パワードリフト

【ぱわーどりふと】

ジャンル レース
対応機種 アーケード(Y-BOARD)
発売・開発元 セガ・エンタープライゼス
稼働開始日 1988年8月5日
判定 良作


概要

アウトラン』『アフターバーナー』等で知られる鈴木裕による、専用の大型筐体を使ったレースゲーム。
派手なモンスターマシンに乗り込み、アップダウンが激しい特徴の立体的な周回コースを走る。
89年度ゲーメストでプレイヤー人気は6位、年間ヒットゲームは3位を受賞。
製作はAM2研。使用基板は『ギャラクシーフォース』で使用され、「スプライトの怪物」と称されたYボード基板。

システム・特徴

  • A・B・C・D・Eに分かれたコースを選び、12人のドライバーの中から選択する。各コースは全5ステージ+α構成。
    • ドライバーは顔アイコンの上を移動するカーソルが目当てのキャラに止まった瞬間にスタートボタンを押して決定するルーレット方式で選択。カーソルスピードは少し速めだが目押しが難しいほどではない。
      • ドライバーで自車性能や難易度が変わるといったことはないので、そこは安心。
    • 裏技としてドライバー選択のカーソルが右端から左端へ移る瞬間にコースを選択すると、ドライバーがいないマシンが走り出す演出の後、ステージ毎にドライバーがランダムに変化する。
  • 画面上に制限時間の表示がない代わりに順位ノルマ方式を採用。各コースを3位以内でゴールすれば次に進み、4位以下だとゲームオーバー。
    • レースは3位の車がゴールした時点で終了となるため、これが実質的な制限時間となる。
  • 通常は全5ステージを3位以内にゴールできればゲームクリアとなるが、5ステージ全てを1位で通過するとエキストラステージに進む。その際、自車はA・C・Eではアフターバーナーの「F-14XX」に、B・Dではハングオンの「バイク」に変化する。
  • デモ画面中やゲーム中にスタートボタンを押していると自車を前方から見た視点に切り替わる。ゲームオーバーまでそのままプレイ可能。

「通信対戦バージョン」

  • オリジナル版の後にリリースされたバージョン。オリジナル版は1人用だったが、こちらは筐体を複数接続しての通信対戦プレイに対応したのが最大の特徴。「ツイン筐体バージョン」とも呼ばれる。
    元々本作は通信対戦を想定して作られた作品ではなかったため、それに合わせるようにゲーム内容が作り直されている。
  • オリジナル版からの変更点は以下の通り
    • ミッションに自動変速のオートマチック車が追加。ミッション選択はゲーム開始時にドライバー選択と共に行う。
    • ドライバー選択がルーレット方式からハンドルで任意に選択する方式に変更。
    • 全5ステージ構成。コースは予め決められた5つのコースを順番に回る方式。1ステージ目開始前に順位ノルマがない練習走行ステージが挟まれる。
      • 5つのコースでループする関係上、最終ステージのコースは練習走行ステージで走ったコースとなる。
    • 次のステージへ進むためのノルマ順位は1ステージ目は6位から開始。ステージが進む毎にノルマが上がっていき、最終ステージでは2位となる。
      • レース自体は順位ノルマに関係なく6位の車がゴールした時点で終了となる。
    • 通信対戦は開始時にエントリーしたプレイヤー同士で一斉にスタートする方式だけでなく、他のプレイヤーがいる状態で途中から参加する「乱入対戦」も可能。
      • 途中乱入の場合、開始してすぐに対戦というわけではなく、先行プレイヤーがプレイ中のステージを終えて、次のステージへ進んでから合流となる。プレイ中のステージが終わるまでの待ち時間は練習走行ステージとなる。
      • なお、ステージ数と順位ノルマは各プレイヤー毎に判定される。例として先行プレイヤーが4ステージ目中に乱入した場合、次の先行プレイヤーの最終ステージ(+順位ノルマ2位)から対戦開始となるが、乱入したプレイヤー側は1ステージ目+順位ノルマ6位として扱われる。
        そのため、どのタイミングで乱入しても遊べるステージ数は同じである。

評価点

  • クオリティの高い音楽。
    • 作曲は『スペースハリアー』等でお馴染みの「HIRO師匠」こと川口博史氏。
    • ドラムとベースをサンプリングした電子楽器調のノリのいい曲が揃っており、その中でもBコースのテーマである「LIKE THE WIND」は人気が高い。
  • ハイスピードでダイナミックな演出。
    • 「スプライト以外のグラフィックは表示できない」制約がある代わりに、非常に数が多く、大きいスプライトを表示できるYボードの特徴を生かして作られたコースはどれもダイナミック。擬似3Dでありながら、非常に高いレベルの立体感を実現している。
    • これらの派手なコースを240km/hオーバーのモンスターマシンで疾走するため、ゲーム中はゲーム内の視点や筐体が目まぐるしく動く。
    • ゲーム自体も常時60fpsで動作。テンポを削ぐような処理落ちも起きないため、抜群のスピード感を味わうことが出来る。
    • 全体的に1コースの長さが短い上に、完走後はすぐに次のステージへ進むため、展開はかなりスピーディー。
  • キャラクターデザイン
    • 洋ゲーだと見間違われやすい程のキャラクターデザインが特徴的。それでいて本作の世界観・雰囲気とマッチしている。
    • 画面の上のキャラクターにアニメーションがある。何度見ても飽きない。
    • レースなのに、それも落下の危険性もあるコースを走るのに全員普段着で運転していて大丈夫なのかとツッコミたくなるがそこはご愛敬。

