Shantae: Half-Genie Hero

【しゃんてぃ はーふじーにー ひーろー】

ジャンル アクションアドベンチャー
※画像は海外版
対応機種 Windows 7~10
Xbox One
発売・開発元 WayForward Technologies
発売日 2016年12月20日
定価 【Win】1,980円
【One】2,160円(各税8%込)
レーティング CERO:B(12才以上対象)
備考 海外ではPS4/PSV/WiiU版あり
判定 良作
Shantaeシリーズ
Shantae / リスキィ・ブーツの逆襲 / 海賊の呪い / Half-Genie Hero


概要

2015年に『シャンティ -海賊の呪い-』で国内展開が始まった『Shantaeシリーズ』の第4作目。
2013年にKickstarterで開発資金を募り、見事目標金額を達成し、マルチプラットフォームで発売されることとなった。
なお、公式サイトでは『Half-Genie Hero』名義だが、タイトル画面などでは『Shantae: 1/2 Genie Hero』となっている。

HD画質となったグラフィックで、シャンティの新しい冒険が始まる。


ストーリー

ある夜、シャンティは不思議な夢を見た。
謎の音に導かれ、ミミックの作業場の見たこともない地下で不思議な光と出会い、ジーニーの世界の危機を告げられたのだ。
このままでは魔法を悪用され、人間たちの世界にも災いをもたらすと……。

気付くとシャンティはスカットル・タウンの町中に立っていた。
あれは夢だったのだろうかと思う彼女を事件は待ってくれない。
果たしてシャンティの前に待ち受ける運命とは。


特徴

  • システム面は1作目と2作目を踏襲しつつ、前作『海賊の呪い』同様にステージ選択制を採用している。今作ではスカイと共に巨大化したレンチに乗って移動する。
    • 前作はステージに明確な区切りはなかったが、今作ではステージ開始と終了が明確に設定されており、よりアクションゲームとしての面が強くなった。
    • ただし、探索要素がなくなったわけではなく、後から行けるようになるエリアも多い。
      • なお、アイテムのホイッスルを使えばいつでもステージ選択に戻ることが出来る。
    • これまではセーブおじさんのいる場所でセーブしていたが、今作ではステージの中間地点に到達するとセーブ出来るようになった。
      • おじさん自体はスカットルタウンやセーブ画面で登場する。
  • ベリーダンスと変身が復活した。
    • 今作ではダンスを踊り始めると変身先が表示され、方向キーで選択することで変身する。
    • 過去作以上に変身が増えており、変身候補は一度に4つまでしか表示されないが、選ばずに一定時間経過すると別の変身候補が表示される。
      • 一部の変身はステージのどこかに隠されていたり、特定の場所にあるショップで購入する。これらは入手せずともクリアすることも可能。
    • なお、ダンスは特定の場所にあるゲートから行ける「ジーニーレルム」にある宝箱などから入手する。
+  今作での変身(ネタバレあり)

