ASSASSIN'S CREED REVELATIONS

【あさしん くりーど りべれーしょん】

ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 Xbox360
プレイステーション3
Microsoft Windows
発売元 ユービーアイソフト
開発元 ユービーアイソフトモントリオールスタジオ
発売日 2011年12月1日
定価 7,770円(税込)
廉価版 【360】スペシャルエディション プラチナコレクション:2013年4月18日
【PS3】スペシャルエディション:2013年4月18日
レーティング CERO:Z(18才以上対象)
判定 良作
ポイント 舞台はコンスタンティノープルへ
エツィオの冒険最終章
交錯する二人のアサシンの物語
一方でややマンネリも
ASSASSIN'S CREEDシリーズリンク

概要

  • ASSASSIN'S CREED II(以下『II』)』、『ASSASSIN'S CREED BROTHERHOOD(以下『BH』)』に続くエツィオサーガの最終章にあたる作品。
    • 舞台はイタリアからオスマン帝国のコンスタンティノープルへ移る。
    • 途中で1作目の主人公だったアルタイルの物語も描かれ、エツィオの物語と交錯する。
  • タイトルの「REVELATIONS」とは、「隠された事実を明らかにする」といった意味があり、「啓示」という意味もある。
  • 次回作は時代や主人公を一新し、ナンバリングも新たにした『ASSASSIN'S CREED III(以下『III』)』となり、本作はいわばその橋渡し的な作品ともなっている。

ストーリー

デズモンドはどこともつかない謎の空間で目を覚ました。そこにある男が現れ、ここは「アニムスの島」と呼ばれる空間であると語る。彼こそは、これまでデズモンドにメッセージを残していた、「被験体16号」ことクレイ・カズマレクその人だった。彼によれば、現在のデズモンドの精神は流入現象により崩壊寸前であり、助かるには記憶を最後まで読み解き「接点」を見つける必要があるという。デズモンドは再びエツィオの記憶を追体験することになる。

ボルジア家との戦いに決着をつけたエツィオは、今度は自分自身の目的のため、かつてのアサシン教団の本拠地マシャフに向かっていた。そこには父ジョヴァンニも追い求めた書物庫があり、そこにはアサシンの英知が収められているという。しかしその途中、再びテンプル騎士の襲撃を受け捕らわれてしまう。何とか切り抜け書物庫に辿り着くも、そこには鍵がかかっており、鍵の一部は既に騎士団に渡っていた。エツィオは鍵を渡さぬため騎士団を追って、オスマン帝国のコンスタンティノープルへ向かう。

そこで現地のアサシンや出会った女性ソフィア、若き日のスレイマン1世と協力しながら、次期スルタンの後継争いにも巻き込まれつつ鍵の行方を探っていく。その中で「伝説のアサシン」アルタイルの記憶を追体験することになる。


特徴

  • 基本的には前作までのシステムを継承し、フル・シンクロに弟子システムやキルストリーク、物件の購入に銀行での引き出し、トンネルでの高速移動などは、ほぼそのまま引き継がれている。オンラインプレイも存在する。

