ターミネーター2

【たーみねーたーつー】

ジャンル アクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 パック・イン・ビデオ
開発元 LJN
発売日 1992年6月26日
定価 6,500円(税別)
判定 クソゲー
ポイント 柔らかいターミネーター
激辛な難易度

概要

  • アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画『ターミネーター2』をゲーム化したACT。全5面構成。
  • 本作のBGMはソルスティスのBGMを作曲したTim Follinの兄、Geoff Follinが手がけている。

システム

  • 自機はターミネーター(T-800)で、耐久力+残機制。耐久力が0になる等でミスするとノイズと共に「TERMINATED」と画面が切り替わり、自機を1機失う。
  • 行動は移動とジャンプ、攻撃は打撃と銃がある。ただし、銃の弾数は有限、弾が切れると素手の攻撃のみとなる。

長所

  • ステージが多彩。
    • 2面が強制スクロールのバイクアクションとなっていたり、4面がお使いゲームになっていたりと、敵を倒すだけのアクションゲームではない。
  • ストーリーがオリジナルの映画に忠実である。

短所

  • オリジナルでは脅威の戦闘能力も、本作では大幅な弱体化。
    • 原作では素手はもちろん重火器でさえ大したダメージを受けなかった「鉄人」ターミネーターだが、本作では人間の素手の攻撃にすら、ダメージを負う。
      • 耐久力や攻撃力を数値化しないとゲームにならないので仕方がないとも取れる。もっとも、ジョンを主人公にしてターミネーターに守られながら進めるスタイルでも良かったのではないだろうか。また近年作られた『サラ・コナークロニクル』のように派生ストーリーにするなど手段はあったはずだが…。
  • はっきり言って難易度が高い。
    • 銃の弾数が有限なのに、敵は無限に湧いてくる。弾を節約しながらのプレイは、中々厳しい。
    • 中でも厳しいステージ。
      • 2面:用水路でのT-1000とのバイクアクションを再現した面。後方のT-1000のトラックを銃で追い返し、前方のゲートを破壊しながら先に進むのだが、一瞬の射撃ミスも許されない場面がある。
      • 4面:サイバーダイン社での攻防を再現した面。探し物ステージ。とにかく敵が多く、しかも全員銃を持っている。有限弾数がここで響く。ステージ中を行ったり来たりするプレイとなるため、ジワジワとダメージを蓄積してしまう。さらにここでどれだけ弾を節約したかが、次の面の難易度に影響するという意地の悪さ。
      • 5面:ラストの溶鉱炉のシーンを再現した面。1発死のダメージゾーンに落ちやすく、自滅することもしばしば。画面にわずかに映る振り子に飛び移らないといけない場面もある。ラストのT-1000の倒し方も、機転が必要とプレイヤー泣かせ。
  • 中途半端な日本語化。
    • 長めのデモは日本語なのだが、ほとんどは英語のまま。プレイに必要な情報まで英語。
  • 情けないBGM。
    • ターミネーターのテーマと言えば独特なドラム音が特徴的な曲だが、本作ではドラム音だけでメロディーがない。さらにそのドラム音の再現度も低レベル。FCの音源という点を踏まえても酷い出来。
      • Geoff氏がサウンドを手がけた他のソフトのBGMはFC(NES)の性能を限界まで使ったかなり凝ったものが多いのだが…
    • プレイ中のBGMも、適当感の漂うものばかり。

総評

短所で述べたように、オリジナルでの驚異の戦闘能力のT-800が、銃器はおろか素手の攻撃ですらダメージを受け破壊されてしまうのに、唖然とするプレイヤーも少なくないだろう。さらに、その落胆を突き落すいやらしいほどの高難易度。 当時のハリウッド映画原作ゲームは企画先行で中身は伴わなかったりしたものだが、その中でもあまりオススメしかねるタイトル。 さすがは死の虹、LJNのゲームではある。

余談

  • 海外のみマスターシステム(海外セガマークIII)版も発売している。
    • こちらの評価もやはりというかお察しなのだが、同ハードにはMidway版(後述)も移植されている為か紛らわしい。
  • 一方、本作の発売より少し前にアーケードにて同じくターミネーター2を題材とするMidway製作のガンシュー『Terminator 2: Judgment Day』が稼働している*1
    • 同作はオリジナルキャラが多く登場するもののスーパーファミコンやゲームボーイなどの家庭用機はもちろん、AmigaやPC-DOSと言ったパソコンにまでに移植される程の好評っぷりで、結局本作は映画のファンゲームとしての存在意義を失う事になってしまった。