ポケモンXD 闇の旋風 ダーク・ルギア

【ぽけもんえっくすでぃー やみのかぜ だーく・るぎあ】

ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
発売元 ポケモン
販売元 任天堂
開発元 ジニアス・ソノリティ
発売日 2005年8月4日
定価 5,800円
判定 なし
ポイント まさかのコロシアムモード削除
薄すぎるシナリオ
相変わらずの異常な難易度
ポケットモンスターシリーズ関連リンク

概要

ポケモンシリーズの番外編で、異色のストーリーが話題となった『ポケモンコロシアム』の続編。
前作と同じく、悪の組織に洗脳され「ダークポケモン」となったポケモンたちを「スナッチ」して奪い取り、「リライブ」を行い元に戻すのが目的となる。
今作は前作の評判の悪さからの不安視された反面、前作からの改善や第三世代の正式な対戦ツールとして、「ポケモンの・本格RPG」というキャッチコピーに対する期待もあった。
しかし蓋を開けてみれば……。


特徴・新要素

  • 特別な技を覚えたポケモン
    • 本作最大の特徴。ダークポケモンと技教えの2種がある。
    • ダークポケモンは本来覚えない技を覚えており、リライブすることで習得できる。なお、前作にもそういったポケモンはいたがあまり実用的ではなかった。
      • 代表的なのは「トライアタックトゲピー」「てだすけヨマワル」「きんぞくおんサンダー」といったタイプや性能と技がマッチしたものや、デオキシスの専用技「サイコブースト」を覚えたルギアなど。それら以外も使い方次第では意表を突けるものもそこそこおり、戦術の幅が広がった。
      • オンラインでは『XY』のレート対戦まで現役で使用できたのも需要が少なくない要因だった。もっとも、これらを対戦で活かそうとすれば、ポケモンの個体値 *1 や性格を粘るために壮絶な厳選作業をすることになる。一応、データを初期化してやり直せば量産可能だが。
    • 技教え
      • 技教えでは『FRLG』『エメラルド』の一部と本作限定で「あくむ」「ゴッドバード(『DPt』まで)」「じばく」を習得可能。ただし、一度しか覚えさせられず、周回の効率も悪いことから実用性は低く、あくむ、ゴッドバードも威力や効果が微妙なので、特徴と言えるのは実質じばくのみ *2 *3
  • ダークポケモン数の大幅な増加
    • 前作の全48体から83体に増加。より自分好みのパーティを組めるようになった。
  • 最初から連れているポケモン・イーブイ
    • 本家の御三家よろしく、5つある進化系を選べる自由がある。もちろんイーブイのままでのプレイも可能。
  • 『ダイヤモンド・パール』に先駆けてゴンベとウソハチが登場。いずれも捕獲はできないが、ウソハチはミニゲームでのみバトルで使用可能。
  • 野生ポケモンが捕まえられる「ポケスポット」
    • ポケまんまというエサをポケスポットに設置することで、若干手間や出費も掛かるが、野生のポケモンと戦闘/捕獲ができるようになった。登場する野生のポケモンは洞窟/オアシス/砂漠のスポットに各3種類の9種類+ゴンベ+ウソハチ。
      • また、ここで捕獲したポケモンの一部はタマゴわざを覚えたポケモンと交換も可能。
    • 前作からの世界観の変化を深めていることは評価が高い。
  • ミニゲーム「バトルディスク」「ビンゴ」
    • 前者は敵味方のポケモンが固定されたバトルシミュレーターという扱いで、詰将棋やパズルのように楽しめる。
    • 後者は4×4のマスの中にいる、一種類の技だけを使えるポケモン達を倒したり捕まえたりして遊ぶビンゴであり、クリアした後はマスの順番を変えてまた遊べ、全種類クリアすると一筆書きのようにしかマスを開けない「ひとふでプレイ」なる遊び方で遊べるようになる。
  • リライブを飛躍的に楽にする「リライブホール」
    • ダークポケモンの周りにリライブ状態のポケモンを配置することでリライブの速度が上昇するというもの。
    • 最大9匹のリライブが同時進行できるほか、周囲には最大4匹配置可能でタイプ相性による竦みが成立すれば効率は最大になる。
      • 複合タイプの場合はどちらか一つが相手のどちらかに有利であれば成立するのも良心的。なお、ノーマルタイプは例外的に同タイプのみでも成立する。
  • ダーク技の追加、ダークポケモンの仕様変更。
    • 前作でややバランス崩壊を起こした「ダークラッシュ」は、威力が100→55になり、ハイパー状態のメリットがなくなったことで、大幅に弱体化された。代わりに威力の高い上位互換や補助技が加わったり、技ごとに物理特殊が分けられたり、普通のポケモンに対し効果が抜群、ダークポケモンに対してはいまひとつとなる固有の相性が導入されるなど大きく調整がなされた。
      • ダーク技に相性が導入されたことで、ダークポケモンにはダークポケモンをぶつけ、普通のポケモンは消耗を抑えるためにダークポケモンとは最低限しか引き合わせない、という事が基本となった。
    • また、ハイパー状態は「リバース状態」に置き換えられ、ターン終了時にダメージを受けるデメリットのみの効果となったため、積極的によびかけて解除するのが推奨され、ポケモンを大切にしながら戦う工夫が必要になった。
      また、リバース状態になるタイミングも技を使う前から使った後に変更され、攻撃前にハイパー状態になり、1ターン行動が潰れるという事態がなくなった。

