選で負け、
更なるコマンドでジャパンカップの研究に入る…というような
遊べば遊ぶほど新しい世界が開けて味が出てくるスルメゲーである。
しかし攻略サイトなどで最適セッティングを知ってしまうと途端に面白みがなくなるゲームでもある。
もし今後プレイする機会があるなら、ぜひとも攻略情報を得ないでジャパンカップ優勝までたどり着いてほしい。


その後の展開

本作発売後に第1次ミニ四駆ブームは急速に終焉を迎え、*8「レーサーミニ四駆」を正式に扱ったゲーム作品はこれ一本になってしまった。
タミヤは新たに「スーパーミニ四駆」シリーズを打ち出したが、人気低下に歯止めはかからなかった。
数年後、世代交代した頃にコロコロコミックで「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の連載が始まり、第2次ミニ四駆ブームが起きる。
今度は大量にゲーム化もされた。詳しくはミニ四駆シリーズ参照。
そして2012年、13年ぶりに開催された「ジャパンカップ」でついに年齢制限が撤廃された*9事から起こった、かつてのOBを始めとした大人も共に牽引していく第3次ミニ四駆ブームが、静かながらも継続中である。


余談

  • 古い時代のゲームということもあるが、イベントにかなり危ないネタが含まれていたりする。
+ 閲覧注意
  • アトラクションのお化け屋敷でアブナイヤツという敵が登場する。見た目が本当に危ない
  • 本屋にコロコロコミックと並んでエッチ本が売られている。
    • 特定キャラは買うとバイオリズムが上がる。というか小学生が普通に買えてしまう
    • 自宅に持ち帰ると母親に没収されるが、なぜか妙に高額なお駄賃をもらえるキャラもいて、資金稼ぎができたりする。
  • フランコが自動販売機にお金を入れたのにジュースが出ないからと言って自販機ごと持って帰る。(犯罪です)
    • しかも自販機は本当にアイテム欄に追加される。どうやって持ち歩いてるんだよ!
    • 彼以外がフランコの自宅に止まると、母親が「うちのフランコ見なかった?死んじゃったのかしら?」と言う。
  • 売却用アイテムに「パンツ」というのがあるが、ミナコのみ高額で売れる
  • カマコは女湯に入ってバイオリズムがMAXになる*10。でも彼はエッチ本を買ってもバイオリズムが上がらない。
    • 彼がアルバイトマスに止まると、特技を生かしロリータクラブでアルバイトをする。
  • セールスに捕まるとクソゲーを無理矢理買わされて、支払いが終わるまで毎ターン搾取される。
  • お使いへ行くと魚屋が夫婦喧嘩しており、目当ての鰤が喧嘩で投げつけられてこちらの手元に飛んで来た上に魚屋は全く客に気づいておらず、プレイヤーキャラは「ラッキー」とばかりに魚屋無視で鰤を持って帰ってしまう。所持金が少し増えるので代金を支払ってない上にちょろまかしたということである。もちろん犯罪である。
  • イベントでマシンを軽量化してくれるタミヤの社員「まえちゃん」こと前田靖幸氏は、後にスクウェアに移籍してゲームの開発に携わっている。
    • サガ フロンティア』の開発室で彼に会う事ができる。スクウェアでも前ちゃんと呼ばれていたらしい。
      • その後退社したのだが、楽天やAQインタラクティブを経て、現在は株式会社UEIのCHOに就任している。

*1 日数は36日~255日までで、これを各レースまでの日数に割り振る。

*2 マスの番号の小さい方が安い店、大きい方が高い店になっているが、高い方の本屋の前にあるポリボックスが00番で、そこから番号が進んでいく関係で本屋と風呂屋は逆に小さい方が高い店、大きい方が安い店になっている

*3 ポリボックスで自宅へ→翌日に神様というコンボが可能

*4 エンペラー、バーニングサン、シューティングスター、ライジングバード

*5 『こうた』と『エスパー』マスによる草レースはこの回数に含まれない

*6 2位15P、3位10P、4位8P、5位4P

*7 ホイールはW、タイヤはT、バッテリーはBなど

*8 広告代理店の都合でアニメ版「ダッシュ!四駆朗」が打ち切られた事による。当時はネットもなくそうした事情を知る手段もなかったため、玩具店がアニメ打ち切りと共にミニ四駆の入荷を激減させたのは仕方ない話だが。そしてコロコロコミックも1996年まで衰退の時期を迎えるのである。「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」のアニメ化の時には、小学館&田宮模型は一貫して広告代理店を爪弾きにしたことからその時の遺恨が強く残っていたのであろう

*9 それまでは大会参加可能年齢は中学生までで、それがミニ四駆からの引退時期になってしまっていた

*10 バイオリズムが低いと失敗する