ミッキーのマジカルアドベンチャー

【みっきーのまじかるあどべんちゃー】

ジャンル アクション
対応機種 スーパーファミコン
メディア 8Mbit ROMカートリッジ
発売・開発元 カプコン
発売日 1992年11月20日
定価 9,180円
判定 良作
ポイント SFC初のディズニーゲー
初心者から熟練者まで楽しめる難易度
実はディズニーの顔を被ったカプコンアクションゲー
ディズニーシリーズリンク


プロローグ

ある晴れた日のこと。
ミッキーは、ドナルド、グーフィー、プルートたちと野原で、仲良くキャッチボールをしていた。
グーフィーの投げたボールを取り逃したミッキー。
プルートがボールを取りにいくものの、戻ってこない。
心配したミッキーがプルートを追いかけると崖に落っこちてしまう。
崖に落ち、不思議な世界に迷い込んだミッキーはおじいさんに出会う。
おじいさんの話によるとプルートは不思議な世界を支配するピート皇帝に連れられていったのだと言う。
更におじいさんはこう話す。さらった者を魔法の実験台にする。皇帝から逃れたものはいない。諦めた方がいい。と。
それでもプルートを助けたいミッキーに、おじいさんは陰ながら協力してくれることになった。
そしてミッキーはプルートを助けるためピート皇帝の城に向かうのだった。


概要

スーパーファミコン初のディズニーゲーであり、ミッキーが単身でプルートを救うということで基本1キャラ操作となる。
2Pプレイも出来るが、初期のFCにあるような交代制であり、協力同時進行のプレイは出来ない。
初期はノーマルのみでの操作となるが、ステージをクリアして進めていくことで最大3つのコスチュームに着替えられる。
コスチュームを駆使して皇帝ピートからプルートを救い出すのが目的となる。
全6ステージ+数エリア+各ステージのボスという構成でライフ制と制限時間が存在する。ライフは難易度によって個数が変わる。

特徴

コスチュームは初期を含めて全4種類。これらを駆使してピート皇帝の城を目指す。

  • ノーマル
    • 最初から身に着けているコスチューム。敵を馬跳びや踏みつけで気絶させることが出来る。ブロックや気絶した敵を掴んで投げることが可能で、序盤はこれが敵への攻撃手段となる。
  • ウィザード
    • 中東の魔法使いの格好になる。魔法による攻撃が主でロックマン4 新たなる野望!!の様に溜め撃ちが可能。魔法はゲージメータが無くなると一切攻撃出来なくなる。魔法のランプで回復できる。
    • コスチューム入手後はショップで1/2消費できるアイテムが購入できる。ただし高価。
    • 更に水中でも溺れる事がなく泳ぐことが可能。魔法の絨毯を起動させる能力も持っている。
    • そのかわりノーマルやクライマーの様にブロックや気絶した敵を持つ事は出来ない。
    • 攻撃性能は溜め撃ちできるぶんファイヤーマンより格上で、溜め撃ちすると横一列に並んだブロックや宝箱を一気に破壊できるほどの威力。
  • ファイヤーマン
    • 消防士の格好になる。放水攻撃が主で火を消したり、火のモンスターを消したりできる。ウィザード同様ゲージメータが無くなると一瞬でしか放水が出来なくなる。消火栓で回復できる。
    • 放水の水圧を利用してブロックや超巨大のブロックを動かすことも可能。ステージ5では氷の台を作ることも出来る。
    • 攻撃性能はウィザードよりかなり劣り、ボス戦で使用すると長期戦を強いられる。とはいえ、ステージ3のボス攻略には必須なコスチュームになる。
    • ウィザードと同様にブロックや気絶した敵を持つ事は出来ない。
    • 同時にこちらもコスチューム入手後に1/2消費できるアイテムを購入できる。こちらも高価。
  • クライマー
    • クライマーの格好になる。持っているロープを使って自在に足場やブロックを上り下りできるのが特徴。いわばヒットラーの復活 TOP SECRETの様にワイヤーアクションが可能となる。
    • 崖下をロープにぶら下がりながら進むといった応用もできる上、ロープも強風に耐える程の耐久力を持っておりかなりアクロバットなアクションが可能。爽快感がある。
    • ロープの攻撃性は敵を怯ませる程度の効力しか持たない。ただし気絶した敵を手繰り寄せて掴むことは可能。ゲージは無く、他二種に比べてかなり機動性が高いのが特徴。