評価点・前作『コロシアム』からの改善点

  • 入手可能なポケモンはかなり豪華なラインナップ
    • 本作の看板であり、通常プレイでは唯一の登場となるルギアを始め、本家で入手困難なポケモンを多数入手できる。
      • 具体的には、『エメラルド』で入手不可能な『RS』のポケモン(アサナンやアメタマ)や、特定の1つのバージョンでしか出現しないポケモン(シェルダーやウツドン)、出現確率などの条件で捕獲が困難なポケモン(ラッキーやケンタロス)、進化までのレベル上げが非常に面倒なポケモン(カイリューやボーマンダ)など。ただし、全てを網羅しているわけではない(後述)。
    • なお、ホウエン図鑑に関しては本作と『エメラルド』の組み合わせで完成できる。
  • 入手難易度こそかなり高めだが、「しあわせタマゴ」、ピンチ時に能力が一段階上がるきのみといった本家ではそうそう手に入らない有用なレアアイテムが確実に入手できる。
  • 王道的なシナリオ
    • 前作同様に主人公がダークポケモンを回収しながら悪の組織を打ち倒していくという流れになっている。王道的だがツボをしっかり押さえており、ストーリー面で飽きることはない。
      • ただし作りの粗い部分も見受けられる(後述)
  • グラフィック・演出面
    • 大不評だったキャラグラフィックが改善され、完全にGCレベルと言い切れる出来のものとなった。
    • 技のエフェクトの質が全体的に向上した。
    • BGMのクオリティは相変わらず非常に良質。特にミラーボ戦やラスボス戦は人気が高い。
      • 前作のBGMも若干アレンジが加えられている。
  • 前作からの改善点
    • 移動中であれば本家同様メニューからレポートが可能になった。
    • トレーナーの数が激増したことにより、ダークポケモンも増えてよりスナッチをする楽しみが増えた。
    • ダークポケモンの捕獲が比較的楽になった。
      • ダークラッシュの反動ダメージがなくなり「自滅して捕獲できなくなる」という事態は起こらなくなった。一部のダーク技には反動があるものの、現時点の自分のHPを半分にするなど自滅しないように調整されている。
    • リライブがかなり楽になった。
      • リライブホールを活用すればエンディングまでに無駄なく過半数以上のリライブが可能。全てのポケモンをリライブさせるのにもそう苦労はしない。

