ロックマン クラシックス コレクション

【ろっくまん くらしっくす これくしょん】

ジャンル アクション
対応機種 ニンテンドー3DS
プレイステーション4
Xbox One
Windows 7
Nintendo Switch
メディア 【3DS】3DSカード/ダウンロードソフト
【PS4/One/Win/Switch】ダウンロード専売ソフト
発売元 カプコン
開発元 Digital Eclipse
発売日 【3DS】2016年2月25日
【PS4/One/Win】2016年5月26日
【Switch】2018年5月24日
価格 パッケージ版
【3DS】3,990円
ダウンロード版
【3DS】3,324円
【PS4/Win】2,315円
【One】2,380円
【Switch】2,769円(全て税別)
周辺機器 【3DS/Switch】amiibo対応
廉価版 【3DS】Best Price!:2017年9月14日
パッケージ版:2,990円
ダウンロード版:2,769円(各税別)
判定 良作
ロックマンシリーズリンク


概要

本家『ロックマンシリーズ』のFC版6作品を収録したカップリング移植。
ファン向けの要素としてギャラリーモードやタイムアタックを行うチャレンジモードといったおまけ要素を収録している。
国内でのカップリング移植は『ロックマンメガワールド』以来であり、同作がほぼリメイクといった内容だったのでカップリングでの完全移植は初となる*1

収録タイトル

各タイトルの評価については個別ページを参照のこと。

特徴

  • チャレンジモード
    • 各タイトルのボスと連続で戦ったり、ステージの特定の場所を連続で攻略してタイムを競うモードとなっている。
      • 終盤に登場する「バスターのみ」系を除き、特殊武器は全て所持した状態でプレイする。武器エネルギーはステージが切り替わるごとに全回復する。
      • E缶は使用できないが、M缶は1回だけ使用可能。ミスしてもミスしたステージの最初からとなる。
    • タイムに応じてブロンズ、シルバー、ゴールドのメダルが手に入り、クリアしたチャレンジ数によって新しいチャレンジが解禁されていく。
      • なお、チャレンジには時間制限が存在し、制限時間内にクリアしなければならない。
    • 3DS/Switch版では、ロックマンのamiiboを読み取ることで専用の新規ステージをプレイすることができる。
    • PS4/One/Win/Switch版ではオンラインランキングに対応し、上位プレイヤーのリプレイをダウンロードすることが出来るようになった。
  • データベースモード
    • 各タイトルの登場キャラクターの紹介やコンプリートワークスに収録されていたイラストが掲載されている。
    • 敵キャラはライフ量、弱点武器が掲載されており、一種の攻略情報となっている。
      • ワイリーステージを除くボスに限り、データベースモードからのバトルが可能*2。特殊武器は全て揃っており、E缶も完備しているので、練習には最適。
      • キャラの説明は全てPS版のものをほぼそのまま持ってきている*3。同じゲームなので問題ないといえば無いのだが、カリンカの説明のみ意味不明となっている*4
    • また、各タイトルのBGMを聴けるミュージックプレイヤーも収録。
  • リワインド機能
    • ミスしてもリワインド(巻き戻す)することでプレイをやり直せるようになった。
    • 当初は後発のSwitch版限定の機能だったが、後のアップデートで他機種にも搭載された。

