インフィニットループ ~古城が見せた夢~

【いんふぃにっとるーぷ こじょうがみせたゆめ】

ジャンル ミステリアスファンタジーアドベンチャー
対応機種 プレイステーション・ポータブル
開発・発売元 日本一ソフトウェア
発売日 2008年7月24日
定価 4,800円(税別)
レーティング CERO:B 12歳以上対象
廉価版 The Best Price : 2009年6月25日/ 2,800円(税別)
配信 PlayStation Store : 2009年11月19日/ 2,263円(税込)
判定 良作
ポイント 自力で移動も会話もできない「憑依システム」で様々なトラブルを解決する

概要

ストーリー

とある小さな王国での物語。
国王の亡き後、王位継承を控えていた若き王子・ウィリアムは突如現れた死神の眼を見てしまい、死亡してしまいます。
彼は自分の遺体を見つけたメイドの背後につき、自分の死後の状況を見て回ることになります。

(公式 ホームページより抜粋)

システム

憑依システム

  • 主人公は自分で移動できず、他の登場人物の背後に憑依して、その人物と共に移動することになる。
  • 憑依した人物が他の登場人物と会話をした際には、会話相手に憑依して憑依先の人物を乗り換えることが出来る。

夢システム

  • 主人公は他の登場人物らの会話内に現れた「キーワード」を憑依している人物に 夜に 与えることで、それにまつわる夢を見させることが出来る。
    会話の出来ない主人公(というかプレーヤー)が唯一、ストーリー分岐に関与できる手段である。
    • 登場人物は時に徹夜することが有り、その場合は「キーワード」を与えられない。
      また、徹夜明けに昼間に寝ることもあるが、この場合も 夜ではない ので「キーワード」を与えられない。
    • 与えたキーワードが無効な場合、憑依した人物に「よくわからない夢だった」と言われる。
      • 憑依した人物と「キーワード」の他に与えるタイミングも重要な場合があり、「よくわからない夢だった」と言われた「キーワード」でも、別の日だと効果がある場合がある。
    • キーワードを与えたものの、その日に憑依した人物にどんなキーワードを与えても意味のない日(1日目のセレスなど)には、翌日、憑依した人物は「・・・」という反応を示す。
  • キーワードは思わぬところで出現する場合があり、登場人物らの独り言などもくまなく見て回る必要がある。

キャンドルリスト

  • 憑依した人物に「キーワード」を与えて夢を見させることで、その人物の行動を変えた場合、キャンドルリストに登録される。
  • キャンドルリストに登録される内容は、主人公との過去の出来事を思い出させるという些細なものから、登場人物の死亡フラグを消すものまで重要度は様々である。
    • 登場人物の死亡フラグを消すもののような重大なイベントは、複数の人物に効果的に夢を見させることが必要となってくる。
  • キャンドルリストの中から「キャンドルを消す」を選ぶと、当該のイベントが起こる前のシナリオに戻る。
    • これにより、あるイベントは回避できたものの、もう一方のイベントは回避できなかった場合というIfイベントが閲覧可能となる場合がある。

死神

  • 主人公を殺した元凶であるが、主人公の死後も、主人公同様に誰かに憑依している。
    • 1日目の朝に誰に憑依しているかはランダムである。
      • ただし、死神によって死んで再ループした際は、前回と同じ登場人物に憑いている。
    • ランダムに憑依する人物を変えて乗り移ってゆく。
      • 会話イベントで乗り移る際、会話イベント開始時点で既にそれまで憑依していた人物から次の人物に乗り移っている。
        このため、気づかない間に主人公と同じ人物に乗り移っていることがある。
        そのような場合でも、タイムテーブルを確認すると死神のアイコンがちゃんと表示されている。
  • 主人公が死神を直視している間は、恐怖のあまり、憑依している人物の乗り換えができない。
  • 主人公が死神を直視すると、主人公のHPが減る。
    • 主人公が憑依している人物と、死神が憑依している人物が同じ場合は主人公は死神を見ていないのでHPは減らない。
    • 主人公のHPがなくなると、ループ開始時間(主人公が死んだ直後の時間)に戻される。
    • 主人公のHPは最大で30あり、1時間帯当たり 10ポイント回復する。
      • 同じ人物同士が連続で会話するスケジュール(メアリの6日目昼~ など)で会話相手側に死神が憑いていると、他の人物へ乗り移る機会がなく、回復の甲斐なく死んでしまう。
      • 9日昼の登場人物が4人集まるイベントでは、直前にHPが30あっても途中で死んでしまう。4人もいるため、死神がついてくる確率も高い。