ショップも存在し、貯めたコインでいろんな物を購入することが可能。進行次第では非売品になっていることもあり、コインが足りない場合は商品が灰色に表示される。

+ ショップの取り扱いアイテム一覧。
ハート(20枚) その場でライフが全回復する。
魔法のランプ(20枚) その場で魔法ゲージが全回復する。
消火栓(20枚) その場で水ゲージが全回復する。
デラックスハート(200枚) ライフの最大数が一つ増える。
ウィザード1/2(300枚) 魔法ゲージの消費が1/2になる。
対応するコスチュームを入手していない場合は非売品になる。
ファイヤーマン1/2(300枚) 水ゲージの消費が1/2になる。
対応するコスチュームを入手していない場合は非売品になる。

各ステージにはおじいさんの魔法の力で色々なブロック箱が存在しミッキーの手助けになってくれる。またそれ以外のものもミッキーの支えになるものも。

+ ミッキーの助けになる仕掛け一覧。
ノーマルボックス 黄色いブロック箱。掴んで投げることができる。魔法や放水で破壊することも可能。
無限ボックス 赤いブロック箱。掴むと無限に箱が沸く仕様。魔法をかけると光るリンゴに変化し1000点獲得。
ストーンボックス 灰色のブロック箱。壊すことが出来ないが放水で移動させることが可能。
足場としてよく登場し、中には羽のついたものもある。
スリッピィボックス 壊すことも乗ることもできないボール状の箱。レンジャーのロープを引っ掛けるのに使う。
ミッキーの宝箱 ミッキーの顔を模した大きな箱。基本はリングが付いており開けると色々なアイテムが出る。
リングが付いてない場合は物を投げる・魔法・放水で破壊可能。
上昇ボックス 投げると上へ回転して上昇する箱。上に載ることができる。
トマト(小) 掴んで投げると上へ飛んでいき、そのうち破裂する。つかまって上昇することが可能。
トマト(大) 上に乗るとコロコロと転げ落ちる巨大な実。反対方向に走ることで乗ることが可能。ただし乗り続けていると…。
コイン ショップで購入するのに必要なもの。ノーマルボックスに入っている。
宝箱に大量に入っていることもある。なるべく取っておきたい。
リンゴ・ブルーベリー 得点アイテム。それぞれ500点と200点が加算される。宝箱に入っていることが殆ど。
ミッキーの人形 1UPアイテム。隠されていることも多い。
ハート ひとつ取ることにライフが1回復する。
魔法のランプ 魔法ゲージを1節分回復。
消火栓 水ゲージを1節分回復。
デラックスハート 光り輝く大きなハート。取ると最大ライフ数がひとつ増える。
氷ブロック 水を掛けると足場が発生する。しかし数秒すると割れて消えてしまう。
魔法のじゅうたん 魔法をかけることで起動する。乗って空中を降下することができる。向きに応じて動いてくれる。

評価点

ディズニーらしさ溢れる作風

  • グラフィック、サウンド、構成どれをとってもディズニーらしさを上手く表現している。
    • 冒頭やエンディングのアニメーションのドット絵も美麗。不思議な世界へ迷い込むミッキー。ミッキーに手助けをしてくれるおじいさんとファンタジー風な世界観。そしていつもの悪役ながらのピートが皇帝であるという点もディズニーのお約束として上手く取り入れている。
    • 直立するミッキーは笑顔を絶やさない。笑顔ばかりでなく気絶したり、敵に触れて驚いたりと表情が多彩。更にウィザード以外で水に入ればこちらに訴えかけるかのように不安な表情を向けてきたりするのも特徴。見ている側を楽しませてくれる。
    • 操作も十字キーによる移動の他は「つかむ・投げる」と「ジャンプ」だけと単純明快。プレイしやすいのもポイント。

