マイ・ベスト・フレンズ St.アンドリュー女学園編

【まいべすとふれんず せんとあんどりゅーじょがくえんへん】

ジャンル パズル
対応機種 セガサターン
発売元 アトラス
開発元 オペラハウス
発売日 1996年3月22日
定価 6,800円(税別)
レーティング セガ審査:X指定(18歳未満禁止)
判定 なし


概要

1996年にアトラスから発売されたX指定のジグソーパズルゲーム。
制限時間内にパズルを完成させることでエッチなムービーを鑑賞することができる。

システム

5人(初期状態)の中から女の子を選ぶとムービーが流れたのちゲームスタート。
パズルの絵柄はムービーの中の1シーンで動かない1枚絵となっており、クリア時点での残り時間に応じて4種類のご褒美ムービーが流れる。
最高ランクのムービーを見ることができたら攻略完了となり、女の子から電話番号(4桁の短縮番号)を教えてもらえる。
ゲーム内でこの番号を入力すると、該当の女の子の最高ランクのご褒美ムービーが鑑賞できる。
合計8人の女の子を攻略するとエンディングとなり、以降はパズルの絵柄がエッチなものになった「裏モード」が楽しめるようになる。

評価点

  • 随所に見られる親切設計
    • パズルのピースは正しい向きで出現し、序盤は四辺を含むピースが候補として出現するので比較的簡単に早くクリアできる。
      • また、正しくない場所に置こうとしてもペナルティはないので、目ぼしい場所付近でピースを動かしながら置いてみる力技も可能。
    • 絵柄についても画面隅に完成図が表示されるほか、ピース配置エリアにもグレースケールで表示されておりわかりやすい。
    • シャトルマウスにも対応しており、快適にプレイできる。

問題点

  • ご褒美ムービー関連
    • 当時のサターンでよく使われていたシネパック方式のムービーで、画質が粗く一時停止もできない。
      • また、最高ランク以外のムービーはその都度プレイして時間調整しながらクリアしないと鑑賞できない。
    • 最高ランクでも下着姿までしかない娘が2人いる。
  • ゲーム本編のボリューム不足
    • 後半のキャラは制限時間が厳しくなるが、それでも親切設計であるが故に1~2時間もあれば全キャラクリアしてエンディングまで到達できてしまう。
    • パズルの絵柄も裏モードを含めても16種類しかなく、物足りなさを感じる。

総評

同時期に『豪血寺一族』や『プリント倶楽部』のメジャータイトルをリリースしたアトラスだけあって、操作性等のユーザーインターフェースは非常によく作られている。
一方で、ゲーム自体はジグソーパズルを完成させるだけの単純な内容であり、一度クリアしたらあとはムービー鑑賞かクリアタイム短縮の自己満足ぐらいしかやることがない。
この点は脱衣麻雀などと同じ宿命なのだが、やはりもう少し長く遊べる要素は欲しかった。

余談

本作には「通常版」のほか「初回限定版」があり、初回限定版には作中のキャラ「萩原めぐみ」のバニー姿のカードが同梱されている。
このカードには、ドライヤー等で温めると衣装の部分が透明になるという仕組みが施されている。
ただし、カード同梱と製品の帯以外に両者の違いはない。
また、サブタイトルに「St.アンドリュー女学園編」とあるが、結局続編がリリースされることはなかった。