前作からの追加、変更点

  • 操作の変更
    • 武器が「メイン武器」と「サブ武器」に分けられ、□ボタンがメイン、△ボタンがサブに振り分けられている。それに伴いタカの眼はL3ボタンに移された(PS3の場合)。
      • 傾向としてメインは近接や直接ダメージを与えるもの、サブは遠距離や特殊効果のあるものとなっている*1
  • 新たな武器、フックブレード
    • これまでの「アサシンブレード」に相当するがフックが取り付けられており、それを使った様々なアクションが行える。
      • 飛びつき時のリーチを伸ばしたり、二段ジャンプが容易になったほか、コーナーヘルパー*2を使った大ジャンプができる。
      • 屋根に張られたロープ*3を使って高速で滑走することができ、そこからエアアサシンも行える。
      • ダッシュ時に前方の敵に乗り上げ、投げ飛ばす「フックアンドスロー」、そのまま駆け抜ける「フックアンドスルー」などもできる。
  • 進化したタカの眼
    • これまでの、敵味方や隠れ場所を瞬時に判別するといった能力に加え、敵の巡回経路なども見えるようになった。
    • いくつかの荷物や群衆の中から、目的の荷物や人物を探り当てる能力も付いた。
  • ボムクラフト
    • 特定の場所で爆弾の製造ができるようになった。
      • 爆弾は大別して、直接攻撃する「殺傷」、妨害する「支援*4」、誘き出す「陽動」の3種があり、それぞれ別のサブ武器として扱われる。
      • 爆弾の構造には、爆発の仕方に関わる「ケース」、効果範囲に関わる「火薬」、効果の違いを生み出す「特殊アイテム」の3つの要素があり、それらの組み合わせで様々な爆弾が作れる。
    • 各地に封印された井戸があり、その蓋を吹き飛ばして開放できる。街中にはオスマン帝国の兵士の他に、今は無きビザンツ帝国の名をかたる者たちもおり、両者は対立関係にあり爆弾を投げ込むと争いを誘発できる。
  • アサシンのアジト
    • 各地のテンプル騎士団のアジトに侵入し、隊長を倒し塔で狼煙を上げることで、アジトを奪い取りアサシンのアジトとして利用できる。
      • アジトには弟子の誰かを担当させることができ、レベルが上がると独自のミッションが発生したりする。
      • テンプル騎士団の注目度*5というものがあるのだが、これが最大になるとアジトが襲撃され、そこに駆けつけると「アジト防衛戦」が発生する。これは、向かってくる兵士を道の両側の建物の上に配置した味方で迎撃するという、リアルタイムストラテジーのようなシステムになっている。負ければ当然アジトを奪われてしまう。
      • アジトを担当するアサシンのレベルが一定以上になると、そのアジトは襲撃されなくなる。
  • 地中海防衛
    • 前作のコントラクトにあたる。弟子を地中海沿岸の11の都市に派遣し、テンプル騎士団と支配権を奪い合うというもの。
      • コントラクトはほぼ弟子を育てる為だけのコンテンツだったかが、地中海防衛では支配権争奪戦の要素が加わるなど内容が強化された。
      • コントラクト同様、派遣された弟子は一時的に使用できなくなり、リアル時間経過で任務を完了し帰還する。
      • マルチプレイで条件を満たすと対象地域が1つ増えるが、現在では困難。
    • 最初は全ての都市がテンプル騎士団に占領されており、任務をこなすことで支配率を下げて街を奪還するのが目的。
    • 街を奪還しアサシン支配となると、今度は任務をこなすことで支配率を維持するのが目的となる。支配率は時間経過で低下する。
      • アサシン支配となった街からは一定時間ごとにお金と素材を獲得できる。復興任務をこなすことで報酬を増やすことが可能。
      • アサシン支配の街には弟子を最大4人まで滞在させることができ、1人は拠点管理者、他の3人にはその街の任務を任せることが出来る。
      • 街に弟子を滞在させると弟子スロットが空くので新たに弟子を勧誘する必要がある。
    • 最終的に12+44人で56人もの弟子を使役可能。
    • 一部の任務には僅かなテキストのみではあるがストーリーがあり、各国の現状を伺い知ることが出来る。
    • 爆弾の素材をショップで買えるようになる任務もある。
  • 追憶の旅
    • アニムスの島から本編以外に行ける独自のゲーム。本編とは異なる主観視点で、任意に様々なブロックを空間に配置し、それに乗って移動していくという、3Dアクションパズルとでもいったものとなっている。
      • 途中で様々な声が聞こえてくるが、これはデズモンドの1作目以前の物語を追体験するといったものになっており、作中では明かされなかった真実も明らかになったりする。
    • 同様のシステムのDLC「失われた記憶」も配信されている。こちらは被験体16号の記憶の追体験。

評価点

  • 順当な進化
    • システムは順当に進化したと言ってよく、より多彩な行動がとれるようになった。
      • 特にロープを滑走しながらのエアアサシンはかなりの爽快感がある。
  • 正に最強のアサシン
    • 本作のエツィオは50を超えているが、衰えるどころか進化したタカの眼にフックブレードや爆弾も加わり、文字通り最強と言っていい強さになっている。
    • 年相応の渋さや貫禄もついているが、持ち前の茶目っ気も失われていない。吟遊詩人に変装して潜入する場面では、これまで散々邪魔された相手に自身が扮するというのも皮肉だが、エツィオ自身は結構ノリノリで歌や演奏を披露している。歌の内容もこれまでのエツィオの冒険を基にしており、前2作をプレイしているとより面白い。
  • ロケーション
    • 今作の舞台は、これまでのイタリアでなくオスマン帝国のコンスタンティノープルであり、異なる文化の雰囲気に溢れている。アヤソフィアなどの現存する壮麗な建造物が立ち並び、それらによじ登ったりして移動できる。
  • 二人のアサシンの物語
    • 1作目で数ヶ月程度の活躍しか描かれず*6、『II』の写本などで断片的に語られるのみだったアルタイルのその後が語られる。
      • これも大きく間のあいた断片的なものだが、アルタイルの波乱に満ちた人生を追体験できる*7
    • それらがエツィオの物語と交錯し、集約されるラストの展開は、シリーズを通してプレイしてきた者にとっては、何とも言えない感慨がある。

