ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス

【ぺるそなきゅーつー にゅー しねま らびりんす】

ジャンル RPG
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 アトラス
開発元 アトラス
ランカース
発売日 2018年11月29日
定価 6,980円(税別)
レーティング CERO:B(12才以上対象)
判定 なし
ポイント ペルソナシリーズお祭りゲー第二作
前作から多くの点が改善
ワンパターンなシナリオ
一部に難がある仕様の数々
女神転生シリーズリンク
世界樹の迷宮シリーズリンク


概要

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンスの流れを汲むペルソナシリーズのお祭りゲー第二作。
同時に事実上3DS最後の「世界樹」シリーズでもある。


ストーリー(公式サイトより)

映画の世界に囚われたペルソナ使いたち。
そのカギを握るのは一人の少女…?

メメントスにて突如モルガナカーが制御不能の大暴走!?
不思議な空間へ吸い込まれ、たどり着いたのは、見知らぬ敵が闊歩する謎の街。
その場を間一髪で脱出した怪盗団が、次に迷い込んだのは出口のない映画館だった。
そして、映画館で出会った、白い服を着た黒髪の女性ナギとうつむきがちな少女ひかりに映画の中から出てきたことを告げられる。
迷宮のような映画世界(ラビリンス)。そして映画の中で、導かれるように出会う同じ力(ペルソナ)を持つ者たち。
怪盗団は、映画館から抜け出すことができるのか…?


前作からの追加・変更点

  • 拠点での回復方法の変更
    • 前作では回復する場合、保健室のエリザベスにお金を払う必要があったが、今作では迷宮からの帰還時に自動で全快するようになった。
  • 前作で不足しがちだったサブペルソナの所持枠は22まで増加。
  • 絶好調状態
    • 迷宮突入時にはそれなりの頻度で誰かしらが絶好調となり、ダンジョン突入前に話しかけてくる。同時に複数人が絶好調になることもある。
      • 該当キャラはサブペルソナによるHP・SP増加ボーナスが更に増加する為、継戦能力が向上する。
  • 「特別上映」
    • 特定のキャラ達によるサブシナリオ形式のミッション。ミッションごとに「メインキャスト」が設定されており、その特別上映のステージに該当キャラを連れていくと確定で絶好調の状態になる*1
      • 報酬は「協力技」の習得やベルベットルームの住人とのサブイベントの解禁等。
  • 「協力技」
    • メインイベントや「特別上映」で習得する。相手の弱点を突く、クリティカルを出した際にランダムで発動し、相手に追加ダメージを与えつつダウンを取る事が出来る。
    • 協力技発動には誰か一人が戦闘に参加してる必要があり、使用可能な協力技が複数ある場合は、ランダムに選ばれる。
      • また、ナビの協力技として味方全員のSPが大きく回復するものもある。ただし、当然ながら技の開放は終盤となる。
  • ショップに手持ちのアイテムを預けられるようになった。
    • アイテム1種類につき99個、99種類まで預けることが出来るため、手持ちが装備品に枠を取られてカツカツになるということは無くなった。
    • ただし、アクセサリーのみ1つの枠に纏まらない。
  • 戦闘関連
    • 前列後列のダメージ補正が削除。
    • 協力技は該当メンバーの誰かがパーティに居れば発生する仕様に伴って、追撃は控えのキャラが行うようになった。
    • 属性が銃撃を除いたペルソナ5準拠のものに変更。物理属性の統合化と核熱・念動属性並びにエイハ・コウハ系の追加が成されており、戦闘メンバーの固定化を防ぐ措置として、P5以外の一部メンバーもこれらの属性技を習得するようになっている。そのため、キャラクターの使用感は前作と大きく異なる。
    • また、ナビの支援スキルとしてP5の「バトンタッチ」も追加。使用にはパーティゲージを2消費する。使いすぎるとあっという間にゲージが枯渇してしまうので、戦略の一環としてもきちんと機能している。
      • 効果は「対象キャラのブースト状態を他人に譲渡できる」というもの。ブースト状態はスキルの発動コストが0になり行動速度もアップするため、「速が低い味方をすばやく行動させる」「発動に必要なSPが多い万能属性のスキルを使用できる味方に渡す」など、様々な使い方が可能。
    • 前作で「雑魚はとりあえず直斗でおk」と言われるほどに猛威を振るったハマ系とムド系は、確率の調整と自動発動スキル「不浄の手」の削除により弱体化された。その一方で、今作はF.O.Eが撃破から1週間経過すると復活するという仕様もあってか、即死系が有効なF.O.Eが前作と比べて増加している。
  • イケニエ合体
    • サブペルソナ1体を消滅させ、そのペルソナの強さに応じた経験値の入手とスキルの継承が出来るシステム。これを用いペルソナ(メイン・サブどちらも)のレベルを一気にあげてスキルを覚えさせたりすることができる。

