NieR:Automata

【にーあ おーとまた】

ジャンル アクションRPG
対応機種 プレイステーション4
Windows7/8.1/10
メディア 【PS4】BD-ROM/ダウンロード
【Win】Steam配信
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 プラチナゲームズ
発売日 【PS4】2017年2月23日
【Win】2017年3月17日
価格 7,800円(税別)
プレイ人数 1人
レーティング CERO:D (17歳以上対象)
備考 PS4 Pro 対応
判定 良作
ポイント アクション&シューティングRPG
爽快なアクションと○○へのこだわり
ドラッグ オン ドラグーンシリーズリンク


命もないのに、殺しあう。


ストーリー

突如襲来したエイリアンの繰り出す「機械生命体」の圧倒的戦力を前に、
人類は地上を追われ月へと逃げ去った。

地球を奪還すべく、人類はアンドロイドによるレジスタンスを組織。
さらに最新鋭の戦闘用アンドロイドで編成された「ヨルハ部隊」を地上へ送り込む。

荒廃した地で延々と続くアンドロイドと機械生命体の熾烈な戦い。
その争いの中、ヨルハ部隊員「2B」と「9S」は
知られざる真実の扉を開けることとなる。

※パッケージ裏面より、一部表記を改めた。


概要

  • エイリアンに侵略され荒廃した地球を舞台に、彼らの配下であるロボット、「機械生命体」を殲滅し、地球を奪還するために戦うアンドロイドを描いたアクションRPG。
  • 本作の登場キャラの殆どは前作『NieR RepliCant』や『DoD1』のことを知らないため、前作を遊んでいなくても本作のプレイに支障は無い。(勿論、ファンサービスや続投キャラもいるが。)
  • 開発元のプラチナゲームズは『ベヨネッタ』や『メタルギアライジング』等の「カッコいいアクションゲーム」で知られており、

本作もまた特にメタルギアライジングからの影響を受けた気質が全編に渡って発揮されている。


主なゲームシステム

  • 広大なオープンワールドで、「クエスト」をこなすことでメインのストーリーは進んで行く。
  • クエストはメインのストーリーに関わるものだけでなく、ワールド上の様々なNPCの悩みを解決する「サブクエスト」もある。
  • サブクエストの報酬にはそこでしか貰えない装備や貴重な素材など、比較的オイシイものが多いのだが、難易度は高めで面倒なことが多い。
  • ワールド上にはアンドロイドに敵対しない機械生命体もおり、中にはサブクエストを依頼してくる者もいる。
  • 前作に引き続き動物たちが登場し、素材を入手したり移動に使うことができる。
  • マップに点在する宝箱には武器やお金、素材のほか、「アーカイブ」が入っていることがあり、かつての人類の生活を垣間見ることができる。


周回プレイ
  • 本作は大きく分けて3周、プレイする事が前提となっている。
  • 1周目と2周目は同時系列であり、それぞれ2B、9Sの視点で、3周目は新たに操作できるA2と2B、9Sの視点が切り替わりながら1周目及び2周目の続きのストーリーを攻略することになる。
    • 本作はマルチエンディングシステムを採用している。1、2周目はA、B一つずつしかエンディングを持たないが、3周目は選択肢に応じてC、D、Eに分岐する。
    • その他にはストーリー上で特定の行動を起こすと発生する、いわゆる「バッドエンド」がF~Zまで存在する。こちらは条件さえ満たせば1周目からでも収集可能。


プラグイン・チップ
  • 本作の大きな特徴として挙げられるのが自由多彩なスキル構成である。
  • 最大で容量が126 *1 あるストレージの許す限り、自由に「チップ」を組み込める。
  • チップ構成はメニューからいつでも変更でき、いわゆる「マイセット」を3つ作っておける。
  • チップは店で買えるほか、敵からドロップしたりクエストの報酬や宝箱から入手できる。
  • チップにはそれぞれ「コスト」が設定されている。
    • 同じチップでもコストの大小があり、スキルを詰め込むためには、コストの安いチップ *2 を敵のドロップから厳選する必要がある。
  • チップは大きく分けて5種類あり、以下はその例。
    • システム:HPゲージやミニマップなどのUI。
    • 攻撃:攻撃力アップや武器の射程延長など。
    • 防御:防御力アップや自動回復など。
    • 補助:回避距離アップや取得経験値アップなど。
    • ハッキング:リモート操作強化や敵炎上など。
  • 同じチップ同士は合成することで強化可能で、強化後は当然コストも上がるが、コストの安いチップを合成に使えば効率良く強化チップを作ることが可能。
  • 難易度EASYではオート操作系チップも使用できる。
    • これにより攻撃や回避を任意のタイミングで完全に自動化可能であり、これがかなり優秀。
    • アクションゲームが苦手な人でも戦闘をコンピューターに任せることで、ストーリーをノベルゲームのように楽しむことが出来る。


