このページでは、PSP『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』と、そのマイナーチェンジ版であるPSP『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G』(ともに判定「なし」)を取り扱う。



モンハン日記 ぽかぽかアイルー村

【もんはんにっき ぽかぽかあいるーむら】

ジャンル アイルーライフ
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 カプコン
開発元 フロム・ソフトウェア
発売日 2010年8月26日
定価 3,990円(税5%込)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
廉価版 PSP the Best:2011年4月21日/1,714円(税別)
判定 なし
ポイント コンシューマでは初のMHシリーズの外伝
アイルーの村おこし
外伝でも物欲センサーは健在
モンスターハンターシリーズリンク

プロローグ

人里ほど近くはなく
秘境ほど遠くはない
そんな場所に小さな村があります。
そこは、アイルー村。
明るく、元気で、マイペースなアイルーたちが
のんびり気ままに暮らしています。
たくさんの仲間といっしょに
畑で作物を育てたり、探検に出かけたり。
村が大きくなっていくと
アイルーたちもどんどん集まってくるので
村の中はとってもにぎやか!
今日もアイルー村の
楽しい一日がはじまります!
―『アイルー村G』取扱説明書P01より引用

概要

  • 『モンスターハンターシリーズ』に登場する猫型獣人族モンスターの「アイルー」が主役のスピンオフ作品。
    • 本家「MH」シリーズではリアルな生物として描かれているアイルーやモンスター達だが、本作では可愛らしくデフォルメされたデザインで描かれている。アイルー達は『MHP2ndG』のギルドカードや「きゅっきゅっきゅっニャー」で有名なメディアインストール画面に描かれたデフォルメの姿で登場し、凶暴なモンスター達もどこか丸みを帯びた可愛らしいデザインになっている。また本家でマスコット的存在である子ブタの「プーギー」も、より愛くるしい姿で登場。
    • 本作の目的は自分の村を発展させること。プレイヤーはあなたの分身、「マイアイルー」を操作して村おこしを行う。
      • マイアイルーは本家のプレイヤーキャラ同様キャラメイクが可能。
      • 本作の村の発展のバロメーターは仲間の数となっている。全部で77匹のアイルーを村の仲間にすることで最後の試練が現れる。
      • 仲間の大多数は普段は村の中でアイルーに設定された「職業」に応じた生産施設でマイアイルーに代わってアイテムを生産してくれるほか、モンスターが住まう村の外のフィールドへと赴く「探検クエスト」に連れて行くこととなる。
      • 仲間がほとんどいない序盤の間はマイアイルー1匹で村中を駆け回り採取することとなる。

