12歳。~ほんとのキモチ~

【じゅうにさい ほんとのきもち】

ジャンル 恋愛アドベンチャー
(公式ではぷちコイアドベンチャーと称している)
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 ハピネット
発売日 2014年12月4日
定価 5,074円(税別)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 なし
ポイント キャラゲーとしては手堅い作り
ゲーム自体はボリューム不足

概要

小学館の少女漫画雑誌『ちゃお』の人気漫画『12歳。』(作:まいた菜穂)のゲーム化第1弾。原作は小学6年生の「綾瀬花日」と「蒼井結衣」の二人を主人公とし、彼女らの恋愛模様やクラスメートらの交流を描く。

ゲーム内容

  • 花日か結衣のどちらかを選び、全20話のエピソードをプレイしていく。
    • 花日には「高尾優斗」、結衣には「桧山一翔」と、それぞれの彼氏がいる。
  • 下画面で自分の気持ちに合わせ4パターンある表情のうち一つを選び、彼氏の対応を見ていくというもの。
  • クラスメートのエイコーが恋愛模様を新聞化する「カレカノゴロク」や、二人の友人である「小倉まりん」が恋愛アドバイスする「まりんのへや」など原作でもおなじみの要素もミニゲームとして入っている。
  • どちらか一人をクリアするとゲームオリジナルキャラ「山田陽香」のエピソードがプレイできるようになる。

評価点

  • ツボを押さえたストーリー
    • ゲームオリジナルのエピソードだが、原作でのターニングポイントとなった修学旅行編の補足エピソードや季節に合わせたデートなど納得のいくものになっている。
  • 多彩な表情
    • 彼氏の反応によって表情が変わるがバリエーションが多く見ていて飽きない。
  • 声優陣
    • 声優陣はちゃおの付録DVDのアニメ版から続投しており違和感がない。後のTVアニメ版でも続投している。

問題点

  • ボリューム不足
    • 主人公が三人いるが展開も変わりがなくプレイ時間的にも短め。上記の通り全20話のエピソードは三人合わせての合計である。
  • ゲームオリジナルキャラである陽香にはボイスがない。
    • 陽香の彼氏である「桐屋勇」にだけボイスがついている(CV:山下大輝)。これは残念。

総評

キャラゲーとしてツボを押さえた手堅い作りとはなっているがボリューム不足が否めない。

余談

  • 本作は原作の人気に後押しされる形でヒットし、2016年8月6日に続編『12歳。~恋するDiary~』が発売された。