機動戦士ガンダムSEED

【きどうせんしがんだむしーど】

ジャンル アクションシューティング
対応機種 プレイステーション2
発売 バンダイ
開発 ナツメ
発売日 2003年7月31日
定価 6,800円(税別)
判定 クソゲー
ポイント キラ「無茶苦茶だ!こんな内容で販売しようだなんて!」
マリュー「まだ放映途中なの、仕方ないでしょ!」
ガンダムシリーズ


概要

  • 同名のテレビアニメを原作とした、グラフィックが3Dの横スクロールACT。画面奥移動は演出のみ。
  • 外伝の『ASTRAY』シリーズからも一部のモビルスーツが収録されている。

システム

  • ビームライフルなどの遠距離攻撃とビームサーベルなどの近距離攻撃を使い分けてステージを進むゲーム。
    • 二次元ベルトアクションだが、奥行きはない。
    • 画面の奥に敵が出現することもあるが、その場合は遠距離攻撃でしか対処できない。
  • ×ボタンでジャンプやホバリングを、○ボタンでガードを行える。
    • ガンダムゲームによくあるブーストゲージはないがホバリングできる距離には限界がある。
  • フェイズシフト装甲
    • 原作に登場した特殊な装甲であり、物理的なダメージをほぼ受け付けなくなる特性がある。
    • 今作においてはゲージ性になっており、ダメージを受けるごとに減少する。ゲージがある限りはモビルスーツ本体へのダメージを無効に出来る。
    • また、フェイズシフト装甲が有効な間はスーパーアーマー状態になる。
  • VSモード
    • モビルスーツの1VS1の戦いを行えるモード。ゲームを進めていくごとに使用可能な機体が増えていく。
    • 相手へのロックオン機能はなく、対戦格闘ゲームに近い。

評価点

  • モブがしゃべる
    • 敵モビルスーツのパイロットが登場したときや撃墜されたときにボイスつきでしゃべる。
    • それなりにパターンもあるのでにぎやかさの演出になっている。
  • オリジナルのBGM
    • 本作のオリジナルBGMは『新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL』の岩月博之が作曲しており出来がよい。
      • それらの一部は同社のPS2『Battle Assault 3 featuring Gundam Seed』(日本未発売)に流用されている。

問題点

  • のろのろモビルスーツ
    • 動きが異様にもっさりしている。まるで劇中の未完成の制御用OSを積んでいるような状態。キラを呼んでくるべきである。
    • 宇宙空間や水中ステージではダッシュ移動ができないため、よりもっさり感が顕著になる。
  • 不親切なゲーム性
    • 自機の攻撃のパターンはそれなりにあるが、波動拳コマンドなど対戦格闘ゲームと同様のコマンド入力が必要なため人を選ぶ。
    • 当たり判定がわかりにくい。攻撃の着弾点が表示されるのだが、その枠が弾の大きさよりも大きいため大まかな回避にしか使えない。
    • 自動的に敵をロックオンするのだが、ロックオン切り替えは1つ1つ送っていかなければならない。
      • 画面奥の戦艦*1にロックオンがかかってしまうと、近距離の敵にロックオンを移すのが大変になる。
  • 格闘攻撃偏重のバランス
    • 射撃攻撃は連射できず攻撃後の隙もあるため、画面奥の敵にしか使いどころがない
    • 一方で格闘攻撃はダメージも大きくコンボもできるため、圧倒的にやりやすい。
  • 低年齢層を意識したはずなのにやや高めの難易度
    • 雑魚を相手にしている分には楽なのだが、ボス戦になると途端に画面奥からの攻撃も含めて一気に難易度が上がる。
      • 特に顕著なのが 2面 のアスラン戦である。あんなに強いイージスを拝めるのはこのゲーム位なものではないだろうか。
    • ボスの耐久力は高く、プレイヤーの動きに合わせて的確に攻撃してくるため難易度は高い。
    • ボスの多くもフェイズシフト装甲を持っているため、スーパーアーマー同士での殴りあいになる。先に装甲を失ってしまうとほぼ勝ち目はない。
    • 無限にコンティニューできるのでごり押しは可能。ただし、フリーダムガンダムに乗り換えたステージはステージの最初からやり直しになるためごり押しは通用しない。
  • ぶつ切り&中途半端なストーリー&ボリューム不足
    • 放映途中での発売なのでフリーダムガンダムが出てきたところで終了。本編のプレイ時間はせいぜい2時間程度。
      • 一番短いステージはイージスガンダムと1VS1の戦いで終わる。5分もかからない。
    • セリフが改変されていたり主要キャラが1、2回しか登場しない等原作再現度も低い。
      • 一応フルボイスなのだが、原作アニメと比べると今ひとつ演技にやる気がないと感じられる部分もある。
      • 特に、ラクス・クラインのセリフはアニメ版と全く異なる演技に聞こえる。
    • シナリオの進め方も紙芝居のような一枚絵にセリフを延々と喋る演出となっている。
      • しかしこのおかげでTVでは使いまわしもあってネタにされがちなニコルの死に際が美化された演出になっている。
  • オープニングムービー
    • 新規映像は一切なく、アニメ中盤までの放映シーンを使って再編集しただけのもの。
    • シーンの選択も微妙で、曲のテンポに合っていなかったり、アニメ本編のネタバレに近いカットもある。
  • 原作設定の無視
    • ザウートやディンが中盤から登場するがジンより耐久力が高い。ザウートは旧式、ディンは飛行性能優先のためどちらも装甲は脆弱なはずだが…。
    • ジンやシグーが地上でも登場するが平気で空を飛んでくる。この2機に大気圏内の飛行能力はない。
    • そのくせフリーダムガンダムが空を飛ばない。ゲーム中のホバリング能力もストライクと同じ。
      • フリーダムの代表武器であるハイマットフルバーストも本作では上空に飛んだ後、地上目掛けて回転しながら発射する。狙い撃ちというより乱れ撃ちという印象である。
    • ゲーム的に仕方のない面ではあるが、核エネルギーを使っているためフェイズシフト装甲を無限に使えるという設定も無視されている。
  • 敵を撃破すると暗い気持ちになる
    • 前述したとおり敵のモブは撃遂された際のボイスがあるのだが、叫び声や命乞い等が大半を占めている。作品序盤のため、後半でよくやっていた「コックピットを狙わず撃破」は不可能。
    • しかも敵のモブの中には少年兵や女性兵と思わしきキャラクターも…。

総評

本作の原作に当たるアニメは男児向け関連商品の展開を行っていた。短期的な商業利益を優先してクソゲーを売り出したと謗られても仕方のない出来である。
お子様ゲーとして捉えるにしても、出来の悪さの言い訳にできるものではない。

余談