評価点

  • 移植度は非常に高い
    • FC特有の点滅や処理落ち、すり抜けバグなどの有用なバグもそのまま残っている。*5
    • 遊びやすいようにセーブ機能も存在し、各タイトル1つだけ途中セーブを残せる。もちろん『1』以外はパスワードも使える。
    • チャレンジモード中盤以降は複数タイトルのステージを混ぜたものも登場するが、ステージによってロックマンの挙動も変化する*6など凝っている。
  • 50に及ぶチャレンジモード
    • チャレンジは全部で50も存在し、特殊武器の自由度も高いのでやりごたえがある。
      • ロックマン恒例の出現ブロック*7の場面だけをひたすらプレイしたり、『1』~『6』全てのボスやワイリーマシンと連戦するチャレンジもあり、楽しませてくれる。
    • 裏ワザやバグ技、本作で追加された高速連射機能*8も使えるので、タイムを縮める手段が非常に多い。
      • 好タイムを出すためには、あえて弱点武器とは異なる武器を使用するのも手。特に『4』は当てにくいスカルバリアー、倒すのに時間がかかるフラッシュストッパー、発動に時間差のあるレインフラッシュなど使わない方が良い武器が多い。
      • オンラインランキング上位陣のリプレイはもはや人力TAS*9並。
    • 「バスターのみ」系を除いて特殊武器が使い放題、かつミスると全特殊武器が全回復する仕様なので、特殊武器やボス戦の練習としても最適。
      • これに2及び3の特徴だった「一度クリアしたステージには基本的に再侵入不可」という点を利用すると、「エアーマンステージでアイテム2号を使いカミナリゴロー地帯を一気に駆け抜ける」「シャドーマンステージでシャドーブレード無双」といった、ファンの妄想に過ぎなかった本来ではありえないシチュエーションもチャレンジモードを通じて再現できたりする。
  • オプションも充実
    • ゲーム画面をTVに合わせてサイズを切り替えたり、ブラウン管TV風のエフェクトを掛けて懐かしさに浸ることが出来る。
    • 海外版『MEGA MAN』に切り替えることも可能。
      • 北米版ベースの移植のため、これにより、正式に海外版をプレイ出来るようになった。『MEGA MAN2』の難易度選択や一部異なる『MEGA MAN6』のBGMも聴くことが出来る。
        その中でも前者の難易度「NORMAL」は実質的なイージーモードとして機能している。「ロックマン2自体を触れるのが今回が初めて」だったり「難しすぎてどうしてもロックマン2をクリアできなかった」という人は是非プレーを。
  • ミュージアムモードもなかなか充実している
    • コンプリートワークスに収録されていたイラストはラフデザインまで全て網羅されており、宣伝用のポスターなども収録されている。日本版は勿論、海外版のパッケージアートまで収録されているので、かの有名なBBA MEGAMANも十分堪能することが可能。3DS版とSwitch版のみファミコン版の箱パッケージや説明書、紙面広告も収録されている。
    • また、イラストは自由に拡大できるので、コンプリートワークスでは小さくしか載っていなかったイラストも隅々まで確認可能。

賛否両論点

  • 『ロックマン』のみ一部挙動が異なる
    • 具体的には、水中で浮力が存在しない現象が『ロックマン2』以降と同様に修正された。これにより、水中面で敵を避けるタイミングなどに違いが生じている。
    • 一作目ゆえの粗であり、プレイにはほぼ支障はないものの、FC版でやりこんだプレイヤーほど違和感を感じる部分になっている。
      • FC版プレイヤーにしか分からない部分なので、初めてのプレイヤーには問題ない部分でもあり、慣れれば問題はない。