賛否両論点

  • これまでもあったもの
    • 前作でもあったが、弟子は便利だが強すぎる感もある。
    • フル・シンクロもやり込み要素とはいえ、自由度を自ら奪っているように感じられる。
  • 操作変更に関して
    • 今作の大きな変化として、武器のメインとサブの振り分けがある。
      • これ自体は悪いわけではなく、むしろ即座に武器を使い分けられるなど便利であり、タカの眼のボタン変更もさほど不便ではない。
      • 問題になるのは前作までを続けてプレイしている場合で、タカの眼を使おうとしてうっかりサブ武器を使ってしまい、見つかるなど失敗する要因になる。有名シリーズだけに1作目から全部プレイしようとする人もいるはずで、その場合混乱は避けられない。
  • 爆弾の使い勝手
    • 爆弾は様々なものが作れ、戦闘やミッションに活かすことができる。だが、あくまで「上手く使いこなせれば」である。
      • フル・シンクロなどを無視すれば無理に使う必要は無く、使用を強制しないのは良心的とも言える。使用時には反射も含めた軌道や効果範囲が表示され、各爆弾の制作前にはチュートリアル的なミッションがあるなど、かなり親切ではある。
      • 様々な効果はあれど、結局のところ殺傷は攻撃、支援は足止め、陽動は誘き寄せに集約され、個々の爆弾に具体的にどういう違いがあり、どう使い分ければいいのかは、実際に使って確かめてみるしかない。だが、「どうせだから」と使ってみても慣れないために上手く活用できず、かえって隙をさらしたりしてしまいやすい。
      • 爆弾は3種それぞれ4つまで持ち歩けるが、システム上全て同じケースに火薬、アイテムを組み合わせたものになり、ミッション中に使い分けるといった事はできない。中にはかなり用途が限られる組み合わせもあるが、ミッション用に作ったまま忘れ、いざ使おうとすると使いたい爆弾が無い、といった事も起こしかねない。
      • 逆に完璧に使いこなせるようになると、それはそれで便利すぎるようになる。
  • ストーリー面
    • エツィオは『II』では家族を奪った陰謀の黒幕を追い、アサシンとしての成長が描かれた。『BH』では、やはり仲間を奪った者達への復讐と、彼らに対抗するための組織を作り上げるリーダーとしての姿が描かれた。一方の本作では、エツィオはあくまで自身の目的のために行動し、前2作に登場した者もいない*8。目的地にテンプル騎士団もいたため戦いになったというもので、スルタンの後継争いもその過程で巻き込まれたようなものである。アルタイルの物語もあくまで断片的なもので、無理があるとか不自然とも言えないが、とってつけた感も否めない。
    • ストーリーの内容や、「接点」を見つけるといった話もやや分かりにくい部分がある。
  • 現代編の存在
    • 本作ではストーリー上、現代編と言えるものが無い。強いて言えばアニムスの島がそれだが、16号や追憶の旅に行ける場所以外にこれと言ったものも無く、ショーンやレベッカの声が聞こえてくるだけである。
      • もっとも、これまでも記憶編がメインで、現代編は申し訳程度しかなかったので特に問題でもないが。
  • DLC「失われた記憶」の難易度
    • 難易度が非常に高く、特に終盤の「三途の川」は極悪。トロフィーを狙う場合、完全ノーミスで通過しなければならない。
      • ブロックを流す風が吹く中、落ちると即死になる床の上を、ブロックを強制消去する光の壁の動きに気を付けながら、触れると即死になるレーザーの網を潜り抜けなければならない。
    • テレビ画面との相性によっては最終ステージの最終フロアへの道が光にかき消され映らない。テレビによっては明るさをどう設定しても視認できない。
    • 普通に最終ステージをクリアしても1ステージ目にループするだけで、クリア条件がほぼノーヒント。最低でも1ループはしなければならない。

