注意:このページでは、『Grand Theft Auto: Liberty City Stories(原語版)』と、同日本語版について紹介する。



Grand Theft Auto: Liberty City Stories

【ぐらんど せふと おーと りばてぃーしてぃすとーりーず】

ジャンル アクション

対応機種 プレイステーション2
プレイステーション・ポータブル
発売元 Rockstar Games
開発元 Rockstar Leeds
Rockstar North
発売日 2005年10月24日
判定 良作
ポイント 携帯機でリバティーシティを再現
『III』へと繋がる「Stories」
本家に劣らぬ完成度
いつもより激しいグロ描写あり
Grand Theft Autoシリーズリンク

概要

世界中で大ヒットしているアクションゲームの金字塔であるGrand Theft Autoシリーズの第6作目。PSPハード初のGTAである。 舞台は『Grand Theft Auto III』(以下III)の3年前である1998年のリバティーシティ。主人公は『III』に登場したトニー・シプリアーニ。 本作は『Grand Theft Auto: Vice City』(以下VC)を元にして製作されている為、『Grand Theft Auto: San Andreas』(以下SA)で追加された要素はほとんど存在しない。 本作と次回作『VCS』はPC版が発売されておらず、『III』『VC』『SA』より売上や知名度が低い。

ストーリー

リバティーシティのマフィア「レオーネファミリー」の一員であるトニー・シプリアーニは、とある「大物」を殺してからリバティーシティを離れ、ほどぼりが冷めた頃に再び戻ってきた。「大物」を殺害した功績で幹部になれると思っていたが、実際は幹部どころか下っ端からやりなおしという悲惨な結果であった。サルバトーレを初め多くの人物から受けた数々の仕事をこなし、徐々にサルバトーレの信頼を得て組織内での地位を確立していく。

特徴・評価点

  • マップは『III』と同じとはいえ、3年前が舞台なので若干の違いがある。
    • 例えばIIIにあった海底トンネルは未だ工事中であったり、ポートランドとストートン島を結ぶ橋が建設途中であったり等。
  • バイクが登場する。
    • 三年後の『III』ではバイク自体が存在しなかった為、「A.R.S.E.(米交通安全推進法人)が原付二輪車の事故の危険性を訴えたため、バイクに乗ること自体が法律で禁止された」という後付け設定が付けられた。
  • 重い武器を持ちながらダッシュできるようになった。
    • 従来ではアサルトライフルや重火器などの両手持ちの武器を装備しているとダッシュができなかったが*1、本作では全ての武器を持ちながらダッシュができるようになった。
  • 全ての銃器で手動照準射撃が出来るようになった。
    • ハンドガンやショットガンでも可能となった。
    • ただし、主観視点射撃中は移動する事が出来ない。
  • コスチュームが豊富。普段着やレオーネファミリーの制服から、まんまブルース・リー風の黄色タイツやニワトリのぬいぐるみを着たコックスの着ぐるみ等のネタコスチュームもある。
    • 特にコックスの着ぐるみを着たままイベントシーンに入るとシュールな展開になる。
    • ただし、着せ替えの程度は『VC』相当で、『SA』のように上着やズボン等を別々に変える事はできない。
  • 中盤で消防車に乗って暴れてポイントを稼ぐミッションがあり、爽快感や中毒性がある。
    • 車やバイクを吹き飛ばしたり、通行人を轢殺したりすると得点が入り、車を連続でクラッシュさせたりするとボーナスが入る。
    • ミッションクリア後は特定の消防車に乗る事でミッション中でなければいつでも挑戦できる。
  • 通貨価値が大幅に切り上げられ、全体的な物価が『III』の10分の1程度と大幅にデフレしている(『SA』に近い水準)。ミッション報酬もそれに合わせ大幅に下がっている。
    • 『III』では最初のミスティを送り届けるミッションの時点で1500ドル(2001年当時に合わせて1ドル=120円で計算すると18万円)もの報酬が手に入り、流石にリアリティに欠けるとの判断があったものとみられる。
    • ちなみに時間軸的には『III』が後なので世界観的には3年の間に凄まじくインフレしたと言ったほうが正しい。バイクと違いこちらは特に公式には言及されていないが、リバティーシティになにかが起こったのだろうか…。
  • その他、基本的なUIは『SA』を、ゲームシステム面では『VC』がベースとなっている。
    • 全体的な難易度は『III』よりは抑えられている。
    • なお、本作の主人公トニーは『III』にて主人公にミッションを提供するレオーネファミリーの幹部として登場していた。本作はトニーを主人公として抜擢した『III』のスピンオフと言える。
  • PSP版ではマルチプレイで対戦が可能。
    • また、PSP版では公式サイトで配布しているアプリケーションを利用する事で、カーラジオのカスタマイズが可能。好きな曲を流しながらリバティーシティを走り回れる。
  • 『III』よりもやり込み要素が充実しており、更にリバティーシティを遊び倒す事が出来る。
    • 自動車のセールスマン、ラーメンの配達、自警団としてギャングを退治するなど、サブミッションも大幅増加。