問題点

  • 前述のように処理落ちなどもそのままである点
    • 9』や『10』では切り替え出来るようになっていたので、オプションで切り替えたかったという声もある。
  • PS版の要素は未収録
    • ファミコン版の移植のため、ナビゲーションモードやアレンジBGMは収録されていない。
      • 一応タイトル画面やゲーム選択画面、ギャラリー内で流れるBGMはPS版で流れたアレンジ版*10である。
    • また、PS版用に描き下ろされた新規イラストも未収録。
  • チャレンジモードの道中ステージは同じ場所ばかり使い回されているため、バリエーションに乏しい。
    • ボス戦の方もダウンロードしなくても戦える連中のうち、根本的にタイムアタック向けでない連中*12がいる。
  • 問題点というにはやや微妙だが、チャレンジモードの1つ「ブルースからの挑戦状」が不可解。
    • タイトル的にブルースがらみのコースと思いきや、最初のマグネットマンステージでの彼との戦闘の後は完全無関係なコースばかり出てくる。*13
      • また、ここのみ「ロックバスターのみ」と「全部の武器が使える」の仕様が混在している。序盤から選べるチャレンジにそれはないのでは…
  • 追加要素にアレンジされた新要素は殆ど無い
    • 前述のチャレンジモードは原作元の道中をセクション毎に攻略していく形式で良くも悪くも原作通りに遊ぶ感覚である。
    • ロックマンメガワールド』のワイリータワーや『ファミコンリミックス』のような1の武器で4のボスに挑戦するといったアレンジされた新要素に期待したプレイヤーには肩透かしをくらった気分だろう。
  • 日本語のみミュージックプレイヤーモードでは何故か「Dr.X」という誤植がある。他の言語では「Mr.X」と正しい表記になっている。
  • 『ロックマン ゼロ コレクション』などに存在した専用のOPなどはない。
  • チャレンジモードやミュージアムモードの一覧が縦に長いのにスクロールが遅い、さらにボタン押しっぱなしでは動かないうえ、画面単位のスキップもできない。
    • このためスクロールに時間がかかり、目的のものを探すのも一苦労。ミュージアムモードは項目ごとに飛べるためまだマシだが。
    • 唯一先頭で上を押すと最後尾に移動するループのみは存在する、もしこれも無かったら上記の評価点すら苦行扱いされてたことだろう。
      • 3DS版とSwitch版では瞬時に飛べるように改善された。
  • サウンドギャラリーにリピート機能がない
    • プレイリストなどの機能もないため、BGMが流れきったらそのまま無音になってしまう。
    • また、『ロックマン6』のOPデモ曲のみ海外版しか聴けない。ゲーム中にはちゃんと収録されているので、全く聴けないわけではないが…。また、スタッフロールの曲も収録されず、歯抜け収録されている。
  • Win版は解像度やゲーム側での音量変更といったオプションがない
    • 一応、解像度はウィンドウの端をドラッグすれば良いし、音量はPC側の音量を下げればいいが…。
  • UIの作りが雑
    • 処理こそ早いがUIの出来が単調なもので味気ない。英数字フォントがロックマンシリーズのものではなく、アタリフォントが使われている。
    • ゲーム起動時に音のノイズが載りやすく、リスタート(リセット)で改善するしかない。
    • 3~6は画面左に不自然な余白(というより途切れている。プレイには支障がない)があり、背景をONにしていると、それが浮き彫りになり、気になる人は非常に気になる。
    • ゲームクリアも条件を達成したら即座にゲームクリアと表示されるためクリアの達成感に欠ける。
      • 特にチャレンジモードやミュージアムモードから挑めるボス戦は、ボスが爆散(所謂「ティウンティウン」)する前に次のステージに移るかクリア表示がでる為、倒した感がない。*14

3DS版固有の問題点

  • セーブなどで頻繁に開くメニュー内でのボタンのレスポンスが悪い
    • 前述のとおり、本作は途中セーブが可能なのだが、そのための専用のメニュー内ではカーソル移動や決定などにSEがなく、ちゃんと動いているのかどうかがわかりづらい。
    • また、他に何らかのボタンを押しているとメニュー内でのボタン入力を受け付けない仕様のため、ややテンポが削がれる。
  • 『MEGAMAN5』では全体に処理落ちやノイズが掛かる問題もあり、リスタート(リセット)でも改善できない。
    • こう書くと「別にやらなくても良くね?」と思うかも知れないが、3DS版における『ロックマン5』でのデータベースでのボスバトルとチャレンジモードでは強制的に『MEGAMAN5』の仕様に変更されてプレーする事になる。チャレンジモードの方は本編が簡単という事から、ある意味ハンデではあるのだが、何故ボスと個別に戦えるデータベースでも『MEGAMAN5』の仕様を実装したのかは理解に苦しい。
  • 価格も他の機種と比べてやや高めで、ダウンロード版の価格はVCでの収録作の合計価格を僅かながら上回っており、カップリング作にしてはお買い得感があまりない。
    収録作を殆どプレイしたことのない人には問題ない点だが、複数作をプレイ済みのファンからは上記の問題点もあって3DS版は評判があまり良くない。
  • また本作はVCより画面が明るくなっており、最終的には好みの問題になる。

総評

FC版ロックマンシリーズを一挙に遊べておまけも入った良移植。ミュージアムモードの資料性も高く、ファンアイテムとしても優秀。
今から8bitロックマンをプレイするならこれが決定版と言えるだろう。

