The Witness

【ざ うぃっとねす】

ジャンル パズル
対応機種 Windows、OS X*1(Steam)
プレイステーション4
Xbox One
発売・開発元 Thekla
発売日 2016年1月26日
2016年12月15日(PS4/日本)
2018年3月28日(Xbox One/日本)
定価 $39.99
3,980円(PS4/日本)
4,320円(Xbox One/日本)
レーティング CERO:A(全年齢対称)
判定 良作


概要

高い評価を得たパズルアクション『Braid』の製作者による、一人称視点探索型のパズルゲーム。
内容は、人のいない孤島を探索しながら島中にちりばめられたパズルを解いていくというもの。ストーリーの類は一切ない。
「線をつなぐ」というシンプルな基本ルールと、トゥーン調の色鮮やかなグラフィックが特徴的。

システム・特徴

パズルでの基本的な操作はいたって簡単。ポインターで、始点から終点までを一筆書きの要領で線をつなぐ。これだけである。

  • プレイヤーがとれる行動は、移動以外にはこの「線をつなぐ」のみ。扉の開閉やエレベーターの起動などもこの操作で行う。
    • 始点となりうる場所はやや大きめの円形となっている。これはパズルだけでなく……

評価点

  • 高品質なパズルの数々
    • 基本ルールこそシンプルなものの、そのバリエーションは非常に豊富。その数は600以上。
      • ただし、半数近くはクリアには必要のないパズルである。ちゃんとディスプレイが用意されている問題ですら、クリアに必要なかったりする。
        このため、クリアが目的なのか、コンプリートが目標なのかで大きくプレイ時間が変わる。
    • 基本的にルールの説明自体が全くない。この点は先行する『タロスの原理』と非常に似通っているが、『タロスの原理』は本作に比べてヒントの提示が上手くて多い。
    • 本格的に島の探索が始まると、よく考えないとルールの分からないものや、周囲の環境がヒントになっているもの、存在自体が隠されているものなど、一筋縄ではいかないパズルが次々と登場する。
    • 内容もしっかり練りこまれている。一瞬で解けるような簡単なものからメモを取って考えこまなければならないような難しいものまで、丁寧に段階を踏んで難易度が上がっていく作りになっている。
      • 想定正解率1%以下という難問もあり。
  • 舞台となる島の静かな雰囲気
    • 彩度の高く抽象的なグラフィックで描かれた風景は、リアル系のグラフィックとはまた違った美しさがある。
    • 音響効果にも力を入れており、人の気配がない静かな世界を効果的に表現している。

賛否両論点

  • パズルとオープンワールドのかみ合わせについて
    • 本作はパズルゲーム+オープンワールドという変わったジャンル。そのためか、やや両者がかみ合っていない部分がある。
      • いきなり、まだ遭遇したことのないルールの問題の応用問題にぶち当たったりする。
        エリアによっては特定の要素に対するチュートリアルとなるパズルが用意されているケースがあるため、そうなっているエリアを探して基本を把握しておく必要がある。
        + 例えば 最初の大きな扉を抜けた先からは家のような建物・桜並木・町の廃墟のいずれかに行くことになるだろうが、町の廃墟は他の全エリアで登場するパズルが複合したエリアとなっているため、このエリアは(最終地点となる山を除けば)最後に挑戦することを推奨。
    • 「クリアのためにパズルを解くこと」を目的にすると、一手先に進むために5つ、時には20以上のパズルを解く必要があることにテンポが悪いと感じてしまう。また、さほど広くないとはいえオープンワールドの島を歩き回るのが冗長になる。
      一方、コンプリートを目標にすると、問題を隠すためのオープンワールドだったのだと気づく事となる。隠された問題を探して島じゅうをキョロキョロと目を血眼にして探索するハメになる。
      • +... クリアに必須ではない部分では重要になるのだが、なぜかを説明するとネタバレそのものになってしまうので……この要素なしだと全体の半分も遊んでいないことになるだろう。ゲーム内でもそれの存在を示すヒントもあり、達成の状況も知ることができるし、すべての要素をクリアしようと思った場合にはこちらのほうが数倍時間がかかるはずである。なにより一度気付いてしまうと何気なく通り過ぎていた場所に隠し要素が転がっているのを理解してしまい驚愕することに……

        + ある程度遊んだけど気付かなかった人へ とりあえず、スタート地点に戻り、最初の問題のあった扉から地下室へ出て、真っ直ぐ進んで壁に突き当たったところでスタート地点を振り返ってみよう。
        そこに、最初の隠された問題がある。

    • ストーリーでモチベーションを保つこともできないので、好みに合わないと醒めやすい。逆に、好みに合ったプレイヤーはハマり込めるのだが。

問題点

  • 一部のパズルの問題
    • 終盤に、パズル自体を見づらくしたり、操作をやりづらくしているパズルがいくつかある。思考力やひらめきとは関係ないところで難易度をあげているのはパズルとして問題といえる。
    • 特に色がチラチラ切り替わるパズルは見づらい以前に目に悪い。
  • 3D酔い
    • 人によっては強い3D酔いに苦しめられる。一人称視点のゲームに慣れているプレイヤーでも酔ったという報告が多数ある。
    • FOV(視界)が狭いことが主な原因だったが、アップデートにより視界の広さを変更できるようになった。酔いが心配な人は設定を変えてプレイすることを推奨する。

総評

海外のレビューサイトなどで高評価を得た作品だが、けっして万人向けといえる内容ではない。
しかし、ハマる人にはゲームをしていない間にもパズルのことを考えてしまうほどの中毒性を持っている。好みの分かれるゲームといえよう。
全クリアにはひらめき、論理的思考力、観察力を総動員することが求められる。高品質で歯ごたえのあるパズルゲームをやりたいという人にはおすすめの作品。


余談

  • 本作は名作謎解きアドベンチャーとして知られる『MYST』にインスパイアされた作品であると開発者が語っている。
    • 人の気配がない孤島を探索するシチュエーションなどに共通点が見られる。
  • Xbox One版におけるタイトル表記は日本のストアでは何故か「目となる者(The Witness)」となっている。