問題点

  • シナリオの薄さ。
    • 一つのRPGとしてはそこまで悪くない無難な出来で、世界観などの変化などもそれなりに表現できているが、前作と比べるとやや粗削りかつ深みに欠けている所が目立つ上、展開もありきたりなためやや退屈。また、前作で協力関係だったスナッチ団とシャドーの対立やシャドー復活の経緯など、所々前作の設定の掘り下げが不足している部分がある。
    • 寄り道せずに進めると大体10時間~15時間もあればクリアできてしまう。そのうちの半分以上はバトルになるのでストーリーの薄さはそれ以上である。ただし、やりこみ要素も併せればその倍のボリュームはある。
      • エンディング後のシナリオも薄く、未登場のダークポケモンも1体だけ。前作だとエンディング後のシナリオが(少しだけだが)あったため、物足りなく感じる。
    • 演出面もかなりおかしい。代表的なのが「ダークルギアが客船を襲うシーンが映し出されて暗転したと思ったら、唐突に主人公とバーチャルトレーナーのバトルが始まる」というもの。しかもこれがオープニングの演出であり、当然ながらプレイヤーは置いてけぼりを食らう。
    • キャラクター一人一人の掘り下げも少ない。ラスボス一味や既に死去した主人公の父親など、いくらでも掘り下げが出来そうなキャラがいるのにほとんど説明されないのは非常にもったいない。
      • もっとも、前作でも主人公をはじめとしてキャラの掘り下げを極力しておらず、説明しないことで想像を膨らませられるという声もあるのでこれは賛否分かれる部分である。
  • パーティの自由度の低さ
    • まず、前提として前作同様ダブルバトルがデフォルトであることと戦闘のテンポの悪さから、1匹を集中的に育てることが難しく、3匹以上を育てるには時間がかかりすぎるという難点がある。また、リライブの効率やダークポケモンの仕様などから普通のポケモンは最小限に留めておきたいという事情もある。
    • イーブイの進化系はエーフィ以外火力・耐久・習得技が中途半端で扱いづらい。
      • 自力での習得技は威力・習得レベルともにかなりの難があり、例としてサンダースがでんじはを習得するのはレベル42、「かみなり」は52とかなり遅い。しかも多くの電気タイプのポケモンが主力とする10まんボルトを自力習得しないため、ラストダンジョンの一つ前で「10まんボルト」のわざマシンが手に入るまで最弱技のでんきショックを使い続けることになる。
        そのエーフィも特殊技を自力習得のエスパー技と初期技のかみつくしか覚えないため、使い勝手はそこまで良くない。
      • 他にかみつくをタイプ一致で使えるブラッキーや、比較的早い段階で手に入るわざマシン・れいとうビームで火力を補えるシャワーズはまだマシだが、残る3種類は非常に扱い辛いと言わざるを得ない。
    • 序盤から中盤に手に入るポケモンのほとんどが戦力にならず、選択肢が限られる。
      • 比較的攻撃力が高く習得技に恵まれたヒメグマや、ポケモンの捕獲の補助に役立つメリープ、キノココなどはそれなりに使い勝手が良いが、それ以外のほとんどはステータス・習得技・進化レベルなどが微妙すぎてほとんど使いものにならない
      • リライブすれば経験値が入るようになり、レベルアップや進化する余地も生まれるが、ダーク技とその耐性という利点も消えてしまうので、先頭の2匹以外はあえてリライブせずに捕まえるごとに弱い順にリストラしていった方が遥かに楽。
      • ポケスポットの野生ポケモンやNPCと交換して手に入るポケモンも全体的にイマイチ。育て切れば確実に戦力になる程の高いポテンシャルを秘めたポケモンも確かにいるが、入手時のレベルがかなり低かったり最終進化や技の習得などがかなり遅かったりと育成にかなり時間が掛かるものばかり。育成がかなり大変なこのゲームの仕様上、即戦力にならないのはかなり痛い。
      • ボス戦でも微妙なものが多く、終盤のラスボスの少し前まで即戦力になるダークポケモンが手に入らない。しかも当のラスボスの手持ちはダーク・ルギア(前半戦)+ダークポケモン化した伝説のポケモン3体+高種族値のダークポケモン3体(後半戦)というインフレぶりで、バランスが非常に悪い。
      • この問題は前作でもあったが、あちらは本作と違って序盤やボス戦などでコンスタントに即戦力になるポケモンをゲットできる機会があったのでまだマシだった。
    • 進化の石が各種最大2個しか手に入らない。
      • ほのおのいしはダークポケモンにガーディとロコン、リーフのいしはウツドン、タネボーがいるにもかかわらず1個しか手に入らない。当然、進化前のポケモンで終盤まで戦うのはかなり厳しいため使えるポケモンは更に限られてしまう。
      • ほのおのいしはイーブイ用にも1つ貰えるが、こっちを流用した場合イーブイが進化できなくなってしまう。
      • ちなみにみずのいしは選択制のシャワーズを除くとシェルダーのみ、かみなりのいしは選択制のサンダースのみ、つきのいしとたいようのいしは必要とするポケモンがいないため問題はない。
  • ダークポケモンを取り逃した場合の再戦が非常に面倒
    • 本作のダークポケモンは倒すなどして取り逃してしまった場合、ミラーボの手持ちに加わる。前作と違い、エンディング後まで待たずとも再入手できるようにはなったが、ミラーボがいなくなってから再度出現するまでにはそれなりに時間がかかる上、1戦につき1匹だけしか手持ちに加えていないため、何匹も取り逃してしまった場合相当面倒なことになる。
  • 初心者には厳しすぎる仕様の数々。
    • 前作同様レベル上げがしづらい。むしろ悪化している面も。