システム

  • 村で1日を過ごす
    • 本作には時間の概念があり、一日は普通に遊んでいた場合リアル時間で40~60分程度。
      • 基本的にマイアイルーが何かの行動を起こすことで時間が進み、逆に何もしないと時間は過ぎない。
        そのためいわゆる放置プレイはできない。
      • 仲間と仲良くしたり、村で採取をしたり、探検クエストに出向いたり。一日をどう過ごすかはプレイヤー次第。
  • 仲間を増やす
    • アイルーが出すクエストをクリアすることで仲間になる。
      もしくは、「長屋」付近にいるネコバアに話しかけてアイテムと引き換えに紹介してもらう。
    • 仲間になるアイルー達にはそれぞれ職業が割り振られている。
+ 各職業の詳細
  • ハンター
    • モンスターとの戦闘を得意とする、武器を持ったアイルー。
      単純に攻撃力と体力が高く、居ると居ないとでは戦闘にかかる時間が目に見えて変化する頼れる存在。
  • タル投げ師
    • タル爆弾を使い、強力な遠距離攻撃を行うことができるアイルー。
      タル爆弾は消費アイテムであり、村で材料を集めて作成する必要があるが、その分威力は高く、一撃でモンスターを倒せる事もザラ。ただし爆弾が切れてしまうと非力な石ころ投げしかできなくなってしまう。
      また、「マヒダケ」や「毒テングダケ」と言ったモンスターに投げることによって効果を発揮するアイテムを即興で爆弾にし、更に強力な効果を発揮させることができる。
  • 交易家
    • 望遠鏡を使い、隠れているモンスターを見つけ出すことができるアイルー。見つけたモンスターに対しては通常通り対処ができるようになる。
      村では気球や船、徒歩で遠くの土地と物々交換をしてアイテムを持ってくる。ここでしか手に入らない物も多数。
  • 音楽家
    • 楽器を使って演奏することで、仲間の状態異常を治癒することができるアイルー。
      「ネムリ草」「モンスターのフン」など設置してあるアイテムに近づくだけでも状態異常になる探検クエストでは、パーティーに一人いれば心強い。また、音楽家本人も嫌悪以外の状態異常に耐性を持っている。
  • 料理人
    • フィールド上にある物を調理できるアイルー。調理したものを食べると普段より多くやる気を回復できたり、生では状態異常になってしまう「毒テングダケ」などでも回復できるようになる。ただし、草などはただ焦げてダメにしてしまったり、「ニトロダケ」などは破裂して逆にダメージを受けてしまう。
  • 菜園家、探検家、虫捕り屋、釣り師、飼育係
    • パーティに入れていると、該当するポイントでの採取が早く行えるようになる職業。各職業でしか採取できないアイテムもある。
      菜園家は「寝る」を実行すると他の職業よりも長く寝る、釣り師は早く釣りをしたいのか「進む」を提案しやすいなど細かい違いもある。
      村では各施設で働き、一日の終わりに収集したものを提供してくれる。
  • 村を拡張する
    • 本家『MH』の農場にあるような、採掘や採集ができる村の施設をつくる。
      • そもそも村にはアイテムを採取できるシンボルが多数あり、一日一回アイテムを採取できるが、十分とはいえない。
      • 施設の建設にはそれぞれの施設の管理者となるアイルーの出す『村クエスト』をクリアする必要がある。
      • 施設では仲間になったアイルーが採集に協力してくれる。
        どこの施設で働いてくれるかはアイルーの職業によって決まっている。
        何も担当施設を持たない職業のアイルーは広場か長屋にいることが多い。
    • それぞれの施設の拡張が出来る。
      • アイテムを記録係(セーブ機能も兼ねている)に渡してぽかぽかポイント(通貨。以下PP)に替えてもらう。
      • 日ごとに変化する「採集運」があり、5段階の星で表される。
        大体の施設では採集運が高いとレアアイテムが出やすく、逆に低いとコモンアイテムが出やすくなる。
        虫捕り場は例外が多く、採取運が★3の時のみ出てくる「オオナナホシ」や★1(最低)の時しか出てこない「不死虫」といったアイテムも存在する。
      • 規定のポイントと引き換えに村の各施設をアップグレード出来る。施設をアップグレードするとより価値の高いアイテムが出やすくなる。
        また、その施設で働けるアイルーの数が増える。
    • ギルドの建設と拡張、長屋と祭壇の拡張のクエストはなく、純粋にポイントを貯めなければならない。
      • ギルドを建設して初めて探検クエストに出発できる。
      • 長屋を拡張すると後述するネコバアに紹介してもらえるアイルーが増える。
      • 序盤はマイアイルーが起きる時間が遅く、すでに半日経った状態でその日の村おこしが始まるが、祭壇を建設することによってマイアイルーが早起きするようになり、一日中フルに村おこしを出来るようになる。
        また、祭壇で「宴」を開くと一日を終了できる(ただしPPが必要)。
        祭壇を拡張するとより仲良し度の上昇が大きい宴を開けるようになる。
+ 各施設の概略
  • ギルド
