半熟英雄 対 3D

【はんじゅくひーろー たい すりーでぃー】

ジャンル リアルタイムシミュレーションRPG

対応機種 プレイステーション2
発売・開発元 スクウェア・エニックス
発売日 2003年6月26日
定価 通常版:6,800円(税別)
限定版:8,800円(税別)
判定 なし
ポイント 雰囲気変わり過ぎ
演出増加によるテンポの悪さ
最凶のウザキャラ「あたし」
半熟英雄シリーズリンク


概要

ささきいさお氏が歌う主題歌の歌詞にあるように、10年ぶりに発売された『半熟英雄』シリーズの第三作。
ファイナルファンタジーシリーズの召喚獣の元ともなった「エッグモンスター」を召喚しながら戦う城盗りシミュレーションゲームである。
今作では「対 3D」というタイトル通り、ペラペラの2Dキャラである主人公たちを操作して、立体の「3D軍団」と戦う。また、世界観やキャラクターデザインは前作から一新されている。*1

優秀なアニメーターの協力による2Dアニメーション(後述)や製作費を食う3Dキャラクターなど、豪華な制作技術をギャグ(というか自虐ネタ)に使うというくだらなさを売りにしていた。

スクウェアがエニックスと合併してから発売された最初の新作ソフトであり*2、それを記念して同じく旧エニックスのバカゲー『せがれいじり』とのコラボレーションも行われている。

ストーリー

かつて一人の姫を愛した二人の男が争っていた。
一人の男はアルマムーン国が劣勢となる中、最後まで希望を捨てず、やがて姫から託されたたまごの力を使い、
憎しみに染まったもう一人の男との争いを終わらせた。

そして時は流れ、男と姫の忘れ形見である主人公は平和でお気楽な毎日を過ごしていた。
だがある日、アルマムーン城は突如現れた巨大なおまるに流されてしまう。
流された先は2Dのまま時代に取り残された彼らにとっては未開の地、3D世界だった…!!


評価点

  • 2Dキャラはドット絵によるアニメチックな2.5頭身デフォルメキャラといった趣であり、縦横16ピクセルといったドット絵とはまた違った魅力がある。
  • 登場するエッグモンスター(全101体)にアニメ描画の攻撃モーションやボイス、新技が追加。
    • 前作には登場していたもののリストラされてしまったモンスターもいるが、これだけの数のモンスターの描画とボイス収録の作業量を考えればそれなりに許容可能だろう。
      • 次作『4』では、今作でリストラされたモンスターも全員再登場している。
    • ただし、後述のテンポの問題もあって、前作までのポコンポコン突進してダメージを与える地味な演出のほうが好きなプレイヤーも一部にはいる。
    • シリーズ恒例の、モンスター案の一般公募によって生まれたエッグモンスターも健在。
  • 何だかんだで「2Dvs3D」というアイデアは斬新かは微妙なところだが類例のあまりないもので、3D軍団と戦いながらゲーム技術の変遷を追っていくという(中盤までの)流れは多いに評価できるものがある。
    • 敵役となる3D軍団の面々も安定したネタキャラが揃っており、その点では旧作とほぼ変わらないクオリティを保っている。
  • アニメ原画家の金田伊功氏によるアニメーション。
    • 更にアニメ製作会社として有名なタツノコプロが製作に携わっており、オープニングなど数箇所で力の入ったアニメーションを見られる。内容のセンスは評価の分かれるところだが、少なくともアニメーションとして出来は抜群。
      • 2Dキャラはゲーム部分は紙絵みたいに動くがムービー場面は普通のアニメ絵であり、背景が多い3D場面よりずっと生き生きしている。
  • BGMは第一作でも作曲を担当した植松伸夫氏が製作しており、戦闘BGMなどは評価が高い。
  • シリーズ初の主題歌が採用。ささきいさお氏による熱唱と半熟英雄らしさ溢れる歌詞、熱い曲調もあってか好評。
    • 挿入歌『黄味なしでは…』、ED『半熟音頭』も評判が良い。
    • 続く『4』の主題歌においても、同氏が起用されている。