余談

  • 本作の3DS版は久々にパッケージング販売されたロックマンシリーズで、廉価版を除けば2010年の『ロックマン ゼロ COLLECTION』以来6年振りとなる。
  • 3DSパッケージ版のイーカプコン限定版として、ライト博士がライトナンバーズ(1のボス達)を開発中の手記が書かれたメモ帳が付随された。
    • ライト博士の日常はあまり語られることはなかったが、本メモ帳の内容を見る限り、ワイリーとは別の方向で危ない人物となっている*15
    • この他パッケージ版だけの初回生産特典として2種類の3DS用のテーマが貰えるコードが付属したが、こちらは後に単品でDL販売を開始している。
  • 国内でのリリース日は項目最初のリスト通りであるが、ゲームそのもののリリース日は北米で配信が始まった「Mega Man Legacy Collection」の2015年8月25日が最初となる。これはPS4・Xbox One・Steamにおけるダウンロードソフトという形で、パッケージ版はまだ無かった。後に海外にて3DS版と同時期にPS4・Xbox One版のパッケージ版も発売された。
  • 2017年8月10日、『ロックマン7』~『10』のナンバリング4作を収録した『ロックマン クラシックス コレクション2』が発売。
    • こちらはDL専用だった『9』『10』のパッケージング販売も兼ねている。また、PS4・Xbox One・Steamのみの販売となっている。
  • 2018年5月24日にNintendo Switch版が発売された。また本作のゲームカードと『クラコレ2』のダウンロードカードがセットになった『クラシックス コレクション 1+2』も同時発売された。

*1 海外では本作より以前に『Mega Man Anniversary Collection』が発売されている。

*2 ちなみにワイリーステージボスやワイリーマシンもチャレンジモードを使用することで任意にバトルが可能

*3 メタルマンの弱点武器アイコンが隠し弱点であるメタルブレードから本来の弱点であるクイックブーメランに差し替えられている

*4 PS版のナビモードではカリンカが道中のヒントをくれ、ギャラリーの説明でワイリー基地内にて隠密にサポートしたことが語られていた

*5 ただし『3』にあった「2コンを使った無敵バグ」はそもそも2コンの存在しない3DS版などでは不可能になっている。 ただプログラムとしては残っているのかチャレンジモードでロックマンが不死身ゾンビ化するバグが『3』のステージのみ発生する(他ステージはこれをやると「HP0でまだ死なない」が次のダメージで死亡する状態になる)。

*6 例えば、『1』『2』のステージではスライディング出来ないが、『3』以降のステージでは出来るなど。

*7 ファンの間では点滅ブロックなどとも呼ばれる。

*8 通常とは別に連射ボタンが存在し、押している間オート連射になる。ボスの無敵時間が短い『2』や『3』なら一瞬で削りきることも可能。厳密にはPS版シリーズで追加された機能でもある。

*9 Tool-Assisted Speedrunの略。エミュレータを使い、最適な操作を記録してクリアタイムの理論値を競う競技。ほぼ人間には不可能な操作も存在するが、実機で再現する凄腕プレイヤーもおり、「人力TAS」と呼ばれる。

*10 更に言えばこれらのアレンジ曲の一部もアーケードからの流用である

*11 海外のみ発売、GC・PS2・XBOX版が存在

*12 特定の瞬間しか攻撃不能のイエローデビル(初代・MK-II)・スクエアーマシンなど、特にスクエアーマシンは「特定の瞬間」がランダムなので、いくら頑張っても絶対に好タイムが取れない場合がある。

*13 「3ブルース戦(マグネット)→5グラビティ→2クイック→4ブライト→1ガッツ→2クイック→5グラビティ→2ワイリーマシン戦」という構成、3の他のブルース戦やブレイクマン・5のブルース(本当はダークマン)ステージは1度も出てこない。

*14 なぜか6の恐竜型ロボ・メカザウルスのみ爆発モーションが出る

*15 周囲の反対を押し切りボンバーマン(火薬を扱うロボット)とファイアーマン(炎を扱うロボット)を同時に開発し数回の爆発を引き起こすも何とも思っていない等