    • 村の最北端の小島に建設される、村の拠点とも言える場所。一日はギルドの外で寝ているマイアイルーが起きるところから始まる。
      ギルドの中では探検クエストの受注ができる他、ギルドが大きくなるとマイアイルーの衣装を仲間からもらったものに着せ替えたり、タル投げ師のタル爆弾やギルド内外を装飾できる工芸品を購入したりできるようになる。
    • ギルドの前には「記録係」もいる。彼女に頼めば不要なアイテムをぽかぽかポイントと交換してくれたり、各種施設をぽかぽかポイントと引き換えに拡張してもらえる他、名前の通りゲームのセーブも出来る。
  • 交易場
    • ギルドの横にできる、交易家の職場。~ここにいる交易長に申し込むことで、交易先ごとに決まったアイテムと引き換えに担当している交易家が交易に出向き、村や探検では採れないアイテムと交換してくれる。ただし同じ場所への交易は1日1回まで。
  • 広場
    • 村の中央に位置するみんなの憩いの場。ハンターと音楽家は普段はここにいる。
      ゲームが進むと「祭壇」が建ち、先述の通り1日が半分終わった時点からぽかぽかポイントと引き換えに「宴」を開くことが出来る。
  • 長屋
    • 村の仲間のアイルーたちが住んでいる、大きな木。普段はタル投げ師が主にここにいる。
      根本の奥にはMHおなじみの「ネコバァ」がいて、アイテムと引き換えに仲間のアイルーを紹介してくれる。
  • 漁場
    • 一番最初にできる生産施設。「釣りのエサ」を消費して魚釣りができる。
      桟橋から釣り糸を垂らし、何かが食いついてウキが沈んだタイミングで○ボタンを押して釣り上げる。
  • 畑、牧場、虫捕り場、採掘場
    • それぞれ対応したアイテムが採れる生産施設。こちらは漁場と違って︎ボタンを押すだけで採集が可能。もちろん対応する生産資源が必要になる。
  • プーギーパーク
    • マイアイルーが村で見つけたプーギーを飼育してるテーマパーク。プーギーと触れ合ったり乗って村内を移動したりできるほか、プーギーが集まると「プーギーレース」という横スクロール見下ろし型のレースゲームができるようになる。
  • 探検クエストに向かう
    • 探検に出発するには、ギルドの受付嬢からクエストを受ける必要がある。
      • 基本的に一度クリアしても何度も受け直すことが出来る。ここは本家のクエストと同様。
    • 探索前にパーティーの編成が必要。
      • 1パーティー最大12匹で出撃する。
      • アイルーたちに経験値はなく実戦でレベルをあげるというシステムではない。
        むしろ仲良し度が上がると強くなるシステムといっても過言ではない。
      • ゴールにたどり着く前に画面下部にゲージで表示されるやる気が0になればクエスト失敗となる。
        やる気は探索中にある回復アイテムを食べると中量~大回復、提案「寝る」を実行すると一定時間小回復、モンスターを倒すと微量ながら回復する。
      • ゴールにたどり着いた時点でクエストの目的を達成できていなければクエスト失敗。
        ただしクエスト失敗でもそれまでに採集したアイテムは持ち帰れる。リタイアしても同じ。
    • 探索中は仲間の提案する行動を選んで実行する。
      • 仲間が何かを見つけるか、今行っている行動が終了すると仲間達が提案を最大3個まで出す。この中からプレイヤーがどの案を採用するか決める。
        これが探検中にプレイヤーが介入できる唯一の方法である。
      • 提案内容はアイルーの種類と、やる気の高さによって変わる。
      • 「進む」の提案がないとゴール方向へ進行することすら出来ない。「攻撃」「潜る」なども同様。
        おかげでモンスターに一方的にやられることもある。
      • 角笛を吹くと今出ている提案や実行している行動が取り消されて再度提案が行われるが、やる気が微量ながら減ってしまう。
    • クエスト終了後は成否にかかわらず、参加したアイルーに「お疲れ度」がたまる。
      • 疲れが溜まったままだと、村での採集量が下がったり、探検クエストでの提案速度が遅くなったりするデメリットがある。
      • 1日が終わるとお疲れ度が小回復する他、キッチンで料理を作ってもらうと、料理に応じて全てのアイルーのお疲れ度が回復する。
  • 仲間との友情を深める
    • 全ての仲間にはマイアイルーとの友情を表す数値の「仲良し度」が存在する。
      • 仲良し度は主に1日一回、仲間にアイテムを渡す「プレゼント」と1日の終わりに「祭壇」でPPを支払って開くことのできる「宴」といった方法で深めていく。
        その他、探検クエストに出撃させても微量だが仲良し度が上がる。
      • ただし宴に招待されるアイルーは「厳正なる抽選」で選ばれる。
      • 仲良し度が高い仲間は村の施設での働きも良くなり、探検クエストでの能力も上がるといった様々なメリットがある。
        さらに仲良し度を最大(本作では999ポイント)まで深めると、そのアイルーが着ているものと同じ服をもらえる。
        もらった服はギルドの衣装係に預けることでマイアイルーが着られるようになる(ごく一部例外あり)。

