プロジェクトハッカー 覚醒

【ぷろじぇくとはっかー かくせい】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 任天堂
開発元 レッド・エンタテインメント
クリーチャーズ
発売日 2006年7月13日
定価 4,571円(税別)
レーティング CERO:A (全年齢対象)
セーブデータ 1個
判定 なし
ポイント 正義のハッカー(≠クラッカー)
これであなたもソーシャルハッカー?


シナリオ

大学生雨坪サトルがアルバイトから帰宅すると、彼の部屋が荒らされていた。
そこへ黒ずくめの男2人が部屋に押し入り、サトルに「CD-Rを返せ」というのだが、サトルには身に覚えがない。

登場人物

  • 雨坪サトル
    • 主人公。コンピューターに興味のある大学生。政府のサイトに不正アクセスするが、クラッキングは行っていない。
      GIS所属後はBlitzの捜査任務に当たる。
  • 小久保リナ
    • 主人公の幼なじみ。稀代のトラブルメーカー。迷惑ポジティブ。
      • 主人公曰く「面白いと思えば後先を考えずに行動する」。大河内警部曰く「ペテン師の才能がある」。
      • ITは詳しくないが、歴戦の米兵より強い。特技はかくれんぼ。
  • Blitz
    • 正体不明の天才ハッカー。ハッキングツールをばら撒くなどの愉快犯のような行為のほか、民間企業から依頼を受けてウイルス製作者のPCをハッキングしたりするなど、ポリシーは感じられない。
  • 大河内俊樹
    • 銀髪の警視庁の刑事。GISに頻繁に調査依頼に来る。主人公らに甘く、「今回だけだ」を乱発する。

システム

  • コマンド選択ADVである。
    • バックログ機能はない。
  • PC
    • 主人公がGIS所属後に貸与される捜査用のノートPC。
    • Mail
      • メールアドレスがわかっているGISのメンバーにメールを送ることが出来る。分からないことがある時に適切な人物にメール送ると、ヒントが得られることがある。
        メールの内容は選択制で、選択肢にない内容は送れない。
    • Web
      • 各種ホームページにアクセスできる。といっても実際のインターネットに繋がるわけではなく、ゲーム内に用意されているページだけが表示できる。
        ただし、ゲーム内に用意されたWebページは100ページを越える。
  • ハッキング
    • パスワードハッキング
      • 本作ではネット越しにハッキングするよりも、相手のPCそのものをハッキングすることが多い。
        この場合、相手の部屋にあるもの(メモなど)からパスワードを推測したり、それまでの会話内容や、PCを使ってホームページから個人情報を集めるなどのソーシャルハッキングの手法でパスワードを推測する必要がある。
    • その他のハッキング
      • ミニゲームで防御や攻撃を行う。

評価点

  • シナリオは割とよく出来ている
    • 後の章ほど2段構え、3段構えの展開になっており、飽きさせない。
  • ゲーム内のHPの作りこみが丁寧
    • ゲーム内で手がかりを探すために閲覧するHPが総ページで100ページを越える分量がある。しかも、どのページのデザインも あるある感が満載で、新着情報やキャンペーン情報及びブログが更新されたり、隠しリンクやリンク切れまである。
  • 背景の描き込みが細かい
    • 主人公らが最初にファミレスに行った時に背景に「謎の大男」が描きこまれている(2回目以降はいない)など、あるいはすいている時、混んでいる時、まばらな時と様々なCGが用意されており、よく行く場所でも微妙な変化がある。

問題点

  • ハッカーといいつつやっていることはパスワード探しだけである
    • ただし、パスワード探しのことを「ソーシャルハッキング」と呼ぶため、何も間違っていない。
    • パスワード解除はハッキングの基本とはいえそれ以外何もないというのはどうか。
    • パスワード解除もハッカーからイメージされるプログラムに介入しての割り出しではなくHPや家捜し、聞き込みからの割り出しと従来の推理・探索ADVと大差なくテーマと乖離している。
  • アクション系のミニゲームの難度が高い
    • ゲームの進行にはアクション性の高いミニゲームが必須であるが、その難度が高い。
  • 暴走するヒロイン
    • その性格はわがままかつ身勝手、拾得物の封筒を勝手に開ける、主人公を危険に巻き込むなど平気で行う。
    • 自分の行動の結果危険な目に遭っても自分に責任があるとはまるで考えず反省もしない。
+ ネタバレ:ヒロインの問題行動
  • 拾った封筒を警察に届けもせず勝手に開け、入っていたCD-ROMの内容を(自分がPCを持っていないとはいえ)主人公の家に無断侵入して主人公のPCで中身を見る。
  • (CD-ROMを見たことがおそらく持ち主の組織にwebを介して知られたらしく)主人公に届いた「CD-ROMを返せ」というメールを勝手に見て、「これはおかしい」と思った上で「返して欲しくば指定の口座に振り込め」と勝手に返信する。
    • 当然であるが家主である主人公はこの時いない。
    • ヒロインはCD-ROMの内容も見ているため詳細は理解していないもののCD-ROMの内容が危険なものかもしれないと思っているのにこの行動である。
    • ちなみにインターネットに疎い、PCにもそれほど詳しくないという設定であるヒロインであるが、CD-ROMを見る、メールの送受信などの行動を困った様子もなく行っているというのは違和感があると言える。
  • 送ったメールに返信がなかったためなんでもなかったのだと勝手に思い、ここまでのことを一切主人公には言わなかった。

これが最初のシナリオの冒頭であり、この後ヒロインの家はCD-ROMを狙う者に爆破され、主人公も事件に巻き込まれていくのであるがヒロインは自分が悪いとは欠片も思わない。 この身勝手かつわがまま、反省もしない点は最後まで改まることはなかった。


総評

謎解きはほぼパスワードハックだけだが、脱出ゲーム系の暗号の類ではなく、ソーシャルハッキングに着目した点は独特で、意外とADVにマッチしている。
HPや背景など作り自体は丁寧だが、登場する大人たちが頼りない点や、ヒロインの無鉄砲ぶりには批判の声も多く、キャラ設定が本作の目立った失敗点であることは否めない。
ADVにもかかわらず、『ダンガンロンパ』のようなアクション性の高いミニゲームがある。
90年代アニメ風の肩幅の広いキャラデザと合わせてかなりクセのある、人を選ぶゲームである。