問題点

  • 難易度は高め。
    • コースの仕様上ゲーム内の視点が派手に動くことや、ゲーム展開が忙しないことから、慣れるまではやや厳しい。
    • ステージの中にはコースバリアがないものがあり、それらのステージでうっかり落ちてしまうと、致命傷になることも。
    • 画面右端にコースマップが表示されているが、展開の早さの為プレイ中に見ている余裕は殆ど無い。
    • 実質は全面優勝してエキストラステージまで行って全面クリアと言えるが、全コーストップは中々難しい。
  • 前述の通り12人のキャラクターには性能差は全くない。そのため女性キャラのルーシーとエミリーに人気が集中したが、キャラ選択方法がタイミング命で、ミスって隣のモヒカン野郎*1でプレイせざるを得ない時もあり、開始前からやる気がそがれたプレイヤーもいた模様。

賛否両論点

  • 「通信筐体バージョン」について
    • 発売がオリジナル版のリリースからかなり後であり、市場に出回った数が少なく、稼動期間もかなり短かった。
      • 通信対戦用に作り直された際に特徴であるスピード感やダイナミックなコースがカットされてしまい、オリジナル版の派手な演出を好むファンからの評判はよろしくなかったようである。
    • だが、オリジナル版から改善された部分や、独自の仕様もある為、通信対戦バージョンの方がいいと言うファンもいる。
      • キャラクター選択方式の変更によりお気に入りのキャラクターを選びやすくなった。
      • オートマチック車追加と序盤ステージでの順位ノルマ大幅緩和により。遊ぶためのハードルは下がった。
        ただし、最終ステージでは2位とオリジナル版よりも順位ノルマが厳しくなり、ただ単にヌルくもなっていない。
      • アーケード用レースゲームの通信対戦は開始前にエントリーを受けつけ、参加したプレイヤー同士一斉にスタートする方式が一般的である中で、好きなタイミングで参加できる「乱入対戦」が可能な本作の通信対戦方式は当時としては物珍しさがあった。
        次のステージで合流する方式のため、プレイ中のレースが一時停止する等テンポを損なうようなことがなく、また順位ノルマが先行していたプレイヤーに合わせられて後から参加したプレイヤーが不利になったり、遊べるステージ数が減るといったこともないため、気軽に乱入できた。

総評

大型可動筐体と派手な演出により、セガファンのみならずハイスピードゲーマー等から幅広く認知された作品となった。 他のゲームに与えた影響は大きく、今でも存在は熱く語り継がれている。


家庭用移植

  • Amiga、Amstrad CPC、Atari ST、コモドール64、ZX Spectrum、MSX、IBM PC DOS版
    • 事実上の初移植。ハードスペック差の関係からか、いずれももっさり気味な内容となっている。
  • PCE版
    • アスミックより発売、開発はコピアシステム。コースは9つしか無く、ドライバーしか選ぶ事が出来ない状態になった上にスプライトの怪物と言われたY BOARD基板を使用していた為、限界があった。
    • 「超絶 大技林 '98年春版」では「スピード感はあるものの、ゲーム自体は大味な感じ。移植度はいいとはいえない」と紹介されている。
  • セガサターン版
    • セガエイジスシリーズの一つとして発売。グラフィックの再現度は高いもののフレームレートが30fpsに落とされている。
    • 独自要素としてA~Eコース、全25ステージを走破する「グランプリモード」が追加。こちらは5位以内で次のステージへ進む設定になり、難易度が若干下がった。
    • BGMはサターンの内蔵音源でアーケード版のBGMを再現したものと川口博史氏によるアレンジバージョンの2つから選択可能。
  • ドリームキャスト『鈴木裕ゲームワークス Vol.1』版
    • 書籍付属のゲームディスク内に『ハングオン』『スペースハリアー』『アウトラン』『アフターバーナーII』と共に収録。
    • ドリームキャストのマシンパワーを生かした初の完全移植。
  • 3DS『セガ3D復刻アーカイブス2』版
    • 前作のアンケートで収録希望新作の1位に輝いて、新規収録タイトルの一本となった。
    • 移植としては14年ぶりで、携帯機と任天堂ハードとしては初移植となった。
    • ボーナスステージの「F-14XX」のグラフィックが独自のものに差し替えられている以外はアーケード版の忠実移植となっている。
    • 当初は「通信筐体バージョン」も収録される予定だったが、スピードやコース等の問題により断念となった。
    • 前発の『ギャラクシーフォースII』と同じY-BOARD作品だが、エミュレーションの高速&軽量化が進み、BGMのエミュレーション再生を可能にした。
  • 3DS ダウンロードソフト版
    • 上記の『セガ3D復刻アーカイブス2』版とは別に単品版として後日配信された。
    • 『セガ3D復刻アーカイブス2』版の内容に加えて、新しい操作タイプ*2やドライバーやBGMが3D復刻プロジェクトに縁のあるものに変更されたスペシャルモードが追加されている。
      • 変更されたドライバーの中にはビンズビーン*3やドラリンフラー*4といった「どうやって運転するんだ?」とツッコミを入れたくなるようなものもあり、中々カオスなことになっている。

余談

中裕司氏がセガに在籍していた頃、セガ本社に来たマイケル・ジャクソンがショールームにあったパワードリフトの4人対戦筐体で遊ぼうとした際、マイケルと子供二人で席がひとつ空いていたため、一緒に遊ばせてもらった思い出があると語っている。

  • その件に関して柴田亜美が漫画で「俺はパワードリフトでマイケル・ジャクソンに勝った男だ!」「そりゃ接待しなかっただけだ!」とネタにしている。