問題点

  • 主人公が泳げない。
    • 『III』と『VC』に続き、海や川に落ちるとその時点で死亡が確定してしまう。
  • ヘリに自由に乗る事ができない。
    • とあるミッションで強引に奪える事が出来るが、これ以外では乗る事が出来ない。
    • 前作に登場した攻撃ヘリコプターはチートツール(つまり不正改造されたPSP)でしか出ない。せめてクリア特典にでも出せばよかったが・・・。
  • 前作にあった物件が登場せず、セーブポイントは最大で3つまでしか出ない。
  • 『III』『VC』同様に島を移動する度にロードが入る。

総評

『III』と同じ舞台でありながら、『VC』のシステムを活かした外伝作品。
本作にしかない独自の要素も数多く追加されており、GTAシリーズに恥じない完成度を持つ。
今作では主人公トニー・シプリアーニが一貫して同一の組織に所属し、どん底の再スタートから再び組織の幹部まで上り詰めるというストーリーを描いている。
『III』の主人公が自分の目的のために裏切りを繰り返すキャラクターであったのとは対照的。
また、常に同一組織に所属するため、ストーリー展開も非常にわかりやすくなっている。総じてGTA初プレイに向いている作品である。
シナリオも『III』と繋がるものであり、合わせてプレイしてみるのも良いだろう。

余談

  • 本作と『III』に登場する「ドナルド・ラブ」は第45代アメリカ大統領である「ドナルド・トランプ」氏がモデルとなっている。
  • 海外版を使用する事によってPSPのダウングレードが可能。
  • 主人公が所属するレオーネファミリーのボスであるサルバトーレ・レオーネは本作のクレジットで、主人公であるトニーを差し置いてキャストのトップを飾っている。
    • これは『III』と同様であり、同作のオマージュと推察される*2



グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ (日本語版)

ジャンル アクション

対応機種 プレイステーション2
プレイステーション・ポータブル
発売元 カプコン
Rockstar Games(PSPダウンロード版)
開発元 Rockstar Leeds
Rockstar North
発売日 【PS2】2007年9月6日
【PSP】2007年7月26日
定価 【PS2】4,179円(税込)
【PSP】5,229円(税込)
レーティング CERO:Z(18才以上対象)
判定 劣化ゲー
ポイント ホットコーヒー被害者第二号
SAと比べ悪影響は少なめ
Grand Theft Autoシリーズリンク

概要(日本語版)

HotCoffee問題有害図書指定を受けた結果、『SA』と同じく遅れて発売された日本語版は規制を施された状態で発売されている。PSPゲームで初めてCERO:Zが付けられたゲームでもある。 なお、これは日本語版にかぎらず、ドイツ語版も同様の修正が施されているとのことである。

問題点(日本語版)

  • 一般市民に対し武器を使用するだけで手配される。
    • 警察が近くにいない場所でも使うと問答無用で手配されてしまい、手配を消しても攻撃する度に一々手配されてしまうのでストレスになる。
  • 倒れている人へ追い討ちすることが出来ない。
    • 坂道や銃器による追い打ちは可能。
  • 人を殺しても金を落とさなくなった。
  • 前述の消防車で暴れまくるミッションでは歩行者が得点対象ではなくなった。
  • とあるミッションで殺害するターゲットは人間ではなくクリーチャーという設定になっている。
  • 残酷描写表現の削除。また血の表現も若干規制されている。
    • 一部のイベントシーンで頭部欠損表現があったため、それが削除されている。
  • 殺戮ミッションの数が減少。
    • 一般人を対象としたミッションが削除されている。

評価点?(日本語版)

  • 『日本語版SA』で規制されるような所は一部規制されていない所だろうか。そのためイベントシーンが意味不明になったりする心配はない。
    • 閲覧注意→ 撮るべきある人物の恥ずかしい瞬間、抹殺対象をオーバーキルに惨殺、人肉を食べるイベントシーン 等は規制されていない。
    • 先述の消防車ミッションも、『日本語版SA』だったら抹消されていた事は想像に容易く、上述の『程度』で済んだと言えるだろう。
  • 比較的、ゲームバランスと世界観の崩壊が目立たない。
    • 先述の規制緩和、性能の低いPSPに合わせてか警察の能力が低く抑えられている*3のもそうだが、この場合、規制を食らう、規制の弊害を受ける要素が元々多くなかったところが大きい。
    • 結果的に、手配こそされやすいがゲームバランス的に難易度が不当に上昇することは避けられている。
  • 本作から地名が日本語で表示されるようになった。
    • なお、原語版の時点で地名や車種の表示が従来の独特なGTAフォントのものではなく、汎用フォントでの表示になっていた。

総評(日本語版)

『日本語版SA』と同様、ホットコーヒーと有害図書の巻き添えを喰らい、武器を使用するだけで手配される、人を殺しても金を落とさないなどの規制点がかかってしまった。
ただ『SA』のときとは異なり、イベントシーンが支離滅裂になったり、難易度が不当に高くなったりしていることはない。

細部の規制にこだわらず、かつ我慢できれば、十分とは言えずとも遊べるだろう。

余談

  • スマホに移植されており、グラフィックの改善、死亡したり逮捕されても武器を失わなかったり、プレイリストから好きな音楽を流す事が出来たり、規制がない等の変更点がある。
    • ただし、ミッション失敗時のリトライが出来なくなっている。