エレクトロプランクトン

【えれくとろぷらんくとん】

ジャンル メディアアート
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 任天堂
開発元 インディーズゼロ
発売日 2005年4月7日
定価 4,571円(税別)
プレイ人数 1人
セーブデータ なし
レーティング CERO:全年齢(全年齢対象)
備考 オリジナルヘッドホン同梱
判定 なし
ポイント Touch! Generations第1弾
ゲームに落とし込んだメディアアート
行き届いた割にボリューム不足
Touch! Generationsシリーズリンク


概要

メディアアーティストで知られる岩井俊雄が制作した、初のメディアアートの環境ソフトゲーム。
日本における「Touch! Generationsシリーズ」の第一弾(海外では『Nintendogs』が初)。


特徴

画面内に生息している「電子プランクトン」をタッチしたり、マイクに音声を吹き込むことで、個性的な音とリアクションを楽しむ。

異なる遊び方が用意されている。全部で10種類。

トレーシー

  • 三角形の形をした電子プランクトン。
    黄色・緑・水色・瑠色・桃色・赤の6色。タッチペンで書いた線を走る。

ハネンボウ

  • オタマジャクシ様な姿で草花の上を飛び回る。
    葉の上に乗ると色が変わり、全て赤に変わると花が咲く。

ルミナリア

  • 8つの刺が付いた電子プランクトン。
    赤・黄色・水色・黄緑の4色。
    矢印をタッチすると向きが変わり、動き出す。
    色によって速さが異なり赤・黄色・黄緑・黄色の順番で早くなる。

タイヨウチュウ

  • 太陽の様な姿の電子プランクトン。
    タッチで卵を置くと音を流しながら育つ。
    時間が経つと夜になって三日月の「ミカヅキモ」になる。

レックレック

  • 魚の様な電子プランクトン。
    桃色・黄色・水色・黄緑の4色。
    音を録音し、リズムに合わせる。

ナノカープ

  • マスコットキャラ的存在のクリオネの様な電子プランクトン。
    手拍子や声等の音に反応して、円やウェーブ等の並び方に整列する。

ヒカリノワ

  • 丸い輪の様な電子プランクトン。
    タッチで回すと色が変わり、音が鳴る。ヒカリノワの位置や回転の方向によって赤・黄緑・水色・紫の色に変わる。

マリンスノー

  • 雪の結晶の様な電子プランクトン。
    六角形・三角形・四角形・五角形の四種類が存在する。
    種類によって音が異なり、六角形はピアノ、三角形は鉄琴、四角形はオルゴール、五角形は金属系のやわらかく高い音がする。

ツリガネムシ

ボルボイス

  • 声を録音する電子プランクトン。
    姿は全部で16種類。逆再生を初めとする声質とスピードが変化する。

評価点

  • グラフィックと演出
    • メディアアートの名に恥じない、初期のDSの性能の限界を発揮した。
    • 色合いが増えた事で、色が細かく変化したり、スプライトが増えた事で時代の新しさを感じさせている。
  • 電子プランクトンのデザインが個性的。今見ても可愛い。

問題点

  • 定価が高いが、ボリュームが少ない。今作における最大の問題点。
    • 登場する電子プランクトンは10種類のみで飽きやすい。

総評

「Touch! Generationsシリーズ」の原点。
ボリュームがなく飽きやすいが、メディアアートをゲームに落とし込んだ功績は大きい。


余談

  • 大乱闘スマッシュブラザーズX』に「エレクトロプランクトン」名義でハネンボウをモチーフとしたステージが登場した。
    • 今作同様、葉を赤くすると花が咲く。
    • シンボルマークはナノカープ。
    • 2018年発売の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にも登場する。
  • 2009年にDSiウェア用ソフトとして各200DSiポイント(税5%込)でバラ売りのダウンロード販売が行われた。
    • 電子プランクトンの名前が変更されている。
+ DSi版の詳細
  • 名前の変更
    トレーシー→トレーピー
    ハネンボウ→ハネンボン
    ルミナリア→ルミナリアン
  • 発売日
    7月8日 トレーピー・ハネンボン・ナノカープ・ツリガネムシ
    7月22日 レックレック・ヒカリノワ
    8月5日 ルミナリアン・タイヨウチュウ
    8月26日 マリンスノー・ボルボイス
添付ファイル