評価点

  • タイムテーブルが非常に見やすい
    • 誰と誰がどこでどういう会話をしたかまで確認できる他、現在憑依している人物の未来であれば、そのイベントへジャンプが可能である。
    • 主人公が憑依している人物と、死神が憑依している人物が同じ場合、主人公目線では死神の存在は分からないものの、会話イベント中にタイムテーブルを確認すれば、その会話イベントに死神のアイコンが表示されているために分かる。
  • スキップ機能が充実
    • イベント中に「このイベントをスキップ」を選ぶとイベントをまるまるスキップできる。
    • 上述の通り、現在憑依している人物の未来であれば、タイムテーブル画面から一気にジャンプできる。なお、過去には戻れない。
    • かなり何度もループするゲームであるため、非常にありがたい機能である。

問題点

  • 本作がどのような層をターゲットとしているのか分からない
    • 女性キャラの入浴シーンのCGもあるが、男性キャラの筋肉自慢CGなどがあり、ターゲットが男性なのか女性なのかすらわからない。
      • 占い師の婆さんの入浴および着替シーンもある。
      • 登場人物の立ち絵はアニメーションで動くのだが、大半の女性キャラの胸は常に不自然に揺れている。
      • 登場する男性キャラの殆どが不自然に独身者であり、主人公も婚約者が居るものの、ギリギリ未婚者である。
      • とあるキャラに特定のキーワードを与えることで、主人公の婚約者の入浴シーンや着替えを覗かせることが出来るネトラせ的なイベントも有る。
      • とあるキャラに登場人物の名前を与えることで、男性キャラの着替えを覗かせることが出来る。
    • 「臨時租税」などという硬い内容がテーマの章もあり、データベースも中世ヨーロッパの暮らしについて専門書並みの解説が付けられており、レーティングの12歳以上向けにしてはやや堅苦しい内容となっている。
      • ところが中盤以降は童話レベルのメルヘン展開となる。
  • 難易度が高い
    • 序盤のほうが難しい
      • 特定の人物に狙った日に夢を与えようとした場合、序盤では憑依している人物の乗り換えルートは特定ルートしか利用できず、死神の妨害により上手く行かないことが多々ある。
        ところが、中盤以降の日に特定の人物に夢を与えようとする場合には、複数の乗り換えルートが利用できるようになってくるため、死神を避けやすくなる。
    • 総当りが現実的ではない
      • プレーヤーが出来ることは憑依と夢を見させることだけであるが、実際にプレイしてみると意外にも選択肢が多い。
        例えば2章時点で、主人公が第1夜に憑依可能な人物は10人で、取得可能なキーワードは23個あるため、総当りするならば単純計算で230通りあることになる。しかも2章は第9夜まであるため、2章の時点で既に総当りが現実的ではない。
    • ヒントの効率が悪い
      • キャンドルリストのイベントの起こし方のヒントは、占い小屋の特定の日のイベントで聞ける。
        ただし、ヒントの内容は完全にランダムであるため、達成済みのものや、条件的にまだまだ先にしか起こせないものが出る場合が多い。
        しかも、散文詩的な曖昧な表現なので、その場面で必要なヒントが出ていたとしても、ピンと来ない可能性もある。
        なお、ヒントの数がキャンドルの数と同数(=72)であるとする*1と、72個を72回の試行ですべて表示できる確率は
        71! / (72) 71 = 1.145661 × 10 -30
        となる。開発チームが全てのヒントが表示されることをちゃんとテストプレイしたのか甚だ疑問である。
      • 「五 幼キ姫 早クモ本ヲ」これが実際のヒントのうちの一つである。
        最初の「五」は第5夜だとして、2章で「本」というキーワードも入手しているため、2章の時点でこのヒントが出た場合(実際に出ることを確認済み)、これを2章のヒントだと読み間違える可能性は高い。しかし、実際に2章の時点で第5夜に主人公の妹に「本」を与えても何も起きない。

総評

憑依している人物の生活を細部まで覗き見出来るため、語られなかった部分に対する読後のもやもや感を残しにくいシステムである。
特に終盤の、空白の時間帯が埋まってゆく段階では、気になっていた部分が明らかとなりスッキリ出来る*2
情報が伝わってゆく様子を会話相手に乗り移りながら見ることも出来、そうすることでこのストーリーの細やかさに改めて気づくこととなる。
Ifストーリーの作り込みの丁寧さなど他にも褒めるべき点はあるのだが、シナリオの魅力の薄さと、序盤のほうが難しいという難易度のバランスの問題など、やや残念な点もある。


後の展開