      • 前作と比べると登場するポケモンのレベルがかなり低くなり、レベルのインフレも最終盤に至るまでかなり緩やか。そのため唯でさえ少ない獲得経験値がさらに少なくなっており、メインシナリオの中でポケモンを強くする事はまず望めない。その一方で、比較的強いトレーナーと戦える「バトル山」はエリア9を除く奇数エリアで相手のレベルが急激に上がるようになったため、丁度いい相手と戦いづらくなった。一応、バトル山以外でも何度でも再戦できるトレーナーはいるが、エンディング後は手持ちポケモンがレベル50に固定されるので、後から低レベルポケモンを鍛えるためにはがくしゅうそうちを持たせる以外ではバトル山を使うしかない。
    • 従来のポケモンシリーズと比べ資金が非常にたまりづらく、各種アイテムが使いづらくなっている。
      • ショップで売っている技マシンも、攻撃技はめざめるパワーを除くとだいもんじ・はかいこうせんのような、価格が高い上にPPや命中率が低めの大技しかないため、一戦ごとに回復してくれる訳ではないシナリオでは使い勝手が悪い。本作はシナリオ内で手に入る技マシンに使い勝手の良い優秀なものが少ないので結構痛い。
      • 一応、シナリオ終盤で賞金を2倍にするおまもりこばんが手に入るので、これを持たせて研究所前にいるアスリンを繰り返し倒すことで資金は手軽に集めることが出来るようになるが、殆ど焼け石に水である。
  • 入手可能なポケモンは「第三世代の本家の図鑑穴埋め」としては不親切。
    • ヤドン系(『LG』限定)とヤミカラス、デリバード(どちらも『FR』か『コロシアム』限定)が入手不可能。そのため、本作と『LG』『エメラルド』に加え『FR』か『コロシアム』どちらか1本がないと図鑑完成ができない。
    • 本作で入手できるポケモンには特に珍しくないものも少なくないため、それらを入れるくらいなら上記の抜けをなくして欲しかったところ。
  • 前作で不評ながら改善を望まれていたコロシアムモードが削除された。
    • 前作のものは荒削りではあったが独特の面白さがあり、本作で改善を望まれていた。しかしそれをまるまる削除するという斜め上の対応。一応シナリオモードに類似したルールのものが1つだけあるが、後述の有様。
    • 結局散々宣伝していたくせにGBAとの連動でやれることはストーリー上で捕まえたポケモンの交換と対戦のみ。あんまりすぎる。
  • エンディング後に解放されるオーレコロシアムの難易度。
    • 1セット4戦が8セットという仕組みになっており、勝ち抜くことでしあわせタマゴが手に入るイベントが発生したり、称号や優秀なわざマシンがもらえるなど、やりこみ要素の一つになっている。
    • しかし、やりこみ要素と言う事もあって1セット目の初戦から尋常ではない高難易度ぶり。本作で手に入るポケモンだけでは全く歯が立たないのは言うまでも無く、GBAの他作品からポケモンを連れて来るにしても、バトルフロンティアなどのハイレベルな対戦に備えて一から厳選して丁寧に育てたようなポケモンがいなければ1勝すら危ういレベルで、敷居はかなり高い。
    • しかも、レベルに関するルールがかなり厄介。基本的に自分の最高レベル=相手の最高レベルというルールだが、こちらの手持ちの最高レベルが60未満の場合は相手の最高レベルは60に統一されてしまう。そのため、GBAから連れてきたポケモンが(当時の大会などのルールに準拠した)レベル50ルールに則って育てていたものだった場合、そのポケモンをレベル50ルールで使えなくなることを覚悟してレベル60以上に上げるか、使用を諦めてこのコロシアム戦の為に1からポケモンを育てないとならない。
  • 相変わらずのテンポの悪さ
    • 前作で問題となった一部のポケモンの瀕死後のアニメーションの長さが短縮されるなど改善された部分もあるが、それでも全体的にアニメーション部分が長い。本家と違って設定でエフェクトを切れないのも致命的である。また、移動も速くはない上、本家のように移動速度を上げることもできず、テキスト速度も変更できない。
      • ストーリー上複数回行かなければならないONBSビルは街の入り口から遠く、エレベーターを一つずつ乗り継いで屋上まで行かなければならず、非常に煩わしい。
  • 敵トレーナーが使用してくるポケモンがかなり偏っている。
    • 本作では『RS』までのポケモン300種以上が登場するが、戦闘回数の割に使ってくるポケモンが似通っていることが多々あり、飽きやすい。
    • 例えば、最序盤のノーマルタイプでは第2世代のオタチ、第3世代のジグザグマは頻繁に登場するが、第1世代のコラッタは全く出ない、同じく最序盤の虫ポケモン枠でも第3世代のアゲハント、ドクケイルは頻出するのに第1世代のバタフリー、スピアーはほとんど出ない。
  • 戦闘時のBGMが偏っている。
    • シャドー戦闘員戦は数の割にレパートリーが少なく、同じ曲ばかり流れる傾向が強い。反面前作で好評だった戦闘BGMは聞ける機会が少なくなっており、非常にもったいなく感じる。
    • バトル山のBGMが変化しなくなった。
      • 前作ではエリアごとに戦闘時のBGMが変わる仕様だったが、本作では全てのエリアでBGMが統一された。せっかくの名曲も長丁場になると飽きやすい。
      • 本作では棄権せずに100連勝することでジョウト御三家を1匹もらえるが、早くても3時間はかかり、その間ずっと同じ曲を聞き続けることになるため作業ゲームになりやすい。
  • 最初のタイトルが出てるときに何もボタンを押さずにいるとデモが流れるが、そのデモで、ストーリーのほとんどをネタバレしてしまっている。RPGを押し出すなら、一番出してはいけないネタバレを何故修正しないのか…
    • ちなみに前作でも同じ事をやらかしている。