難易度
  • 難易度は上がると受けるダメージ量が上昇するほか、それぞれに特徴がある。
    • EASY:敵をロックオンでき、戦闘を自動化するチップが装備可能。
    • NORMAL:ロックオン可。
    • HARD:ロックオン不可。
    • VERY HARD:ロックオン不可。敵の攻撃を一撃でも受けると死亡する。
  • 以上の4種類から選択可能で、ゲーム中いつでもメニューから変更可能である。


戦闘システム

地上戦
  • 基本となる戦闘パート。
  • 弱攻撃用武器と強攻撃用武器をそれぞれ設定し、その2本を織り交ぜた「コンボ」で近接攻撃を行う。
  • ボタン長押しによる溜めやジャンプ、回避を利用して特殊な攻撃を行うことができ、そこから普通のコンボに繋げることも可能。
  • 武器は小型剣、大型剣、槍、格闘(+素手)の4種類があり、それぞれコンボを繋げられる回数が設定されている。
    • 「弱:小型剣、強:大型剣」の組み合わせが基本だが、「弱:小型剣、強:槍」のようなスピードタイプや「弱:大型剣、強:小型剣」のような変則パターン、果ては両方素手という漢の戦闘スタイルも可能であり、多彩なパターンから好きな戦闘スタイルを選ぶことができる。
  • 2BとA2の攻撃モーションは同じだが、2Bのみスタン状態の敵に「スタンフィニッシュ」という追撃を行うことができる。
  • A2は「Bモード」を発動できる。一定時間以内攻撃力が大幅に上昇するが、HPが急激に減少するデメリットを伴う。
  • 9Sのみ武器を1本しか装備できないため攻撃の効率がいが、代わりに後述する「ハッキング」が可能。
  • 「ジャスト回避」 *3 を発生させれば、特殊な反撃を行える。回避判定はかなり広めに取られているため、慣れれば簡単に行える。
    • また、「オーバークロック」というチップを装備していればジャスト回避成功時に数秒だけ自分以外の時間の流れを遅くすることが可能。
  • 離れた敵は随伴する「ポッド」を使って遠距離攻撃できる。
  • ポッドには
    • 高速弾を高レートで連射するガトリングを搭載したポッドa
    • 射線上の敵に貫通してダメージを与えるレーザーを装備するポッドb
    • プレイヤーの視界内にいる敵をミサイルで攻撃するポッドc
  • の3種類があり、初期装備のポッドa以外はワールド上を探して入手する必要がある。
  • ポッドそれぞれには「ポッド・プログラム」を一つずつセットすることができ、戦闘や探索を補助してくれる。
  • 近距離武器、遠距離武器ではそれぞれ敵の弾を相殺することができる。色の濃い弾は近距離攻撃で、色の薄い弾は遠距離攻撃で相殺することが可能で、これを前提としたとしか思えないほどの弾幕を張ってくる敵もいる。


空中戦
  • 一部のイベントで飛行ユニットに搭乗し、シューティングゲームの要領で敵を破壊するパート。
  • 一般的な縦・横スクロール型シューティングのほかに全方位型のものもある。
  • ポッドの弾種はここでも反映され、戦闘中に変更できる。
  • メニューを開くことはできないため、チップ構成を変えたり強化アイテムを使うことはできない。回復アイテムは十字キー下のクイックメニューから使用することが可能なので、STGが苦手なプレイヤーでも回復アイテムによるゴリ押しが利く。
  • また敵弾の相殺や回避は地上戦と同様に行えるため、一般的なシューティングゲームよりは簡単である。


ハッキング
  • 近接攻撃力に乏しい9Sの基本的な攻撃手段。
    • 2BとA2も一部のイベントでのみ行う必要がある。
  • 対象の中枢コンピューターに侵入し全方位型シューティングのミニゲームをプレイするというもの。
  • 成功させれば敵は大ダメージを食らい、撃破時には爆発するほか、不意打ちであれば味方にしたり(従属化)、精神を乗っ取り自分で操作する(リモート操作)ことも可能。
  • 3回被弾したり時間切れになると失敗となり、自分がダメージを食らってしまう。
  • 戦闘以外でもハッキングを要求される局面は多々あるが、ネタバレになってしまうので詳細は省く。
  • 当たり前だが生き物には使えない。
  • 前述した通り、難易度EASYの場合にはこれらの戦闘全てが自動化可能である。しかし例外もある(後述)。