賛否両論点

  • ベースが第一作(FC版)
    • ファンの間で主に人気があったのは第二作『ああ、世界よ半熟なれ…!!』(SFC版)なのだが、作曲家が植松伸夫氏に戻ったこともあり、召喚モーションなどの演出が第一作(FC版)ベースに戻った。それゆえに、FC版の知名度の低さもあってかSFC時代のファンは肩すかしを喰らうことになった。
    • FC版のBGM(音源も)を一部流用したBGMやFFのBGMの一部アレンジも賛否両論であった。
  • 基準のよくわからない有名人の起用
    • ささきいさお(主題歌とエッグマンなどの一部ボイス)・染之助染太郎兄弟*3(一部定期イベント)・こずえ鈴(ナレーション)・鉄拳(ボスキャラ)が起用されているが、ささきいさお氏と鉄拳以外はインパクトも少なく必要性も薄い。
    • 鉄拳は「『ファイナルファンタジー』シリーズと間違えて出演した」という滑りギャグ的な設定で登場するが、2度も登場し3度もボスキャラとしてしつこく戦わされることもあって、完全にストーリー中で浮いてしまっている。彼のファンならまだしも、そうでない人にとっては…。
      • ただし、こずえ鈴のナレーションは一部から「クセになる」と好評意見もある。
      • ちなみに、鉄拳の所属芸能事務所である「オフィス☆怪人社」から大量の芸人が声優として参加しており、エグモンのフルボイスを実現させている(次回作にも引き続き参加)。ある意味バーター出演に近いのかもしれず、そういう意味では鉄拳の起用は無駄ではなかったかもしれないが…。
      • なお、キャスト欄には現在では故人の桜塚やっくんも別名義で出演している。
  • ギャグの傾向の変化
    • 前作と比べると、下ネタ・楽屋ネタ・毒舌・露骨なパロディネタといった人を選ぶものが多い。
      • 3D軍団の撃破後、終盤の「4次元」へ向かう展開はまさしく「超展開」で、人によっては完全に滑っていると感じることもあると思われる。
    • 序盤から登場するメインキャラクター「あたし」(カトリイネ)の個性が非常に強烈。
      • (一応)ヒロインなのだが設定通りとはいえ容姿も性格も最悪で、ストーリーではトラブルメーカーの役を担う。ギャグとしてシャワーシーンまで用意されており、声優・笹木綾子氏の熱演もあって「ウザキャラ」としては間違いなく成功しているのだが、人によってはギャグとして許容しがたい域にまで達してしまっている。実際、「カトリイネがウザすぎて今作は糞」と言っているプレイヤーも珍しくない。
      • オフィシャル攻略本での時田貴司と植松信夫の巻末インタビューでは彼女のウザキャラぶりについて、 「ED後の「あたし」のプレイヤーへの投げキッスに対しコントローラーを画面に投げつけた」 というユーザー意見があったことが明らかになった。またそれに対して狙い通りと誇らしげに語っている。「今の若いゲームプレイヤーはわがままだからこういうヒロインも味わってほしい」「女なんて思い通りにはならないものだよ」とは同書での時田の言だが、 そこまでいったら次はあんたらにコントローラー投げられるんじゃないのか。
      • ゲーマーの心を(ヘイト方向にとはいえ)強く動かしたという意味ではカトリイネは確かに時田氏の狙い通りであろうが、それは要するに 「客であるゲーマーに不快になってほしいのか」 という当然の反論も出ただろう。
      • ちなみに時田氏が携わった作品ではこうした癖の強い性格のヒロインが多く登場する傾向にある。『ライブ・ア・ライブ』も有名な例だろう。
    • 次作『4』でも下ネタは減ったものの同様の傾向は受け継がれ、CMで自虐ネタにしている。
+ ニコニコ動画注意