評価点

  • ドット絵から手描きグラフィックへ
    • これまでのシリーズはドット絵のキャラクターをぬるぬる動かしていたが、今作ではHDハード向けに手描きグラフィックとなり、Win版や据置機版の見栄えがよくなっている。
    • もちろん、手描きながらこれまで同様、いや、それ以上に生き生きと動くようになり、見た目にも楽しいゲームに仕上がっている。
      • 例えば、ある程度走ったあと急に立ち止まると前のめりになってバランスを取ったり、静止時のポーズも枚数が増えて動きがよくなっている。
    • 背景もパワーアップしており、2D風の3Dに変更。2Dキャラと合わせても全く違和感がなく、それでいて立体的になった。
  • ゲーム内容も相変わらず良質な出来栄え
    • 動作のコマ数が増えているものの、操作感覚はこれまで以上に良くなっており、完成度がさらに高まった。
    • ファイアーボールやパイクボールなどの魔法は、これまではいちいちメニューを開いて選択していたが、今作ではL、Rで切り替え可能になり快適性がアップ。
    • ステージは最初に入った時とクリア後で仕掛けが変化するようになっており、1回目は横スクロールアクションとして、2回目以降は探索アクションとして楽しめる構成になった。
      • 例えば、とあるステージでは下からボスに追いかけられ、とにかくどんどん登っていかないといけないため探索している暇がないが、そのボスを撃破後に再び訪れるとボスはいなくなっており、安心して探索することが出来る。
    • 変身の種類も豊富になり、入手していくことでどんどん行動範囲が広がっていく。これまでのシリーズで登場したダンスが全て復活したので、シリーズファンほど楽しめる。
    • ボス戦は特殊なギミックを利用して戦うシーンが増え、3D化した背景を利用した戦闘などもあり、超巨大なボスばかりで楽しませてくれる。
    • 過去シリーズの小ネタも豊富で、最初のステージである「メインストリート」が初代の最初のステージのリメイクになっていたり、リスキィ・ブーツが前作で登場したパイレーツギアを使ってくるなど、シリーズファンならニヤリとできる。
  • BGMも良曲揃い
    • シリーズおなじみのアラビアンな雰囲気の曲を主体に、ステージや展開に合わせた曲が多く、耳に残りやすい。
    • シリーズ初のボーカル曲「Dance Though the Danger」もシリーズの世界観にマッチしており、ゲーム序盤から流れることもあって印象に残る曲となっている。
  • やりこみ要素も充実
    • ハートホルダーなどの隠しアイテム探しや、コンセプトアートやファンアートを閲覧出来るギャラリーの鍵探しなど普通にプレイしているだけでは見つからない要素が豊富。
      • 街の人々からアイテムの場所のヒントが貰えるので、攻略なしでもほぼ見つけられる程よい難易度。ただし、見つけにくいものは本当に見つけにくいのでやりこみがいがある。
    • 一度本編をクリアすると、いくつかの変身を最初から所持した状態で始められる「シャンティ・ヒーローモード」が遊べるようになる。
      • 最初から変身を所持しているので、通常モードでは入手できないタイミングでアイテムを入手できるので100%スピードクリアの実績も取りやすくなっている。
    • 2017年3月7日のアップデートでノーマルモードの難易度に満足できないプレイヤー用の高難易度モード「ハードコアモード」が追加された。
      • ダメージ量がアップしているのがメインだが、それだけに避けるテクニックが重要となるので、なかなかの難易度。
    • なお、各モードの進行状況は同じセーブデータ内でも個別に記録されるため、セーブ数を圧迫しない親切設計。
    • 条件を満たすことでエンディングが変化する点は過去作と同じ。
  • 正式に日本語に対応した
    • 本作は一度延期されているが、これは日本語ローカライズなどに対応するための延期と言われている。
    • 過去作のように自力で翻訳したり国内メーカーのローカライズを待つ必要がなくなったのはファンには嬉しい点である。

問題点

  • 前作に比べるとステージが狭く感じやすい
    • 前述のように初回はほぼ一本道のステージ構成になっているためと思われる。2回目以降はかなり広いステージを探索できるのだが。
  • 一部の便利すぎるダンスの存在
    • 特に、いつでも無限に回復アイテムを生成できるドリュアス・ダンスや回復・ダンスが便利すぎる。活用しまくると難易度が大幅に低下する。
    • もっとも、これらのダンスは特定の場所にいる隠しショップで購入しないと使えないので、無視しても良いが。
  • ローカライズ自体は嬉しいが、やはり翻訳精度は微妙。
    • 例えば、スカイと一緒にステージ選択画面へ移動する際に「離昇する?」と聞かれたり。さすがに直訳すぎるだろう…。
    • また、一部文字化けしている箇所があったり、言い回しが意味不明な箇所も多い。

総評

ドット絵から手書きグラフィックに移行しながらも、これまでのシリーズで培ってきたヌルヌル動くアニメーションや良好なアクション性はそのままに、より完成度を高めた良作アクションとなっている。
何よりグラフィックが向上したことで、元々の売りであったキャラクターの愛らしさが増しており、プレイヤーからも好評を得ている。
本作から始めても楽しめるので、興味があればぜひ手に取っていただきたい。


余談

  • 当初はPS3/360での発売も予定されていたが、Kickstarterでの支援者が選んだハードで、これらを希望した人は1%にも満たなかったことからキャンセルされた。