評価点

  • パーティメンバーの増加
    • 特に前作で「どうして居ないんだ」と嘆かれていたP3P女性主人公の参戦発表は、驚きと歓迎の声を持って迎えられた。
    • また、原作の設定の都合で「浮かないか」と不安視されていたP5の明智も、探偵王子繋がりで主に直斗と絡んで推理役を担当しており、上手くシナリオに溶け込んでいる。明智自身も思う所がないわけではないような描写もあり、上手くお祭りゲーに落とし込んだと言える。
  • シナリオ
    • 無視できない問題点こそあるが、謎の少女「ヒカリ」を中心としたシナリオは引き込まれるものがある。最後にペルソナシリーズ恒例の熱い展開も用意されている。
  • 作品を超えた会話は今作も健在
    • 特別上映や本編で意外な組み合わせや相性が良さそうな組み合わせのシナリオが楽しめる。
    • 特別上映では短編の一本のシナリオとして交流が描かれている事もあり、この点は前作に引き続きしっかりしている。
    • 3、4、5主人公同士の大食い対決や4、5主人公の釣り対決など各ゲームのサブ要素を共通の話題と盛りがることも。
    • 仲間達も委員長同士や相棒繋がりなどあるあるネタで盛り上がる。
  • 以前と変わらない良質なクロスオーバー要素
    • 現時点でペルソナ3~5とP3P女性主人公が共演する唯一の作品であり、お祭りゲー、キャラゲーとして質が高く仕上がっている。
    • 4主人公と5主人公のバトルなど盛り上がる展開も搭載されている。特に5主人公が自己紹介の際に「 よろしくダホー 」と言って、4主人公が「 オレサマオマエマルカジリ 」と答える等のワイルドあるある*2は笑わせてくてれる。
  • 豊富なボリューム
    • 『1』と比べては短いという意見があるが、それでも50時間強のプレイ時間であり、3DSのRRGとしては中々のボリューム。
  • 5主人公のジゴロな選択肢もチラホラ
    • 最大9股できる公式で女難とされる5主人公であるが、今作ヒロインのヒカリに「迷惑かけてゴメンネ」という言葉に「 可愛いからオッケー 」と答え、モナから呆れられ、女性陣からは「 女の子を泣かせるようなことをしないよね 」と釘を刺される爆笑物の展開もある。その後、3主人公と4主人公から気をつけてアドバイスされるのも笑える。
    • また、自我に目覚めたロボットに「 べっきぃ *3と名付けようとすることも。
  • 前作に引き続き、良質なオリジナルBGMやOPも健在。
    • 更新データを適用することで待望のランダム再生機能が追加された点も好評*4
    • OPも前作同様伏線が貼られており、クリア後に見ると理解が深まる。
  • メインペルソナのスキル編成が自由にいじれるようになった。
    • レベルアップ時にはサブペルソナ同様、どのスキルに上書きするかを自分で選べるようになった。前作では勝手に上書きされる為、全体攻撃魔法が上位の単体攻撃魔法に上書きされて実用面で不便になったり、残しておきたい補助スキルが消されてしまったりという事が起きていたが、それらもプレイヤーの判断で対処可能となった。
      • またイケニエ合体を用いて好きなスキルを付けられるようになった為、かなり好き勝手に自分好みのペルソナに育成出来るようになった。
    • それだけに、サブペルソナと違って育成しなおしが出来ないのが後述のように問題にもなってしまったが。
  • システムの改善点
    • 拠点の回復は手間が減って便利になった。HPを低くすることで成立する戦法が無かったこともあり好評。
    • サブペルソナは枠が増えてかなり取り扱いが自由になった。
      • それでも足りなく感じる時もあるが、そこはプレイ選択の幅だろう。
    • ショップにアイテムを預けられる点も非常に好評。ただし、後述の通り問題点も存在する。
    • 下画面の地図作製UIに、好きなアイコンを6個セットできる自由枠が追加された。これにより、頻繁に使用するアイコンを置くのにいちいち右下アイコンパレットを展開する手間が省けた。
  • 戦闘システムの変更
    • 前列後列のダメージ補正の削除や属性の追加、属性の都合上即死技ばかりだったメンバーにも攻撃技が追加、難易度RISKY以外では主人公を隊列から外すことも可能になった等のバランス調整が施され、パーティ構成の自由度が前作よりも増した。
    • サブペルソナの入手手段もレアモンスターの撃破が条件に変わり、サブペルソナ収集の面では即死が使いづらくなっていた点も改善された*5
    • 前作で使いづらかったスキルやキャラクターにもテコ入れが図られている。
      • 消費SPが見直された攻撃魔法、速の値が大幅に増え使いやすくなったクマ等。
  • レベル格差対策
    • 順次加入することと参戦キャラが増えた事を考慮してか、レベルについては主人公のレベルまで一気にレベルアップできるアイテム「成長の香」があるため、好きなキャラを一から育てなければならないということは無い*6