問題点

  • 世界観の関係もあって敵がたまごを使用しないため、エッグモンスター同士の戦闘が基本的に発生せず、こちらがエッグモンスターを召喚すれば大抵勝ててしまう。それによって戦闘が味気なくなり、難易度も下がった。この辺りも、第一作(FC版)チックに戻っている。
    • 一応、こちらもたまごを封じられてしまうシナリオがあるのだが、そこはボスがとても弱いため、切り札でごり押しし相手の城さえ奪ってしまえばどうとでもなってしまう。
    • ボスはHPが高く攻撃も強烈でエッグモンスター1体では勝てないほどだが、それ故に「卵持ちの将軍を何人も突っ込ませてHPを削っていく」という単調かつ作業感漂う戦いを強いられてしまう。
  • キャラクターデザインの変更
    • 中でも汎用将軍・兵士のグラフィックは前作と比較すると劣るという意見が多い。
  • ボイス付きのセリフやモーションが多用されるようになったにもかかわらず、これらがほとんど一切飛ばせない。
    • 特に同じものを何度も見ることになる戦闘アクション・セリフや月ごとのイベントなどについては、人によっては大きなストレスになる。移動マップに戻る際のロードも長く、テンポはかなり悪い。
  • 戦闘アクションの出来自体は決して悪くないのだが、戦闘システム上しばらくの間同じエッグモンスターを使い続けねばならないこともあって、演出に飽きがくる。
    • 適宜R1ボタンを押すことで、押している間全ての動きを早送りのごとく2倍速にできるという機能もあるのだが、正直なところそれでもまだ遅く、焼け石に水。(ちなみに前作にも攻撃演出の早送り機能はあった)
  • ひたすら面倒な「にんき」のステータスの存在
    • この数値が低いと戦闘時に兵士の動きが鈍くなり実力を発揮しきれないのだが、主人公とあたしはこの数値の初期値が極端に低くほとんど役に立たない。(前2作の主人公は最初から最高クラスのステータスを持ち非常に使いやすかった)
      • 上昇させるにはたまごを使わずに敵を倒すしかない*4のだが、人気が低いと戦闘力も低下するのでなかなか勝てず、さらに撤退すると下がるので相手を選んで戦わなくてはならない。
    • 主人公の場合は戦闘能力自体は高くたまごも優秀なのでまだ人気の値は上げやすいがリストラやイベントの選択肢でも減少してしまう。
    • 人気の低い将軍はかなりの高確率(合計2/3)で謀反や夜逃げを起こして失われてしまう。前作と違い一切のメリットは存在しない。しかも、自分の人望のなさを棚に上げ主人公の責任になる。(主人公が気絶したりして不在のステージでも)
  • 慢性的な赤字財政
    • ほぼ毎月あたしがなんらかの形で金を要求するため、収入が天引きされているようなもの(ただ、一番安い選択肢なら月10ポッキリと、並みの将軍の賃金程度の出費なので、中盤以降はさほど問題ではなくなる)。
      • さらに性質の悪いことに、運が悪いと兵士数まで激減させてくる。一応、兵士は1人1ポッキリと最高999人でも1000ギリギリなので金がありあまっている時は大した被害にはならないが…。
  • 城に将軍を常に配置しないと収入が得られなくなった。
    • 前作ではステージ開始直後には少数の将軍しか戦闘に参加できないが、参加している将軍にしか賃金は払わなくてよかった。本作では最初から全軍が動かせるためステージ開始直後はほぼ確実に赤字である。
  • 8月にほぼ必ず発生する「ストライキ」のバッドイベントの仕様変更。
    • 3つの選択肢のうち「基本的に兵士数が0になってしまうが、一定確率でなにも起こらず助かる」というギャンブルではあるが救済的な要素を持つ選択肢が「確実に兵士数が0になる」という仕様に変更され、完全なバッドイベントになってしまった。
    • 次回作では前々作の仕様に戻っている。
  • とにかく手間のかかる切り札生産システム
    • 店に並ぶまでに「戦闘で入手したブロックを暗号を解いて正しい形に並べる」というパズル要素が加っているが、暗号はステージ中に現れるモモリスというモンスターを捕まえた*5上で得られる僅かな文章だけで、どのブロックが手に入るかはステージにより決まっているので暗号が解けてもブロックが全然足りないということがある等面倒くさくなった。
    • ちなみに宣伝では並べ方が適当だったり間違えると爆発するような説明がされていたが、これは特定のブロックを並べないと起きない。
  • 前作ではポーズ中でもコマンド選択ができたが、本作では出来なくなった。
  • 限定版の中身が完全にファンアイテム
    • ソノシート、カルタ、お面、紙相撲、鉄拳のネタ帳「こんな半熟英雄はたまごへ帰れ」など。実用性に乏しいのはともかくとして、一人では全く楽しめないようなものが半分近くを占める。昔のふろく付き子供雑誌をイメージして作られたようだが、ネタ以上のものになっているとは言いがたい。
    • そのためか、次作『4』では限定版の中身はランチボックスとサウンドトラックに変更された。
      • ちなみに、本作のサントラは普通に販売されていた。

総評

10年ぶりの新作ではあったものの全体的なノリが大幅に変わったこともあってか、旧作ファンを完全に取り戻す事にはならなかった。
テンポの悪さなどはあるもののゲームとして破綻している訳ではなく、ノリやギャグの傾向の変化、一部のキャラのウザさ等に目を潰れればそれなりに遊べる作品ではある。
が、ファンにとっては受け入れがたい要素が多いのもまた事実だろう。


その後の展開。

  • 2年後に発売された次作『半熟英雄4 ~7人の半熟英雄~』では貢ぎシステムの変更や4倍速モードの追加など今作でのほとんどの不満点について改善が図られており、新しく導入された戦闘システムもそこそこの評価を得ている。
    • ただしキャラクターは今作のものを引き継いでおり、全体のノリも今作のものに近いため、そういった点で旧作ファンをも満足させる出来とはならなかった。

余談

  • ディレクター繋がりでか、本作の第1面は『ライブ・ア・ライブ』のパロディである。
    • 敵キャラクターのオディオは同作のオルステッドの姿が元ネタであり、台詞も同作の魔王オディオのものを踏襲しているが、笑い声が「ヒャーハッハッハァ!!」とストレイボウの性格も混ざっている。
  • 「スクウェア三大悪女」なるものがスクウェアゲーマー界隈では昔からあるが、これをプレイした一部ゲーマーからヨヨアリシアの他に三人目で悩んでるならカトリイネで良いだろ」 という意見も見られている。
  • 5話以降から主人公が先代のように覚醒し、さらに普通に喋るようになったが、クリア後、カトリイネにバス停の攻撃を喰らい、アホに戻されて言葉も失う。