ママとの甘い性活II

【ままとのあまいせいかつ つー】

ジャンル アドベンチャー

一応画像掲載自粛
https://www.amazon.co.jp/dp/B071DD7RMZ

対応機種 Windows Vista/7/8/10
発売・開発元 コンプリーツ
発売日 2017年7月21日
定価 4,800円(税別)
レーティング アダルトゲーム
判定 クソゲー
ポイント 2017年クソゲーオブザイヤーinエロゲー板大賞
わくプリの再来
前代未聞の絵の低品質さ
狂ったパース
短すぎる内容
声優とBGM問題なし
クソゲーオブザイヤー関連作品一覧


概要

『Theガッツ!』シリーズ等で知られるコンプリーツが発売した18禁恋愛アドベンチャーゲーム。通称「ママII」。

あまりにも特徴的な絵柄から、発売前から見えている地雷として危惧されていた本作だが、いざ発売されてみるとその危惧が想像をはるかに超えた状態で現実化していたことが明らかになり、ユーザーを驚愕させた。


ストーリー

僕のママは2年間入院の末、僕が10歳の時病気で亡くなった。
パパは数年前から新築マンションの現場管理を担当する事になってあまり家には帰ってこれない。

ある日まだ僕が幼い為パパは新しいお母さんを連れて帰ってきた。
その人は僕と10歳も離れていないからその人の事を「ママ」とは呼べず「香織さん」と呼んでる。
ちょっとドジでおちょこちょいなこの人は、楽天家で悪戯好きな僕にとって親戚のお姉さんみたい。
香織さんは「ママ」って呼んで欲しいらしくいつも一生懸命に色々してくれるんだけど…。

いつもの様にパパは留守で、二人でTVを観ていると、催眠術の特番が始まり芸能人が催眠術を掛けられていた。
二人はお互いに催眠術を掛けてみたくなって実践してみることに…
催眠術を使ってHな悪戯を始めた事から、今まで感じたことのない感情が芽生え始める主人公。

香織さんはママなのか? 一人の女性なのか? 優しいお姉さん香織の手解きを受け童貞を棄てマザコンを卒業出来るのか?
普通の親子の様な信頼関係を築く事が出来るのか?
催眠術を巧みに使いパパが留守中に二人の関係を構築するエロコメディ。

(公式サイトより抜粋)


登場キャラクター

  • 星野 輝
    • 身長145cm。元からいたずらっ子で明るい性格だが、実母は亡くなってからは少し鳴りを潜めている。
    • マザコンであり、実母が亡くなった事を引きずって香織を「香織さん」と呼ぶなど、他人行儀な面が目立つ。
    • 本作は催眠術の特番を香織と共にテレビで見ていたところから始まる。
  • 星野 香織(CV:真壁 由依)
    • 32歳、身長162cm。本作のメインヒロインであり、輝の父親である守の会社で働いていたが先妻の死後に求婚されて星野家の後妻として加わった。
    • 輝とは母親として関係を築こうとコミュニケーションを取ろうとするが、あまり上手くいっていない。
  • 小夜(CV:月野 夕紀)
    • 28歳、身長158cm。催眠術師で催眠術を教える先生でもある。想い人がいるそうだが、中々踏ん切りがつかないらしい。
    • 無愛想な印象を受けるが、輝には優しく接する。
      • 香織ほどでないが、バストは95cmとかなりの巨乳。28歳という年齢の割にはかなり若く見える。

特徴

  • 選択肢で分岐するアドベンチャーゲーム
    • 小夜と香織の2人の個別ルートがあり、エンディングは5つある。
    • 選択肢は4箇所と少な目。
      • 小夜エンドは1つしかない。最初の選択肢次第では香織エンド一択になる。もっとも、小夜エンドが多いとそれはそれでタイトルに反するが…。
  • ゲーム進行において致命的なバグはない。