評価点

  • システム
    • 難易度は自由に変えられるため、ゲーム初心者からシビアな難易度を求める層にまで幅広く対応している。
    • 戦闘は快適かつスタイリッシュで見ていてとても気持ちがいい。特に攻撃終了後の残心は非常に拘って作られており美しい。
    • 普通にプレイしていても気付きにくいような小ネタ・小技も多く仕込んであり、新しいアクションを模索する楽しみも多い。それなりに時間をプレイしていたのに、うっかり知らないモーションが暴発したということもザラにある。
    • 敵が多数登場したり濃密な弾幕にさらされる局面は少なくないが、いずれも安定して動作しフレームレートの低下は気にならないレベル。ただし、場合によってはプレイに支障のない程度で多少カクつくことはある。
  • オープンワールド
    • 最初からほとんどの場所へ行くことができ、探索の自由度は高い。
    • プレイヤーの移動も快速で、ストーリーを進めれば転送装置(ワープポイント)の使用も可能になるため、移動がストレスとなることはほぼ無い。 *4
  • グラフィック
    • 人類が去った後の街が錆びつき、ひび割れて廃墟と化していく中を、大木が芽吹き、シカやイノシシなどの動物が闊歩するさまを緻密に描いている。
    • 中でも水の表現は秀逸。川は現実世界さながらのクオリティを誇っており、濡れた場所をキャラが歩けば水に触れた部分が濡れ、時間経過で乾燥もする、といった細部までのこだわりが見られる。
    • キャラクターのデザインも美麗で、発売前から、「2Bのスカートの中」が世間を騒がせたことを知っている諸氏も多いだろう。
    • 他にも、とあるシーンである人物が「 裸で砂場に倒れた後、お尻に砂が付いている 」という非常に細かい演出がなされている。文章では伝わらない不思議な感動があるので、是非、自分の目で確かめて欲しい。
  • BGM
    • 前作から続投した岡部啓一氏およびMONACAのおくる名曲揃いである。
    • 戦いの興奮を誘う中にどこか、終末的な哀しさの漂うボス戦BGMの「双極ノ悪夢」、環境BGMでは人間がいなくなった街の寂しさと、廃墟を侵食していく自然の悠久を感じられる「遺サレタ場所/斜光」、美しく楽しそうな雰囲気が物悲しく、そして不気味な「遊園施設」などが特に好評。
    • また、ワールドマップの曲は同じ曲でも使用楽器の違いやボーカルの有り・無し等によっていくつものバージョンがあり、場面やエリアごとに細かく使い分けられている。
    • 前作で絶大な人気を得たとある曲も、本作では「贖罪」というアレンジで収録。言うまでもなくその評価は非常に高い。
    • サウンドトラックはすでに発売されており、各販売サイトで視聴できるので試す価値はある。
  • ストーリーとキャラクター
    • 非人間のアンドロイド/機械生命体を主な登場キャラとしつつ、全体を通して「生きる意味」を問うようなストーリーは興味深く、考えさせられるものがある。
      • アンドロイドや機械生命体たちそれぞれが、機械ならではの独特な「死生観」を持っていることも面白い。
    • さらに、復讐や愛憎のような人間の「闇」に焦点を当てたサブクエストや会話も多く、それについて語るキャラクター達は不気味な程に人間臭い。
      その一方、好きなものを見つけて、熱くソレ一筋に生きる漢たちもいる。狂ったように趣味に没頭する機械たちは微笑ましい。
    • 前作のファンにとっては驚いてしまうようなキャラもおり、しかもストーリーによく絡む。こちらは自分の目で確かめてほしい。
  • マルチエンディング
    • 様々なキャラの視点になって物語を進めるため、周回プレイを経ることで新たに分かる背景もある。
      +  結末に関するネタバレ要素あり