多彩なギミックとコスチューム利用を前提としたステージ構成

  • ステージ1より地上へ降りる際に大きな木の実に乗って移動、ステージ2では木の中の樹液を潜り抜けるという場面もある。ステージ3は地底へ降りるエレベーター面とファイヤーマンの放水を利用しないと先へ行けない仕掛けもある。ステージ4の険しい山道ではレンジャーが大活躍する。
    • ステージ1から4までがそれぞれのコスチュームに沿ったステージ作りになっているのが特徴。大げさにいえばカプコンのアクションゲー要素をごった煮したような出来
    • ラストステージ6は全コスチュームを前提とした作りになっておりこれらを上手く生かしながら進むのが鍵となる。
    • ゲージ制を取り入れているコスチュームは魔法のランプ・消火器で回復が可能。更にショップで安価ながらフルチャージも出来る。

個性あふれるキャラクターたち

  • テントウ虫、芋虫といった敵もいればミッキーを丸呑みしようと狙っている魚もいたりする。更に、形相の悪いキャラが殆ど敵という判り易いものになっている。
    • 鳥を掴むことができ離すと(しばらく持ち続けていると勝手に離れる)コインを落としてくれたり、ビーバーの通る巣が実は1UPの隠れ場となっていたりということもある。
    • 中ボスも存在し、子バッドを撒き散らしつつレッドアリーマーの様な *1 動作を持つ「バッド」。飛び跳ねつつトゲの実を撒き散らし腰蓑をブーメランの様に飛ばしてくる「ボヨヨーン」。ハンマー片手に火の玉を吐きつつ溶岩をハンマーで噴出す攻撃をする「メラメラーン」がいる。いずれも手ごわい相手。
    • 各ステージのボスは蛇、蜘蛛、石像、鷲、トドの亜人となっているが殆どがピートに似た顔付きとなっており、倒すと人魂が抜けていく。その人魂がピート皇帝と会うための伏線となっているのもポイント。

初心者、上級者の双方にとられた難易度バランス

  • 「EASY」にすれば子供でも何とかクリア出来る難易度だが「HARD」ともなると最大ライフは2となりお手つきは1回だけとなる。
    • ただ途中のボックスやショップで最大ライフを増やすアイテムを取れば、どのモードであっても最終的にライフを最大の10まで上げられる。
    • HARDだと敵の攻撃が激しくなったり、足場が減ったりとまさに辛口モードになる。中ボスやボスの耐久度も上がっており熟練者でも唸らせる。

賛否両論点

  • ホラーファンタジー寄りな作風
    • BGMやSEも含めた全体的な演出は重厚でおどろおどろしく、有り体に言えば『魔界村シリーズ』風。
    • ステージ2「魔法の森」にて棍棒を一定の間隔で振り下ろす切り株のお化けと人食い魚。ステージ3「地底世界」で延々と地底へ降りるエレベータと地底空間。ステージ6の「ピート皇帝の城」のフロア一面剣山だらけのステージなどのそれが表れている。ディズニーアニメ作品の作風自体が必ずしも明るいものかりとは限らないとは言え、ややシビアでシリアスな雰囲気である。
    • 水中から飛び出した人食い魚に噛み付かれてそのまま引きずり込まれて即死というショッキングな死亡パターンもある。
    • 味方となってくれる者が「おじいさん」と途中で現れる「グーフィー」のみ *2 。ドナルドダックも登場するがオープニングとエンディングにしか登場しない。更に言えばFC版でも登場していたミニーは何故か一切登場していない。おなじみの仲間がほとんど顔を見せないというのはさすがにさびしい。
  • クライマーがノーマルの上位互換。
    • ノーマルの利点は敵を踏みつけられる、つかめることにあるが、クライマーも同様の性能を有しており手に入れた時点でノーマルは要らない存在になってしまう。
    • 更に気絶した敵をロープでたぐりよせて投げたり、ロープによる多彩なアクションプレイも相まってますます拍車が掛かる。
      • もっともクライマーは最後のコスチュームでありちょうど後半から使用可能になることから、敵の強化と併せてこれ以降はなんらかのコスチュームを着て攻略するというゲームデザインと捉えれば問題はない。