問題点

  • これまでもあったもの
    • 戦闘面
      • 相変わらずカウンターが強く、キルストリークでさらに一方的に敵を倒せてしまう。薬を使ってのゴリ押しも可能で戦闘に緊張感が少ない。
      • 一方で強敵の「イェニチェリ」は、攻撃をはじくなどかなり面倒。
    • トンネルでの移動も、やはり入口同士なので不便な点もあり、地名と場所を頭に入れておかないと使いこなせない。
    • 30分を越える長大なスタッフロールを飛ばせない。幸い最後まで観てもゲーム画面に戻されるだけで何も無い。
  • ごまかし切れないマンネリ感
    • 順当に進化させ、新要素も加わっているとは言えあくまで『II』の発展系であり、どこか見飽きたような部分も多い。
      • 金で雇う者たちの「娼婦」が本作では「ロマ*9」に替わっているが、雇った際の効果自体は娼婦と特に変わらない。
    • 大きく変えたら変えたで問題視されるであろうから難しいところだが、前作までやったプレイヤーには「またこれか」という点も多い。
  • 防衛戦関連
    • 本作の新要素の一つと言えるが、正直あまり評判が良くない。
      • 本編とかなり内容が違うため戸惑いやすい、発生原因や終了時に注目度が0になるなどから、何度もプレイして練習することもできず、わざと起こすのも結構面倒臭い。
      • 基本的には道路をバリケードで塞ぎ、そこを屋根の上の弓や銃で攻撃、集団を狙って大砲を撃つといったもので、基本ほぼ同じである。タワーディフェンスのように地形や敵の種類で複雑に戦術が変化するといった事も無い。まあ、ありすぎても文句が出たであろうが。
      • 難易度もいやに高い。序盤で強制的にプレイするが、そこはチュートリアル的なもので適当にやってもまあクリアでき、その後いざ本番となって全然勝てず、愕然とした人も多いのではないだろうか。
      • 途中までは結構楽なのだが、問題は最後に登場する攻城兵器である。それまで余裕を持って防いでいても、攻城兵器が登場したら一気にバリケードを破られて攻め込まれ、必死に抵抗するも結局負けるという展開になりやすく、理不尽な感が否めない。
      • では負けたから問題があるかというとそうでもない。奪われたアジトの近くでリスタートするため、その足でアジトに侵入して隊長を倒し、速攻で奪い返すという冗談のような事が普通にできる。
  • 地中海防衛について
    • 放置しておくとアサシンの支配率が減少するため、支配を維持する為には15~30分おきに鳩小屋にアクセスし、絶え間なく弟子を派遣し続けなければならず、ゆっくりとプレイできない。
      • のんびり観光する、フルシンクロ狙いでリトライを繰り返す、鳩小屋にアクセスできないDNAシークエンス7(7章)で時間を費やすなどしていると、物凄い勢いで支配率が下がっていってしまう。
    • 滞在させた弟子も自動的に何かをしてくれるわけではないので、手動で1つ1つ任務を受ける必要がある。当然、支配地や弟子が増えていくと作業量も増える。
    • 弟子を支配地に滞在させるたびに新たに新人を勧誘しなければならないので、勧誘と育成に手間がかかる。
    • 一度に受注する任務の数が増えていくと、本編プレイ中にフリーズやエラー落ちが頻発するようになる。
      • 一度起こるとメモリーに余裕が出来るまで繰り返し起こる可能性が高く、また落ちる前にオートセーブさせ少しでも時間を経過させたり、鳩小屋にアクセスして報告ログを消化するなどの作業が必要。
    • 幸い、やり込まなくても金銭面と素材調達がやや厳しいもののクリアは可能であり、お金をある程度稼いでトロフィーを取ってしまえば無理して維持する必要もなくなる。

総評

進化したシステムに、エツィオとアルタイルという二大アサシンの競演、そして次回作にして、現代編でも一応の完結を迎える『III』へ繋げる流れなど、シリーズファンにはうれしい内容に溢れた作品。

一方マンネリ感も否めず、新要素もいまいちな点もある。そのためか『III』ではシステムの大幅な変化があり、本作の要素で引き継がれたのは武器のメインとサブの振り分けぐらいとなった*10。そういう意味でも本作は一つの転換点であったと言える。


余談

  • これまではタイトル画面で放置すると、本編とは違うが作品の雰囲気を伝える独自のムービーが流れていた。しかし本作ではそれがなくなり、ムービーはあるがそれは本編の冒頭に流れるものと同じものとなっている。
  • ゲームとしてのエツィオの物語は本作までだが、本当の最終章としてCGアニメの『アサシン クリード エンバース』がある。この中では、アサシンを引退したエツィオの家族との穏やかな日々が描かれるが、明から訪れたアサシン「シャオ・ユン」との出会いから新たな事件が起こる。この作品の後のシャオ・ユンの物語は、『ASSASSIN'S CREED CHRONICLES: CHINA』において語られる。
  • 『III』と同時発売された携帯機用の『ASSASSIN'S CREED III LADY LIBERTY』は、原題が『Assassin's Creed III: Liberation』という。日本語では「L」と「R」の区別をしないため、原題のままでは本作と区別できなくなってしまうための変更ではないかと思われる。
  • 『ASSASSIN'S CREED EZIO COLLECTION』では本編とともに『エンバース』も収録されている。