塊魂TRIBUTE

【かたまりだましいとりびゅーと】

ジャンル 転がして大きくするゲーム
対応機種 プレイステーション3
発売元 バンダイナムコゲームス
開発元 バンダイナムコゲームス
ナウプロダクション
発売日 2009年7月23日
定価 6,279円
廉価版 PlayStation3 the Best
2010年6月3日/2,940円
判定 なし
塊魂シリーズリンク

概要

塊魂シリーズの5作目。
王子がジャンプの特訓をしている時に王様が手本としてジャンプすると大惑星に頭をぶつけて気絶してしまい、記憶を失ってしまった。
困った王子はメイツと共に王様の代わりとなる王様ロボを作ったがロボは暴走して星たちを破壊しつくしてしまった。
王子は星を蘇らせて王様の記憶を取り戻すために塊を転がす事となる。

初代』『みんな大好き塊魂』『ビューティフル塊魂』に収録されているお題を中心に30以上のお題が収録されている。
PS3の処理能力により、様々なビジュアルで遊べるほか、様々な新要素が追加されている。

特徴・評価点

  • ステージはロボコスモと王様コスモの二つに分かれた。ロボコスモはとにかく塊を大きくするステージ。王様コスモは、課題が設定されており、最初のうちはモノトーン調だが塊にモノを巻き込む事でステージ上のモノが本来の色を取り戻していく「ロマンチック演出」が起こるステージ。
    • システムの基礎は『ビューティフル塊魂』に近く、ロボコスモでは塊のサイズ以外に、特定カテゴリのモノを巻き込む事で上限120点の100点満点評価がなされる。
  • ゲームモードは4つになり、新要素が使えるあたらしい塊魂、新要素が使えないいつもの塊魂、制限時間の無いエターナル、塊の動くスピードが速くなる代わりに制限時間が短くなる塊ドライブの中から選べる。ただし最初の内はあたらしい塊魂しか選べず、高得点を出したり何度もプレイする事で他のモードが解禁されていく。
    • 塊ドライブは制限時間が短い事もありテンポが良い。レース場のステージでは元の速さも加わり制御が困難なほどに速くなる。
  • 新技としてコントローラーを振るかR2ボタンを押す事により高い所にジャンプができる王子ホッピングが追加された。
    • 高い所に移動できるほか、狭い所に挟まった時の脱出にも使える。
  • ステージ上にアイテムとして配置されているハートを巻き込むと周囲の物が一定時間、塊に吸い寄せて巻き込める王様フィーバーとギザギザハートを巻き込むと周囲のモノを一気に吸い込む王様ショックが追加された。
    • 2種のハートは隙間にあるモノも根こそぎ取れるので爽快。ただ、塊よりも大きいモノは吸い寄せず、巻き込みたくないもの*1も吸い寄せてしまうので取るタイミングを考える必要がある。
  • フルHD画質(1080P)に対応してより画面解像度が大きくなった。勿論モデリングはローポリゴンである。
  • ビジュアルを変える事ができ、アニメ絵のようなコミック調タッチ等計4種類から選べる。
  • 前作から引き続き、ネットワークランキング対応。
    • 恒例のエンディングのミニゲームは今作、『みん大』『ビューティフル』の3つが遊ぶ事ができ、こちらもネットワークランキング対応。
      • ただし『みん大』のミニゲームで王子及びイトコを使うとミニゲーム中で本人が消えるため巻き込める数が一つ減る
  • 『ビューティフル』で不満が多かったDLCは今作には無い。
  • 松崎しげる氏の再起用。
    • エンディングテーマ「SHADOW AND LIGHT」はシリーズお馴染みの松崎しげる氏が熱唱する。『ビューティフル』では降板してしまっただけに、再起用はファンを喜ばせた。前二曲のED曲にも劣らずエンディングに感動を提供してくれる。最早お約束の「日に焼けた肌」のフレーズもばっちり完備。
    • 曲自体の良さに加え、エンディング恒例のミニゲームの綺麗な画面も相俟って、本編もすごく感動的なストーリーだったのかと錯覚してしまうほど見事なスタッフロールとなっている*2。順当にプレイしていれば、曲の盛り上がりに伴って画面がどんどん壮大且つ綺麗になっていくのもポイント。
      • 曲が終わる前にミニゲームをクリアできれば、最後に粋な演出も追加される。

問題点

  • 音楽は既存の音楽のアレンジ・カバーバージョンが中心で新曲は少ない。
    • そのアレンジの方向性も不評寄り。どの曲も原曲に比べて明るさが薄れていたり、大人しくゆったりしたリズムになっていたりと、楽しい雰囲気を出せているとは言い難いものが多い。
    • 無論、好評なアレンジも無い訳ではない。OP曲は『みんな大好き』の「塊オンザスウィング」をスキマスイッチの大橋卓弥がカバーした楽曲で原曲の良さを壊しておらずファンからは中々好評である。
  • お題の偏り
    • 新作のステージはチュートリアル含めて4つしかない。過去作をプレイしたことのある人にはあまり新鮮味は無い。
    • 『みん大』のステージが一番多く、王様コスモの課題の約8割を占めている。
    • 逆に『初代』のステージは少なく、王様コスモには存在すらない。
  • 巻き込めるモノは4000種類位になり『ビューティフル』よりも減った。

総評

塊魂の総集編であり、シリーズとしてのボリュームは随一。
新要素もゲームバランスを崩さず、かつ空気でもないちょうど良いバランスであり好評。
新ステージの少なさや、過去曲の微妙なアレンジなど、シリーズファンには不満になりやすい部分も少なくないのは残念だが、シリーズ最大級のボリュームでたっぷり遊べる塊魂なのも間違いなく、これからシリーズを始める人にもお勧めできる。