問題点

  • 絵があまりにも低レベルすぎる
    • 本作の最大の問題点 。その酷さは商品パッケージや公式サイトで見られるサンプルの時点で既に素人レベルなのが見れば分かるが、あろうことかサンプルのみならず、ゲーム全編に渡って同様の酷い絵柄で描かれている。
      しかも本編ではサンプルよりもはるかに狂った絵が続々と出てくる。
    • 特に肝心のメインヒロインである香織はこの影響をモロに受けており、身体はまだ肉付きの良さがうかがえる分マシだが、顔が毎度毎度別人のように変化する。
      両目がイってるようにしか見えない、顔が潰れて平べったくなる*1等、HPで見られる絵ですら違和感を持ってしまう。タイトル画面では、カエルのような顔の香織がずっとこちらを見てくる。一種のホラーである。
      • 絵柄そのものを許容できたとしても、更に構図が酷く崩れているので顔の形が安定せず非常に気持ち悪い。特に香織は後半まったく安定しない。
    • 絵によっては両目とも明後日の方向を見ている香織輝の舌があらぬ方向から出ているなど、絵を描き始めたばかりの素人がやるような初歩的なミスを見せられる羽目になる。2人の体が重なるシーンでは両者の身体がキョンシーの如くピンと張っており、組体操と揶揄されている。
  • ボリュームが薄い
    • 全て完走して1時間、じっくりボイスを聞いても3時間というミドルプライスでも割に合わなさすぎる薄さ。
    • 逆に「この短さのおかげで地獄から早く解放されてよい」という意見まで出る程。

評価点

  • ボイスは高評価
    • ヒロイン役の2人は役にハマった演技なので充分盛り上がる。
  • キャラクターの設定やストーリーは無難
    • 小夜ルートで、逆に輝が小夜に催眠術をかけ、クールな大人がショタに対して媚びるようになったり、香織ルートでは香織に雌犬になる催眠をかけてコトに及ぶなどシチュエーションもそれなりに豊富で、上述のボイスも合わさって完成度もそこそこある。
    • 催眠術・おねショタを盛り合わせた展開はありがちではあるが、エロゲの題材としては受け入れられやすく無難な線と言える。

総評

発売前から「見えている地雷」と揶揄されるまま世に放たれた本作。実際の内容はというと、キャラ頼み故に歪んだシナリオ・低品質な声優の演技・致命的なバグ…など他のクソゲーにみられる問題点は無く、ボリュームの薄さを除けば「合う人にはそこそこ楽しめる」佳作の範疇に収まっている。
…にも拘らず、絵が見るに堪えないというその一点だけでもってこれらの評価点を塗りつぶし、作品全体の評価を墜落させたストロングスタイルのクソゲーである。

エロゲにとってCGの質がどれだけ重要なポジションを占めているのかが、改めてよくわかる一品である。



余談

  • 前作である『ママとの甘い性活』は2016年11月25日に発売されている。
    • 本作と違いパッケージはごく普通である。
    • ちなみに『II』で香織役の真壁由依は、『I』でもメインヒロイン役を務めている。
+ 画像

  • コンプリーツのTwitterで発表されていた本作の絵に関しては4月27日時点ではメインヒロインの香織の絵の初出しではそこまでは問題は無かった。
    • しかし6月16日に再度パッケージ絵が出された際には劣化した。
      • 桜薫子という人物が原画を担当しているのだが、特に交替したわけではなく続投している。
  • 絵が酷いエロゲとして金字塔を打ち立てた『わくわく☆惑星プリンセス』が引き合いに出され、 「わくプリの再来」 とまで称されることとなった。
    • 一部ではママIIをするぐらいならわくプリの方がマシとまで言われているが、あちらのようなテキスト面での突飛さや変な電波成分はない。
      それだけに、絵の稚拙さが非常にもったいない。
  • 目を瞑ってテキストを進めれば即席のボイスドラマとして活用できるという発想もある。割り切れさえすれば、真壁女史のエロボイスを堪能できる。
    • もっとも聞こえるのはヒロインの台詞だけであり、主人公にボイスが無い為ドラマというよりは所謂「添い寝CD」に近いか。
    • というかこの観点でも目を瞑らなくてもいい分アイ惨の方がマシとか言われたりするが。
  • 体験版が配信されており、序盤と小夜のエッチシーンを閲覧できる。
  • 2017年度クソゲーオブザイヤーinエロゲー板大賞を受賞した。
    • 次点の『お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!2』や『恋愛教室』が声優の演技、バグ等で勝負していたのに対して、本作がグラフィックの低レベルさ一点で大賞に上り詰めたのも、この作品のインパクトの強さを物語っている。
  • 勘のいい人は気づいたかもしれないが、32歳の香織と「10歳も離れていない」輝の年齢は、単純に考えて少なくとも 22、3歳以上 ということになる。
    そのような年齢で身長145cmという輝の身には一体何があったのか…。