ADVANCED V.G.

【あどう”ぁんすど う”ぁりあぶるじお】

ジャンル 格闘ゲーム
対応機種 PCエンジン
プレイステーション
セガサターン
開発/発売元 戯画
発売日 【PCE】1994年7月21日
【PS】1996年4月19日
【SS】1997年3月14日
定価 【PCE】9,504円
【PS】5,040円
【SS】8,424円(各税込)
配信 【ゲームアーカイブス】2009年3月25日・617円(税込)
判定 なし
ポイント ウエイトレスが殴り合う莫迦ゲーム
オリジナル版よりも強化されたコンシューマ版
格ゲーとしては普通
戯画作品リンク


概要

PC98でリリースされた18禁格闘ゲーム『ヴァリアブル・ジオ』シリーズの移植版。シナリオ上はパラレルワールドであり、一部人物設定などに矛盾がある。
同様にパラレルワールドとなる移植作品にはSFCの『スーパーヴァリアブル・ジオ』が存在している。

「ヴァリアブル・ジオ」とは最強のウェイトレスを決める格闘技大会であり、
様々な飲食店から腕に覚えのあるウェイトレス達が優勝賞金10億円と、その所属企業に与えられる伝説の一等地を巡って激しい戦いを繰り広げる。
従って、本作のプレイキャラはあるキャラを除いて全員が女性である。
なんでウェイトレスが強くなければいけないのか?なんてツッコミは禁句。

システム

  • 当時の格闘ゲームとしては特殊なシステムは無く、またコンシューマ移植によりエロパートが無くなった事で特徴はやや薄れている。
    • 一部の技でパンチラする程度。ただしPCエンジン版では15歳ロリ娘の下着姿などが拝める
  • 各キャラの必殺技は2種類+超必殺技1つ。またガードされると削れない「特殊技」も存在し、更に続編などで技が追加されている。飛び道具もあるが発射速度と使用間隔の都合で「ジャンプして避けながら接近→ジャンプ攻撃」という形で攻められやすい。
  • 難易度設定によってはエンディングが一部変化。

評価点

  • 遊びやすく調整されたUI。
    • そもそもがパッドではなくテンキーでの戦闘が前提だったPC版と異なり、色々な意味で遊びやすく進化。
    • 格闘ゲームブームの中で後発組だった事もあり、システム面では大きな破綻はない。
    • エロメインで粗削りだった格闘部分がしっかりと洗練された、と言える。
  • 女の子が、個性豊かでありかつ皆可愛い
    • 元がエロゲーなので「当然」といえば当然なのだが、そういった用途を想定しなくてもそれぞれ魅力的。
      • 因みに続編までのキャラクターデザイナーは『勇者王ガオガイガー』シリーズで有名なあの木村貴宏氏である。実はエロゲー関係者だったのか。
  • 声優が豪華
    • 当時はまだ新人だった野上ゆかな氏や手塚ちはる氏、椎名へきる氏らが声を当てており、ゲームを盛り上げている。

賛否両論点

  • シリーズ通して言える事だが、超有名格闘ゲームじみている。
    • 蛙飛びアッパーや手から気を飛ばす技を使う主人公、炎を操る良きライバル、主人公の肉体を狙う黒幕など。
      • この上続編では主人公に憧れる新主人公まで登場する。
      • 因みに彼女達が所属する店はどれも知ってる様な名前。パロディーと見るかパクりと見るかはあなた次第。

問題点

  • 一部キャラクターのバランスの悪さ
    • 具体的に言うと、「久保田潤が強すぎる」。
    • オリジナルでは地を這う飛び道具だった「アースシェイカー」がレイジングストーム対空迎撃にも使える障壁タイプの技となり、更に攻撃判定の広い(所謂「吸い込み」発生*1)掴み技「久保田バスター」の破壊力が上がったため火力が尋常ではない。確かに設定上他のキャラクターがほぼ素人(普通のウェイトレス)なのに対し、彼女だけレスリングのオリンピック選手候補だったが…。
    • 加えてなぜか彼女だけコマンド入力でスウェーが可能。発動時は無敵状態になって、投げ以外は無効にしてしまう。
    • そしてなぜか彼女だけパンチでもキックでも投げ技に移行でき、しかもパンチ投げ「ベアハッグ」は久保田バスターと同じ威力に設定されている…。
    • 「AVG2」では久保田バスターを空振りするとスカリモーションが入るようになったり、アースシェイカーが前の仕様に戻ったりと若干弱体化設定されてはいる。
    • 更に付記すると「火力は高いが隙が出来やすく、玄人のガチ対戦向きではない」という声もある。
  • 逆に真奈美ちゃんはその矮躯からか全体的に火力不足で、当たり判定の小ささと手数で攻めてもあっさり逆転されやすい。
    • ちなみに本作では「ねころけっとぱんち」の自爆ダメージが存在しないが、続編では微妙にダメージを受けるように戻されてしまった。
  • PS/SS版のみ、増田千穂の技が新しいものになっているが、コマンドのわりに使いにくく単なるロマン技と化している。
  • PS版はシナリオが次回へ続く終わり方となっている。予め続編を出すつもりだった?

総評

エロゲーの移植でありヒロインだけの格闘ゲームということでイロモノ扱いされがちだが、バランスがかなり悪かったオリジナル版と比べても進歩し他の格闘ゲームと肩を並べられる出来になっている。
とはいえ、ガッチガチにチューンされた廃人仕様の格闘ゲームには程遠くマニアなプレイヤーにはあまり向かない。
絵柄が気に入って格闘にも興味がある、というのであればオススメ出来る作品と言えるだろう。

余談

  • 15歳ロリ娘の真奈美ちゃんだが、18禁版では彼女もエッチの対象となっている
  • PS版の発売から約1年後の1998年には続編『ADVANCED V.G.2』が発売。
    • 格闘ゲームとして大幅進化しシナリオも完結したが、新たに永久コンボなどの問題が。そのせいかゲームアーカイブス版が今作から8年以上出なかった。
    • 尚、新主人公ものちの作品ではエッチの対象となっている
      • 因みに彼女は14歳。(真奈美ちゃんはぎりぎりいいとしても)立派な未成年である。