ローグレガシー

【ろーぐれがしー】

ジャンル アクションRPG
対応機種 Windows XP~7 (Steam)
プレイステーション4
プレイステーション3
プレイステーション・ヴィータ
メディア ダウンロード専売ソフト
発売・開発元 Cellar Door Games
発売日 【Win】2013年6月28日
【PS4/PS3/PSV】2015年4月8日
定価 【Win】1,480円
【PS4/PS3/PSV】2,000円
プレイ人数 1人
レーティング CERO:A(全年齢対象)
備考 PS4/PS3/PSV版はクロスバイ対応
判定 良作
ポイント 即死上等世代交代アクション


概要

2013年にCellar Door Gamesから発売されたインディーズゲーム。2015年にローカライズされ、国内CS市場向けに販売開始された。
プレイヤーが死ぬ度に世代交代していく横スクロールアクションRPG。
「ローグ」という名前が示す通りローグライク的な要素があり、攻略するダンジョンの構造はプレイするたびに変わる。
通常のローグライクRPGとの違いはダンジョン攻略中にレベルアップしたり、強い装備を入手することがないということ。
レベルアップや新しい装備の入手は世代交代時にのみ行うことができる。
世代交代=プレイヤーがダンジョン攻略中に死ぬことが前提であるため難易度はやや高め。

特徴

  • ランダム生成ダンジョン。
    • ローグの名前通り、プレイごとにダンジョンはランダム生成される。
      • 全体で4つのエリアに分かれており、真ん中が「城」、右方向に「森」、上部が「塔」、下が「闇の領域」という構成になっている。但し、大まかな設定がされているだけで、別エリアへの出入り口の位置もまたランダム生成となっている。
      • それぞれのエリアのボスを見つけ出し倒すことで最終エリアへの扉が開かれる。
    • とあるNPCをアンロックすれば、そのNPCに頼んで、入手できるゴールドの量が制限される代わりに前回と同じ構造のダンジョンに挑むこともできる。
  • 世代交代
    • 本作最大の特徴。一回のプレイの間にプレイヤーキャラクターが成長することはなく、集めた財産は次のキャラクターが受け継いでいく。
    • ダンジョン攻略中に死亡した後はランダムに3人の跡継ぎ候補が作られ、その三人の中から次のキャラクターを選ぶことになる。
      • 世代交代時に、前キャラクターがプレイ中に入手したゴールドを消費して、スキルの入手や能力強化、新職業のアンロックなどを行う。
      • また装備の設計図をプレイ中に入手した場合は、世代交代時に新たな装備を作ることができる。装備に特殊効果を付ける『ルーン』も、世代交代時に組み込むことができる。
  • アクション
    • 移動以外の基本アクションはジャンプ、剣を振る、下方攻撃の3つだけだが、上記のルーンを装備に組み込むことで「ダッシュ」や「二段ジャンプ」のアクションが追加される。
      • 同じ効果のルーンを複数個所につければ、連続ダッシュや三段ジャンプも可能になる。
    • また通常の攻撃以外に、MPを消費して使用する「スペル」がある。
      • スペルは跡継ぎのキャラクター生成時にランダムに所持している。また冒険中に別のスペルを入手できる事もある。
    • その他、クラス固有の特殊能力があり、その多くはレベルアップすることで使用できるようになる。
      • 例:パラディンは敵の攻撃をガードできる(ガード時にMP消費)。アーチメイジは複数のスペルを持ち、切り替えることが可能。