総評

前作の不評から多くの要素の改善が望まれていた本作。
しかし結局ゲーム性に関わる問題点は解決されず、シナリオや演出面など前作に劣る点が散見されるため、続編物として決して良くない出来である。
また、第三世代との連動要素は散々宣伝されていたのに申し訳程度しかなかったことから、主に『ルビー・サファイア』の新ポケモンで深い対戦ができると思っていた人達をガッカリさせたことも忘れてはならないだろう。
以上の点により、ジニアス・ソノリティ=ポケモンに不向きという図式をコアなファンに確立させた作品となってしまった。

しかし、相変わらず良質なBGMやバグの少なさ、前作で不評だった要素の改善など、一定のクオリティはあり、第三世代以降で使える特別なポケモンを捕獲できるツールとして捉えたり、本家とは一味違うポケモンを楽しみたいならやってみる価値はある。
逆に高い完成度を持つ対戦ツール・RPGを期待する人にはお勧めできない。


余談

  • その後の展開
    • 当時GCや第3世代が末期だった事や前作のような希少価値のある特典ディスクもなかったため、すぐに値崩れが起き、次世代機のWiiが発売される頃には300~500円程度で投げ売りされている光景もしばしば見られた。
    • なお、本作の反省からか次作『バトレボ』は対戦に特化した内容となったが……。
  • 本作ではエーフィ・ブラッキーの進化条件である時間の概念は存在しないが、代わりとなるアイテムがもらえ、これを持たせてなつき度を上げることで進化可能。
  • ラスボスの戦闘開始時の台詞「死ねい!」はポケモンシリーズとしていかがなものか、と物議を醸した。
  • ラスボスが持つダークポケモンの厳選難易度は、厳選が不可能なもの(コロシアムのホウオウ、セレビィなど)を除けばポケモン史上最高とも言われている。
    • これはバトル後に強制セーブされる仕様のせいで能力が見れないバトル中に厳選をする必要があるという仕様のため。HPと素早さは計測可能だが、他の能力と性格はお互いのダメージから逆算しなければならない。
    • よりにもよってラスボスの手持ちに「きんぞくおんサンダー *4 」が含まれているため、厳選するものは少なからずいた。
    • 現在は乱数が解析されており、それに抵抗がなければ乱数調整も可能になった。
    • 前作もだが、本作はセーブデータがコピー不可能であるため、一切の抜け道はない。
  • 本作および『コロシアム』で入手できるナショナルリボン(リライブが完了した証=元ダークポケモン)が付いたポケモンは『BW2』以降GTS、ミラクル交換などの交換に出すことができない
    --ちなみに「何故交換できないのか」と公式に問い合わせても回答を拒否される。