問題点

  • 3面の中ボス「メラメラーン」のみ詰む危険がある。
    • ウィザードのコスチュームのみ持った状態で挑む事になるのだが、踏みつけ攻撃が効かないためゲージが無くなると攻撃することが出来なくなりわざと1ミスするしかなくなってしまう。
      • 戦うエリアに魔法のランプが2つ設置されているためよほど攻撃を外す事がなければ詰むことはないが……。
    • 3面ボス「チュドーン」最終ボス「ピート皇帝」も踏み付け攻撃無効だが、彼らはファイヤーマンのゲージが無くなった最弱状態でも障害物や召喚するザコに水をかければ消火栓が出現しゲージの供給ができるため詰むことはない。皇帝戦ではウィザードでザコを倒せば魔法のランプも出現する。
      • もっとも「チュドーン」戦ではボスの周りを回転する炎の足場に水をかけなければいけないためゲージなしでは射程が短く苦労する。このボスは不安定な足場から水をかけ続けなければすぐ回復するため中ボスとは比較にならない難易度である。
      • 皇帝戦でもファイヤーマンは攻撃性は劣るのでうっかりウィザードのゲージをゼロにしてしまうと長期戦を強いられてしまうことになる。

総評

カプコンのアクションゲームらしい難しさを内包しつつ、難易度ひとつ変えるだけで初心者から熟練者まで遊べる絶妙なバランスを保っており、世界観・システム両面でディズニーキャラクターと上手くマッチさせている。
ミッキーしか使用できなかったり、劇中で顔見世するお馴染みのキャラクターたちがほとんどいないという面では少々寂しいところだが、続編ではミニーなどのパートナーが追加され、この点は改善されていった。


余談

  • ゲーム序盤ではミッキーに対して「皇帝から逃れた者はおらん。諦めるのじゃ。」と諭しているが、ゲームオーバーの画面では「諦めてはいかん。プルートを救うのじゃ!」と真逆の発言をしている。『ゲームセンターCX』でもこのゲームを取り上げられており、有野課長やスタッフから突っ込まれている。
    • もっとも、「諦めるのじゃ」と言った直後に「しかたない」とミッキーへの支援を申し出ているし、ミッキー自身が退くそぶりを微塵も見せていなかったので「いったん決心したことを簡単に諦めるな」という叱咤激励ととらえればつじつまはあう。簡単に態度を翻したように見えてしまうのは確かだが。
  • サウンドエフェクトをよくよく聴くとストリートファイターIIのものを流用していることが判る。ステージ2の切り株のお化けが出る箇所やラスボス戦が最もわかり易い。
  • 中ボス「バット」は動作パターンや倒されたときに顔を真っ赤にしてダウンすることから明らかにレッドアリーマー *3 のそれであり、事実ファンサービスでもあるとも言える。
  • 続編として『ミッキーとミニーのマジカルアドベンチャー2』『ミッキーとドナルド マジカルアドベンチャー3』が発売された。タイトルの通り、それぞれミニーとドナルドダックがパートナーとして登場し、2Pでの協力プレイが可能となっている。
    • 更に後にGBA版『ミッキーとミニーのマジカルクエスト』が発売。タイトル通り、ミニーがプレイアブルキャラとして選択可能になっている。『2』『3』も『マジカルクエスト』のタイトルでGBAに移植された。
      • この微妙なタイトル変更は、SFC版の海外タイトル『The Magical Quest starring Mickey Mouse』に倣ったものと思われる。