スーパー戦隊データカードダス

【すーぱーせんたいでーたかーどだす】

ジャンル トレーディングカードアーケードゲーム
対応機種 アーケード
発売元 バンダイ
発売元 メトロ
稼働開始日 2018年2月15日
プレイ料金 100円
判定 クソゲー
ポイント 建前通りのカード自動販売機
スーパー戦隊ゲームリンク
データカードダスシリーズリンク


概要

  • スーパー戦隊バトル ダイスオー』が2014年に稼働終了して以来*1、3年間登場していなかった*2「スーパー戦隊シリーズ」のデータカードダス。
    • データカードダスOタイプの筐体を採用しており、排出されるカードはその場で印刷されるオンデマンドタイプとなっている。
    • 2018年時点ではシリーズ最新作である「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」をメインに取り扱っている。そのため、2018年時点の正式なゲームタイトルは『スーパー戦隊データカードダス 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』である。長い。
    • 通常、データカードダスシリーズはタイトルの頭に「データカードダス」が付くが、なぜか本作はタイトルの後に付いている。
  • スーパー戦隊と並び称される特撮作品である「仮面ライダー」「ウルトラマン」が現在もデータカードダス展開を続ける中、スーパー戦隊のみ『ダイスオー』以来長らく展開が途切れていた。そんな中に飛び込んできた本作の情報はかつてのダイスオーファンを大いに期待させるものだったが、蓋を開けてみると……。

ゲーム内容

  1. 100円を投入し、カードを買うか、スーパー戦隊おうえんバトルを選択する。カードは100円につき1枚、最大5枚まで購入可能。
  2. 「スーパー戦隊データライセンス」と呼ばれるQRコードの記載されたセーブ用のカードを読み込ませる。カードなしで遊ぶことや、その場で新しく作ることも可能。
  3. カードを1枚スキャンする。スキャンしたカードにより、登場する戦隊やガイドのキャラクターが変わる。また、スキャンしたカードのレアリティにより(☆1~3)、後述する「おうえんパワー」のボーナスが貰える。
  4. 戦隊と敵のバトル。戦隊を直接操るのではなく「応援」する形式なのが特徴。ボタン連打やレバー回転といった操作を行う事によりバトル中に「おうえんパワー」と呼ばれるポイントが貯まり、5つ貯まるごとに印刷対象となるカードの候補が増える。
  5. 敵を倒すと、今度は巨大化して襲い掛かってくる。戦隊側はロボットを繰り出してさらに戦うことになるのだが、このロボバトルを行うには追加で100円の投入が必要。
  6. バトル終了後、ゲーム中に手に入れたカード候補から1枚選択して排出する。ロボバトルを行っていた場合は2枚選択して排出する。