賛否両論点

  • P3P女性主人公偏重のシナリオ
    • 今回新規参戦でかつ、P3主人公との同時参戦という事で特殊な立ち位置にいる為、その代わりにシナリオ上ではかなり大きな扱いを受けており、サブシナリオを含めてP3P女主人公の出番が非常に多い。これだけ出番があるなら主人公にしても良かったのではという声も。
      • 参戦状況的にこれでバランスが取れているとも言えるのだが、そのP3P女主人公が 元々天然気味で口が悪い *7という少々癖が強い性格をしており、彼女が好きな人は楽しめているが、苦手な人や他作品をメインに買ったユーザーからは贔屓と取られたりと意見の割れる扱いとなった。

問題点

シナリオ面

  • 飽きやすいメインシナリオの構成
    • 本作最大の問題点。 「大衆の意見に流されるのではなく、個人の意見をきちんと主張する事が大事」というテーマ自体は悪い物ではないが、メインシナリオは全てその話ばかりで、テーマの掘り下げや話の展開がない。扱う舞台設定や配役こそ違えど、個の主張や個性を否定される似通ったシナリオの繰り返しがラストダンジョン直前の第4シアターまで行われるため、食傷気味になって途中で飽きてしまいやすい。評価点の通り良い点もあるのだが、それ以上にこの点が印象に残りやすく、2周目をプレイする気力が湧きづらくなる要因にもなっている。
      • 前作も一貫したシナリオではあったのだが、ダンジョン探索に置いてはほぼシナリオはなく、ボス撃破後に軽くシナリオが入りそれが繋がる形だった。なので、シナリオ面が補強された形ではあるのだが、結果としては悪い方向に補強してしまう形になった。
  • 主人公がP5のジョーカーで固定
    • 前作ではP3とP4両方の別シナリオが用意されていたが、本作でのプレイヤーの分身はP5主人公で固定になった。
      • 前作での主役がP3とP4だった為、今回P5がメインになるのはおおよそ妥当と言われているが、それでも主人公が一人に減ってしまい、2周目の変化も少なくなってしまったのには残念な声が多い。
    • また、あまりシナリオにも関わって来ないので空気になりがちとの声も。
      • 主人公にも関わらず最高難易度の『RISKY』モード以外では戦闘メンバーから外すことが出来てしまうのもそれに拍車をかける。
      • 一方で『RISKY』モードでもP5主人公非固定の自由な編成を楽しみたかったとの声もある。
  • P3勢の出番の遅さ
    • 参加作品が増えた関係で、順次登場する都合上どうしても参加が遅れる作品が出るのは仕方ないのだが、その割を食ったのがP3勢。特にP3主人公とアイギスはP3P女主人公との対比もあり、登場が最も遅く、P3主人公は会話イベントなども目立って少ない。
      • ダンジョンの数も前作から増えたわけではない為、P3勢はシナリオ上の出番も少なくなってしまっている。
  • キャラの増加に対してそれを扱い切れていないシナリオ
    • 前回でもキャラが多すぎて扱いきれて無いという意見があったが今回も扱い切れてない。しかも、キャラ増加の弊害で、一人一人の出番が縮小気味。好きなキャラの出番が少なくなるのは発売前から予想できたとは言え、やはり残念。加えて今回の周回要素の無さも大きい。
  • 細かなミスやテキストの誤植がそれなりにある*8。下記はその一例。
    • 一番突っ込まれたのは、P3主人公の腕章が総攻撃フィニッシュ時の立ち絵や作中ムービーで描き忘れられている点。
    • 他には人物の読み仮名を公式設定と間違えてボイスを収録してしまっているものまであったり、同じキャラが同じキャラを同じシーンで呼んでいるのに呼び方が違う事も。