評価点

  • 繰り返し楽しめるローグライクダンジョン
    • 基本はシンプルな横スクロールアクションだが、クラスごとにプレイスタイルが異なり、敵の配置もランダムなので何度でも楽しめる。
    • 敵キャラクターは「動きは遅いが攻撃力が高いもの」「素早く動き、どこまでもプレイヤーを追跡してくるもの」「一か所からじっと動かないが壁を貫通する遠距離攻撃を仕掛けてくるもの」「オブジェクトに化けてプレイヤーが接触するのを待つもの」などそれぞれ癖が強い。
      • 敵の動きを覚えることで上手に対処できるようになるが、部屋の構造や他の敵との組み合わせによってとれる戦術も変わってくるのでワンパターンになることがない。
      • 時には雑魚敵を大型化して強化したような、小ボス的存在が登場することもある。
    • 特定の条件を満たすことでアイテムを入手できる「フェアリーチェスト」という宝箱があり、ちょっとしたパズル要素も楽しめる。
      • 「敵の攻撃を受けるな」や「ジャンプ禁止」といった制限の中、スペルや特殊アクション、クラススキル、特性を駆使して条件をクリアする。
    • 悪魔城やメトロイドのようなダンジョンの構造を活かし、真ん中、右、上、下にそれぞれ難易度の違うエリアが配置されている。このため、「どの方向に進んでいくか」という選択が難易度調整のような役割を果たすので、すでにクリアしたエリアを再び攻略しなくとも、まっすぐ自分の現在の段階に合わせたエリアに向かうことが可能。
  • 世代交代
    • 本作は普通のローグライクと違い、一度のダンジョン攻略中にレベルアップしたりより強い装備を入手することがない。代わりに入手した装備の設計図やゴールドは次の世代に持ち越せるため、「死亡=装備や経験値を失う」という通常のローグライクと違い、難易度は高いながらも気楽に何度でも挑戦することができる。
    • 世代交代するときの跡継ぎはランダムに選ばれるが、クラスや使用可能スペルにそれぞれ個性があるのはもちろん、ほとんどのキャラクターが何らかの「特性」を持っている。
      • 例えば「太っているから敵の攻撃で吹き飛ばない」「低身長だから攻撃範囲が狭いが、あたり判定も小さく、狭い通路も移動できる」など。
      • プレイヤーに有利に働く特性もあれば、「遠距離が多少ぼやける」といったちょっと困ったもの、「HPゲージが表示されない」などほぼ縛りプレイ同然の特性や、「えリア名や日記ガ、ヒらがナ・カたカな混ジりノ文章にナる」のようにゲームプレイにほとんど影響しないジョーク特性もある。
      • 特性によってもプレイスタイルが変わるので、ゲームプレイがワンパターンになりにくい。
      • また、特性によっては解説文の字面だけでは分かりづらく、実際にプレイして始めて効果が分かるものもあるので、新しい特性をとりあえず試してみる楽しみ方もある。

賛否両論点

  • 妙な特性
    • 「オナラを連発する」という下品なだけのものや、「画面の向きが上下逆になる」というプレイしていると気持ち悪くなるような変な特性は面白くもあるが、何度も見るとややうっとうしくもなる*1
  • パロディ
    • 特性やクラスの説明文に『マトリックス』や『NARUTO』などのアニメや映画、他ゲームのパロディが多め。元ネタが分かると楽しめるが、ややオタク向け。

難点

  • 攻略が無駄足に終わることが多い。
    • 前回の冒険で得たゴールドでスキル強化や装備作成などを行った後、ダンジョンに入るときに残ったゴールドは全て没収されてしまう*2
      • 上位のスキル・高いレベルのスキルほど必要ゴールドが多くなっていき、装備作成にもまとまったゴールドが必要となるため、中盤には小額のゴールドをうまく使いきれず、泣く泣く全部没収ということも多くなる。
    • 本作に登場するクラスのほとんどは「特殊な能力を持つ代わりにHPが低い」という特徴がある。新しいクラスをアンロックすると、世代交代時に死にやすいクラスが出やすくなるということでもある。
      • ある程度HPを上げてしまえばあまり気にならなくなるのだが、特にHPが低くゲームにも慣れていない序盤ではお荷物になることが多く、開始数部屋で死亡することが多くなってしまう。
    • 特定の条件を満たすことで開くことができるフェアリーチェストも、特定のスペルや特性、2段ジャンプなどの特殊アクションを持っていないと達成不可能なものが多い。特に序盤はフェアリーチェストを見つけたのに何もできずに去ることしかできないことも多い。

総評

ローグライクらしい、繰り返し楽しめる中毒性と難易度がありながら、シンプルな操作と「死亡前提」というゲームデザインのおかげで気軽に楽しめる。
プレイヤー強化にかかるコストと難易度が釣り合ってしまう中盤の停滞はやや難点だが、ちょっとした暇つぶしとしても、チャレンジし甲斐のある高難易度アクションとしても楽しめるため、広い層のゲーマーにオススメできるゲーム。