問題点

  • あまりにも薄すぎるゲーム性
    • 上記のゲーム内容だけを読むと、手持ちのカードで好きな戦隊のメンバーを選択してチームを結成し、タイミング良くボタンを押したり、ボタンを連打することで、戦闘力を上げて敵と戦うゲームである……そんなイメージができるだろう。 だが、本作はそのような内容ではない。
      • カードは1枚しかスキャンできない。そのため、登場する戦隊はルパンレンジャーかパトレンジャーの固定メンバー3人のみ。好きなメンバーでチームの結成をすることはできない。
      • ボタンを押すことにタイミングは要求されない。ボタンを押せ! と言われたら、タイミングに関係なく押せば良いだけである。もっと言えば、放置しても押した扱いになってゲームが進む。
      • ボタン連打についても、連打すれば確かにそのパワーで敵を押し返すが、数値的なものが増えるわけではない。また、少ししか連打しなくても、すぐにゲージが貯まる。
        ちなみにボタン連打については放置すると、勝手にゲージが貯まらず敵に負けてしまう。その際は「ちゃんと応援してくれ」とレンジャーに文句を言われるか、別のレンジャーが乱入して代わりに戦ってくれて、ゲームが進む。
      • レバー回転も同様にすぐにゲージが貯まるが、放置してもなぜか勝手にゲージが上がり、レバーを回した扱いになる。
      • 以上のことから、バトルが始まってから一切ボタンを押さなくても、自動で勝った扱いになる。この手のゲームにありがちな運要素すら存在しないという有様。
    • 数値的なものが一切登場しない。戦隊にも敵にも攻撃力やHPのような設定はない。スコアもないため、ランキングのようなものもない。
      • おうえんパワーが唯一のバロメーターとなるかもしれないが、どのようなバトル展開であろうと、貰えるポイントは一定である。
      • 戦うレンジャーによって得意、不得意な設定もなく、属性のようなものもない。
    • 結局のところ、プレイヤー側は介入できる要素がほとんど存在せず、終始見ているだけになる。
      • ちなみに、ご丁寧にもゲーム中で「 レバーやボタンの操作に関わりなくおうえんパワーがもらえる 」旨をガイドキャラが教えてくれる。 ならばもはや遊ぶ意味すらないのでは?
  • バトル・演出が貧相
    • 前述のとおり、ゲーム性がなかろうとも、プレイヤーの胸を熱くさせるレンジャーによる戦闘が見られるのなら、本作の存在価値はあったのかもしれない。しかし、本作のバトルは一昔前のソシャゲのように1枚絵で動きのない敵に向かって攻撃を仕掛ける、というものになっており、恐ろしく手を抜いた内容になっている。
      • 具体的に言うと、戦隊側が3DCGなのに対し敵側は 劇中スチールを流用した写真、ハリボテ である。さらに「レジェンド戦隊チャンス」で助けに来てくれる歴代戦隊すら 集合写真 という始末。
      • 助けに来る際にその戦隊のレッドと思しき人物が一言喋るが、戦隊によってはその一言すら作中におけるレッドのキャラクターに沿っていなかったり、寄せる努力すらしていない代役の声だったりする。『ダイスオー』で見せた偏執的とさえいえる劇中ネタ再現力はいったいどこへ……?
      • レンジャーやロボットは3DCGで描かれてこそいるが、他のデータカードダスと比較するとその質はさして高くない。というか、『ダイスオー』*3から まるで進歩していない
      • 『くじガシャポン 仮面ライダーブットバソウル』も本作と同じくプレイヤーによる操作と無関係に抽選を行うものだが、あちらが歴代ライダーの出演俳優を起用した豊富なキャラクターボイスやド派手な当たり予告に定評があることを鑑みると、悲しいものがある。
  • 追加料金を取られるロボバトル
    • 敵とのバトルが終わると、敵が巨大化してくるので、それを食い止めるため、戦隊側はロボットを繰り出して戦うことになる。だが、それを遊ぶのになぜか追加で100円払わねばならない。しかもバトル自体はさほど時間もかからずに終わる。
      • 先述の通りロボの3DCGも大した出来ではなく、合体シーンは写真カットイン。2弾からはルパンカイザーナイトやパトカイザーバイカーといった武装合体形態も登場するようになったが、だからといって攻撃モーションは一切変化しない。
    • 必殺技は 謎のオリジナル技 である。ルパンカイザーなら「イタダキバスター」、パトカイザーなら「イチゲキバスター」と名称こそ異なるが、技の内容はどちらも胸部から放つ謎ビームである。本編にはこのような技は存在せず、『ダイスオー』におけるゴーカイオーの「ゴーカイクラッシュ」のように本編に輸入される気配もない*4
      • 尚本編では、ルパンカイザーは巨大VSチェンジャーからの乱射攻撃「グッドストライカー連射 倒れちまえショット」、パトカイザーは左腕部のキャノンを使った「パトカイザー弾丸ストライク」という技が基本の必殺技。胸からビームを放つシーンは無い。
    • このロボバトルは、たまに発生する特別イベントではなく、毎回必ず発生する。そのため、必然的に1プレイ200円となってしまう。まあ無理してロボバトルをする必要もないのだが。
    • そしてそのロボバトルも、ロボットの攻撃方法を何度か選択するだけであり、防御やカウンターのような駆け引きや、攻撃方法を使い分けることによりダメージが異なるなど、ゲーム的要素が一切ないことも追記しておく。ちなみにこちらでも選択しないと、勝手に戦ってくれる。
      • 一応、ロボバトルでもらえるおうえんパワーによって獲得できるカード候補が多少増えるというメリットはある。だが、裏を返せば メリットなどその程度しかない
  • ほとんど意味のないデータライセンス
    • 一般的にTCAGのセーブ機能はプレイヤーのスコアや、クリア状況などが保存されるが、本作にはそういったものは存在しない。データライセンスで保存されるのは、プレイヤーの名前・誕生日・集めたカードの情報のみである。そのため、作成するメリットが非常に乏しい。
      • その乏しいメリットは、個人のカード収集状況に応じカード候補の上に「持っていないカード」という表示がなされる、ゲーム終了後に見られるカードアルバムが埋まっていく、といった程度のものである。あったらあったで便利だが、なくても別に構わないレベル。
    • データライセンスには、ルパンレンジャー仕様とパトレンジャー仕様の2種類あり、作成するときにどちらか選択することができる。選択したレンジャー側のカードが排出されやすくなる、という効果がある。また、誕生日の月に遊ぶと、特別なカードがもらえる。
      • これらはカード排出についての効果であり、ゲームには影響しない。

評価点

  • 排出されるカード
    • 登場人物のブロマイド的なカードや、レンジャーのカード、名シーンのカードなどが排出される。特に名シーンのセレクトは絶妙であり、第4話でぬいぐるみに頬ずりするつかさ、第11話で 性転換させられたパトレンジャー など、印象的なシーンが数多くカード化されている。
      • 名シーンのカードは「スペシャルカード」と呼ばれ、基本的に毎週日曜の『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』放送後に3枚ずつ更新される。テレビで見たシーンをすぐにカードとして入手することができるのは、オンデマンドタイプのデータカードダスならではの要素といえる。
      • 「俳優・中の人」のカードはダイスオー時代には無く、特撮作品全体のグッズ展開としても希少価値がある。
      • レジェンド戦隊カードとして、過去のスーパー戦隊もカードとして排出される。これらはいずれもレアリティ☆3として扱われる上、使用すると必ずレジェンド戦隊チャンスが発生するため、おうえんパワーを増やすのに重宝する。
    • 排出されるカード自体はファンアイテムとして優秀であるため、スーパー戦隊のカードの自販機扱いされることも。キッズ向けTCAGの建前上、間違ってはいないのだが……*5
      • そもそもゲーム中にやたらとカード排出についての話ばかりされるので、公式的にもそのような扱いかもしれない。

総評

本作は未就学児を対象としているとのことだが、だからといってここまでゲーム性が薄すぎるのは如何なものか。便宜上、判定は「クソゲー」としているが、果たして本作は「ゲーム」と呼んでいいのかすらわからない。プレイしていると虚無感すら漂ってくる本作は、「 ゲー無 」と呼ぶのが最も適切ではないかと思われる。
更に、「ヒーローの中の人」カードはその対象としていた(と思われる)キッズに対しての需要は皆無に等しい。
もはや何がしたかったのか、どの層がターゲットだったのかわからなくなってしまっている。