賛否両論点

  • シューティング要素の多さ
    • アクションRPGを名乗ってはいるが、飛行ユニットや9Sの操作時などシューティングパートの比重が多い。
    • さらに事前の告知がほとんどなされていなかった事も一時期物議を醸した。(勿論、体験版にもシューティングステージは無い。)
    • これらに関してはオート操作系チップを使えば操作する必要もなくなるが、そのパート突入時にわざわざ難易度やプラグインチップをいじるのも面倒であるため、自力操作することのほうが多い。
+  結末に関するネタバレのため格納
  • 詳しく語られないストーリー上の要素が相変わらず多い
    • 詳しく回収や説明をしない伏線が多く、各々のユーザーが自由に考察を楽しめる、という造りを前作から引き継いでおり、こういったスタンスが好きなユーザーにとっては楽しめるが、合わない人間にとっては馴染めない要素になりやすい。
    • 2017年6月現在までに発売されている設定資料についても、これらの謎は大部分が不明のままである。
  • あくまでライト向けのゲーム性
    • アクション性は大幅に向上したもののそこまで複雑ではなく、こちらが強くなってきたり慣れてしまうと単調なゲーム性にもなりやすい。
    • オープンワールド風ゲームではあるが、オープンワールドとしては探索できるフィールドはそこまで広くはない。前作よりは広い程度。
      • とは言え、本作はあくまでストーリー重視のアクションRPGであり、あまりにアクションゲーム寄りorオープンワールド特化にしてしまうと取っ付き辛くなりかねないため、ライト向けとしては適度な調整と言える。

問題点

  • 9Sのハッキングで会話が途切れてしまう。
    • 厳密にいうと、会話のテキストが一定のところで区分けされており、9Sがハッキングをすると現在再生中の区画が中断され、次の区画のテキストに至るまで登場人物が声を発しなくなってしまう。
    • 特にボスは良く喋るため、慌ててハッキングをすると会話を聞けないまま終わってしまうこともしばしば。
    • 感動的なシーンも全て飛んで行ってしまうのは悲しいので、相手が話しているときは静かに耳を傾けてあげよう。
  • チップについて
    • 一部のチップが死に性能であり、特にハッキングに関するチップは全てが産廃といっても良い。
    • リモート操作する機械生命体の強化などは最たる例だろう。そもそも、通常戦闘において未発見状態の敵はほぼいないため使える機会がまず少ない。
    • いざ使える局面になっても、機械生命体の操作はお世辞にも快適とは言えない。さっさと爆破したり刀を振るったほうが効率的。
    • ハッキング中の時間延長や被弾可能な回数の増加などいくらでも作りようはあったと思うのだが。
  • 取り返しのつかない要素
    • 本作はC、Dエンドのどちらかをクリア後「チャプターセレクト」機能が解放され、サブクエストやバッドエンドの補完、武器収集など自由にできるが、一度取り逃がすと同セーブデータでは二度とコンプリート不可の要素が存在する。
      • 「強化パーツ・小」というアイテムはサブクエストをこなすことで計3個入手できるが、その1つは敵からのドロップするもので、拾わないままサブクエストをクリアするとその敵は二度と出現せず、入手不可となる。
      • あるバッドエンドはわざとサブクエストに出現する敵に敗北することで達成できるが、その敵を倒す(=サブクエストをクリアする)と再受注できず、達成不可となる。

総評

システム面では前作の不評点が改善され、快適なプレイが可能になり、ストーリーやグラフィック、BGM、プラチナゲームスらしいハイスピードなアクションなど全てが好評で、ゲームとしての完成度は非常に高い。シューティングの比率が多めなことは告知の少なかった発売直後は否定的に捉えられることも少なくなかったが、情報がオープンになった現在は概ね受け入れられているといえる。 「宇宙人と手下のロボット達から地球を取り戻す」という単純なストーリーに留まらず、アンドロイドや機械生命体の織り成す「人間」ドラマが大きく扱われる重めのストーリーである一方、随所にユーモアが感じられ、決して鬱々としたゲームにはなっていない。 アクション、シューティング、RPGとしての要素が綺麗に詰め込まれた、初心者から上級者まで楽しめる良作となっている。


余談

  • 前作及びDODシリーズに出演していたピーター氏は本作には出演していない。
  • リリース当初、2Bのスカートの中を10回覗こうとすると獲得できるトロフィー「何をしているのですか?」のSteam海外版における取得率が99.9%である時期があった。
    • 実際は表示のバグだったのだが、当時のこの話題の盛り上がりようからも、注目度の高さが実感できるエピソードである。
  • DLCにて、このゲームに関連するとある実在の人物と戦えるおまけが追加された。
    • 公式のDLC紹介映像ではその人物が実際にプレイしている様子が流れたが、NieR:Automataを初めて触るようなおぼつかない操作であった。そのような人物が何故?
  • 前作に引き続き、本作も「とある事」を行うエンディングが存在する。
    +  ネタバレのため格納