評価点

  • とにかくキャラクターが個性的でかわいい。
    • (本家にも一部強烈な個性を持つNPCや依頼人も居るには居るが)本家にはない魅力である。
      • 精神年齢がとびきり若く、思いつきで行動しすぐ大騒ぎを起こすがどこか憎めない長老、
        普段は和やかな性格で村人想いだがおじいちゃんである長老には厳しい、長老の孫娘である長屋の管理人さん、
        新人故にちょくちょくドジを踏むが愛らしい見習い受付嬢など、印象に残る個性派揃い。
      • トレニャーやネコートさんなど本家MHに登場したアイルーも仲間になる。ファンには嬉しい要素。
      • 気に入った仲間はアイテムをプレゼントして仲良し度を深められる。お気に入りの仲間に親しく接しられたり、お揃いの服を着られるのはなかなか嬉しい。
      • 同時期に人気を博したスローライフ系ゲームである「どうぶつの森」とは違い、会話テキストはアイルー全てに固有のものが用意されており、アイルーのキャラ付けに一役買っている。
        しかしその代償なのか、全体的な会話のバラエティが少なく、仲良しになったり村が大きくなったりしてもセリフは変化に乏しい。少し寂しい点である。
  • 探索システムの緩さ
    • 本家のようなバリバリのアクションを期待すると肩透かしを喰らうが、その場の状況に応じて素早く提案を実行するパズル的な要素が強く、ハマる人はとことんハマる。アクションゲームは苦手という人も安心。
      • クエスト失敗及びリタイアでも村に戻るだけでアイテムも持ち帰られる。ここも本家より緩和されている点。
      • ただし後半ではエグいモンスターとアイテムの配置や初見殺しも出てくる。
    • 職業ごとに配置してあるアイテムや出現するモンスターによって向き不向きがあるため、メンバー選びにやや戦術性がある。当然、事前に仲良し度を深めておくことも重要。

問題点

  • 序盤のポイント集めがやや手間取る
    • ゲーム開始後2番目にギルドを建てることになるのだが、それには2000PPを用意しなければならない。長老から500PPのお小遣いがもらえるものの、残りの1500PPを村内のシンボル採取と漁場だけで集めるのはやや骨が折れる。
  • 採集用アイテム出現率の偏り
    • 「釣りのエサ」は大量に出るのに対して、「虫捕りのミツ」は出現しにくい。「採掘の油」もほぼ釣りで釣り上げる必要がある。