ゲーム面

  • 単調化した迷宮の構造や「使い切り」のギミック
    • 迷宮のパズル要素の難易度が大きく下がった。迷宮のギミックのほとんどがスイッチを切り替えて進むもので、序盤から終盤にかけて迷宮攻略の難易度に大きな変化がなく、探索が単調になりがち。
    • 前作に存在していた「一方通行の抜け道」や、「ごーこんきっさ」のようなお遊び要素のギミックも無くなった。
  • 演出用のギミックを強要され、面倒さが目立つ迷宮ボス
    • 特にこの問題が顕著になるのは第3シアターのボス。そのギミックの仕様上2周目でもゴリ押し出来ず、撃破するのに20ターン以上かかるため、難易度云々以前に面倒だという意見が殆どを占めている。
  • 全体的にゲームの動作が遅く、モッサリしている
    • メニュー画面呼び出しから、画面切り替え、コマンド選択などのあらゆるレスポンスが遅めでモッサリとした操作感になっている。
    • 前作でも指摘されていた問題点だが、迷宮突入時の演出が飛ばせない。一、二回見れば十分な演出に毎度5秒ほど待たされるのは頻繁に起きる演出としては長い。
    • また、成長の香が追加された点は評価されているのだが、レベルアップ演出をスキップできない仕様のせいで非常に時間がかかるという難点がある。終盤に控えメンバーを一斉にレベルアップさせる用途が主であるため、この点は目につきやすい。
  • 下画面UIの劣化
    • 下画面の線の認識アルゴリズムが変更されたのか、前作よりも壁線が描きにくく、頻繁に壁線の描き損じが起こってしまう。バージョンアップで多少改良されたものの、依然として前作レベルの精度にすら至っていない。
    • 今作では下画面を二回素早くタッチすると地図の全体・部分表示を切り替える機能が追加されている。しかし、この切り替え自体は前作と同様にYボタンや下画面右上のボタンで可能であり、この新機能の恩恵を得る機会が無い。それどころか壁線の描きにくさと相まって、「壁線を二本描いたつもりが認識されず、地図が全体表示になってしまった」といった誤動作の要因となっている。
    • 上記二点から、地図描きのテンポ、ひいてはダンジョン探索の進行が著しく遅くなってしまう。「自分で地図を作製すること」がこのゲームの売りの一つであるはずなのに、しかもシリーズ二作目にしてこの仕上がりはあんまりである。
  • 周回要素の薄さ
    • 主人公が一人で固定された事もあり、わざわざ2周目を始めても新たに楽しめる点がない。
    • ゲーム全体の動作が遅めであるため、2周目をサクサクと攻略することができないことも遠因となっている。
  • メインペルソナのスキルはやり直しがきかない
    • サブペルソナのスキル等でいくらでも上書き自体は可能だが、サブペルソナと違いまた最初からレベルアップで覚えるスキルを覚え直すことはできない。
      世界樹における休養*9のような物もないため、自前で覚える便利なスキルを間違って上書きしてしまった場合等は取り返しがつかなくなってしまい、新しいデータでやり直すかレベルをリセットして周回を開始しない限りお預けとなる。
  • レベルカンスト時の問題
    • レベル上限に達したペルソナに対してはイケニエ合体が行えず*10、結果として、メインペルソナがカンストするとスキルの付け替えが不可能になってしまう。
    • また、カンスト前に達成しやすい条件ではあるが、ペルソナの覚醒条件が「特定の特別上映をクリアした後に一定以上のレベルでレベルアップする」というものであるため、覚醒前にカンストさせてしまっていた場合は覚醒出来なくなってしまう。普通にやっている場合は早々起きないが、入手経験値を3倍にするDLCアクセサリーを使って稼ぎを行う場合は注意が必要となる。

その他細かな問題点

  • 戦闘中のボイスパターンの減少
    • ボイス自体は十分あるが、前作と比べてみると会敵時の相性台詞や状態異常時のボイスパターンなどが減少している。
  • ペルソナ全書登録時とアクセサリー鑑定時の仕様
    • ペルソナ全書登録を一斉に実行することが出来なくなった。また、アクセサリーの鑑定も一つ一つ行わなければならず、鑑定自体も1つにつき3秒ほどかかるため、厳選を続けているとストレスに感じる事も。
  • 預かり所にアクセサリーを預ける場合、同じ枠に纏まらないという仕様が地味に厄介。全員分の複数種のアクセサリーを用意しようとすると枠が埋まってしまうため、厳選を行う場合はこの点がネックになる事がある。
  • 前作で要望のあったギャラリー機能と衣装変更機能は今作も無し。

総評

「世界樹形式のペルソナシリーズお祭りゲー」の第二作となった作品であったが、メインシナリオの内容や周回要素の薄さが目につき、ガチのファン程細かな設定ミス等が気になる等、どうにも残念な出来になってしまった。
クロスオーバー部分の完成度は前作に続き安定しており、前作で問題となっていた戦闘バランスやシステム面の細かい部分も改善されているものの、新要素やシステムの根幹の部分の出来は「今一つ」と言わざるを得ない。
しかし、様々なキャラクターを使う楽しさが変わっていない事も確かであるため、単純に「ペルソナシリーズのキャラで世界樹の戦闘が出来る」という意味ではそれなりに楽しめるゲームには仕上がっている。


余談

  • タイトル発表当初は好意的に迎えられていた本作だったが、各シアターの予告PVが似たり寄ったりなシナリオ内容紹介であったこと等が災いし、結果として評価の様子見に走るユーザーが増加。初週の売り上げは振るわず、Amazonレビューの評価は☆1~5が乱立する状態となっている。
  • キャラクターの人気投票も開催されたが、 最下位まで発表された点 に関しては批判の声が上がった。