総評

『ワールド・ネバーランドシリーズ』 + 『ぼくとシムのまち(DS版)』 - うざい部分 + 狩り + 物欲センサー という感じの緩いシミュレーションゲーム。
本家とは違い全体的にのんびりぽかぽかとした雰囲気が流れており、のほほんと村で1日を過ごすことが基本となる。狩り中心のゲームだと思っていると肩透かしを食らうだろう。
とはいえ本家にはない個性的なキャラクターや可愛らしいデザイン、パズルやシミュレーションの要素など、本作も独特の長所を持っている。
のんびりとしたゲームを探している人や、とにかくアイルーがかわいくて好きという人にオススメしたい一作。

余談

  • 現在では、システムも同じで、登場人物やクエストが追加されただけの『G(次の項目で解説する)』が発売されており、本作を購入する意義はほぼない。
  • 本作も本家シリーズ同様、さまざまな作品とのコラボクエストを配信している。
    特に後に本家でも恒例となるサンリオキャラクターとのコラボレーションは本作が初であり、ハローキティとのコラボレーションが行われた。



モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G

【もんはんにっき ぽかぽかあいるーむらじー】

ジャンル アイルーライフ
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 カプコン
開発元 フロム・ソフトウェア
発売日 2011年8月10日
定価 3,990円(税5%込)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 なし
ポイント アイルー村を極めた人へ贈る「G級」村おこし
新たな施設やアイルーが登場したものの、
システムは同じで新鮮味に欠ける

概要(G)

  • 前作『アイルー村』のアッパーバージョン。
    • 公式によると「G級にグレードアップした」とのこと。本家でも末尾に「G」が付くアッパー版が出ることお決まりであるため、それを踏襲している。

変更点(G)

  • セーブデータの連動の内容が若干変更されている。『MHP2ndG』から本作へアイルー1匹(前作と変わらず)、『MHP3rd』から本作へアイルー2匹連れてこられる。
  • 「G級アイルー」と「G級クエスト」が追加され、それに伴いシナリオも追加された。
    • アイルーの総数はNo.127まで増えた。またモンスターやフィールドも増えている。
  • 追加シナリオに入るとあるアイテムと施設を使用することによってアイルーの職業をある程度任意に*1決めることができるようになる。ただし職業ごとの割り当て人数は決まっており、枠からあぶれたアイルーは「フリーアイルー」という形で無所属(つまり無職)扱いになる。

評価点(G)

  • 前作のセーブデータを読み込んで、続きから始められる。プレイに時間がかかるゲームなのでありがたい。
  • 仲良し度の上限が999ポイントから9999ポイントに増加。より友情を深められる。
    • 仲良し度を3000まで上げると仲間の色違いの服がもらえる。
  • 施設も増えており、一度にたくさんのアイテムを採取できるようになった。

問題点(G)

  • 追加パートまでの追加要素がほとんど無い
    • 本作の追加分は前作のエンディングが終わってから始まる。前作未クリアのセーブデータを読み込んで続きから始めた場合、エンディングを迎えて追加パートが始まるまでは追加要素に乏しい(UIの改善程度)。
      • 一応いきなり追加パート開始から始めることのできる救済処置はある。ただし取扱説明書では新規プレイヤーは最初から始めることを推奨している。

総評(G)

施設やクエスト、アイルーの追加、UIの改善等、順当なパワーアップを果たした、G級の『アイルー村』。
しかし最初から始めるといきなり本作の目玉要素が使えるわけではなく、前作と代わり映えがしない。そこに期待した新規プレイヤーはがっかりするだろう。
前作をエンディングまで楽しめた人ならば問題なく楽しめる。つまりアイルー村を極めた人に贈る一作。

余談(G)

  • 本作はMHシリーズでは後にも先にも初となる、二週間の発売前倒しが行われた。MHシリーズといえば現在でも何かと発売延期が多いシリーズであり、異例中の異例である。
    • スタッフ曰く「開発が順調に進んでおり、早くファンの皆様に楽しんでいただきたいため」とのこと。
  • 3DS向けに発売時期やハード特性に合わせたいくらかの追加要素のある移植版『ぽかぽかアイルー村DX』が2015年9月10日に発売されている。